fc2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

戦争が終わって家に戻れる。
事故は、その夢を奪った。
   ・  ・  ・  ・  ・
朝になったら、真幸駅が賑やか。
今日は土曜日、お店が出る。

地元の方に、事故現場に行きたいと伝えた。
今なら線路沿いに行けると、教えてくれた。
   ※     ※     ※     ※  ランキング ありがとう!!   ブログタイトル一覧は、右をクリック burogutaitoru656.jpg        
                ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)
   ・  ・  ・  ・  ・ 
事故は紫〇のところ。 山神第二トンネル内。 緑〇に慰霊止め殉難碑。
真幸(まさき)駅から歩いた。  距離は3㌔ほど。

s-20年12月19日 (1)  s-20年12月19日 (2)

事故の概要。 昭和20年8月22日のこと。
中身については、この後、時々触れます。
s-ggghghyyyuu.jpg  s-DSCF0175(1).jpg

店はこのように。 自分は飴としおりを。
この後、車を下の駐車場に移動。  そこで昨日の記事を書く。

s-20年12月19日 (3)  s-20年12月19日 (4)

11時30分に、お店の人に行ってきますねと言って出発。
南に。  隣の駅は吉松駅。

s-20年12月19日 (5)

戦争が終わった1週間後のこと。 
吉松駅には、地元に戻りたい復員兵が集まっていた。
鹿児島と宮崎方面から。 あちこちに基地があって、そこの人たち。

宮崎側の日豊本線と鹿児島本線は空襲で不通。
北に帰るには、肥薩線しかなかった。

右に棚田があって家が見えた。

s-20年12月19日 (6)  s-20年12月19日 (7)

屋根のある列車が5両、無いのが8両。 前後にD51の機関車。
全体の長さは300㍍ほど。  山神第二トンネルは、倍の600㍍ほど。

山神第一トンネルが見えてきた。  真っ暗。
s-20年12月19日 (8)  s-20年12月19日 (9)

短い。 出口が見えている。 懐中電灯を持っている。

s-20年12月19日 (10)  s-20年12月19日 (11)

山神第二トンネルがすぐに見える。
2つのトンネルの中間の右に、山神神社。  
   ※ トンネル工事の時、安全を願ってつくったのか。

s-20年12月19日 (12)  s-20年12月19日 (13)ppp 

当日、向こうから列車は上がってきた。 急こう配。
先頭の機関車は、こっちに出ていた。 その状態で停まってしまう。

後の機関車の車輪が空転したり、最後は力尽きた。
トンネルの中は、機関車から出る煙で息もできない程。

前の機関車の機関士は、後ろの機関士が窒息すると思った。 乗客も苦しい。
前には行けないから、下がるしかない。

苦しい乗客は、列車から降りて、真っ暗な中を向こうの出口に向かった。
大騒ぎのところに、列車は下がっていく。

後の機関車に、次々とひかれた。 トンネルは狭いから、全員がよけ切れない。
地獄の状態になった。

左に、復員軍人殉難碑。  右写真は、向こうから入ってきた。

s-20年12月19日 (14)  s-20年12月19日 (15)

救助の人たちがやってきた。 多くは、真幸駅方面から。
トロッコも来た。 トンネルの中の遺体はそれに載せて、ここに運んだ。

そして、ここに埋葬した。 ※ 少し息があっても、助からないものは埋めたとの話も。
怪我した人は、真幸駅に。 そこが野戦病院の感じ。  緊急の手当て。 
   ※ 腕が取れた人は、それ以上の出血がないように。

今はここにあった骨は、市街地のお寺に。

s-20年12月19日 (16)  s-20年12月19日 (17)

山神第二トンネルへ。 617㍍。 事故現場。

s-20年12月19日 (18)  s-20年12月19日 (19)

集団で人がいたら、全員はよけれないですね。 1人なら、左右の下に寝ころべばいいですけど。

 ※ 臨時列車がもし来たらどうしようと思っていた。 でも万が一は上のように。
   途中、線路に載った枝は、1本も折れていなかった。 ずっと列車は通っていないと分かっていたが。 

この辺りの列車の人は、苦しくても乗ったままですね。 天井にも人がいっぱい。

s-20年12月19日 (20)  s-20年12月19日 (21)

自分は不気味な感じとかは全くしない。 クマの恐ろしさに比べたら、どうでもいいほど小さい。
退避所があった。

s-20年12月19日 (22)  s-20年12月19日 (23)

再びあって次は大きい。  この辺りが中間か。
列車全体は、トンネルの半分の長さ。 

前の機関車はトンネルから出てるから、後ろの機関車は中間を過ぎた辺りで停まった。
人が歩きだしたのは、この先。

s-20年12月19日 (24)  s-20年12月19日 (25)

光が見えてきた。 ここは人で一杯。 そこを機関車を先頭に下がってきた。
騒然としてるから、列車の音が聞こえなかったようだ。 次々と。

s-20年12月19日 (26)  s-20年12月19日 (27)

出口の向こうには人がいっぱい。 手のない人、足の無い人も。
それなりにきっと助け合った。  

100㍍ほど行ってみたが、慰霊碑とかはなかった。

s-20年12月19日 (28)

この場所で、鎮魂の黙とうをした。 56数えた。
終えて、心の中で何かがざわついて。  これは霊かなって感じた。

s-20年12月19日 (29)

そんな時は、色々見えてくる。 いう人に言わせれば、これが霊だ。
成仏してるはずだけど、まださまよってるのがいるのか。

s-20年12月19日 (30)  s-20年12月19日 (31)

70数年前の喧騒が聞こえてきそう。 

s-20年12月19日 (32)

さがさなくても、いくらでも。

s-20年12月19日 (33)  s-20年12月19日 (34)

苦悶の表情も。

s-20年12月19日 (35)  s-20年12月19日 (36)

トンネルの600㍍は、歩けば長い。 

s-20年12月19日 (37)  s-20年12月19日 (38)

向こうから出てきた。  右の方からの道があった。 集落があるんですね。
そして、反対側に殉難碑。 奥の方から道はある。

s-20年12月19日 (39)  s-20年12月19日 (40)

第一トンネルを抜けて。  ここでは何も見えない。

s-20年12月19日 (41)  s-20年12月19日 (42)

下の写真を行って、途中で左上にあがった。
上がったら右写真。 右下に線路が。 あそこから上がってきた。

s-20年12月19日 (43)  s-20年12月19日 (45)

後に50㍍行ったら行き止まり。 スイッチバックの仕組み。

s-20年12月19日 (44)

人吉に行く列車は、左にあがっていく。
人吉から来た列車は、こっちに来て右に行って真幸駅に。 戻って、トンネルの方に。(右写真の右に)

s-20年12月19日 (46)  s-20年12月19日 (47)

戻ってきました。

s-20年12月19日 (48)

ホームの向こう隅に、山津波の碑。

  ※ 私に色々教えてくれた人は、山津波を見たそう。
    実家に戻って、親せきの家に行くときに。 この周辺の集落は消えた。

s-20年12月19日 (49)  s-20年12月19日 (50)

この事故の詳しいいきさつは分からない。
まとまった資料は、見つけられていないです。

どこかにあるかもしれないが。
機関車の種類とか。 救助の内容とか。

【駐車場】    真幸駅駐車場。

【記事紹介】   塩狩峠(昔、自分が下敷きになって列車を止めた男がいた)

【停泊場所】    阿久根市のAZの駐車場。(24時間のスーパーセンター)

【明日の予定】    出水市でツルの観察。 その前に長島に挨拶に。

【カメラ・レンズ】  フジフイルム、X-H1 XF 18-135mm f 3.5-5.6   

    都道府県別のブログタイトル一覧表は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg

   (放浪の旅Ⅱと放浪の旅Ⅰの両方です。 記事の総数は4300ほど。)
          
 ※ プロフィール・・・。 ⇒ ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、2位です。 
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、これです。                          
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ クリックが完了したら、国内旅行のランキングが表示されます。
                 表示された画面の「旅行」をクリックすると、旅行全体の順位が。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 
                 
  【拍 手】  拍手のクリックのバナーは、一番下に。    ※ 拍手は、ランキングとは関係ありません。

※ CMを載せるのには、時間がかかりそう。 自分には無理。 調べてやってみたけど。
.

スポンサードリンク

 
 
真幸駅。  まさき駅。
真に幸せと書いて。 読みも珍しい。
   ・  ・  ・  ・  ・
毎年一度は寄る。
幸せの鐘が鳴り響く駅。

列車の通らない駅は、どうなっているのでしょう。
猫たちは?
   ※     ※     ※     ※  ランキング ありがとう!!   ブログタイトル一覧は、右をクリック burogutaitoru656.jpg        
                ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)
   ・  ・  ・  ・  ・ 
肥薩線の真幸駅だけが宮崎県。 横に行くのは吉都線。 都城へ。

s-20年12月18日 (1)  s-20年12月18日 (2)

.えびの市に入った。   左に道の駅。 何度も。  今日はまっすぐ。

s-20年12月18日 (19)

真幸駅に。 向こうの山の中腹に。   周りの山は、外輪山。

s-20年12月18日 (20)

京町温泉街に。  中学の生徒さんが下校中。 真幸(まさき)中学校。
ここは昔、真幸町だった。   この町の最初の駅が真幸駅。

市街地に駅ができたけど、名前は京町温泉駅に。 

s-20年12月18日 (21)

川内(せんだい)川を渡って、国道447に。 
国道の3ケタ台の大きな数。  真幸駅の先は酷道。 もしいい道なら、長島まで近い。

s-20年12月18日 (22)

あと少し。 人気の駅。 幸せになりたいって。

s-20年12月18日 (23)  s-20年12月18日 (24)

見えてきた。

s-20年12月18日 (26)  s-20年12月18日 (27)

肥薩線の真幸駅。

s-20年12月18日 (4)

右に猫ちゃん。 人を見てもこわがらない。 きっと、いじわるされたことがない。
田の神。

s-20年12月18日 (5)  s-20年12月18日 (6)

終戦直後、トンネルで事故。  トンネル内で機関車が登れなくなった。
トンネルの中は煙だらけ。   大変だ。 狭いトンネルを逃げた。  機関車も煙だらけ。 下がる。

人を、50数名ひいてしまった。  ※ 慰霊碑があるよう、そのトンネルを抜けて明日行ってくる。

s-20年12月18日 (7)

運休のお知らせが。

s-20年12月18日 (8)

去年の球磨川の氾濫。 

s-20年12月18日 (9)

こうですからね。  復旧まで何年かかるでしょう。 
  ※ 震災で被害を受けたリアス線は、3年かかった。

s-20年12月18日 (3)

山頭火もやってきた。 昭和5年。  ※ 昭和2年までは、ここは鹿児島本線だった。

s-20年12月18日 (10)

ホーム。 使わない鉄道はさびる。

s-20年12月18日 (11)  s-20年12月18日 (12)

向こうが下り。 スイッチバックの駅。
向こうから来た列車は、出発の時いったん向こうに行く。 下らないで少し右上に。

再びこっちに来る。 右上に鉄道があって、そこを上がってくる。
事故があったのは、向こうに下って2つ目のトンネル。 2㌔ちょっと歩くのかな。

s-20年12月18日 (13)

このように。

s-20年12月18日 (14)

幸せの鐘。  列車は停車時間が少しある。 
みんな下りて鳴らす。 幸せになりたい。  真の幸せになりたいって。  谷に響く。

s-20年12月18日 (15)  s-20年12月18日 (16)

今は田の神様だけ。 ※ 明日の朝、この場所は賑やかに。 この時は知らない。

s-20年12月18日 (17)  s-20年12月18日 (18)

真幸駅に来たら、心落ち着きます。
夜は、シカの鳴き声聞いて。

【停泊場所】   駅横の駐車場。

【明日の予定】   トンネル事故があった所に。 線路沿いに。 2つトンネル抜けて。 今しかできない。

【カメラ・レンズ】  フジフイルム、X-H1 XF 18-135mm f 3.5-5.6   車載はFX10。

    都道府県別のブログタイトル一覧表は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg

   (放浪の旅Ⅱと放浪の旅Ⅰの両方です。 記事の総数は4300ほど。)
          
 ※ プロフィール・・・。 ⇒ ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、2位です。 
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、これです。                          
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ クリックが完了したら、国内旅行のランキングが表示されます。
                 表示された画面の「旅行」をクリックすると、旅行全体の順位が。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 
                 
  【拍 手】  拍手のクリックのバナーは、一番下に。    ※ 拍手は、ランキングとは関係ありません。

※ CMを載せるのには、時間がかかりそう。 自分には無理。 調べてやってみたけど。
.

スポンサードリンク

 
 

openclose

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


09 | 2021/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。