fc2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

若杉天然林の紅葉はいいという情報。
場所は西粟倉村の、山奥の奥。
   ・  ・  ・  ・  ・
道は大丈夫だろうか。
行ってみた。 そうしたら「いつか来た道」だった。

ずっと昔、吉井川の源流を見に来ていた。
紅葉の時期ではなかった。
    ※     ※     ※     ※  ランキング ありがとう!!   ブログタイトル一覧は、右をクリック burogutaitoru656.jpg        
                          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)

下に道の駅もある。

s-23年10月30日 (1)  s-23年10月30日 (2)

出発。 ずっと行けば鳥取市。 山越えは無料の高速。 普通の道はない。
若杉天然林は右に。

s-23年10月30日 (17)  s-23年10月30日 (18)

集落があって抜けたら、杉林が続いた。

s-23年10月30日 (19)  s-23年10月30日 (20)

道沿いに紅葉。

s-23年10月30日 (21)  s-23年10月30日 (22)

ここの右方面に後山。 以前登った。
後で知るが、登ってるとき、その日後山には、数頭のクマがうろうろしていた。

ハンターが4頭を撃ってとらえた。 そんなにクマがいたとは知らなかった。 記事
熊は年々増え、自分は年々用心深くなった。

着きました。

s-23年10月30日 (23)  s-23年10月30日 (25)

駐車場があって、ここからは歩き。  源流の碑が上の方にあるって忘れてた。

s-23年10月30日 (3)  s-23年10月30日 (4)

駐車場の周辺は、それなりに紅葉。

s-23年10月30日 (5)

森に入っている人がいる。

s-23年10月30日 (9)  s-23年10月30日 (7)

クマの生息地。 今は3時を過ぎてる。 5時になったら暗くなってくる。
熊棚のことが。

熊は木の上で実を食べるとき、枝を引っ張って実を食べたら尻に敷く。
それが集まったら棚のように。  こんなの。(北海道滝上町) 記事

s-23年10月30日 (8)

木の実は紅葉でなくても赤く。  鳥さんに見つけてもらえるように。

s-23年10月30日 (10)  s-23年10月30日 (11)

この後遊歩道に少し行ってみたが、紅葉はよくなかった。

 ※ ネットで若杉天然林の紅葉で画像を検索しても、いいのが出てこない。
   どういうことで、観光情報はいいのでしょう。

戻っています。

s-23年10月30日 (12)  s-23年10月30日 (13)

吉野川の源流です。

  ※ 吉野川は吉井川の最大の支流。 吉井川は岡山県東部を。
    吉野川の源流点と吉井川の源流点の海からの距離は、少しだけ吉井川が遠い。
    吉野川の源流点まであと少し長ければ、吉野川が本流になっていました。

s-23年10月30日 (14)  s-23年10月30日 (15)

この後、道の駅に戻りました。  ミカンが安くなってきました。
小さなミカンが好き。

【車載カメラ】   鳥取県、千代(せんだい)川沿い。

s-23年10月30日 (16)

【記事紹介】    素晴らしかった紅葉を。

 紅葉の栗駒山に、多くの人が。 中腹は赤く染まって。 須川温泉から頂上を目指す。~東成瀬村他~ 他 (2017/10/9)

 光雲寺 聖観音像は、やはり美しかった。  哲学の道、永観堂の紅葉、他。~京都市~ 他 (2014/11/25)


【停泊場所】    道の駅あくわらんど。(西粟倉村)     ごみが捨てられます。

【明日の旅】    広島県の道の駅「たけはら」に移動します。(竹原市)
            夕方、近くの町並みを見学します。

           ※ 道の駅たけはらで、鞆の浦に行くか検討します。 道が細く駐車場が・・。

【歌のたび】   【ウクライナ語】紅いカリーナは草原に (Ой у лузі червона калина) (日本語字幕)
                  ※ イスラエルとハマスのことで、ウクライナが聞こえてきません。



【カメラ・レンズ】  フジフイルム X-S10    タムロン 18~300

    都道府県別のブログタイトル一覧表は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg

   (放浪の旅Ⅱと放浪の旅Ⅰの両方です。 記事の総数は4300ほど。)          
 ※ プロフィール・・・。 ⇒ ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。 
               2021年夏のを1枚プラス。 美瑛川上流で釣り。s-ppolkio8999.jpg

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、3位です。 
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、これです。                          
                             
                        ありがとう!! ランキング

               ※ クリックが完了したら、国内旅行のランキングが表示されます。
                 表示された画面の「旅行」をクリックすると、旅行全体の順位が。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 
                 
【拍 手】  拍手のクリックのバナーは、一番下に。    ※ 拍手は、ランキングとは関係ありません。..
 
 
今日は、街並みから離れたところを歩く。
山に上がって、川沿いに歩いて。
   ・  ・  ・  ・  ・
案内になくても、何かかにかに出会えた。
ホオズキをこの秋初めて見て。

昔の人は、生きるのが大変だった。
そのことが分かる物が2つあった。   撮影は11月17日。
    ※     ※     ※     ※  ランキング ありがとう!!   ブログタイトル一覧は、右をクリック burogutaitoru656.jpg        
                ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)
   ・  ・  ・  ・  ・  
真庭市の北部。

s-22年11月20日 (1)  s-22年11月20日 (2)

愛宕宮の案内があるから行くしかない。

s-22年11月20日 (3)  s-22年11月20日 (4)

京都の愛宕神社は山の頂上。 もしかして。。、

s-22年11月20日 (5)  s-22年11月20日 (6)

距離が分からない。 それなりの紅葉。

s-22年11月20日 (7)

何度も曲がって、あそこまで行って見えなかったら戻る。 
決断力がないから、ずるずると上がって来る。  クマの不安も多少。

s-22年11月20日 (8)

見えた。 他にないか探したけど、ここだった。 火から守ってくれる神様。

s-22年11月20日 (9)  s-22年11月20日 (10)

役場が見えた。 とんがり帽子。

s-22年11月20日 (11)

紅葉は、曇りの日でも逆光が色がよくなる。  どうしてこう切るのか。 段差で。

s-22年11月20日 (12)  s-22年11月20日 (14)

出雲街道はメインの道からこっちに入って来る。

s-22年11月20日 (15)

郊外に出る。 真庭市・津山市の方に。  六地蔵が3つずつくっ付いている。

s-22年11月20日 (16)  s-22年11月20日 (17)

六十部廻国の下が読めない。 郷だとしても意味が??
昔の人は法華経を書写して、それを66の寺に納める。 諸国を歩き廻って。

全部終わったら、碑をつくったりする。 どんな意味でこれを立てたのか。
右写真はホオズキ。 この後、網目のようになって。

s-22年11月20日 (18)  s-22年11月20日 (19)

今井河原処刑場。 ※ 今井は地名なのかは分からない。
山中(さんちゅう)一揆のことが。

ここは津山藩。 初代藩主は森忠政。 本能寺で討ち死にした蘭丸・坊丸の弟。
忠政の後を継いだ者たちの政治がよくなかった。 真庭市の北部方面の人達は苦しむ。

一揆をおこす。 多くの人が処刑される。 首切峠でも。
ここに出てくる名前の人は、Wikipedia他に出てくる。

今の時代になっても、亡くなった人達への恩は忘れない。
農民中心の一揆の先駆けのよう。 

 郷原から下郷原、そして鳥居峠(たわ)へ。 田部の義民の墓(山中一揆)。 冬の藁靴、つまご。~真庭市~ 他 (2020/11/5/木)

 津山城には、大きな規模の石垣が遺る。 三大平山城の1つ。 初代藩主は森忠政。~津山市~ 他 (2016/10/18)

s-22年11月20日 (20)

実は自分は丸山石造物群を探している。 道の駅の近くに案内があった。
遠くに何かが見える。 行ってみる。

s-22年11月20日 (21)  s-22年11月20日 (22)

ここだ。  明治時代病気が流行った。 祈るしかない時代。
四国にお願いには行けない。 自分たちが四国霊場のミニ版をつくった。

s-22年11月20日 (23)  s-22年11月20日 (24)

ほとんど読めない。  右は六番札所。 安楽寺。

 第7番札所十楽寺。 菅笠の文字。 第6番札所安楽寺。 修善寺寒桜(?)。~阿波市他~ 雪のウエンシリ岳。 (2019/3/20)

s-22年11月20日 (25)  s-22年11月20日 (26)

山の斜面の下にずっと続く。 八十四番屋島寺。

 源平合戦の古戦場、屋島。 屋島寺。 四国村。~高松市~  明日は、京都に・・。  他  (2013/3/24)

s-22年11月20日 (27)  s-22年11月20日 (28)

減ってきた。

s-22年11月20日 (29)

お地蔵様を彫った。 七十四番札所、甲山寺。 表情が分かります。

 第74番札所、甲山寺。  黒衣大師の御開帳。  毘沙門天を祀る岩窟。~善通寺市~ 他 (2015/3/19)

右写真は、草と葉の陰に。 ※ 草葉の陰と言ったらあの世ですからダメですね。
本山寺で、本尊は馬頭観音。 珍しいです。

 第70番札所、本山寺。  国宝の本堂。  五重塔。  仁王門は八脚門。   鎮守堂の善女龍王。~三豊市~ 他 (2015/3/18)

s-22年11月20日 (30)  s-22年11月20日 (31)

冬になろうとしているのに裸。  ヒメシャラの木でしょうか。

s-22年11月20日 (32)  s-22年11月20日 (33)

反対側から。  地域の昔を忘れない。 そのことに役立っています。

s-22年11月20日 (34)

道の駅に戻ります。

s-22年11月20日 (35)  s-22年11月20日 (36)

新庄村の見学はお終い。

【動画紹介】   津山藩内での山中一揆をテーマにした歴史ドラマ!映画『新しき民』特報



【明日の記事】    立久恵峡。

【停泊場所】    道の駅 ロード銀山(大田市)

 石見城跡は龍巌山の頂上に。 絶壁のノウゼンカズラが真っ赤。 迷いそうな道。 祠の上に巨岩。~大田市~ 他 (2019/11/21)

 世界遺産、石見銀山を歩く。 龍源寺間歩の見学。 清水谷精錬所跡。 世界遺産センターの見学。~大田市~ 他 (2018/11/30)


 石見銀山、政治経済の中心地だった大森を歩く。 大森代官所跡からスタート。 役人旧宅、武家屋敷など。~大田市~ 他 (2018/11/28)

 湯治場情緒あふれる温泉津(ゆのつ)温泉。 重伝建地区であり世界遺産。 評価の高い薬師湯。~大田市~ 他 (2018/11/28)


 花の百名山、三瓶山。 花は咲き始めていた。~大田市~  タリジャンスカ(Talijanska アコーディオン)  (2012/4/25)

【カメラ・レンズ】  フジフイルム、X-S10 XF 18-135mm f 3.5-5.6R  XF14mmF2.8  ゴープロ。 車載、FX10  他 .

    都道府県別のブログタイトル一覧表は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg

   (放浪の旅Ⅱと放浪の旅Ⅰの両方です。 記事の総数は4300ほど。)          
 ※ プロフィール・・・。 ⇒ ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。 
               2021年夏のを1枚プラス。 美瑛川上流で釣り。s-ppolkio8999.jpg

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体、5位です。 
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、これです。                          
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ クリックが完了したら、国内旅行のランキングが表示されます。
                 表示された画面の「旅行」をクリックすると、旅行全体の順位が。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 
                 
  【拍 手】  拍手のクリックのバナーは、一番下に。    ※ 拍手は、ランキングとは関係ありません。
.. 
 
 

openclose

05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。