fc2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

記事は昨日の続き。
薬師堂の見学を終わって次に。
   ・  ・  ・  ・  ・
十日町のこっち方面もクマがいる。
北海道のように多くないにしても。

森の中の遊歩道は荒れていく。
歩く人がいないから。
    ※     ※     ※     ※  ランキング ありがとう!!   ブログタイトル一覧は、右をクリック burogutaitoru656.jpg        
                ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)
   ・  ・  ・  ・  ・ 
赤〇に駐車場。 緑〇を時計と反対まわりで。

s-21年10月20日 (1)  s-21年10月20日 (2)

薬師堂。 右下から上がってきてこっちに。  向こうへの遊歩道があったが、荒れて通行止め。
下には不動滝。 ここから下に、婿を投げる。

s-21年10月20日 (4)  s-21年10月20日 (3)

先への道。 クマ対策はしている。

s-21年10月20日 (5)  s-21年10月20日 (6)

地図があった。  上の方にいる。 むかご。

s-21年10月20日 (8)  s-21年10月20日 (7)

地図の一番上方面。 引き返す。

s-21年10月20日 (9)

左の道を下りてきた。  右は個人の家へかな。 スマホの地図にない道。
 ※ 昔と違って、スマホがあれば道に迷わない。 山の中のスマホが使えない所はダメ。 その時は山ナビ。

s-21年10月20日 (12)  s-21年10月20日 (13)

下に行く。  棚田。

s-21年10月20日 (14)

何かなっている。 ユウガオでしょうか。 かんぴょうの。
昨日見たのは、これを干したのみたい

s-21年10月20日 (15)  s-21年10月20日 (16)

雪が降るまで野菜は育つのか。 九州とかは今頃、冬野菜の種をまいてる。
右のにササゲが。  煮て食べたら美味しい。

s-21年10月20日 (17)

広い道に出た。  国道405は左から来て向こうに。  左を行くと大変。
乗用車だって苦労する。 山の中。 谷に落ちたらお終い。 

自分は一度だけ。 古いナビは案内した。 以来ナビを信用しなくなった。 
危険そうな道は調べるようになった。  真っすぐは行ったことがある。

s-21年10月20日 (18)  s-21年10月20日 (19)

上の写真の反対側へ。 凌雲閣が見えてきた。

s-21年10月20日 (20)

凌雲閣。  国の有形登録文化財。 重要文化財の次くらいの位置でしょうか。 

s-21年10月20日 (21)

凌雲閣のサイトからお借り。 部屋はみんな違う。

s-21年10月20日 (31)

ここの温泉は鏡の湯と呼ぶ。 下の伝説から。
鏡に写った自分の顔を見て、お母さんと思う。

  ※ すべて伝説。 大伴家持が登場。 彼は、東北方面と越中(富山)と関りのある人。
    東方面数㌔の所にこの伝説の鏡ヶ池がある。

    その池には、カササギ橋が。 家持(やかもち)の百人一首の歌との関りで。
      「かささぎの 渡せる橋におく霜の 白きを見れば 夜ぞ更けにける」 
                          カササギはこんな鳥。(一度だけ外で見たかな)

s-21年10月20日 (32)

※ 鏡に写った自分の顔を、自分ではないと思ってしまう話は他にも。
  この話が先かそっちが先かは、分からない。

  話は落語になっている。 題名は松山鏡。 (松山は、越後の松山と言ってる)
  鎌倉時代辺りからか、この地方は松山と言われた。 ※ 正確には松山保。 保は直轄地の意味。
  後の時代には、松山郷とも。

  今の時代は、ここは十日町市。 
  他と合併する前は、松之山町と松代町が。 2つの町の部分が、松山。(松山保・松山郷)
  松代に、先日紹介した松苧(まつお)神社。 そのすぐ近くに犬伏城。 今は城跡だけ。

  犬伏城の鎌倉時代の城主に、松之山氏がいた。 
  松之山の地名は、城主の名前から。

  松之山にあった話が下。
  落語の松山鏡の紹介。 2分20秒から松山鏡。

  

ここにも旅館。

s-21年10月20日 (22)

先に行くとセブンイレブンの車。 移動販売車。 届けてもくれる。
すぐ先から左に曲がって駐車場。

s-21年10月20日 (23)  s-21年10月20日 (24)

駐車場。  1時間昼寝。

s-21年10月20日 (25)

2時前、昨日の写真の店に。 あごだしラーメン。 おいしい。 油の多いチャーシューは??

 ※ 美味しいけど気になることが。 猫がうろうろしている。
   ラーメンに猫の毛が入っていたら食べれない。 そんな不安。
   他に、かすかなにおい。 これは猫だなと思った。 客にしか分からない。

s-21年10月20日 (27)

その後、鷹の湯に。  いつまでも体はポカポカ。 ラドン温泉に似ている。

s-21年10月20日 (29)  s-21年10月20日 (33)

数年後にまた来てみましょう。
その時、犬伏城の見学も。 鏡ヶ池と。

【道の駅】     さかえ

【明日の予定】     栄村を見学。  気になるところが。(山本勘助に関して)

【カメラ・レンズ】  フジフイルム、X-S10 XF 18-135mm f 3.5-5.6R  

    都道府県別のブログタイトル一覧表は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg

   (放浪の旅Ⅱと放浪の旅Ⅰの両方です。 記事の総数は4300ほど。)
          
 ※ プロフィール・・・。 ⇒ ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体、3位です。 
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、これです。                          
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ クリックが完了したら、国内旅行のランキングが表示されます。
                 表示された画面の「旅行」をクリックすると、旅行全体の順位が。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 
                 
  【拍 手】  拍手のクリックのバナーは、一番下に。    ※ 拍手は、ランキングとは関係ありません。

※ CMを載せるのには、時間がかかりそう。 
.

スポンサードリンク

 
 
久しぶりの松之山温泉。
湯は温まる不思議な湯。(珍しい)
   ・  ・  ・  ・  ・
温泉街を通って、別の集落を通って戻ってくる。
今日の記事は温泉街まで。

珍しいものはないかなって歩いた。
半袖は無理だけど、遅い秋の暖かい一日。

    ※     ※     ※     ※  ランキング ありがとう!!   ブログタイトル一覧は、右をクリック burogutaitoru656.jpg        
                ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)
   ・  ・  ・  ・  ・ 
道を間違わなければ、いい道で行ける。 国道405は決して走らない。 酷道。

s-21年10月19日 (1)  s-21年10月19日 (2)

駐車場から出発。 入り口は狭い。

s-21年10月19日 (6)  s-21年10月19日 (7)

分からないものが。  八海山は近い将来行く。
即席スピードカレー。 何でしょう。

調べたら、信州の松本市にあった、美篶(みすず)商会が製造販売していた。
戦前のこと。 即席カレーのはしり。 1袋七皿分入り十銭。 
    (美篶商会はカメラの会社でも。 フジフイルムとのつながりがあった)

s-21年10月19日 (8)  s-21年10月19日 (9)

式場庶謳子(しきば しょおうこ)って人は、新潟県で活躍している版画家。 94才。 
人間を見つめてる感じ。  ※ 下の作品は、展覧会の紹介のサイトからお借り。

s-21年10月19日 (4)  s-21年10月19日 (5)

小さな温泉街にしては整備されている。 今の時代どこも大変だけど。
右は、ユウガオでしょうか。 ヒョウタンのように固くして。

s-21年10月19日 (10)  s-21年10月19日 (11)

あごだしラーメン。 明日の記事に。(須坂の東風さんが教えてくれていた。2度目)

s-21年10月19日 (12)

公衆浴場、鷹の湯。  明日の記事で紹介。  ここの源泉は後程。

s-21年10月19日 (13)

今度来たらここで食べてみるかな。 旅館には観光客が宿泊してる感じ。

s-21年10月19日 (14)  s-21年10月19日 (15)

雰囲気のいいお店。 温泉街全体は昭和の雰囲気。
右写真。 句碑があった。

「一と夜さに 雪の越後と 変りはて」 ※ ひと夜さに・・。
  (前日は雪がなかったのに、一晩で雪の世界に。 まいったなって)

滝沢鶯衣(たきざわ・おうい 1906~96年)
高浜虚子、高野素十に師事。ホトトギス同人。
魚沼地方やここ松之山での俳諧の指導者。 (このサイトで分かりました

s-21年10月19日 (16)  s-21年10月19日 (17)

ローマにあるのですね。

s-21年10月19日 (18)

松之山は豪雪地帯。 温泉熱を利用して川の水を温め、消雪パイプで道の雪を解かす。
右写真のように。  多くの地域で、普通の水でやってますね。

s-21年10月19日 (19)  s-21年10月19日 (20)

上がって来ました。

s-21年10月19日 (21)  s-21年10月19日 (22)

湯けむり。 源泉の余った湯を捨ててるみたい。
右写真の小屋が、鷹の湯の源泉のよう。

s-21年10月19日 (23)  s-21年10月19日 (24)

こんな説明。  石油の下に、化石になった海水。  成分が濃いから薬湯と言ってるのか。

s-21年10月19日 (25)

戦前の番付。 泉質によっての番付ですね。  (いろんな組織が番付を)
上の列の知ってるところを紹介。

草津の湯   道後の湯   成子の湯(鳴子温泉)  ※ 小河内源湯はダム湖の底。  湯川尾湯(伊香保温泉
嶽の湯(嶽温泉、岩木山の麓。写真1枚だけ)   恐山の湯

城の崎の湯(城崎温泉)  那須の湯   霧島の湯   下良の湯(下呂温泉)   肥前温泉の湯(雲仙温泉
山鹿の湯

s-21年10月19日 (26)

振り返って。 冬は右のように。(Wikipediaから)  道に雪がない。

s-21年10月19日 (27)  s-21年10月19日 (38)

不動滝。 

s-21年10月19日 (28)  s-21年10月19日 (29)

黒牛がこっちを。 大きな作品。 作者は外国人のよう。 
※ 半分焼いた牛肉が食べたくなってきた。 赤ワインで。

s-21年10月19日 (30)

上に薬師堂。  冬に、変わった行事。  若者がいたら、いつまでも続きますね。

s-21年10月19日 (31)  s-21年10月19日 (32)

上から温泉街を。

s-21年10月19日 (33)

急斜面で雪の中に投げるのか。 結婚のお祝い。

s-21年10月19日 (34)

温泉には薬師堂ですね。 神社だったら薬師神社。 健康を願って。

s-21年10月19日 (35)  s-21年10月19日 (36)

右写真。 雪が積もったら、周りに板をはめ込みますね。

s-21年10月19日 (37)  s-21年10月19日 (3)

続きは明日の記事です。

【停泊場所】    松之山温泉駐車場。 20日朝に、道の駅信州さかえに移動。

【明日の予定】   記事は松之山温泉(その2)

【カメラ・レンズ】  フジフイルム、X-S10 XF 18-135mm f 3.5-5.6R  

    都道府県別のブログタイトル一覧表は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg

   (放浪の旅Ⅱと放浪の旅Ⅰの両方です。 記事の総数は4300ほど。)
          
 ※ プロフィール・・・。 ⇒ ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体、3位です。 
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、これです。                          
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ クリックが完了したら、国内旅行のランキングが表示されます。
                 表示された画面の「旅行」をクリックすると、旅行全体の順位が。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 
                 
  【拍 手】  拍手のクリックのバナーは、一番下に。    ※ 拍手は、ランキングとは関係ありません。

※ CMを載せるのには、時間がかかりそう。 
.

スポンサードリンク

 
 

openclose

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


09 | 2021/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。