fc2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

昔にままの天守の城は、12しかない。 (現存天守)
そのうち国宝は、4つ。
姫路城、松本城、彦根城、そして、犬山城。
犬山城は、他と比較して、小さな城だった。

今日は、混み入った地域から脱出するために、ずいぶん走った。
    ※    ※    ※    ※

犬山市は、名古屋の北の方に。



無料の駐車場から、10分ほど歩いた。
城は少しだけ高い所にある。 (丘の高さ、88㍍)

12年6月29日 (1)

右やその下には、神社がある。

12年6月29日 (2)

天守以外の建物は、新しい。 明治に入って、壊したり、移築したり。
※ 移築したのを持って来てもいいと思うのだが、持ち主が手放さないのかな。
  そういう門が、5つ市内にある。

12年6月29日 (3)

P2から歩いた。 駐車場は、事前に必ず調べる。

12年6月29日 (4)

こじんまりとした、小さな城。
右側手前に、飛び出してる部分がある。 これは、小さな部屋になっている。
見えにくいが、石垣の部分が、そんなに高くない。 

12年6月29日 (32)

木が邪魔で、撮りたい写真が撮れない。

12年6月29日 (33)   12年6月29日 (34)

犬山城は、国宝と言っても小さい。
どこから見た時が美しいか、何ヶ所か、発見する必要がある。
その方向から見た時の、木の配置を考える。 全体を大きな庭と考えて。
 ※ 他の3つの国宝の城は、こんな写真が撮れます。
      姫路城   彦根城   松本城

12年6月29日 (35)   12年6月29日 (36)

尾張藩の城。 国宝の中で、最も古い城、とある。  
右は、折れた木。 元は、城と同じ高さがあったという。

12年6月29日 (5)   12年6月29日 (31)

小さな階段2つで、石垣の部分は登ってしまう。
右の写真の太い柱に、削った跡が見える。

12年6月29日 (7)   12年6月29日 (8)

現存天守の城は、中を見ても楽しい。 中がコンクリートだとつまらない。
※ 現存天守は12あるんだが、私は、丸岡城だけ見忘れている。 

石垣の上の、1階の部分。

12年6月29日 (9)

左は、小さく飛び出して見えた部分。(付櫓)

12年6月29日 (10)   12年6月29日 (11)

復元する時、熊本城や名古屋城のように、どこも鉄筋で復元する。 
これは、最悪。 今となっては、みんな後悔している。
郡上八幡城掛川城のように、木造で復元した城は、7つ。 いつの時代か、価値ある物になる。
※ 名古屋城は、今のを壊して、木造での再建が考えられている。

12年6月29日 (12)

木曽川。

12年6月29日 (13)

左に、上段の間。(殿様の間)

12年6月29日 (14)

上段の間の後ろに、隠れ部屋がある。 刀を持って隠れていて、万一の時飛び出し、殿さまを助ける。

12年6月29日 (15)

どの階段も急。 階段の板はすり減って、平でない。

12年6月29日 (16)   12年6月29日 (17)

最上階以外は、こんな窓。

12年6月29日 (18)

左の柱は、古いのが分かる。 右は、改築の時、新しくした。
※ 昔のままの部分が、たとえ10%しかなくても、昔の古い城になる。

12年6月29日 (19)   12年6月29日 (20)

最上階の4回。 風が通って、涼しい。 ここにすわって、パンフレットを読んだ。

12年6月29日 (21)

眺めがいいのが、お城の魅力。

12年6月29日 (23)

小さな子供は、注意が必要。

12年6月29日 (24)   12年6月29日 (25)

川は、木曽川。 源流は、御嶽の北東の方。 野麦峠や上高地は、そんなに遠くない。

12年6月29日 (26)   12年6月29日 (27)

岐阜城や御嶽が見えることになっていたが、霞んで見えなかった。

12年6月29日 (28)   12年6月29日 (29)

中からは、こんな感じで見える。

12年6月29日 (30)

石の坂道を下って、戻る。

12年6月29日 (37)

ここは、からくり展示館。 お城の券で見られる。

12年6月29日 (38)

高山市もそうだが、犬山市も、からくり人形づくりがさかん。

12年6月29日 (41)

木の歯車。 実際に動く物があれば、動画に撮ったが、それはなかった。

12年6月29日 (40)   12年6月29日 (39)

これは、犬山祭りのからくり。



古い町並みがあるので、歩いた。

12年6月29日 (42)

重伝建地区ではないので、普通に古い町並み。 

12年6月29日 (43)

風鈴なのか、カランコロンと音を奏でる。 涼しく心地いい音だった。
※ これを動画に撮れば良かったか。 失敗。 いつもこう。

12年6月29日 (44)

古い商家の建物。 2階部分が、低いですね。 
はっきりした2階を建てられなかった時代の物でしょうか。

12年6月29日 (45)

無料で見学できたけど、入らなかった。 きっと奥に庭がありますね。 奥に長い家。

12年6月29日 (46)

駐車場の近く。 線路の向こうに寺の門が見える。 内田門と云われる、犬山城の門。
鉄道は、名鉄犬山線。

12年6月29日 (47)

内田門から城を見た。  かわいい城。

12年6月29日 (48)

犬山城は、せっかく国宝になったから、いい見せ方が出来たらいいな、と思った。

※ 関連ブログ
     姫路城   他   (2009/06/07
     ひこにゃん の 彦根城   他   (4月16日
     松本城は黒かった。  あゝ野麦峠の山本茂実  男装の麗人川島芳子   他  (2010/6/23)


【今日の歌】
徳永英明の百万本のバラは、いい。
彼は、ブルーライト・ヨコハマも歌っている。 
ただ、若い時でないので、そんなに良くない。
ブルーライト・ヨコハマは、いろんな人が歌っている。
上原多香子がいいと思っているんですが、どうでしょう。
編曲がいいのかな。



※ 関連ブログ  ある奇跡が無かったら、私達はこの曲は聴けなかった。
   佐世保の夜景 ~佐世保市~  ブルー・ライト・ヨコハマ、奇跡のペニシリン  他  (2012/2/2)

【道の駅】  きりら坂下
中津川を過ぎたら、急に山の中になった。 深い谷。  今は、木曽の入り口にいる。



【明日の予定】   馬篭宿(まごめしゅく)から妻籠宿(つまごしゅく)まで、歩く予定。
          今は、昔の中山道に入っています。
       ※ 御嶽に登りたいが、天気が不安定。 チャンスがあれば、2~3日後に。

※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                    (2008年4月~2010年9月までの記事)

meisigazoupppm.jpg

【ランキング】  国内旅行は4位、 旅行全体で9位です。            
         
            気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。
                     ※ クリックするバナーは、下のです。 
                   
              ありがとう!!

                   ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。

 
 
花を見たかったので、行ってみた。
滋賀農業公園、ブルーメの丘。
花で知られた所と、情報誌にあったのだが、よくなかった。

広く見た時美しくなくても、一つ一つの花は綺麗。
どう写真に撮るか、それを考えることにした。
気持ちを切り替えたら、楽しむことができた。
バラの花をいっぱい撮った。

ブログの音楽は、今年に入って、できるだけ新しいのを紹介してきた。
ただ、半年が経つので、これからは、気に入った曲は再度載せることに。
その最初が、一番好きな、百万本のバラ。
    ※    ※    ※    ※

場所はここです。



3000台は停められると云う。広い駐車場。
でも、車は数台。 心配になってきたけど、入ることに。

12年6月28日 (12)

入園料は800円。

12年6月28日 (1)

バラを中心に、少しは咲いていた。

12年6月28日 (2)

この感じ。 農業公園だからか、畑に植えた花の感じ。

12年6月28日 (3)

小さな温室に少しだけあった花。

12年6月28日 (4)   12年6月28日 (5)

12年6月28日 (6)

※ 晩に調べて分かったんだけど、農業公園は全国にある施設。
  問題のある施設でした。 作るのが目的で作った。 建物の多さに驚きます。
  建物が老朽化した時に、間違いなく閉園になりますね。
※ 名古屋の方にあったデンパークと云うのは、農業公園だけど、まあまあ良かった。

こういう風景を楽しむ所かな。 馬がいた。

12年6月28日 (7)

ヒツジです。

12年6月28日 (8)

一生懸命世話をしていた。 観光客は、少しだけ。
バスでやってきた集団は、みな中国人。

12年6月28日 (9)

こんなの面白いですね。

12年6月28日 (10)

こうやって撮れる場所は、3ヶ所くらいかな。

12年6月28日 (11)

花の写真です。 撮った写真は、晩にトリミング(切り取り)しました。
これがむずかしいけど、楽しい。 
花の周りの空間をどうするか、それが考える中心でしょうか。

12年6月28日 (16)   12年6月28日 (17)

12年6月28日 (18)   12年6月28日 (19)

12年6月28日 (20)   12年6月28日 (21)

12年6月28日 (22)   12年6月28日 (23)

12年6月28日 (24)   12年6月28日 (25)

12年6月28日 (26)   12年6月28日 (27)

12年6月28日 (28)

今いる道の駅の展望台から。 琵琶湖の東の平野の風景です。

12年6月28日 (13)

琵琶湖の反対側には山。 もう少し北に、昨年登った花の山、伊吹山がある。

12年6月28日 (14)

お店の中。 七夕が近づいています。

12年6月28日 (15)

公的な施設には、いいのが少ないかな。
今の状態なら、民間なら、すぐに閉鎖です。
北海道の富良野や美瑛で見られる無料の花畑の素晴らしさは、レベルが違います。

それでも、どんな花畑でも、花には責任が無い。
美しく咲いていますね。


【今日の歌】
これがいいかな。



百万本のバラの原曲。 いいですよ。



ロシアで、百万本のバラを最初に歌った人。



2分45秒から。  日本で最初に歌った人。



クリックしたら、YouTubeに。

tokunagahyakumannbonn656.jpg

※ 関連ブログ
    一日雨でした。  かのやばら園を少しだけ。~鹿屋市~  百万本のバラ 「ラトビアで、ソ連で、日本で最初に歌った人達」  (2012/3/7)
    高さ68㍍の吊橋から見る、神川大滝  小滝は裏見の滝 ~錦江町~  マーラが与えた人生(百万本のバラの原曲)  (2012/3/8)
    南大隅町を散策 ~島泊の磨崖仏は山奥だった~  「マーラが与えた人生」と「百万本のバラ」、まとめ  (2012/3/9)

【道の駅】  東近江市あいとうマーガレットステーション



【明日の予定】  日本海に向かうか、中に入るか検討中。
         今晩調べるけど、時間がかかりそう。 気になるのは、犬山城。

※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                    (2008年4月~2010年9月までの記事)

meisigazoupppm.jpg

【ランキング】  国内旅行は4位、 旅行全体で9位です。            
         
            気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。
                     ※ クリックするバナーは、下のです。 
                   
              ありがとう!!

                   ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
 
 
義経は、武士として生きると決め、鞍馬寺を出た。
奥州の平泉を目指す。 頼れるのは、ここだけ。
でも、そうした途端、平氏に追われることになる。

寺を出た時の格好は、子供の姿。
そのままでは見つかりやすいので、姿を変える必要があった。
それで、元服した。

鞍馬寺から50㌔程歩いて着いた鏡の宿(しゅく)で、その日に、元服した。
    ※    ※    ※    ※

道の駅 竜王かがみの里は、琵琶湖の東に。



今日歩く所は、道の駅の近く。

12年6月27日 (5)

国道8号線は、何度も通った道。 新潟まで行くのかな。 そこから青森までは、7号線。

12年6月27日 (1)

鞍馬を早朝に出て、暗くなってからでしょうね、着いたのは。 
義経の他に2人。 その中に、金売り商人吉次(きちじ)がいた。 この人には、世話になる。

元服池が見えた。

12年6月27日 (13)

義経の父は義朝(よしとも)。 平氏に殺されたので、義経は平氏打倒の願いを持っている。
平氏も義経が何を考えているかは分かるので、捕まえなければならない。

元服と云う儀式には、水が必要なんですね。

12年6月27日 (14)

平氏は義経兄弟を殺さなかった。 母親の常盤御前が命がけで助けた。

義経、16歳とある。

12年6月27日 (15)

どうして平泉に行くのかだけど、他に頼れる所がないから。
※ 義経と関わりある者の娘が、藤原秀衡(ひでひら)に嫁いでいる。

ここが、鏡神社。 左の木が、参拝する前に烏帽子をかけたという木。

12年6月27日 (2)

義経の元服の地は、名古屋の方にもあるけど、こっちの方が可能性が高い。
鏡の宿のことは、平治物語に書かれている。
名古屋の方のことは、ずっと後の世に書かれた、義経記(ぎけいき)に載っている。

元服してから義経と名乗った。

12年6月27日 (3)

12年6月27日 (4)

鏡神社。

12年6月27日 (6)

小さな、八幡神社。 義経が祭神。
※ 義経は、京都の石清水八幡宮で元服する予定だった。

12年6月27日 (7)

上の説明にあった、謡曲「烏帽子折」(えぼしおり)というのを、ここで舞うのかな。

12年6月27日 (8)

神社から少し歩く。 ここに、本陣があった。

12年6月27日 (9)

ここに、白木屋という宿があった。

12年6月27日 (12)

12年6月27日 (10)

元服の時に使用した、盥(たらい)があると云う。

12年6月27日 (11)

道の駅。

12年6月27日 (16)

昔のことは、いくつかの文書で証明されるのが一番いい。
1つしかないと、その文書に合わせて、後の世に作られたと思われる。

※ なお、義経の元服については、下に詳しく載っています。(竜王町観光協会)
  クリックしたら見られます。

  gennpukumonogatari.jpg

【その他】
ここが、お世話になった、嶋村歯科医院です。
5月9日から今日まで、義歯を作るため、12回通いました。
優れた歯科医院が無いか、ネットで探していて、見つかりました。
院長先生には、感謝しています。

12年6月27日 (17)m

【今日の歌】
ザ・ピーナッツのお姉さんの方が亡くなられました。 71歳だったそう。 時の流れを感じます。
恋のバカンスが、一番好き。



2人の表情が分かります。 



この動画は、ブログに何度載せたことか。



なかなかいいですよ。



【道の駅】  竜王かがみの里

【明日の予定】  ブルーメの丘   花が咲いています。

※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                    (2008年4月~2010年9月までの記事)

meisigazoupppm.jpg

【ランキング】  国内旅行は4位、 旅行全体で11位です。            
        
            気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。
                     ※ クリックするバナーは、下のです。 
                   
              ありがとう!!

                   ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
 
 
江(ごう)が家光を生む。
家光の4男徳松が、5代将軍家綱になる。 その母が、桂昌院。

善峯寺は、応仁の乱で焼けた。 桂昌院が再建した。
桂昌院は、大事にされていた。 善峯寺(よしみねでら)は、桂昌院の寺に感じた。 

境内からは、京都市内が一望できた。
また広い境内には、1万株の紫陽花が咲き誇っていた。
それがお目当てで、行ってきた。 国道9号線から歩いて。
    ※    ※    ※    ※

亀岡から京都に、バスで向かった。
老ノ坂峠を降りたら、沓掛と云う所がある。 そこから歩いた。
左下の印が、善峯寺。

yosiminedera000.jpg

行く時、道を間違った。 遠回りした。 
間違わなければ8㌔位なのに、9㌔位歩いた。
※ 損したのか得したのかは、難しい。 余計に歩いた分、足が強くなったかもしれない。

半分くらい歩いて、やっと寺が見えた。 高い所にある
※ 畑の人に聞いて、善峯寺と分かった。

12年6月26日 (1)

12年6月26日 (2)

ここは、京都の西の南の方。 観光地っぽくない。

12年6月26日 (3)

山に近づいた。 左側から、寺に向かう。

12年6月26日 (4)

あと少しで、駐車場。 右は、漬物屋さん。

12年6月26日 (5)

途中に、お寺がいくつかあった。 ここを左に行ったら、三鈷寺(さんこじ)。 右向こうから来た。

12年6月26日 (6)

駐車場から、ここを行く。

12年6月26日 (8)

広い境内。 見るのに、1時間はかかる。

12年6月26日 (7)

ここを上った左に、山門があった。

12年6月26日 (9)

受付がある。 500円。

12年6月26日 (10)

桂昌院のこと、松のこと、が書いてある。

12年6月26日 (11)

善峯寺の境内のあっちこっちから、京都市内が見渡せる。

12年6月26日 (12)

中央に、京都タワー。

12年6月26日 (13)

アジサイの寺を調べたら、京都市内と近郊に、3つあった。
その一つが、善峯寺。 1万株。

12年6月26日 (15)

朝方まで雨が降っていたら、アジサイはもっと輝いていたでしょうね。

12年6月26日 (14)

アジサイは、けっこう傷みやすい花。

12年6月26日 (17)

梅雨の時に元気に咲く。 そういう意味で貴重。

12年6月26日 (23)

ガクアジサイは、ちょっと雰囲気が違う。 品がある。 好き。

12年6月26日 (24)

アジサイを眺めるための、アジサイ苑。

12年6月26日 (25)

アジサイの語源で有力なのは、「藍色が集まったもの」を意味する「あづさい(集真藍)」。
それがなまって、アジサイ。(Wikipedia)

12年6月26日 (26)

桂昌院廟。  桂昌院の墓。 遺髪が入っている。 桂昌院の墓は、ここと東京だけ。

12年6月26日 (18)

善峯寺は、松の寺と呼ばれる。 それは、この松があるから。
遊隆の松。 ※ ゆうりゅうの松。
根はここにある。

12年6月26日 (19)

横枝が、40㍍程のびている。 天然記念物。

12年6月26日 (20)

お堂がいっぱいある。

12年6月26日 (21)

ちょっとした所にも、アジサイ。

12年6月26日 (22)

釈迦堂。

12年6月26日 (27)

境内の一番高い所に来た。  正面は、奥の院薬師堂。 ここのすぐ右に、けいしょう殿がある。

12年6月26日 (28)

けいしょう殿。

12年6月26日 (29)

桂昌院は信心深いから、お寺とかを大事にした。
その信心深い心が、5代将軍綱吉に移ったかも知れない。
綱吉は、犬を大事にする。 少し異常に見えるほど。

12年6月26日 (30)

いい表情です。 元々は、普通の家柄。

12年6月26日 (31)

※ 善峯寺で所蔵している桂昌院の肖像画は、下のです。 賢い表情です。

keisyoin.jpg

奥の院。

12年6月26日 (32)

登った分の苦労は、こういう景色で、報われる。

12年6月26日 (33)

阿弥陀堂。

12年6月26日 (34)

前の二人は、外国からの人だった。  ここを降りたら、元に戻る。

12年6月26日 (35)

右が入り口。

12年6月26日 (36)

来た道を戻った。

12年6月26日 (37)

今日も、歩いて歩いて、歩いた。 9号線に着いた。

12年6月26日 (38)

アジサイは、梅雨の季節に咲く。
もしアジサイが無かったら、梅雨の季節は、ただ我慢するだけの季節になる。
アジサイは、季節を楽しめる、ありがたい花。


【今日の歌】
紫陽花。 アリスです。



※ 堀内孝雄の演歌路線を支えたのは、ゼティマの、佐藤さんと云う製作部長さんでした。 
  ディレクターとも、云うのかな。
  北の岬をCD化できたのは、佐藤さんが気に入ってくれたからでした。
  ゼティマで、素人の曲を扱ったのは、初めてのことでした。

  城之内早苗が北見に来た時、本当は一緒に来て、歌の舞台の、日の出岬に来る予定でした。
  でも直前に都合がつかなくり、来れませんでした。



【道の駅】    ガレリアかめおか

【明日の予定】   午後から、近江八幡の方に向かいます。 

※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                    (2008年4月~2010年9月までの記事)

meisigazoupppm.jpg

【ランキング】  国内旅行は4位、 旅行全体で9位です。            
         
            気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。
                     ※ クリックするバナーは、下のです。 
                   
              ありがとう!!

                   ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
 
 
源頼朝や義経の先祖は、清和源氏(せいわげんじ)、というのを聞く。
武士も、血筋を重んじていた。
清和源氏を先祖とする武士は多い。

この清和は、清和天皇の清和。
清和天皇の第六皇子、貞純親王の子孫の系統が栄え、清和源氏を名乗る。

その清和天皇の墓が、水尾にあった。
普通、その墓が、本当に天皇の墓かどうかは、確証はない。
ところが、清和天皇の墓は、歴史的にもはっきりしており、こういうのは珍しいそう。
    ※    ※    ※    ※

昨日気になっていたのが、水尾。 行ってしまえ、となった。
保津峡駅から見た、水尾川の上流の沢。 あっちに行く。 ※ 水尾川は、保津川の支流。

12年6月25日 (1)

1時間ほど歩いたら、水尾。 そこから、30分ほど歩けば、清和天皇陵。

12年6月25日 (2)

右に行ったら、鳥居本を通って、嵐山。  今日は、左に行く。

12年6月25日 (3)

案内板。

12年6月25日 (4)

急な斜面に作られた道。 旧道を、車が通れる幅に広げた。

12年6月25日 (5)   12年6月25日 (6)

左に行けば、亀岡。 去年、この道を亀岡から歩いてきた、そして、本能寺まで行った。

12年6月25日 (7)

亀岡への道。 林道。

12年6月25日 (8)

下の道は、水尾への旧道。 これを行ってみる。

12年6月25日 (9)

軽自動車なら、何とか通れるかな。 熊がいないのか、少し心配。 ※ 熊対策はしている。

12年6月25日 (10)

左への道が、明智越。

12年6月25日 (11)

こんな道。 昨年この道を来ようと思ったけど、地元の人が迷うよと言ったので、やめた。
※ 明智光秀自身は、老ノ坂を通った。

12年6月25日 (12)

たまに、スズメバチに出会う。 知らない顔をすることにしている。 これから、巣作りが始まる。
※ この時期に1匹退治するのは、秋に何百匹も退治するに同じ。
  昔、雄武町にいる時、学校の周りからスズメバチを消すため、大量のスズメバチを捕まえた。 罠で。
  巣があっても、10㍍程離れたら、大丈夫でしょうか。 刺激を与えないようにして。

12年6月25日 (13)

里山の雰囲気の所に出てきた。 山の斜面が、急でなくなった。 水尾に着いた。

12年6月25日 (14)   12年6月25日 (15)

車道に戻った。

12年6月25日 (16)

米買い道、というのが見える。 この細い道も、山を通って、嵯峨に行く。

12年6月25日 (17)

清和天皇は、この地を気に入っていた。 天皇の地位を譲った後、来てるんですね。

12年6月25日 (18)

車道から、脇道に入っている。

12年6月25日 (19)

米買い道。  少し先で、左に上って、神社へ。 米買い道は、真っ直ぐ。

12年6月25日 (20)

清和天皇社。

12年6月25日 (21)

清和天皇は、31歳で亡くなっている。 昔は、長生きするのは大変。

12年6月25日 (22)

地蔵さんがあった。 向寺って何なのか、調べても分からなかった。

12年6月25日 (23)   12年6月25日 (24)

拝殿。

12年6月25日 (25)

神社の近くに、円覚寺。

12年6月25日 (26)

宝篋印塔と、板碑。
円覚寺は、元々は、平安神宮の近くにあったとある。
そこで、清和天皇(上皇)が亡くなった。 お墓をこっちに作ったので、寺も移ってきた。

12年6月25日 (27)   12年6月25日 (28)

清和天皇陵に向かう。

12年6月25日 (29)

アジサイが、顔を出していた。

12年6月25日 (30)

お店があった。 農協の支店。

12年6月25日 (31)

キキョウです。 明智光秀を思い出します。

12年6月25日 (32)

この道は、ずっと行くと、丹波や日本海につながる。 鯖街道の1つと考えてよさそう。
天皇陵は、左下に下りていく。

12年6月25日 (33)

細くなった水尾川を渡って、山を登り始めた。

12年6月25日 (34)

こんな山の中なのに、道は整備されている。

12年6月25日 (35)

着いた感じ。 山の中腹だった。

12年6月25日 (36)

宮内庁が管理していた。

12年6月25日 (37)

こっちが正面。

12年6月25日 (38)

和天皇 水尾山陵とある。 
※ 読みは、次のよう。 せいわてんのう みずのお やまのみささぎ。
※ 山稜は、さんりょう、と読んでもいいですね。

12年6月25日 (39)

これが墓ですが、きっと発掘したことはないでしょうね。

12年6月25日 (40)

山から下りて来て、向こうに帰ります。

12年6月25日 (41)

細長いナスビ。 カボチャの花。

12年6月25日 (42)   12年6月25日 (43)

このように、雰囲気のいい通りが、時々あります。
もし、50年前の家並みを残していたら、重伝建地区になっていたでしょうね。

12年6月25日 (44)

この後、ずっと歩いた。 旧道が合流する。 行く時通った道。

12年6月25日 (45)

保津峡駅。

12年6月25日 (46)

保津川。 トロッコ列車の線路も見える。 船と列車が来たら、完璧。

12年6月25日 (47)

これに乗って、亀岡駅に。

12年6月25日 (48)

水尾は現在、柚子の生産が盛んなため、限界集落にはなっていない。

京都の市街地から、およそ10㌔でしょうか。
水尾川・保津川沿いの道も、山越えの米買い道も、昔は苦労して歩いたでしょうね。


【今日の歌】
この歌に出てくるキキョウは、紫色。 今日見たのと同じ。



昔、旅の終りにという芝居の中で、 山崎ハコが歌った。  作詞は、五木寛之。
登場する白い花は、白い花のキキョウ。



白い花が、先にあった。 上の曲は、詞を変えた。  私は、この曲を最初に知った。



この曲も、作詞は、五木寛之。



【道の駅】     ガレリアかめおか

【明日の予定】   午後、京都を出る予定ですが。 もしかしたら、あと一日か
          なぜもたもたしてるかは、京都を出た日に書きますね。 

※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                    (2008年4月~2010年9月までの記事)

meisigazoupppm.jpg

【ランキング】  国内旅行は4位、 旅行全体で9位です。            
         
            気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。
                     ※ クリックするバナーは、下のです。 
                   
              ありがとう!!

                   ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
 
 

openclose

02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。