fc2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

牛を26頭殺してるクマがいる。
賢いので、どうやっての捕まえられない
   ・  ・  ・  ・  ・
どんなに美味しいエサをぶら下げても、箱わなには入らない。
鉄砲持ってる人間の気配を敏感に察知し、忍者のように隠れる。

そのクマは、OSO18とよばれる。
今日は、それが棲む地域に入ってみた。
    ※     ※     ※     ※  ランキング ありがとう!!   ブログタイトル一覧は、右をクリック burogutaitoru656.jpg        
                ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)
   ・  ・  ・  ・  ・ 
OSO18は、紫〇辺りに。 もっと上にも出る。

 ※ OSO(オソ)は、標茶町のオソツベツの地名から。 18は、前足の幅が18㌢だから。
   大きいけど、滅茶苦茶の巨大クマではない.。 
   この夏美瑛で見た足跡はもっと大きかった。(自分の靴の幅が10㌢。倍近くあった)
   このクマの前足の幅は、25㌢越えていますね。 体重600キロ以上。 知床の薫別川上流で、

OSOの恐ろしさは、賢さにあります。

s-22年6月29日 (1)  s-22年6月29日 (2)

塘路湖の近くにある、塘路(とうろ)駅に向かう。



ちゃんとした駅舎。 ノロッコ号がちょうどやって来た。

s-22年6月29日 (13)  s-22年6月29日 (14)

釧路に向かってる。  湿原を見ながら。  一度だけ乗ったことが。 この記事に

s-22年6月29日 (15)  s-22年6月29日 (16)




周辺に湖や沼が多い。

s-22年6月29日 (17)  s-22年6月29日 (18)

遊べる雰囲気が。

s-22年6月29日 (19)

サルボ展望台はこの記事に。(巨大熊も)



シラルトロ湖。

s-22年6月29日 (20)  s-22年6月29日 (21)

標茶町の市街地へ行く道。

s-22年6月29日 (22)

その後、OSO18の地域に。  ここは標茶(しべちゃ)町の最南部。   近くに来ている。

s-22年6月29日 (3)

国道272を渡って。 

s-22年6月29日 (4)  s-22年6月29日 (5)

上尾幌駅を見て。

s-22年6月29日 (6)  s-22年6月29日 (7)

また内陸に。  OSO18の棲む地域に入ってきた。

s-22年6月29日 (8)

地図の一番下辺りにいる。     図と写真は毎日新聞から。(記事はここに

s-22年6月29日 (12)

無人カメラで撮影されたOSO18。  肩の出っ張りで大きなクマと感じます。
はこ罠があっても見向きもしない。

s-22年6月29日 (11)




牧草地と森が混ざっているので、クマが棲めます。

s-22年6月29日 (9)  s-22年6月29日 (10)

エゾスカシユリが咲いていた。

s-22年6月29日 (24)  s-22年6月29日 (23)

OSOの地域から離れて、牛の放牧。

s-22年6月29日 (25)  s-22年6月29日 (26)

人をかみつくなんて知らない顔。

s-22年6月29日 (27)

この後、厚岸の市街地に。

【明日の記事】    別寒辺牛湿原他。

【停泊場所】   記事の日は道の駅あっけし。   29日は、厚岸町子野日公園駐車場。

【明日の予定】     霧多布に近づきます。 海沿いを。
               7月1日の晩に、Oさん夫妻が霧多布岬に来る予定。
               ラッコはきっといます。  エゾカンゾウは満開か、

【カメラ・レンズ】  フジフイルム、X-S10 XF 18-135mm f 3.5-5.6R  XF14mmF2.8  ゴープロ。 車載、FX10  他 .

    都道府県別のブログタイトル一覧表は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg

   (放浪の旅Ⅱと放浪の旅Ⅰの両方です。 記事の総数は4300ほど。)          
 ※ プロフィール・・・。 ⇒ ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。 
               2021年夏のを1枚プラス。 美瑛川上流で釣り。s-ppolkio8999.jpg

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、2位です。 
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、これです。                          
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ クリックが完了したら、国内旅行のランキングが表示されます。
                 表示された画面の「旅行」をクリックすると、旅行全体の順位が。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 
                 
  【拍 手】  拍手のクリックのバナーは、一番下に。    ※ 拍手は、ランキングとは関係ありません。

※ CMを載せるのには、??。 
.

スポンサードリンク

 
 
さいはての駅に下り立ち 雪あかり 
       さびしき町にあゆみ入りにき    (撮影は26日)
  ※ 啄木の心がそう見えさせた。
   ・  ・  ・  ・  ・
啄木は釧路で多くの歌を作った。
どれもが、人々の心を動かす。

そんなことがあって、大事にされている。
歌碑があちこちに。

最後に啄木関係を。 
    ※     ※     ※     ※  ランキング ありがとう!!   ブログタイトル一覧は、右をクリック burogutaitoru656.jpg        
                ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)
   ・  ・  ・  ・  ・ 
赤〇を戻る。

s-22年6月27日 (1)  s-22年6月28日 (2)

釧路駅から右を見た。 教会があって、赤〇に和商市場。

s-22年6月28日 (6)

今日は日曜日、休みだった。  観光地が日曜休み??

s-22年6月28日 (7)

以前の記事から。 

s-22年6月28日 (4)  s-22年6月28日 (5)

自分で選んで海鮮どんぶり。 これが人気。

s-22年6月28日 (3)

裏にあるタンチョウ市場も休み。

s-22年6月28日 (8)

隣に幸(さいわい)町公園。  機関車が見える。

s-22年6月28日 (9)

C58106。

s-22年6月28日 (10)

この地方を走っていた。 昭和29年天皇が道東に来た。 北見方面からこっちに周って。
その列車を引いている。   その晩天皇は、竹老園の蕎麦を食べている。
  

 竹老園東屋総本店は、明治の味を引き継ぐ老舗。  和風庭園。~釧路市~ 他 (2013/8/31) 


右写真は、1971年遠矢駅で。 ここのサイトからお借り

s-22年6月28日 (11)  s-22年6月28日 (1)

近くに銀水のラーメン。 初めて来る。 ずっと昔、幣舞橋近くの繁華街にあった。 何度か食べた。
場末にあっても、お客は次から次と。

美味しい。 細い麺でちりちり。 腰がしっかりしている。  
 ※ 最近、食べる回数は減った。  ラーメンは体に大きな負担。 ・・。

s-22年6月28日 (12)  s-22年6月28日 (13)

市役所前に来た。 噴水に入って子どもが遊ぶ。
寒い釧路が半袖でも暑い。  今日は、日本中大変な暑さ。 狂ったように。

s-22年6月28日 (14)

釧路川に出た。  正面に旧釧路新聞社跡。 建物を復元して。

s-22年6月28日 (15)

フィッシャーマンズワーフを通って。

s-22年6月28日 (16)

大好きな花咲ガニ。 今は脱皮の時期の終わりころ。
※ 脱皮のカニは、中に新しい甲羅を作り始めている。 そろそろ大丈夫な時期でしょうか。

s-22年6月28日 (17)

観光客が多い。 和商市場が休みだからこっちに。

s-22年6月28日 (18)  s-22年6月28日 (19)

温室でフルート演奏。 田中美衣って人。 地元の方でしょうか。 荒れた心を癒してくれる。 ?。

s-22年6月28日 (20)

幣舞橋。 正面に花時計。

s-22年6月28日 (21)  s-22年6月28日 (22)

この地図があって、啄木の下宿の場所が分かった。
しゃも寅の井戸が見える。 その近くに、料亭しゃも寅があった。

そこで働いていたのが、啄木の彼女の小奴(こやっこ)。
小奴碑が見える。 ここに旅館近江屋があった。 小奴は後年そこの女将。(名前をジンにして)

s-22年6月28日 (23)

オレンジの船は、津波シェルター。 逃げ遅れたらこの船に。 余裕あったら左の裏山に。
※ これからの時代、日本も核シェルターでしょうか。  ヨーロッパはどこの家にも。

歌碑。  「神のごと 遠くすがたをあらはせる  阿寒の山の 雪のあけぼの」

s-22年6月28日 (24)  s-22年6月28日 (25)

左に、啄木ゆめ公園。 セブンイレブン手前で右に。

s-22年6月28日 (26)

曲がったら案内板。

s-s-22年6月28日 (27)

歌碑の横に、正面の建物の所に下宿はあったと。
「こほりたるインクの罎 (びん) を  火に翳 (かざ) し  涙ながれぬ ともしびの下」

 ※ 涙の意味は?  自分の将来でしょうね。 歌人として世に出たい。
   啄木の涙の意味が分かるのは、小奴だけでした。 

s-22年6月28日 (29)  s-22年6月28日 (28)

サラサドウダンです。  安達太良山のサラサドウダンは、もう終わったでしょうか。

 夏山登山のスタート、まず安達太良山。 サラサドウダン、イワカガミ、ミネズオウなど。~二本松市~ 他 (2018/6/2)


米町公園まであと少し。 

s-22年6月28日 (30)

釧路市は、日本の東の最果てにある大きな町です。

【歌のたび】    釧路の夜・・・西田佐知子



【明日の記事】  内陸の原野を走ります。 牛を26頭食い殺したOSO18の棲む地域に。捕まっていない。

【停泊場所】   記事の日は千代が浦港。  29日は、道の駅あっけし。

【明日の予定】    雨が止めばどこか見学。  将棋の王位戦の2日目を、アベマで見ます。(時々)

【カメラ・レンズ】  フジフイルム、X-S10 XF 18-135mm f 3.5-5.6R  XF14mmF2.8  ゴープロ。 車載、FX10  他 .

    都道府県別のブログタイトル一覧表は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg

   (放浪の旅Ⅱと放浪の旅Ⅰの両方です。 記事の総数は4300ほど。)          
 ※ プロフィール・・・。 ⇒ ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。 
               2021年夏のを1枚プラス。 美瑛川上流で釣り。s-ppolkio8999.jpg

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、3位です。 
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、これです。                          
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ クリックが完了したら、国内旅行のランキングが表示されます。
                 表示された画面の「旅行」をクリックすると、旅行全体の順位が。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 
                 
  【拍 手】  拍手のクリックのバナーは、一番下に。    ※ 拍手は、ランキングとは関係ありません。

※ CMを載せるのには、??。 
.

スポンサードリンク

 
 

openclose

06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


05 | 2022/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。