fc2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

寺にお参りして、何をお願いしたらいいでしょう。
一番は、自分や周りの人の健康でしょうか。
   ・  ・  ・  ・  ・
寺はそれを感じるので、薬師堂を建てます。
お参りする人は、本堂よりそっちが多くなったりして。

薬師堂が本堂の場合も。
その時は名前を、薬師寺としたり。
    ※     ※     ※     ※  ランキング ありがとう!!   ブログタイトル一覧は、右をクリック burogutaitoru656.jpg        
                          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)
   ~~~ 撮影は10月3日  ~~~

朝日村です。 国道も線路もない。 そのことは住む人の幸せとは関係ないですね。
でもコンビニは気にする人も。 朝日村にはファミマがあります。 村と協力して出店。 野菜や肉も置くのか。

s-23年10月4日 (1)  s-23年10月4日 (2)

駐車場から来たらこう。 薬師堂。

s-23年10月4日 (3)

石仏が多い。 四国や西国など、いろいろ。

s-23年10月4日 (4)  s-23年10月4日 (5)

仁王門。 ※ 匂う門ではなく。 後ほど。匂いぬるかな・・。

s-23年10月4日 (6)

本尊は薬師如来。

s-23年10月4日 (7)

仁王様 地方の雰囲気漂って。

s-23年10月4日 (8)  s-23年10月4日 (9)

薬師堂。  茅葺。  雨に濡れたら重くないのか。

s-23年10月4日 (10)

向背がひさしのように。 

s-23年10月4日 (11)

右にいるのは天邪鬼。  あまのじゃく。 

s-23年10月4日 (12)  s-23年10月4日 (13)

梁(はり)を支えている。  泣きながらではない。

s-23年10月4日 (14)  s-23年10月4日 (15)

正面以外にも。

s-23年10月4日 (16)  s-23年10月4日 (17)

天邪鬼でなく邪鬼(じゃき)と表記している時も。

s-23年10月4日 (18)

隣に大きな木があった。
木曽義仲は鳥居峠を越え、ここにやって来た。  鳥居峠の記事

戦勝祈願をした。 その時に木を植えた。 
源通久の句がある。 この人は、久我通久のこと。 直系の子孫に久我美子がいます。(映画で紹介。最後に)

  ※ 余談  百人一首、伊勢大輔(61番)に下の歌。 これを意識していますね。
            「いにしへの 奈良の都の 八重桜  けふ九重に にほひぬるかな」

s-23年10月4日 (19)  s-23年10月4日 (20)

この後外陣に入ります。 灯篭の石、六角形。

s-23年10月4日 (21)  s-23年10月4日 (22)

薬師堂なので、中に薬師如来。

s-23年10月4日 (23)  L00325700001.jpg

天邪鬼の後ろ姿。  右は分からない。

s-23年10月4日 (24)  s-23年10月4日 (25)

薬師堂の左後ろ。

s-23年10月4日 (26)

八社大権現。  石仏。

s-23年10月4日 (27)  s-23年10月4日 (28)

上に行くと、まだまだあった。  ここで拝めば、そこに行ったことになるよう。

s-23年10月4日 (29)  s-23年10月4日 (30)

やっと涼しくなってうれしそう。

s-23年10月4日 (31)  s-23年10月4日 (32)

境内から出た。  道祖神がある。

s-23年10月4日 (37)  s-23年10月4日 (33)

薬師堂を横に見て。  近い。

s-23年10月4日 (34)  s-23年10月4日 (35)

荒井の道祖神。  仲がいいな。  お不動様が横目で見てる。?

s-23年10月4日 (36)

久しぶりに天邪鬼に出会いました。 
  ※ 無邪気は邪鬼の反対ですね。 子供は無邪気って。

【記事紹介】    薬師堂を紹介。

 禅蔵寺薬師堂。 花頭窓は梵鐘の形に似ている。 一部に古い木材が。~宇和島市~ 高梨沙羅、悔しいけど・・・。 (2022/2/5/土)

 第28番札所、大日寺。  奥の院爪彫薬師堂。 石仏の六十三の意味。 赤いマンサクの花。~香南市~ イタリア医療崩壊。 (2020/3/20)

 湯村温泉は春来川沿いに。 夢千代の里。 荒湯で卵を湯がいて。 大きな足湯。 薬師湯。 薬師堂。~新温泉町~ 他 (2018/11/4)

【動画紹介】    にごりえ「大つごもり」【昭和28年|1953年】〔出演俳優 男優:竜岡晋 女優:久我美子 監督:今井正〕《感想・コメント付き・なつかしい名作映画》

    ※ 上にも書きましたが、久我通久の子孫です。 話し方に個性があります。 現在92歳です。



【停泊場所】   道の駅、信州蔦木宿。

【明日の記事】  塩尻から道の駅はくしゅうまで。

【明日の予定】    台ケ原宿を歩きます。

 【カメラ・レンズ】  フジフイルム X-S10    シグマ 18-50 f 2.8 

    都道府県別のブログタイトル一覧表は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg

   (放浪の旅Ⅱと放浪の旅Ⅰの両方です。 記事の総数は4300ほど。)          
 ※ プロフィール・・・。 ⇒ ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。 
               2021年夏のを1枚プラス。 美瑛川上流で釣り。s-ppolkio8999.jpg

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、4位です。 
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、これです。                          
                             
                        ありがとう!! ランキング

               ※ クリックが完了したら、国内旅行のランキングが表示されます。
                 表示された画面の「旅行」をクリックすると、旅行全体の順位が。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 
                 
  【拍 手】  拍手のクリックのバナーは、一番下に。    ※ 拍手は、ランキングとは関係ありません。..  .  
. 
 
 
山の上に清水寺がある。 いいようだ。
でも、途中道が細い。
   ・  ・  ・  ・  ・
清水寺の山の下に古川寺(こせんじ)という寺。
それは、清水寺の里寺のよう。

それで我慢することに。
素敵な観音堂がある。
    ※     ※     ※     ※  ランキング ありがとう!!   ブログタイトル一覧は、右をクリック burogutaitoru656.jpg        
                          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)
   ~~~ 撮影は10月3日  ~~~

左上に清水寺。 古川寺から登山道があるよう。 でも、クマが出ている。
清水寺は山形村。  古川寺は朝日村。   道の駅今井恵の里から近い。(松本市)

s-23年10月3日 (1)  s-23年10月3日 (2)

住宅街の奥に。  ヒガンバナ。

s-23年10月3日 (4)  s-23年10月3日 (5)

像は弘法大師。  剪定された庭。

s-23年10月3日 (6)  s-23年10月3日 (7)

正面は庫裏。  寺務所もそこに。 

s-23年10月3日 (8)

右を見たら、正面に観音堂。  大きく見える屋根は鐘楼門。

s-23年10月3日 (9)

正面に観音堂。  左に鐘楼門。

s-23年10月3日 (10)

門の前に閻魔様。 背中に正徳六年とあった。 1716年。
隣は、奪衣婆(だつえば)。 地獄に来た者の服を脱がす。  左は如意輪観音ですね。

s-23年10月3日 (11)  s-23年10月3日 (35)

門をくぐる。

s-23年10月3日 (12)

正面に本堂。   説明が。

s-23年10月3日 (13)

説明にある和時計は。下の方の写真です。 仕組みが想像できない。
阿弥陀如来坐像は下の写真です。 (寺のHPから)  ※ 本尊は新しいのかな。

小笠原秀政は松本藩の藩主。
  ※ 松本藩は石川数正が最初、(2代) 次が小笠原秀政(2代にわたって)

秀政の妻は登久姫(とくひめ)。 松平信康の長女。 ※ 信康は家康の長男。 自刃。 記事
今年の大河は、途中から見てない。

s-23年10月3日 (14)  

上の説明のです。

s-23年10月3日 (40)  s-23年10月3日 (3)

観音堂です。 ゆるい階段の上に屋根。 前にせり出している。 この後の説明にある向拝。

s-23年10月3日 (17)  s-23年10月3日 (18)

向背のことが。 観音堂は古いですね。

s-23年10月3日 (19)

観音堂の本尊は下の、聖観音。  端正な表情。  火災からも戦乱からも守られて。
右写真、向拝が分かりやすい。   雨のとき便利。

s-23年10月3日 (39)  s-23年10月3日 (20)

上がったところが広い。 びんずるさん。 なでると病気が治る。

s-23年10月3日 (21)  s-23年10月3日 (22)

天井絵。 

s-23年10月3日 (23)

飛天ですね。   仏の周りを優雅に舞う。

s-23年10月3日 (24)  s-23年10月3日 (25)

観音堂から。   別角度から。

s-23年10月3日 (26)  s-23年10月3日 (27)

隣に神社。 大古見神社。 おおかみ神社でいいのかな。
どっちの狛犬も、口が開いていた。 普通は閉じてる左もこう。

s-23年10月3日 (28)  s-23年10月3日 (30)

鐘楼門。

s-23年10月3日 (31)

観音堂の左に2つの小さなお堂。  下の左は鐘楼。

s-23年10月3日 (32)  s-23年10月3日 (33)

地蔵堂のよう。 掃除している人がいた。

s-23年10月3日 (34)

寺の外の道沿いに、これ。

s-23年10月3日 (36)

ウスバサイシンとカタクリが生えている。
ヒメギフチョウはカタクリの花の蜜を吸う。  ウスバサイシンの葉の裏に卵を産む。 孵化したら葉を食べる。

ヒメギフチョウは、ギフチョウと少し違う。  ピンクの花はカタクリの花ですね。

※ ウスバサイシンは薄葉細辛と書きます。 シラネアオイなどアオイの仲間。
  葉がアオイの仲間では薄い。 根は細く辛い。 それで薄葉細辛。

s-23年10月3日 (37)  s-23年10月3日 (38)

古川寺から清水寺への古道があるようです。
最近行った人がいます。 その記事です

【停泊場所】  道の駅今井恵の里(松本市)

【明日の記事】 朝日村の光輪寺薬師堂。

【今後の予定】   比布のOさん夫妻は体調が悪く、信州に来るのは中止になりました。
          のんびり清水に向かいます。

 【カメラ・レンズ】  フジフイルム X-S10    シグマ 18-50 f 2.8 

    都道府県別のブログタイトル一覧表は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg

   (放浪の旅Ⅱと放浪の旅Ⅰの両方です。 記事の総数は4300ほど。)          
 ※ プロフィール・・・。 ⇒ ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。 
               2021年夏のを1枚プラス。 美瑛川上流で釣り。s-ppolkio8999.jpg

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、4位です。 
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、これです。                          
                             
                        ありがとう!! ランキング

               ※ クリックが完了したら、国内旅行のランキングが表示されます。
                 表示された画面の「旅行」をクリックすると、旅行全体の順位が。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 
                 
  【拍 手】  拍手のクリックのバナーは、一番下に。    ※ 拍手は、ランキングとは関係ありません。..  .  
. 
 
 

openclose

02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。