fc2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

一日いっぱい雨の予報。
ソーラーで電気が生まれないから走ることに。(走行充電)
   ・  ・  ・  ・  ・
12月には九州に入りたい。
それで近道の、日本海側を走ることに。

国道181で米子へ。
ほとんど自分の好きな山の中の道。
    ※     ※     ※     ※  ランキング ありがとう!!   ブログタイトル一覧は、右をクリック burogutaitoru656.jpg        
                ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)
   ・  ・  ・  ・  ・ 
道の駅久米の里から、道の駅奥大山まで。

s-21年11月22日 (1)

真庭市で横道に入った。 車に軽油を入れた。 灯油も別に。
  ※ 軽油はほとんどが140円台。 高い所は150円を越える。
    自分は124円で入れた。 北海道に多い岡本セルフの最も南の店。(プリペイドカードで)

今戻って、国道181に。  

s-21年11月22日 (2)

左に旭川。 岡山市で海に。  

   ※ そういえば、北海道の旭川のコロナ、やっと減ってきた。
      (旭川の場合、感染者の80㌫はワクチンを打ってないそう)

   ※ 日本のコロナは今、収束の状態ですね。 完全になくなったら、終束。
     ただ、世界からなくならないと安心はできませんね。 6波が不安。

s-21年11月22日 (3)

田舎の風景を眺めながら走るの、好き。

s-21年11月22日 (4)

外は冬の雨、まだやまぬ この胸を濡らすように。(氷雨)

s-21年11月22日 (5)  s-21年11月22日 (6)

どんな小さな集落だって、昭和30年ころは多くの人がいましたね。
子供たちの歓声が聞こえた。

s-21年11月22日 (7)

中国地方もクマさんが増えている。
ここ数年、イノシシのくくり罠にかかる。 恐ろしくて近づけない。

s-21年11月22日 (8)  s-21年11月22日 (9)

美甘(みかも)渓谷と。  この辺りは昔、美甘村(みかもそん)。 今は真庭市に。
川は旭川の支流新庄川です。

s-21年11月22日 (10)

首切トンネルの桜。  曲がったらすぐにトンネル。 

s-21年11月22日 (11)

この一帯は首切峠。 右の道は昔の道。 峠の頂上へ。

  ※ 昔戦があって、この峠で何人もが首を切られた。 
  ※ 他に、ここに処刑場があったのでは、の考えも。
  ※ ここのほかにも、似た名前の峠がある。 語源はここと同じ。 場所は???。
  

s-21年11月22日 (12)

あと1ヶ月もしたら「山も 野原も はたけも まっ白な雪で・・」になるのでしょうか。(夕鶴の冒頭)

s-21年11月22日 (13)

新庄村に入って来た。  ※ 新庄市は山形県の北部に。
            ※ 新庄監督は福岡市で育っています。

s-21年11月22日 (14)

新庄村の役場。  古い町並みは、左の方に。  記事紹介で。

s-21年11月22日 (15)

自分は家のある風景の方が好き。

s-21年11月22日 (16)  s-21年11月22日 (17)

金持とある。

s-21年11月22日 (18)

s-21年11月22日 (19)

左の山に金持神社。 少し先の左に駐車場。
数年前ちゃんと拝んだ。 でも金持ちには・・・。  

金持ちの金は砂鉄の意味のよう。 (たたら製鉄)  記事紹介で。

s-21年11月22日 (20)

伯備線が左から。 昨年だったか、そっちの道を走った。  
  ※ 皆生(かいけ)温泉は記事紹介で。 大山はここ数年登っていない。

s-21年11月22日 (21)

列車が見えた。

s-21年11月22日 (22)

江尾駅(えびえき)のよう。

s-21年11月22日 (23)

1㌔ほど先に道の駅奥大山。  旭川の源流へは右に曲がる。 記事紹介で。

s-21年11月22日 (24)

暖かいのは晴れの日だけ。 雨の日は気温が下がります。 季節の変わり目。

【記事紹介】

  旭川の源流に向かって歩く。 延助宿を通って。 山奥の畑に熊の足跡がいっぱい。 徳山神社の紅葉。~真庭市~ 他 (2020/11/4/水)

  出雲街道の新庄宿を歩く。 がいせん桜。 桜と水と鯉の町。 女滝。~新庄村~ 日ハム1勝 (2016/10/26)

  金持(かもち)神社でお参り。 チャンチャンと云う木。 国宝の太刀、童子切安綱はこの地の刀匠が。~日野町~ 他 (2016/10/26) 

  根雨宿の町並み。 観察小屋から、日野川の多数のオシドリを。 伯備線の上菅駅と黒坂駅。~日野町~ 他 (2020/11/2/月) 

  普門寺は四季桜と紅葉が一緒に。 元上田村は花のふるさと。 マユミの赤い実。~真庭市~ 十三夜の月。 (2020/10/29/木) 

  皆生(かいけ)温泉は山陰最大の温泉地。 弓ヶ浜海岸。 生田春月の碑。 日吉津村から歩いて。~米子市~ 他 (2018/11/21)


【歌のたび】   【公式】岡山県新庄村健康で元気な村づくり 2015年リメイクCM



Shinjo Village, Okayama - Relocation and Residency Promotion Video "sing a song Shinjo Village"



【道の駅】    奥大山

【明日の予定】

【カメラ・レンズ】  フジフイルム、X-S10 XF 18-135mm f 3.5-5.6R   車載、FX10

    都道府県別のブログタイトル一覧表は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg

   (放浪の旅Ⅱと放浪の旅Ⅰの両方です。 記事の総数は4300ほど。)
          
 ※ プロフィール・・・。 ⇒ ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体、3位です。 
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、これです。                          
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ クリックが完了したら、国内旅行のランキングが表示されます。
                 表示された画面の「旅行」をクリックすると、旅行全体の順位が。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 
                 
  【拍 手】  拍手のクリックのバナーは、一番下に。    ※ 拍手は、ランキングとは関係ありません。

※ CMを載せるのには、時間がかかりそう。 
.

スポンサードリンク

 
 
那岐山の中腹に菩提寺。 イチョウの大木。
紅葉の季節だからちょうどいい。
   ・  ・  ・  ・  ・
イチョウは黄色くなるから黄葉か。
遠くからでも目立つ。

多くの人が来る人気のイチョウだった。
そのためか、山道は整備されていた。
    ※     ※     ※     ※  ランキング ありがとう!!   ブログタイトル一覧は、右をクリック burogutaitoru656.jpg        
                ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)
   ・  ・  ・  ・  ・ 
右下の〇に阿弥陀堂。
そこにあるイチョウの木と、親戚だという。 後ほど詳しく。

s-21年11月20日 (1)  s-21年11月20日 (2)

周辺に民家はない。 集落は山の下に。 昔、参拝はたいへんだった。

s-21年11月20日 (3)

法然はここより南の今の久米南町で生まれた。
10才を過ぎて、この寺に修行に来た。

法然の母の弟が住職をしていたので、その関係で。
山の下に阿弥陀堂。 そこにイチョウの木があった。

枝を杖にして登ってきた。 ※ ほぼ直登のように参道が今も。
その杖を境内の土に刺した。  それが大木になったとの伝承。

s-21年11月20日 (4)  s-21年11月20日 (5)

数年前、DNAの鑑定をした。  阿弥陀堂にも子孫の木が残っている。
両方の木は関係あると分かった。  伝承が証明された形。

s-21年11月20日 (6)  s-21年11月20日 (7)

本堂。

s-21年11月20日 (8)

大イチョウはどこにあるのか。  向こうに人がいっぱい。

s-21年11月20日 (9)

これだ。  大きい。 本格的な黄葉はこれからか。  ライトアップしているそう。

s-21年11月20日 (10)

高さ42㍍。  樹齢は推定900年。

  ※ 木を調べて900年なら感心します。
    法然がここに来たのはちょうど900年前だから。

伝承また伝説が証明されるのは不思議というか楽しい。

s-21年11月20日 (11)  s-21年11月20日 (12)

何本も集まって森のように。

s-21年11月20日 (13)  s-21年11月20日 (14)

何がよかったので900年生きられたのでしょう。
ここの山の土でしょうか。 普通はもっと早く枯れていくのに。

s-21年11月20日 (15)  s-21年11月20日 (16)

下の方から来た。 小さな祠。 乳柱(ちばしら)が垂れ下がっている。
どうしてこうなるのか、不思議な世界。 ※ 気根の一種のよう。(既婚でなく)

s-21年11月20日 (17)  s-21年11月20日 (18)

木の中には血の代わりに水が走っている。 てっぺんまでも。

s-21年11月20日 (19)  s-21年11月20日 (20)

下に広い駐車場。  右は本堂方向。  人は下がらないと全体が撮れない。

s-21年11月20日 (21)  s-21年11月20日 (22)

山を下って別の道を登ってきた。 ここも那岐山のふもと。

s-21年11月20日 (25)  s-21年11月20日 (24)

那岐山麓山の駅。  店があって周辺は公園に。

s-21年11月20日 (26)

柿を買いました。

s-21年11月20日 (27)  s-21年11月20日 (28)

今まで見たイチョウの木では、一番大きなものでした。

【記事紹介】   法然関係を。

  浄土宗総本山、知恩院 ~日本最大の三門・千姫の墓 他~  いそしぎ(西島三重子)  他  (2012/5/9)   法然の墓が。

  高松藩主の菩提寺、仏生山来迎院、法然寺。  釈迦涅槃像、脱衣婆像、十王像。~高松市~  他  (2012/12/23)


【記事紹介】   岡山県関係を。

  天空の城塞「備中松山城」 ~現存する天守では、一番高い所に。 高梁市~  他  (2011/5/29)

  武蔵はどこで生まれたのか。 武蔵の里を歩く。 武蔵生家跡。 武蔵の墓。 資料館。~美作市~ 他 (2016/10/14)

  長福寺三重塔は、岡山県下最古の木造建築。 バランスよく美しい塔。 山王権現堂。~美作市~ 他 (2016/10/16)

  牛窓の「しおまち唐琴通り」を歩く ~瀬戸内市~  他  (2011/12/9)

  津山城には、大きな規模の石垣が遺る。 三大平山城の1つ。 初代藩主は森忠政。~津山市~ 他 (2016/10/18)


【旅の歌】   いきものがかり 『ブルーバード』Music Video



【道の駅】    彩々茶屋

【明日の予定】     因美線の駅を。 美作滝尾駅など。

【カメラ・レンズ】  フジフイルム、X-S10 XF 18-135mm f 3.5-5.6R  

    都道府県別のブログタイトル一覧表は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg

   (放浪の旅Ⅱと放浪の旅Ⅰの両方です。 記事の総数は4300ほど。)
          
 ※ プロフィール・・・。 ⇒ ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体、3位です。 
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、これです。                          
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ クリックが完了したら、国内旅行のランキングが表示されます。
                 表示された画面の「旅行」をクリックすると、旅行全体の順位が。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 
                 
  【拍 手】  拍手のクリックのバナーは、一番下に。    ※ 拍手は、ランキングとは関係ありません。

※ CMを載せるのには、時間がかかりそう。 
.

スポンサードリンク

 
 

openclose

09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


09 | 2022/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。