fc2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

寒の戻り、花冷え、三寒四温、春は名のみ。
春は、いつも暖かくはないようだ。
   ・  ・  ・  ・  ・
都祁水分神社。  読めと言われても読めない。
つげみくまり神社。 都祁はここの地名。

水分は分水嶺の意味。
木津川と大和川の分水嶺。  ※ 木津川は淀川に。 大和側は堺市で海に。
    ※     ※     ※     ※  ランキング ありがとう!!   ブログタイトル一覧は、右をクリック burogutaitoru656.jpg        
                ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)
   ・  ・  ・  ・  ・ 
道の駅から歩いた。

s-22年3月28日 (1)  s-22年3月28日 (2)

巨大道の駅。 針テラス。  500台以上停められる。

s-22年3月28日 (3)

出発。 自分も左に。 南への道。 室生寺方面。

s-22年3月28日 (4)

15分ほど歩いて田舎道に。 神社への遊歩道の案内があちこちに。   神社の森が見えている。

s-22年3月28日 (5)

楽しみの3分の1は神社見学。 3分の2は、地域の見学。
ヨモギを今年初めて見ました。  草餅が食べたくなる。

s-22年3月28日 (6)  s-22年3月28日 (7)

イヌノフグリ。 ひどい名前だ。 
ここに来る途中、タンポポを積んでいる親子に会った。 小さな男の子。

s-22年3月28日 (8)  s-22年3月28日 (9)

森を右から巻くように。 梅の花はそろそろお終いかな。

s-22年3月28日 (10)

ここは標高があるから、見ごろは続いているのか。 いい感じ。

s-22年3月28日 (11)  s-22年3月28日 (12)

モクレンの向こうに、サンシュユ。 今年初めて。

s-22年3月28日 (13)  s-22年3月28日 (14)

曲がって、森は左に。

s-22年3月28日 (15)

自分の後ろに行ったら神社。  写真を撮っていたら、男の子が、おじさん何してるのって。
10分ほどお話し。 北海道から来たと伝えたら、知床の方の朝日小学校とネットで交流してるんだよって。

肌寒いのに、短パン半そで。 別れるとき友達も来た。
晩に都祁(つげ)小のHPを見た。  6年生の学習に、それがあった。

朝日小学校は斜里町の市街地に。 
以前、オホーツクサイクリングがあった。 出発は雄武町。 ゴールは斜里の朝日小学校。

数年前、斜里のお祭りを見た。 弘前市との交流があるのか、ねぷたの祭り。
このように、朝日小学校も参加していた。  記事はここに

最後にさよならして。 彼の名前に瑛の字が。 おじちゃんの故郷、美瑛の瑛だねって。
さわやかな雰囲気の男の子でした。

s-22年3月28日 (16)

都祁水分神社。 奈良時代からの神社。  建物は室町時代のが今に残って。

s-22年3月28日 (17)  s-22年3月28日 (18)

手前に舞殿。 後ろに本殿。

s-22年3月28日 (19)

2つ並んで右は、直会(なおらい)殿とあった。
お祭りの後、ご苦労様ってお神酒を飲む場所ですね。

s-22年3月28日 (20)  s-22年3月28日 (21)

本殿周囲の巨木群は、県の保存樹に。

s-22年3月28日 (22)

本殿。 国の重要文化財。

s-22年3月28日 (23)

色の配色は、日本人の感性でしょうか。 

s-22年3月28日 (24)

県の文化財も。

s-22年3月28日 (25)

田舎道を通って戻る。

s-22年3月28日 (26)  s-22年3月28日 (27)

この丸は何かな。 直ぐに分からなかった。 カーブミラーが光を反射。

s-22年3月28日 (28)  s-22年3月28日 (29)

春の花が増えてきています。

【記事紹介】

 宇太水分神社(うだみくまりじんじゃ)。  中将姫伝説の青蓮寺(せいれんじ)。~宇陀市~  他  (2013/4/16)


 室生寺五重塔は新緑に映えていた。 とびきり美しい十一面観音菩薩立像。 長い石段の上に奥の院。~宇陀市~ 他 (2018/4/5)

 真言宗豊山派の総本山、長谷寺。 西国三十三所、第8番。 花の御寺。 牡丹はとくに有名。~桜井市初瀬~ 他 (2018/3/18)


 宇陀松山の町並みを歩く。  重伝建地区。  宇陀松山城の城下町。~宇陀市大宇陀~ 他 (2015/11/22)

 春の曽爾(そに)高原 (お亀池・亀山に)。  めだか街道。~曽爾村~  他  (2013/4/19)


 山の中腹にミツマタ群生地。 黄色の花は今が見ごろ。 花のトンネル。 庚申堂で青面金剛像を。~津市美杉町~ 他 (2021/3/28/日)


【ウクライナ関係】   サイバー戦争でもロシアが苦戦か?【豊島晋作のテレ東ワールドポリティクス】(2022年3月28日)

         ※ ロシアの通信は、もしかしてすべてアメリカが知っているかも。
           知っていても、知っているとは言いませんね。 ウクライナに伝えて。

         ※ ウクライナの民間人の犠牲者が多すぎます。 何とかしなければ。



【道の駅】     関宿(亀山市)

【明日の記事】    関宿の見学。

【明日の行動】    関宿の北に小さな山。 そこに観音山公園。 
             行きたいけど、天気が雨模様。  どうなるかな。

【カメラ・レンズ】  フジフイルム、X-S10 XF 18-135mm f 3.5-5.6R  XF14mmF2.8 車載、FX10   山に行くときはX70.

    都道府県別のブログタイトル一覧表は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg

   (放浪の旅Ⅱと放浪の旅Ⅰの両方です。 記事の総数は4300ほど。)          
 ※ プロフィール・・・。 ⇒ ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。 
               2021年夏のを1枚プラス。 美瑛川上流で釣り。s-ppolkio8999.jpg

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体、4位です。 
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、これです。                          
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ クリックが完了したら、国内旅行のランキングが表示されます。
                 表示された画面の「旅行」をクリックすると、旅行全体の順位が。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 
                 
  【拍 手】  拍手のクリックのバナーは、一番下に。    ※ 拍手は、ランキングとは関係ありません。

※ CMを載せるのには、時間がかかりそう。 
.  

スポンサードリンク

 
 
いつの間にか、寒い日がどこかに。
確かに、寒さは彼岸まででした。
   ・  ・  ・  ・  ・
道の駅で調べたら、近くに竹内(たけのうち)街道。
奈良時代前から、日本が日本と名乗る前からあったよう。

温かくなると花が咲きだす。
歩くのが楽しい。 浮かれた気分で。
    ※     ※     ※     ※  ランキング ありがとう!!   ブログタイトル一覧は、右をクリック burogutaitoru656.jpg        
                ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)
   ・  ・  ・  ・  ・ 
ウクライナのことを考えたら、浮かれてはいられないけど。
道の駅から北に歩いて。

古代は、奈良の南のあすかに向かって続いていた。 大阪から奈良方面への道。

s-22年3月26日 (1)  s-22年3月26日 (2)

もし日本が攻められるとすれば、まず北海道。 北オホーツクが危ない。

道の駅かつらぎ。 青空です。

s-22年3月26日 (3)  s-22年3月26日 (4)

北海道が攻められたら、旭川の自衛隊が真っ先に戦うそう。
  ※ 北海道にはロシアからの備えに、屯田兵が。 その延長の様に旭川第二師団が生まれる。

着きました。 古い家並みが残っている。

s-22年3月26日 (5)  s-22年3月26日 (6)

ロシアには北海道を攻める理由があるのでしょうか。 例えばこんなの。
北海道の先住民族はアイヌ。 アイヌは元々千島の先住民族でも。

そのアイヌが、北海道では幸せではない。
そのアイヌを守るために、北海道をロシアの物にするぞ~って。(ネットに合った情報)

  ※ アイヌの前にも人は住んでいた。 その土地にいつ住んでた者が自分の土地と言えるのでしょう。

左に大きな建物。

s-22年3月26日 (7)

右向こうから入ってきた。  芭蕉の句碑があって、それを綿弓(わたゆみ)塚。
ここは、、綿弓広場。

s-22年3月26日 (8)  s-22年3月26日 (9)

※ 綿弓って下のような道具。  綿をほぐす。 種などの不純物を取り除く。



綿弓塚。  「綿弓や琵琶に慰む竹の奥」を芭蕉はここで歌った。 ここは友人だった人の家かな。
野だらし紀行にある句。

s-22年3月26日 (10)  s-22年3月26日 (11)

古い建物の中。

s-22年3月26日 (12)  s-22年3月26日 (15)

芭蕉にしても山頭火にしても、どうして旅なんでしょう。 歌がつくりやすいのか。  自分はどうして??
右写真の歌。  かさねは、出会った女の子の名前ですね。 送ってくれた。

  ※ この後の北上で、日光・那須・吾妻のコースを行きたい。

s-22年3月26日 (13)  s-22年3月26日 (14)

左に遊歩道。  畑の中への道だった。 戻る。

s-22年3月26日 (16)  s-22年3月26日 (21)

途中で右の小路に。 当麻寺への道だった。

s-22年3月26日 (17)  s-22年3月26日 (18)

広い車道に出た。 右上に春日若宮神社。

s-22年3月26日 (19)  s-22年3月26日 (20)

戻る途中に、法禅寺。  いいとか悪いとかの話しが多いでしょうか。 我々の会話は。
極楽があるとかは仏教独自の考え。 ここにあるのは、広く人間の生き方ですね。

s-22年3月26日 (22)  s-22年3月26日 (23)

庭を見て。  トサミズキです。 この春初めて見ます。 うれしい。

s-22年3月26日 (24)  s-22年3月26日 (25)

この道を歩いて。

s-22年3月26日 (26)

春のいい一日でした。

※ ロシアは北海道を攻めたくなったら、理由は適当に見つけますね。
  アメリカが日本を助けたら、第三次世界大戦。 アメリカは絶対に助けない。

  アメリカ本土が攻められた時だけ、日本の米軍は動き出す。
  この危険を避けるには、プーチン政権が別の政権に変わらないとダメでしょうか。

【ウクライナ関係】  二児の母が戦車破壊 反撃続くウクライナ軍の最前線(2022年3月26日)

    ※ その母は、私が守っているのは、キエフやウクライナヨーロッパだけではなく、民主主義ですと言った。(1分30秒~)



【道の駅】    針テラス(奈良市針町、田舎です)

【明日の記事】    華ちゃん・桃ちゃんに会った。

【明日の行動】     道の駅から歩いてみる。

【カメラ・レンズ】  フジフイルム、X-S10 XF 18-135mm f 3.5-5.6R  XF14mmF2.8 車載、FX10   山に行くときはX70.

    都道府県別のブログタイトル一覧表は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg

   (放浪の旅Ⅱと放浪の旅Ⅰの両方です。 記事の総数は4300ほど。)          
 ※ プロフィール・・・。 ⇒ ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。 
               2021年夏のを1枚プラス。 美瑛川上流で釣り。s-ppolkio8999.jpg

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体、4位です。 
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、これです。                          
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ クリックが完了したら、国内旅行のランキングが表示されます。
                 表示された画面の「旅行」をクリックすると、旅行全体の順位が。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 
                 
  【拍 手】  拍手のクリックのバナーは、一番下に。    ※ 拍手は、ランキングとは関係ありません。

※ CMを載せるのには、時間がかかりそう。 
.  

スポンサードリンク

 
 

openclose

11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


10 | 2022/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。