fc2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

今日は立春。 暦の上では春です。
寒い日は続くけど、心の中は春(?)でしょうか。
   ・  ・  ・  ・  ・
記事は昨日の続きです。
梅林に入っています。

一部咲いて、次は自分ですよ、という蕾(つぼみ)がいっぱい。
赤も白もピンクも。  (撮影は2月2日)
    ※     ※     ※     ※  ランキング ありがとう!!   ブログタイトル一覧は、右をクリック burogutaitoru656.jpg        
                ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)
   ・  ・  ・  ・  ・ 
宇和島市の南部です。

s-22年2月4日 (1)  s-22年2月4日 (2)

地図の上の方から右に。

s-22年2月4日 (3)

これだけ咲いたら十分楽しめます。 これを見たら、季節は春です。

s-22年2月4日 (4)

こっちは白い。 白梅。

s-22年2月4日 (5)

飛梅と。  大宰府の飛梅の木の枝を、挿木した。 この木全部でしょうか。
                           ※ 大宰府の飛梅はこのように

s-22年2月4日 (6)  s-22年2月4日 (7)

梅林の説明。  いろんな梅がある。

s-22年2月4日 (8)  s-22年2月4日 (9)

花の向こうに屋根付き橋。   花は八重ですね。

s-22年2月4日 (10)  s-22年2月4日 (11)

※ 梅の花の見学はここまで。  高松市の栗林公園は梅が見事です。  その記事

久しぶりに見ます。 内陸の梼原(ゆすはら)に行けば見られます。 大きなのはこれ
この季節寒いから、行かないでしょうか。

s-22年2月4日 (12)

橋の上から。 この後、向こうに。

s-22年2月4日 (13)

赤い橋の上から。

s-22年2月4日 (14)  s-22年2月4日 (15)

公営でなくある会社が経営。  入場料300円。

s-22年2月4日 (16)

鳥たちは機嫌よく。  

s-22年2月4日 (17)

珍しいものが。  膝根(しっこん)と説明に。 根が上に伸びて息をしている。
  ※ イチョウの木は、垂れ下がりますね

s-22年2月4日 (18)  s-22年2月4日 (19)

サルスベリの木。 ツルツル。

s-22年2月4日 (20)

ここの水は海水が混ざっているよう。 カワウかな、ウミウかな。  後ろの方にアオサギ。

s-22年2月4日 (21)

向こうは海の家。 あそこを見てお終い。

s-22年2月4日 (22)

地図の一番右端。

s-22年2月4日 (23)

モクレンの木だ。

s-22年2月4日 (24)

花のつぼみ。 少しずつ大きくなって。

s-22年2月4日 (25)  s-22年2月4日 (26)

海の家。

s-22年2月4日 (27)

広い土間。 いい笑顔だな~。  右端の子のかすかな微笑みも悪くない。

s-22年2月4日 (28)  s-22年2月4日 (29)

ここを通って戻ります。

s-22年2月4日 (30)

春を感じながら、南楽園を歩きました。

【記事紹介】    宇和島市の。

 遊子水荷浦の段畑は、急斜面に石垣で。 ジャガイモ。 四国最初の重要文化的景観。~宇和島市~ 他 (2017/2/6)

 四国霊場 第41番札所 龍光寺。  参道の入り口に石の鳥居。 神仏習合。 四万十川流域に。~宇和島市~ 他 (2017/2/4)


 現存天守の宇和島城 ~宇和島市~   他  (2011/1/29)


【立春】   下の動画を再度。

暦と暮らす【大寒・立春】今年の立春は特に強力!?~カラダをすっきりさせて立春を迎えよう!(井戸理恵子/民俗学・民俗情報工学)



【道の駅】     すくも

【明日の記事】     禅蔵寺薬師堂。

【カメラ・レンズ】  フジフイルム、X-S10 XF 18-135mm f 3.5-5.6R  XF14mmF2.8 車載、FX10   山に行くときはX70.

    都道府県別のブログタイトル一覧表は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg

   (放浪の旅Ⅱと放浪の旅Ⅰの両方です。 記事の総数は4300ほど。)          
 ※ プロフィール・・・。 ⇒ ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。 
               2021年夏のを1枚プラス。 美瑛川上流で釣り。s-ppolkio8999.jpg

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体、3位です。 
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、これです。                          
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ クリックが完了したら、国内旅行のランキングが表示されます。
                 表示された画面の「旅行」をクリックすると、旅行全体の順位が。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 
                 
  【拍 手】  拍手のクリックのバナーは、一番下に。    ※ 拍手は、ランキングとは関係ありません。

※ CMを載せるのには、時間がかかりそう。 
.
 
 
四国では一番広い和風庭園と言われます。
花咲く南楽園。  梅の花から始まり。
   ・  ・  ・  ・  ・
明日は立春。 それが決まって、その前日が節分。
北海道では吹雪でも、季節の上では春ですね。

四国では梅が咲き始めて、確かに明日は立春の感じに。
春と聞いたら心が軽くなります。  (撮影は2日)
    ※     ※     ※     ※  ランキング ありがとう!!   ブログタイトル一覧は、右をクリック burogutaitoru656.jpg        
                ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)
   ・  ・  ・  ・  ・ 
南に下がってきたら、海がリアス式になってきた。

s-22年3月3日  (1)  s-22年3月3日  (2)

1月29日から梅まつり。   今日の記事は、地図の左半分。

s-22年3月3日  (4)  s-22年3月3日  (3)

左に行きます。 木々は剪定(せんてい)されて。   右写真は中央の道。行かない。

s-22年3月3日  (5)  s-22年3月3日  (6)

左奥へ。

s-22年3月3日  (7)  s-22年3月3日  (8)

藤棚の下を。  ショウブとか、花の世話をしている人が。

s-22年3月3日  (9)

中央方向。遠く。 梅林は向こう。

s-22年3月3日  (10)

里の家。  昔の雰囲気。

s-22年3月3日  (11)  s-22年3月3日  (12)

おひな様の季節もやって来る。  その頃は桃の花が咲いて。

s-22年3月3日  (13)  s-22年3月3日  (14)

宇和島藩に豊姫がいた。 信州の松代(まつしろ)藩に嫁いだ。
アンズの木を持って行った。 向こうで植えた。

今は、松代はアンズの産地。
そのアンズの木が戻ってきた。

   ※ 松代城にある豊姫とアンズの説明。 豊姫の墓(廟)

   ※ 余談 宇和島藩の殿様は仙台藩から来ている。 宇和島藩と仙台藩は仲がいい。
        松代藩は、真田家。  初代藩主は、真田信幸。(信繁の兄)
        信繁は大坂城で死ぬとき、娘と息子を敵の仙台藩に預けた。
        元々、真田家と仙台藩は結びつきが強かった。
        それがあって、宇和島藩から真田家の松代藩に豊姫が嫁いだ。

s-22年3月3日  (15)  s-22年3月3日  (16)

トキワバイカツツジ。 初めて聞きます。 とても珍しいよう。 希少種。  色が淡いのが特徴。

s-22年3月3日  (17)  s-22年3月3日  (28)

先に行く。 歩いて歩いて次の場所。

s-22年3月3日  (18)

遠くにピンクが見える。

s-22年3月3日  (19)

左を行ってみる。

s-22年3月3日  (20)

時々、石の彫刻が。  ※ 説明の右下に顔。 角も。

s-22年3月3日  (21)  s-22年3月3日  (22)

梅林だ。 初見の梅。

s-22年3月3日  (23)  s-22年3月3日  (24)

濃いのがあって薄いのも。

s-22年3月3日  (25)

うれしい。 春が来たって感じます。  梅の花はすぐに散らない。

s-22年3月3日  (27)  s-22年3月3日  (26)

明日はこの続きです。

【その他】    まんが日本昔ばなし「節分の鬼」

   ※ 今日は節分です。  明日は立春。
         (節分の次の日が立春ではなく、立春の前の日が節分ですね)

     皆さんは豆まきをしたでしょうか。 自分は食べました。

   ※ 鬼は悪いって誰もが言います。 だから豆をぶつけます。
     人の心は、こんな行事を通しても作られていたんですね。

     人が生きていて一番つらい思いは、人との関わりの中から生まれます。
     大人の世界にいじめがあるから、子供の世界から消えません。

     それでも、人が生きていて一番楽しいと思うことは、人との関りの中から生まれます。
     そのことを、下のお話しは教えてくれます。



【道の駅】     みしょうMIC(愛南町)

【明日の記事】    南楽園(その2)

【カメラ・レンズ】  フジフイルム、X-S10 XF 18-135mm f 3.5-5.6R  XF14mmF2.8 車載、FX10   山に行くときはX70.

    都道府県別のブログタイトル一覧表は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg

   (放浪の旅Ⅱと放浪の旅Ⅰの両方です。 記事の総数は4300ほど。)          
 ※ プロフィール・・・。 ⇒ ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。 
               2021年夏のを1枚プラス。 美瑛川上流で釣り。s-ppolkio8999.jpg

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体、3位です。 
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、これです。                          
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ クリックが完了したら、国内旅行のランキングが表示されます。
                 表示された画面の「旅行」をクリックすると、旅行全体の順位が。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 
                 
  【拍 手】  拍手のクリックのバナーは、一番下に。    ※ 拍手は、ランキングとは関係ありません。

※ CMを載せるのには、時間がかかりそう。 
.   
 
 

openclose

02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


01 | 2023/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。