fc2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

明智光秀は、亀山城をスタートし、本能寺に向かった。
私も、本能寺まで歩いてみた。
 ※ 最終的には、本能寺が当時あった場所まで。
   ☆    ☆    ☆    ☆

8時出発。 霧の中。 ここは、ガレリアの道の駅の駐車場(裏側)。

11年11月29日 (1)

亀山城は、右に。 亀岡駅の近く。

11年11月29日 (2)

保津川沿いの林道を歩いて行く。 ※ 他は、国道しかない。

川は保津川。 沈下橋だった。 四国の四万十川で見た。
危険なので、橋の真ん中を歩いた。 車が来たけど、渡りきるのを待ってくれた。

11年11月29日 (3)

少し行ったら、集落に出た。

11年11月29日 (4)

集落に人がいたので話していたら、保津川下りの船が来た。
ライフジャケットなし。 大きな事故が起きるまで、安全面は、どこもこう。

11年11月29日 (5)

山の上に行く道があった。 明智越えと教えてくれた。
この道は、道が荒れていると、亀岡駅の観光案内所で聞いていた。
ここで教えてくれた人も、一人で行ったら迷うと言った。
※ 明智越えの道は、途中から、私が今日歩く道に合流する。

林道は京都までつながっているので大丈夫と教えてくれた。

11年11月29日 (6)

光秀が本能寺で信長を討つため、亀山城を出たのは、1582年の6月1日。 夕方。
兵が13000いたので、老の坂の峠だけでは、列が長くなりすぎる。 ※ この峠の道は細かった。
それで、こっちの方の道も使った。 

請田(うけた)神社。 

11年11月29日 (7)

保津川。 トロッコ列車の線路が見える。

11年11月29日 (8)

トロッコ列車がやって来た。 木の向こう。

11年11月29日 (9)

人が分かる。

11年11月29日 (10)

JRと両方の線路。 
どっちも列車がやって来たらいいなと思っていた。 ぜいたく言うと、どっちも来ない。
※ JRの今の線路が出来る前は、トロッコ列車しかなかった。 観光用ではなく、山陰線の一部。  

11年11月29日 (11)

トロッコ列車に乗らないと、こんなのは見られない。 JRは、ほとんどトンネルの中。

11年11月29日 (12)

ずっとこんな道を歩いた。(車は通らない) 

11年11月29日 (13)

山の斜面の工事は、こんな風に。(水尾に行く、車道に出ている)

11年11月29日 (14)

JR保津峡駅。 橋の上がプラットホーム。

11年11月29日 (15)

道のトンネルのそばには、旧道が残っていた。 車が通れる道幅はない。

11年11月29日 (16)

トロッコ保津峡駅。

11年11月29日 (17)

橋の上から。

11年11月29日 (18)

赤い道を歩いている。

11年11月29日 (19)

清滝川にかかる橋。 向こうから来た。

11年11月29日 (21)

上の写真の近くに、芭蕉の歌碑があった。
   清滝や波に散り込む青松葉  芭蕉

※ 清滝は、ここから2㌔位上流。

※ 芭蕉は、元禄7(1694)年5月、最後の旅に出る。
  京都にもやって来て、落柿舎に寄る。 そこで、下の歌を詠んだ。
    清瀧や浪(なみ)にちりなき夏の月
  10月9日、大阪に戻って、上の歌を下のように直した。
    清滝や波に散り込む青松葉 (つまり、最初の歌)

  10月8日に詠んだのが、良く知られている。
    旅に病んで夢は枯野をかけ廻る
  10月12日に、芭蕉は亡くなる。

11年11月29日 (20)

小倉山を越える峠に入った。 保津川は、ずっと下になった。  

 11年11月29日 (22)

六丁峠。 向こうから来た。 ここまでの距離は、12㌔くらいか。 足は快調。
※ 足の疲れるところは、くるぶしから下。 足の指も。
  歩き方に問題があるのか。 つま先で伸びあがるような歩き方をしたくなる。  

11年11月29日 (23)

急にこんな所に出た。 見覚えがあった。 何日か前に、来ていた。
化野念仏寺に近い。

11年11月29日 (24)

こんな道を通って。

11年11月29日 (25)

地図の、現在地に着いた。 この後、新丸太町通りを、ずっと進む。 

11年11月29日 (26)

花園駅、円町駅を右に見て。

11年11月29日 (27)   11年11月29日 (28)

丸太町通りを、6㌔ほど歩いたら、御所の南西の角が見えてきた。
本能寺まで、あと2㌔程か。

11年11月29日 (29)

見えてきた。 本能寺は、ビルの谷間にある。

11年11月29日 (30)

本能寺。 この時、4時10分。 8時間かかった。
 ※ 光秀軍は、夕方出て、早朝に着いた。

11年11月29日 (31)

この奥に、信長の墓。

11年11月29日 (32)

数日前にも来ている。 

11年11月29日 (33)

本能寺で討ち死にした者。 森兄弟の名前がある。

11年11月29日 (34)

この後、本能寺が光秀に襲われた時にあった場所に、向かった。
堀川高校の裏と聞いていた。 二条城の近く。
今ある本能寺は、右の方の市役所のすぐ下。


堀川高校の正面で、男子生徒に聞いた。
そこまで、連れて行ってくれた。 堀川高本能学者という建物が建っていた。

今は、石碑だけ。

11年11月29日 (35)

秀吉と信長、信長と家康、家康と秀吉、この3つの関係はどうなっているのだろう。
秀吉は、誰にも信用されていない。 誰も信用しない。
家康は、本能寺の変の後、誰を恐れて岡崎に戻ったんだろう。 秀吉かな、光秀よりも。

11年11月29日 (36)

今日は、それなりに疲れたけど、どこも痛くならないで歩けた。
それが良かった。 全部で30㌔程。

本能寺の変は、誰が首謀者なのか、分からないことがいっぱいあるようです。

【道の駅】   ガレリアかめおか

【明日の予定】  京都の北にある美山か。  大文字山に登るというのも。         

※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                    (2008年4月~2010年9月までの記事)

meisigazoupppm.jpg
   
【ランキング】  国内旅行は5位、 旅行全体で14位です。            
            
            気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。
                     ※ クリックするバナーは、下のです。 
                   
              ありがとう!!

                   ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
         
 
 
江の父は、浅井長政。 信長に滅ぼされる。
信長の妹である、母の市は、江たち3姉妹を連れて、戦乱の中、小谷城を出る。

浅井長政の戒名は、養源院天英宗清。
今日行ったお寺は、養源院(ようげんいん)
3姉妹の一番上の淀殿が、父を弔って、建てた。
しかし、火事で焼けた。
再建したのは、江。 秀忠の夫人になっていた、1621年のこと。

江の肖像画は、この世に、1枚しか存在しない。
それが、養源院にある。 特別公開中で、見ることが出来た。
大河ドラマで扱ってもらえたせいか、ほんのりと、微笑んでいるように見えた。
    ☆    ☆    ☆    ☆

東福寺の駅から、歩いた。


新熊野神社(いまくまのじんじゃ)があった。
見てる人がいたので、入ってみた。

巨大なクスノキ。

11年11月 28日 (19)

小さな神社。 平安末期、後白河法皇によって建立。

11年11月 28日 (6)

熊野神社は、京都に3つあるそう。

11年11月 28日 (3)

熊野古道入り口とある。 ミニ熊野古道か。  ※ 木は、今の皇太子が植えたとあった。
去年かな、歩いたのは。 1日20㌔ずつ3日歩いた。 面白い温泉もあっった。

11年11月 28日 (2)

入り口。

11年11月 28日 (21)

左は、滝尻王子。 現地では、滝尻王子という神社があった。 熊野古道の出発点。
右は、発心門王子。  発心門王子の神社は、熊野本宮大社の8㌔程手前にある。

11年11月 28日 (4) 

ヤタガラス。 足が3本。

11年11月 28日 (5)

三十三間堂の向かい側に、養源院はあった。 手前の門は、高貴な人専用かな。

11年11月 28日 (7)

血天井とある。

11年11月 28日 (8)

説明。 江は、淀殿の妹とある。 今後は、こういう説明はいらなくなる。 江は江。

11年11月 28日 (9)

参道。 正面に本堂。

11年11月 28日 (10)

江が建てた時の建物。 ※ 秀忠に頼んで、建ててもらった。

11年11月 28日 (11)

肖像画の特別公開。 いい時に来た。

11年11月 28日 (12)

参拝料500円。 写真はダメ。 仕方ない。

お寺の人が説明してくれた。 廊下や部屋ごとに。 私は、15人位の人達と一緒に。
説明はみんな静かに聞いた。
別のグループは、うるさかった。
団体。 道を歩く時と同じ大きさの声で、寺の中でも話していた。
最後は、寺の人が、大きな声で注意した。

肖像画は、江の他に、淀君と秀頼のがあった。 
   ※ 秀頼のは、教科書の資料とかで使われてる物だった。

これが、江。 かすかな微笑み。 目つき、口元は、賢そう。 ※ 写真は、Wikipedia。

gou56444_20111129000254.jpg

俵屋宗達の絵、うぐいす張りの廊下、血天井、徳川家の位牌、などがあった。
このHPに絵などの写真が載っている

血天井は他にもあるけど、養源院のは生々しかった。

鳥居元忠は、伏見城を守っていた。 関ヶ原の少し前。
家康が上杉景勝をやっつけるため、会津に向かっていた。
その隙に、石田三成の軍が、城を取り囲んだ。 その数4万。 城の中には、1800。

1800人もだんだん減って、380人になった。
その段階で、みんな自害した。

伏見城の廊下は血の海。 城は10日以上持ちこたえて、8月1日に落城。
関ヶ原の戦いが9月15日。
遺体が葬られるのが、関ヶ原の後で、2カ月放置された。 
床板に浸みた血や油は、洗っても取れなかった。

弔うため、廊下の天井に使った。 養源院の他に、6つの寺にも、伏見城の血天井はある。

下の寺は、百万遍知恩寺(京都市左京区)。 鳥居元忠の墓がある。
昨日通った。 写真だけ、撮ってあった。

11年11月 28日 (1)

※ 時間がなくなったので、簡単に。

養源院本堂。 横の方。

11年11月 28日 (13)

ヤマモモの大木。 秀吉が伏見城内に植えたのを移植したとあった。

11年11月 28日 (14)

江は、秀吉が嫌いだと説明にあった。 どうしてだろう。
三姉妹の兄は殺されてるが、殺したのは秀吉。 その恨みかな。
お市がいくら頼んでもダメだった。

私達は、この門は使えない。

11年11月 28日 (15)

三十三間堂。 兵の隙間から撮影。

11年11月 28日 (16)

同じく、三十三間堂。

11年11月 28日 (18)

法住寺。 木の枝が面白い。 後白河上皇と、かかわりの深い寺。

11年11月 28日 (17)

池田屋事件の時、龍馬たちは、この辺りに住んでいたそう。
お龍と知り合ったのも、この辺りと説明がある。

DSCF8304ooiioo1.jpg

池田屋事件によって、新撰組の手柄が浮き彫りになった。
この池田屋事件については、新撰組の資料に基づいたものが、歴史になっている。
だから、少し怪しい事件。

DSCF8306bnhhb2.jpg

説明。

DSCF8307hbhh3.jpg

東福寺駅前の道。 駅がどこにあるか、気づかないで通り過ぎてしまう。 

11年11月 28日 (20)

江は、徳川和子を生んでいる。 後水尾天皇女御として入内(後に中宮)。
第109代明正天皇の母になる。 江は、天皇のおばあちゃん。
江の血は、徳川家、天皇家につながって行く。
歴史の上で、存在の大きな人。

昨日、江の供養塔を見たので、養源院に行ってみた。

【道の駅】   ガレリアかめおか

【明日の予定】  嵐山まで歩く。 山越え。 15㌔くらいかな。

※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                    (2008年4月~2010年9月までの記事)

meisigazoupppm.jpg
   
【ランキング】  国内旅行は6位、 旅行全体で15位です。            
            
            気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。
                     ※ クリックするバナーは、下のです。 
                   
              ありがとう!!

                   ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
          
 
 
昨夜は、東風さんと楽しく美味しい酒を飲んだ。
その酒が少し残った頭で、昼頃、京都に出た。

京都は盆地で、街の中は平地。
ところが、その平地の中に、小さな山がある。 吉田山。 銀閣寺に近い。
吉田山を散歩して、麓にある光明寺と真如堂に行ってみた。
どちらも初めて。

光明寺には、江の供養塔があった。
    ☆    ☆    ☆    ☆

最初に行った金戒光明寺(こんかいきょうみょうじ)。
銀閣寺が右上に見える。 吉田山は、光明寺の少し北。

電車で出町柳駅まで行って、歩いた。


今出川通り。 真っ直ぐ行ったら、銀閣寺に行く。
正面に大文字山が見える。 登山道がある。

11年11月27日 (1)

今晩息子と食事が出来れば、明日京都を離れようと思っていたが、仕事の都合で出来なかったので、あと少し京都。
※ 歩いている途中、電話が来た。 忙しいって。

右に、京都大学の建物が続く。

11年11月27日 (2)

吉田山の頂上。 標高125メートルの、小さな山。 京都大学に近い。

11年11月27日 (3)

山を下っていたら、「紅(くれない)もゆる歌碑道」とあった。
「紅萌ゆる丘の花」のことを言っている。
これは、旧制第三高等学校(現京都大学)の歌。 ※ 寮歌かな。

DSCF8203gy66

一度は、どこかで聞いたことがあると思う。
丘というのは、吉田山のこと。



この後、道を間違って、住宅街の細い道を歩いた。
山から離れないように歩いたら、光明寺が見えた。

11年11月27日 (4)

知恩院と同じような大きな山門があったが、改修中。
ここは、本堂。
知恩院と同じ浄土宗。 徳川家の菩提寺。
黒谷町にあるので、京都の人達は、親しみを込めて、くろ谷さん(くろだにさん)と呼ぶそう。

11年11月27日 (5)

観光バスで、人がやって来ていた。 人の行く方へ行ってみた。

11年11月27日 (6)

三重塔。 後で知ったが、塔の向こうには、維新の戦いに敗れた会津藩士が眠っているという。

11年11月27日 (8)

墓地の下の方に、大河ドラマの「江」の供養塔があった。(宝篋印塔)

11年11月27日 (9)

春日局が作ったと説明があった。 中には、遺髪が入っている。

11年11月27日 (7)

※ 春日局の墓があるらしいんだけど、調べたけど、確認が出来ない。
  なお、春日局は、昨日のブログの最初の写真の、亀岡城で生まれたと言われている。(可能性は十分ありそう)

※ なぜここまで、春日局は徳川家の中で大事にされたのか。
  関ヶ原で小早川を寝返らせたのは「ねね」と聞いていたが、この人も大きく関わっていた。
  本能寺の変の時は、亀山城にいた。 女と云うことで、その後追われることはなかった。

※ 晩に「江」のテレビが最終回だと言うので、半分ほど見た。 (サッカーも見たので)
  江は、春日局に大奥を任せると言った。 
  叔父の信長が言った「己を信じ、己の思うまま生きよ」の言葉を思い出していた。
  江は、これからそう生きると言ったが、今までもそう生きたのではないかな。
  戦乱の時代という、条件の中で。

この後、近くの真如堂(しんにょどう)に。 紅葉が盛りだったの、多くの人がいた。

11年11月27日 (10)

小さな寺ではなかった。

11年11月27日 (11)

三重塔。 色があった方が、小さな塔はいいかな。

11年11月27日 (12)

秋は、紅葉のいい所に人は集まる。

11年11月27日 (13)   11年11月27日 (14)

ここは、元々、紅葉で有名だった。

11年11月27日 (15)

もう、十分すぎるほど見た。

11年11月27日 (16)

丸太町駅に戻って来た。  見える橋の向こうが、三条河原。 晒し首の場所。

DSCF8262kkk

江に関する建物に、養源院(ようげんいん)と云うのがある。 三十三間堂の近く。
三姉妹の一番上の淀が、父浅井長政のために建てた。
火事で焼けたので、江が再び建てた。 血天井で知られる。

※ 血天井(Wiki)
   関ヶ原の戦いの前哨戦ともいわれる伏見城の戦いで、鳥居元忠以下1000人余りが城を死守した。
   最後に自刃した廊下の板の間を、供養のために天井とした。
   武将達の遺体は残暑の残る8月から9月中旬まで放置されていたと言われ、そのため今も生々しい血の痕があちこちに残る。
   同じ血天井は宝泉院・正伝寺・源光庵にもあるが、生々しさでは養源院が一番といわれる。
   崇源院(江)の秀吉への憎しみを表しているといわれる。

養源院も気になって来た。

【道の駅】    ガレリアかめおか

【明日の予定】  早起きできれば、山道を、京都に向かって歩いて見たい。 

※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                    (2008年4月~2010年9月までの記事)

meisigazoupppm.jpg
   
【ランキング】  国内旅行は5位、 旅行全体で11位です。            
            
            気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。
                     ※ クリックするバナーは、下のです。 
                   
              ありがとう!!

                   ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
         
 
 
東風さん親子と東山を歩いた。
今日の夜、日本中で一番人で混み合っていたのは、きっと清水への道。
身動きが出来ない時も。
   ☆    ☆    ☆    ☆

東風さんは2時に亀岡の駅で、息子さんと待ち合わせ。
時間があったので、亀岡城へ。

イチョウの葉をこのように集めていた。

11年11月26日 (1)

この上には行けない。 ※ この城で、春日局が生まれたと言われている。

11年11月26日 (2)

石像のよう。 首から上は無い。

11年11月26日 (3)

祇園の裏道。 

11年11月26日 (4)

八坂神社の門。

11年11月26日 (5)

知恩院の山門。 ここに、江の娘の千姫の墓がある。
4時を過ぎていたので、入れない。

DSCF808ll7

八坂神社の上の、丸山公園。

11年11月26日 (6)

丸山公園の上の方にある、龍馬と中岡慎太郎の像。 表情が良くない。
龍馬は、いつも遠くを見ている。

11年11月26日 (7)

石塀小路。

11年11月26日 (8)

舞妓さんの服を着ている。 きっと、素人。 男がいるんでないかな。

11年11月26日 (9)

二年坂。

11年11月26日 (10)

八坂の塔。

11年11月26日 (11)

お店の中。

11年11月26日 (12)

三年坂。

DSCF813966567.jpg

6時前から、入場開始。

11年11月26日 (13)

人の列は、ずっと下まで。

11年11月26日 (14)

清水の舞台の上。

11年11月26日 (15)

お堂の中。

11年11月26日 (16)

左下が、音羽の滝。

11年11月26日 (17)

少し寒いけど、みんな楽しそう。

11年11月26日 (18)

後で、向こうからこっちの清水の舞台を撮る。

11年11月26日 (19)

清水の舞台。

11年11月26日 (20)

三重の塔と、京都市街。

11年11月26日 (21)

カメラの調子が悪くなって、写真はお終い。
※ カメラのある部分を触ってしまって、暗い中で戻せなかった。
  小さなカメラでは、夜景は無理。

途中まで歩いて、電車に乗って、亀岡に戻った。
バスは渋滞していて、ノロノロ。

亀岡の駅前の居酒屋で、東風さんと息子さんと3人で、ビールとお酒を飲んだ。
熱燗が、冷えた体に、心地よく浸みた。

いい気分で、3人で歩いて、ガレリアに戻った。

【道の駅】   ガレリアかめおか

【明日の予定】  ?

※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                    (2008年4月~2010年9月までの記事)

meisigazoupppm.jpg
   
【ランキング】  国内旅行は6位、 旅行全体で12位です。            
            
            気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。
                     ※ クリックするバナーは、下のです。 
                   
              ありがとう!!

                   ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
          
 
 
夏に、桧枝岐村を一緒に歩いた東風さんが、長野からやって来た。
嵐山は行ったことが無いと言うので、案内することに。
最終目的地は、化野念仏寺(あだしのねんぶつじ)。
    ☆    ☆    ☆    ☆

まず行ったのは、渡月橋。 昔、亀山上皇という人がいた。 
橋の上空を移動していく月を眺めて「くまなき月の渡るに似る」と言った。
それで、この名前。

11年11月25日 (1)
 
亀山公園の奥に、向かった。 
川の水は、きれい。

11年11月25日 (2)

こんなのがあった。 東風さんが買ったので、私も1枚。
100円のを1枚買ったら、オマケがいっぱい。

11年11月25日 (3)

教訓が多かったが、それは、私にとって買うのはつらい。
右の「若さの秘訣」にした。 他は、オマケ。 ※ オマケは、もう1枚ある。

※ 年令をゴマかすは、こういう意味かな。 女の人の場合で。
   お化粧をする。 服装を若々しく。 悟りきってない、前向きな考え。
   山に登れるくらいの健康な体。

明るく、くよくよしない生き方、それが「ケセラセラ」。

11年11月25日 (31)

落柿舎(らくししゃ)で、柿を。  ここは、去来と云う人の住居の跡。 
こんな歌を詠んだ。  「鴨鳴くや 弓矢を捨てて 十余年」
芭蕉も来ている。

11年11月25日 (4)

あちこちの小さな寺を覗いた。

11年11月25日 (5)

食べないで、ずっと飾っておきたい。 東風さんは、お土産に買った。

11年11月25日 (6)

この辺りから、重伝建地区です。 古い建物が保存されている。
 ※ 京都市内の、重要伝統的建造物群保存地区は、他に3ヶ所。
   北賀茂と祇園にあって、後は3年坂。 3年坂は、指定1番。(他といくつかと一緒に)

11年11月25日 (7)

清水(きよみず)焼き。

11年11月25日 (10)

はっきりした柄。

11年11月25日 (8)

金魚は絵。 家に住む時が来たら、こんなのが欲しい。 買いに来るか。

11年11月25日 (9)

昼間でも、少し暗い感じ。 昔の街道。

11年11月25日 (11)

ここは、化野(あだしの)。 私の(あたしの)ではない。

11年11月25日 (12)

良縁ヒゲダルマ、とあった。 髭の意味は?

11年11月25日 (13)

この石段を上って行くと、化野念仏寺。

11年11月25日 (14)

ここは、平安時代以来明治まで、風葬の地だった。 明治の終わりに、この寺が出来た。
遺骨を集めて、葬った。
散らばっていた石仏・石塔もここに持ってきた。 その数、約8000。

11年11月25日 (15)

本堂。

11年11月25日 (16)

風葬の地と云うことは、遺体をそのまま置いて行った。
または、かんたんな穴に埋めて、粗末な石仏とか置いた。 そんなことか。

11年11月25日 (18)

ところ狭し。

11年11月25日 (17)

紅葉が見事。

11年11月25日 (19)

11年11月25日 (20)

11年11月25日 (21)

一休みは、ここで。

11年11月25日 (22)

山の上に道が。

11年11月25日 (23)

六面六体地蔵。 水を流すことによって、その人の罪も流れるそう。 水をかけ忘れた。

11年11月25日 (24)

戻って、水子供養のお堂。 

11年11月25日 (25)

逆光の写真。 自分だけ日陰に入って。

11年11月25日 (26)

向こうに行ったら、亀岡。

11年11月25日 (27)

天竜寺の境内を通った。

11年11月25日 (28)

この人出。 少し向こうは、渡月橋。

11年11月25日 (29)

もう一度橋を見て、駅にもどった。 適当な小路を通って。

11年11月25日 (30)

今日は時間があったので、お店を覗いた。
何がいいとか、東風さんと話しながら。

嵐山は、東山と共に、京都観光の2大拠点。
魅力いっぱい。

【今日の歌】 この歌、大好き。  



【関連ブログ】  今日は入らなかったが、途中に滝口寺があった。  いい話があります。
            滝口入道と横笛の悲恋  他 ~滝口寺 祇王寺~ 他  (2010/11/26)

          以前、根室にある涙香岬(るいかみさき)について追ったことがある。
          その岬は、「風葬」という小説で知った。
          涙の歴史をもった岬だった。
            涙香岬追記 タンチョウ  他 (2009/08/09) 

【動画】  レオノワが驚く滑り。 いつの間にか、上手になった。
      髪を振り乱して滑っている。 今日あったロシア大会のSP。



      上のレオノワは、スルツカヤの再来かも。
      誰に似てるかって難しい。 
      ハンガリーのユリア・セベスチェンの若い時に、感じが少しかな。
      レオノワの曲は、セベスチェンが選びそうな曲。
      そんなことで、セベスチェンの動画を探してみた。
      下のは2007年のフリー。
      この年のは、曲がいい。 2分40秒からと、3分40秒からが、特に。

      

【道の駅】   ガレリアかめおか

【明日の予定】  清水寺のライトアップ。 東風さんと。
         京都も、あと何日かです。  最後は、和泉式部の貴船か。
        
※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                    (2008年4月~2010年9月までの記事)

meisigazoupppm.jpg
   
【ランキング】  国内旅行は5位、 旅行全体で10位です。 
           
            記事は役立ったでしょうか。
            気に入った所などがありましたら、クリックをよろしく。
                     ※ クリックするバナーは、下のです。 
                   
              ありがとう!!

                   ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
          
 
 

openclose

06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。