fc2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

因美(いんび)線沿いに美作(みまさか)滝尾駅。
寅さん48作目の冒頭のロケ地という。
   ・  ・  ・  ・  ・
因美線沿いの道は、途中酷道。
それで避けていた。

今回は美作滝尾駅を見て戻ってくる。
再度行くときは、列車に乗る。 廃線の不安があるようなので。
    ※     ※     ※     ※  ランキング ありがとう!!   ブログタイトル一覧は、右をクリック burogutaitoru656.jpg        
                ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)
   ・  ・  ・  ・  ・ 
津山市から北に入る。

s-21年11月21日 (1)  s-21年11月21日 (2)

津山市や美作市周辺は、昔は美作と呼ばれた。 鳥取は因幡(いなば)
そこを結ぶので、因美線。 

左に因美線。 那岐山は右の方に。

s-21年11月21日 (28)  s-21年11月21日 (29)

右写真、少し行って左に入る。 線路を渡る。

s-21年11月21日 (30)  s-21年11月21日 (31)

津山市や美作市は、吉井川の流域。
今、吉井川の支流の賀茂川を渡る。

s-21年11月21日 (32)

少し走ったら右に入る。 そこに駅。 昭和3年だから、もう80年以上経っている。

s-21年11月21日 (3)

正面から。  古い駅舎なので登録有形文化財。 ※ 重要文化財の手前か。

s-21年11月21日 (4)  s-21年11月21日 (7)

男はつらいよ、ロケ記念碑と。

s-21年11月21日 (5)  s-21年11月21日 (6)

ここで昔は、小さな厚い切符を買った。 改札口でチョキンと切って。

s-21年11月21日 (8)

撮影の次の年寅さんなくなる。  この時、がんが進行していた。

s-21年11月21日 (9)  s-21年11月21日 (10)

立つのはやっと。 座っての撮影が多かった。
以前の映像が使える部分は、それを利用した。 48作目。

s-21年11月21日 (11)  s-21年11月21日 (12)

山田監督は50作目まで撮りたかったようだ。
寅さんの体調を知っていたら、無理と思うはずだが。

 ※ 浅丘ルリ子が監督に寅さんと結婚させてほしいと言った。
   でも監督は首を縦にふらなかった。 50作目までが頭にあったからではと言われる。

s-21年11月21日 (13)  s-21年11月21日 (14)

ホームに出てみた。 向こうが北。 日本海に行く。 右は反対。

s-21年11月21日 (15)  s-21年11月21日 (16)

昔の駅そのままなので、この駅が利用された。
登録有形文化財になったのは1998年。 ロケは2008年。

右写真、那岐山は見える山の奥です。 昨日その麓に。

s-21年11月21日 (17)  s-21年11月21日 (18)

昔、滝尾駅は貨物の取り扱いが。 それではかり。 50㌔まで。

s-21年11月21日 (19)  s-21年11月21日 (20)

ネットにある写真です。 駅前に、寅さんになり切った人。
寅さん、この時大きな声は出ない。

浅丘ルリ子は若い時石原裕次郎と組んだ。 幸せ。 後に夕陽の丘を一緒に歌った。(YouTube)

s-21年11月21日 (25)

寅次郎紅の花の説明、Wikipedia。 写真はここの駅。

s-21年11月21日 (27)  s-21年11月21日 (26)

駅前を撮った。  自分は旅をやめたら田舎で畑をしたい。 不便な生活でいい。

s-21年11月21日 (21)  s-21年11月21日 (22)

このように。

s-21年11月21日 (23)  s-21年11月21日 (24)

岡山県に入ったら、美作市の後山の方から情報をいただいています。 いつも。
今回の3日間は、それで動きました。 感謝。

【寅さん紹介】   車寅次郎らしさ 第48作 男はつらいよ 寅次郎紅の花 ※ 滝尾駅のは見つかりません。



【記事紹介】

  出雲街道の新庄宿を歩く。 がいせん桜。 桜と水と鯉の町。 女滝。~新庄村~ 日ハム1勝 (2016/10/26)

  井原市高屋町は、中国地方の子守唄、発祥の地。 子守唄の里高屋駅。~井原市~ 他 (2016/11/1)

  大山道にある郷原宿を歩く。 小さな宿場町。 日本一の石の大鳥居。 茅部神社。~真庭市~ 他 (2016/10/24)

  津山城には、大きな規模の石垣が遺る。 三大平山城の1つ。 初代藩主は森忠政。~津山市~ 他 (2016/10/18)

  城東の町並み。 津山城の東に。 商家が軒を連ねる。 初代藩主は森忠政。~津山市~ 他 (2016/10/17)


【道の駅】    久米の里

【明日の予定】   岡山県を出て日本海に出ます。 のんびり西に。
          九州に入るのは12月の初めでしょうか。 山に登ります。 クマがいないので。 

【カメラ・レンズ】  フジフイルム、X-S10 XF 18-135mm f 3.5-5.6R  

    都道府県別のブログタイトル一覧表は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg

   (放浪の旅Ⅱと放浪の旅Ⅰの両方です。 記事の総数は4300ほど。)
          
 ※ プロフィール・・・。 ⇒ ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体、3位です。 
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、これです。                          
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ クリックが完了したら、国内旅行のランキングが表示されます。
                 表示された画面の「旅行」をクリックすると、旅行全体の順位が。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 
                 
  【拍 手】  拍手のクリックのバナーは、一番下に。    ※ 拍手は、ランキングとは関係ありません。

※ CMを載せるのには、時間がかかりそう。 
.

スポンサードリンク

 
 
揖保(いぼ)川ってのがあってその支流に、引原川。
その支流に八丈川。 その源流に原不動滝。
   ・  ・  ・  ・  ・
  ※ 余談 揖保乃糸(いぼのいと)というそうめんが売っている。
       それは、広く揖保川周辺でつくられている。
       いくつもの会社があって、同じような商品に。

道の駅はがから2.5㌔程。  ※ ここは宍粟(しそう)市波賀という地域。
歩いて行くことに。 いい運動。
    ※     ※     ※     ※  ランキング ありがとう!!   ブログタイトル一覧は、右をクリック burogutaitoru656.jpg        
                ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)
   ・  ・  ・  ・  ・ 

この地図の上の方の引原ダム。 後で行く。

s-21年11月19日 (1)  s-21年11月19日 (2)

出発。 振り返って道の駅を。 朝はずっと日陰。
右写真の風景に向かって歩く。 

s-21年11月19日 (3)  s-21年11月19日 (4)

この先は、原不動滝を中心とした公園になっている。

s-21年11月19日 (5)

宝篋印塔(ほうきょういんとう)があった。 古い物。 墓に使われたと。

※ ここを過ぎたら墓があった。 名前は小椋(おぐら)となっていた。
  小椋の名前は木地師。 調べてみました。

  木地師の名前は東近江の山奥から始まるけど、全国に散らばる。 木地師に関する記事
  その中でも岡山方面に多くの人が。
  そして、ここ引原川上流の集落にも。 ここよりさらに上流に多いよう。

s-21年11月19日 (6)  s-21年11月19日 (7)

何となく公園っぽい。 河川敷が整備されて。 りんご園もある。 道の駅に売っていた。

s-21年11月19日 (8)

30分ほど歩いたらここに。 車は行きどまり。
駐車場は有料だった。 500円。 この後200円かかるから、滝を見るには700円。

歩いてきてよかった。(Wikipediaでは無料になっていたが)

s-21年11月19日 (9)

建物の向こうに記念碑があった。   朝日嶽留藏(あさひだけ とめぞう)という小柄な力士。
この集落出身。 大関までなった。  詳しくはここに。(Wikipedia)

s-21年11月19日 (10)

この地方には3つの山。 後山は遠くない。 登ったことが。 記事
明日、那岐山のふもとの奈義町に行く。(岡山県)

s-21年11月19日 (11)

気温は下がったけど、昼間は温かいです。

s-21年11月19日 (12)

建物の横の箱に200円を入れる。 右上に不動堂。

s-21年11月19日 (13)  s-21年11月19日 (24)

吊橋を渡って。  昔の道は下に。

s-21年11月19日 (14)  s-21年11月19日 (15)

道は上の方に続いている。

s-21年11月19日 (16)

上がってきたら、最初の展望台。 左上に吊橋。  あそこに行く。
右からの滝が大きく雄滝。  全体が見えない。

s-21年11月19日 (17)  s-21年11月19日 (18)

さらに上がってきた。

s-21年11月19日 (19)

滝壺に行く道はないか探した。 見えない。

s-21年11月19日 (20)

雄滝の上の方。 上にも滝壺。
右の方に、ミツバチの箱があった。 きっと、不動堂から上がっていく。
通行止めの道があったので。 あそこまで行けたら上の滝つぼに行けそう。

s-21年11月19日 (21)

ほぼ全体。  大きな滝です。  お不動様の像は見えない。

s-21年11月19日 (22)




戻ります。

s-21年11月19日 (23)

針葉樹と広葉樹で、山はまだらに。

s-21年11月19日 (25)

道の駅です。

s-21年11月19日 (26)

弘原ダムに来た。

s-21年11月19日 (27)

この道を行くと、若桜(わかさ)という所に。 そことここの間は走ったことない。 いつか。   若桜町の記事

s-21年11月19日 (28)  s-21年11月19日 (29)

放流の時の注意書きが、下流で何度か見た。

s-21年11月19日 (30)

明日から岡山県です。

【記事紹介】     滝を5つ

  天人峡の紅葉。 聳え立つ柱状節理。 羽衣の滝。 俵真布の奥のデントコーンはクマに・・。~東川町他~ 他 (2021/9/19/日)

  米子(よなこ)大瀑布。  不動滝と権現滝。  ヒカリゴケを発見。~須坂市~  他  (2013/7/7)

  日本一の大滝、称名滝 ~立山町~  ヒカリゴケ  他  (2011/7/9)

  山彦の滝は、大きな裏見の滝。 滝の向こうの人を撮る。 大平高原は涼しい。~遠軽町~ 他 (2021/6/10/木)

  フレペの滝の上に川はなく。 アマツバメ。 ジョウザンミドリシジミ。 さくらの滝、サクラマスは上れない。~斜里町他~ 他 (2020/8/20)


【動画紹介】 北海道の比布町のOさんが撮影。
       壊れていたカメラのドローンを譲り受けた。
       それを直して試験飛行。   ※ 訂正 岩尾内ダムではなく忠別ダムでした。 東川町。



【道の駅】      あわくらんど (岡山県西粟倉村)

【明日の予定】   奈義町で大きな銀杏の木を見る。

【カメラ・レンズ】  フジフイルム、X-S10 XF 18-135mm f 3.5-5.6R  

    都道府県別のブログタイトル一覧表は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg

   (放浪の旅Ⅱと放浪の旅Ⅰの両方です。 記事の総数は4300ほど。)
          
 ※ プロフィール・・・。 ⇒ ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体、3位です。 
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、これです。                          
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ クリックが完了したら、国内旅行のランキングが表示されます。
                 表示された画面の「旅行」をクリックすると、旅行全体の順位が。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 
                 
  【拍 手】  拍手のクリックのバナーは、一番下に。    ※ 拍手は、ランキングとは関係ありません。

※ CMを載せるのには、時間がかかりそう。 
.

スポンサードリンク

 
 

openclose

01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


12 | 2022/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。