fc2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

1年が終わります。

    ※ お酒を飲みながら、少しずつ書きますね。

夏の北海道を歩いていたのは、ずっと前なのに、少し前。
1年が、駈足。
奥秩父の、むつばあちゃんの言葉を思い出す。
「人生なんか、あっという間。」
    むつばあちゃんの、太田部楢尾   他  (2009/10/21)

正月は早く来なくていい。
そう思うようになってから、なおさら早い。
こんな調子だから、むつばあちゃんの言葉。

年末に風邪をひいて、今日久しぶりに、普通の食事。
味噌汁を作って、納豆。
これが、一番おいしい。

大晦日の御馳走は、刺身と焼肉。
刺身を途中まで食べたら、満足。
  ※ テレビは、BSで、間宮海峡と辻井伸行の演奏を。

DSCF9938.jpg

今年1年の、いくつかを紹介しますね。

   多良岳は、信仰と花の山だった。  金泉寺。 マンサクの花。~諫早市~  他  (2014/3/8)
   第61回けしけし祭。  青木繁が好きだった、兜山(けしけし山)の頂上で。~久留米市~  他  (2014/3/23)
   伊島は、四国最東端の島。  イシマササユリ。  カベヘラ 他。~阿南市~  他  (2014/4/11)
   龍馬脱藩の道、茶や谷から、韮ヶ峠までを歩く。  迷いそうな、6㌔の道。~梼原町~  他  (2014/4/3)
   第4回オールドカー in K'z ROAD。  往年の名車が、春野に集まる。~浜松市~  他  (2014/5/25) 
   竹生島は、信仰と歴史の島だった。  宝厳寺。  面向不背の玉。~長浜市~  他  (2014/5/3)
   タウシュベツ川橋梁は、士幌線の歴史の面影か。  朽ちるままに。~上士幌町~  他  (2014/7/8)
   ウトロから根室まで。  知床五湖、羅臼、熊の湯、野付半島、他。~羅臼町他~ 他 (2014/7/22)
   長島町のみなさん、花と動物園を楽しむ。  他に、就実の丘と夜の美瑛駅。~美瑛町他~ 他 (2014/7/26)
   沼の原湿原は、大雪連峰の奥深くに。  目の前に、トムラウシ。~上川町~  他  (2014/8/28)
   八戸市、長横町れんさ街 「山き」に、再び。  旅人と地元の人が、肩を並べて。~八戸市~ 他 (2014/9/30)
          ※ 1月14日 BS11 よる10:00~「ふらり旅」で、山きが紹介されます。 
   南禅寺塔頭、光雲寺の庭。  江(ごう)の5女、東福門院和子(まさこ)の菩提寺。~京都市~ 他 (2014/11/20)
       (上のブログに、写真を載せ終わっていない。 来年、まずしなければならないこと)
   地獄谷野猿公苑のサルは、露天風呂で湯ったり。  地獄谷噴泉。  湯田中温泉。~山ノ内町~ 他 (2014/10/21)

忘れてるのが、ありそうです。

来年こそはと思っていることを、少しだけ書きますね。

  ① 未知の所を見つけて行く。
  ② 今より、少しでも、切れ味のいい文を。
  ③ 時々、句を載せる。 今年こそは。
  ④ ブログの点検方法を決める。
     (悪口を言ってないか。 ユーモアがどこかにあるか。 自分勝手でないか。 迷惑かかっていないか、など)
  
  ③ 体重を57㌔にする。(あと、2.5㌔)
  ④ 毎日運動。 メニューを決めて。
  ⑤ 規則正しい食事。
  ⑥ 10日に1度は、山に。
       ※ ③~⑤によって、レベルの高い山に登りたい。
          筋肉を元に戻して、さらに。

  ⑦ 毎日酒を飲まない。 ひとりで飲まない。
     禁酒できたら一番。
       (健康と、時間のため)

書いた方が、自分を縛ることになって、少しでもいいかなと。

大事な1年が、明日から、始まります。
明日は、早く起きます。

【ありがとう】   今年の、最終ランキングが、国内も全体も、1位で終わりました。
           旅行全体のブログの登録は、22127人です。
           こんな日が来るとは、思ってもいませんでした。
           感謝です。
           ありがとうございます。

【今日の曲】   Nobuyuki Tsujii - La Campanella - BBC Proms 2013  辻井伸行 



【道の駅】   喜入
          ※ すぐそばに、石油備蓄基地があります。
             日本最大。  ENEOS です。
             原油735万㌔㍑。  日本の、2週間分。(石油とか、ガソリン)

DSCF9936mm.jpg    tizu7779.jpg

  ※ ENEOSは、石油元売りで、日本で1位。  
    2位は、出光。  最初にタンカーで輸入したのは、出光。  これには、ドラマが。
       門司港レトロさんぽ。 夜景も。 日章丸事件。 カボチャドキヤ国立美術館。~北九市門司区~ 他 (2014/11/29)

【明日の予定】    少し北に動きます。   新しい年の、旅のスタート。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの記事)

         meisigazoupppm.jpg

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体で、1位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング   

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
.           
 
 
先日紹介した小松帯刀は、喜入肝付家の子として、鹿児島の屋敷で生まれた。  
                           ※ こまつたてわき。   きいれ きもつき。
喜入が領地だから、喜入で暮らすことも多かった。
暮らした建物は、肝付家仮屋。    ※ きもつきけ かりや
今は、そこに、小学校が建っていた。

仮屋跡一帯は、喜入麓と呼ばれる、武家屋敷通り。
昔の名残の道を、歩いてみた。

いろんなものに出会いながら、最後は、病院に行ってきた。
薬が無くなったので。

今年は、あと2日。
体調は戻ってきたので、何とか、ソバを食べて酒が飲めそう。
    ※    ※    ※    ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

喜入には、道の駅。 300円の温泉がある。   近くに、スーパーも。
2年前に風邪を引いた時も、ここで治した。

左の地図に、根占(ねじめ)とある。   禰寝(ねじめ)と同じ。  
江戸時代前に、禰寝氏は、先日紹介した、薩摩半島の西の吉利に移った。
江戸時代の中頃に、小松氏に変名。   ※ 理由は、後で追加。
喜入肝付家で生まれた小松帯刀は、上の小松家に養子に行っていた。
   小松帯刀の墓。  帯刀(たてわき)は、薩長連合で活躍。 小松氏は禰寝氏でも・・。~日置市~ 他 (2014/12/24)

肝付(きもつき)も、見える。
分家が、江戸時代前に喜入に来た。  喜入肝付家になった。

そんなことで、ちょっと、ごちゃごちゃ。

tizu1113_201412301448227b8.jpg    tizu2228_20141230144826d7a.jpg

温泉とかの施設を、道の駅にもした。   駐車場は、左奥。

s-14年12月29日 (1)

さあ出発。   川は、八幡川。  右の方を行く。

s-14年12月29日 (2)

道の駅には、地図はなかった。   役場は休み。
適当に歩いて、小学校に着いた。

s-14年12月29日 (3)

一帯が、喜入麓。  武家屋敷が集まっていた。  今も、それなりに。
上の写真の、右の家の門。

s-14年12月29日 (4)

小学校の石垣。

s-14年12月29日 (5)

積み方が、2種類。

s-14年12月29日 (6)

喜入小学校の正門。  ここに、肝付家の仮屋があった。
仮屋と云っても、領地にある屋敷。

   小松帯刀は、幕末に、肝付兼戈として、鹿児島の肝付家の屋敷で生まれた。   
           ※ 後に、尚五郎。   兼戈の読みは?   かねとも、かねかた、か。 
育った場所が、屋敷と、ここの仮屋。  
           ※ 篤姫が育った今和泉は、喜入の南隣。

s-14年12月29日 (7)

裏の山は、高野山。  キイレツチトリモチが、日本で最初に、ここで見つかった。
キノコに似た、寄生植物。  こんな植物。(11月に長崎の伊王島で)
詳しくは、下のブログで。 鳥餅(とりもち)の意味も。
   長崎半島の主峰、八郎岳に。  爆風で壊れた伊王島灯台。  キイレツチトリモチは、まるでキノコドキヤ。~長崎市~ 他 (2014/12/3) 

旧麓から、ここに移ったとある。 帯刀が生まれる、ずっと前。
ここより山の中。  そっちに、肝付家の墓がある。  
以前、歩いている。
   喜入を歩いてみました。(その2)    他  (2010/1/11)

s-14年12月29日 (8)

門の上から。  仮屋の敷地にグランドも。  広い。
正月の準備。   帯刀は、右の木を見ている。

s-14年12月29日 (9)    s-14年12月29日 (10)

先に進む。   左の横道。  奥に、病院があった。   行ってみたら、2時からの診察。
1時間ほど歩いて、来ることに。

s-14年12月29日 (11)    s-14年12月29日 (12)

病院から戻っている。  門をくぐって、塾。

s-14年12月29日 (13)

喜入麓に住む人の先祖は、武士。  
想像ですが、プライドの高い人もいるでしょうね。
周りの人が、平民に見える感じで。

これと同じことを、出水市の野田町で聞きました。

s-14年12月29日 (14)

木の剪定(せんてい)にお金がかかりますね。  自分でするとしても、大変。
後ろの山は、高野山。   キイレツチトリモチ。
石垣の上に、生垣。   それが特徴。

s-14年12月29日 (15)

ここは、管理する人がいなくなった。 家も壊れた。

s-14年12月29日 (16)

いざという時、命を懸けて戦う代わりに、ここに住めた。

s-14年12月29日 (17)

指宿枕崎線。   喜入駅。
   ※ 喜入の名前は、肝付氏の前、喜入氏が治めていたから。

s-14年12月29日 (18)

木が恐竜。

s-14年12月29日 (19)

喜入麓も、そろそろお終いの感じ。

s-14年12月29日 (20)

「透かし」ってう剪定かな。    さっぱりした感じで、私は好きかな。
   ※ 昔、剪定の講習を、1度だけ受けたことがある。 分かるのは、ちょっとだけ。

s-14年12月29日 (21)

ポンプ。  懐かしい。   普通見るのと、違う。   上がふさがっている。
津田式とある。   広島方面から、広がった。  これの方が、深くから汲めるよう。

s-14年12月29日 (22)

※ 普通の、ガチャポンと言われるのは、こう。
   私の家に昔あったのは、これのよう。   姉に電話して聞いた。  
   お風呂の水もこれ。  苦労して入るから、気持ちいい。



※ 津田式は、中が見えない。



少し歩いて、宮坂神社。

s-14年12月29日 (23)

刀工(刀匠)のことが、書いてある。   玉置一平安代。(たまおき いっぺい やすよ)  
重要文化財クラスの刀剣を作るよう。   薩摩刀ですね。

s-14年12月29日 (24)    s-14年12月29日 (25)    s-14年12月29日 (26)

神社の説明にもある。

s-14年12月29日 (27)

※ 玉置一平安代について、調べてみた。
   この人の刀が、オークションに出ていた。
   150万円で落札。   高いのか安いのか。

yasuyo.jpg

※ 上の刀は、長さ93.6㌢。   重さ、1589㌘。
   普通は、70㌢ほどで、1000㌘前後。
   ずいぶん長いですね。  そして重い。

※ 玉置家の墓は、近くにある。
      喜入の町を歩いてみました。    他  (2010/1/10)

   薩摩は、示顕流(じげんりゅう)とか、薬丸自顕流(やくまるじげんりゅう)。
   なお、薬丸示顕流の薬丸家は、肝付家から分かれた家。

   幕末の桜田門外の変は、水戸の浪士が主だが、1人だけ薩摩藩士がいた。
   それが、有村 次左衛門(ありむら じざえもん)。
   彼の剣が、薬丸示顕流。
   「キエーイ」の声のもと、老中井伊直弼の首を、切り落とした。

彼は、40秒過ぎに登場。 (この映画は、見てきました)



下は示顕流。   声が独特。  



下は、薬丸示顕流



※ 示顕流は、最初の一撃で倒すのが基本。
  相手が刀で受けても、長く重い刀で、相手の刀を、ぶち壊して切り倒す。
  人間の胴を、切り分けた記録があるという。

※ 示顕流の発祥の地は、下に。
     吾平山上陵(あいらさんりょう)  圧倒的な本数の、くにの松原 ~鹿屋市・大崎町~  雨に消えたあなた  他  (2012/3/12)

※ 薬丸裕英の両親は、鹿児島県の出身。  もしかして・・・。   それ以上は分からない。

※ 喜入には、中村家もあった。   中村家から、玉置家が出る。
  下は、薩摩刀のHPからお借り。

nakamurake.jpg

※ 右のブログに、中村家が。  自現坊瀑と磨崖仏 ~喜入町渕田~

いい雰囲気の、小さな坂。

s-14年12月29日 (28)

ちょっと寄り道。   里山です。

s-14年12月29日 (29)

今も収穫。   農薬を気にしなくていい。     店で買うのは、気になる。

s-14年12月29日 (30)

病院に寄って、ここを通って戻る。

s-14年12月29日 (31)

※ 忘れてました。
  禰寝(ねじめ)家を、小松家にした理由。
  禰寝家の先祖は、平清盛の子の重盛と考えられている。
 
  重盛の家は、京都の小松谷にあった。
  それで、重盛は小松殿と呼ばれることがあった。
   
  印のところが、六波羅小松第。 そこに住んでいた。   
  右の、正林寺の所に別邸があった。
  清水寺が近い。  一帯が、小松谷。

komatu.jpg    

歩いたのは1時間半ほど。
いっぱい着て。 

【今日の歌】   悲しみは雪に眠る
        


 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの記事)

         meisigazoupppm.jpg

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体で、2位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング   

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
.           
 
 
今回、薩摩半島を下った目的は、「シーオン・インターネットサービス」、という会社に寄ること。
ブログなどに宣伝を載せたいが、自分ではうまくいかない。
以前、一度、別の件でお世話になっている。
今回は、上のことをお願いする。

その会社は、南九州市の頴娃(えい)にある。
古い家並みがあるので、少しだけ、歩いてみた。
それと、開聞岳が美しく見える、海岸線も。

頴娃(えい)の読みが難しい。
調べたら、読み方と、その意味が不思議。

これを書いているのは、28日午後。
27日は、寝ていた。
やっと体が軽くなって、29日から、歩き出す。

今は、喜入の道の駅にいる。
喜入は、先日のブログの、小松帯刀ゆかりの地。
彼は、喜入領主、肝付(きもつき)家の三男として生まれた。

  ※ 領主の自宅は鹿児島市内にもあって、帯刀は、そちらで生まれたよう。
     喜入は、領地であるから、こちらの別邸で暮らすことは、もちろん多かった。
     また、篤姫が育った別邸は、ここから近い。
     10㌔ほど離れた、今和泉。 (指宿の方に)
     2人は、同じ年に生まれている。  (龍馬も同じ年)
                          篤姫 ゆかりの地を訪ねて   池田湖の大ウナギ  他  (2009年5月13日)
    
喜入には、帯刀が育った時代の、石垣などの雰囲気が残っている。
喜入麓と、呼ばれる。
明日、歩いてみましょうか。
      ※ 以前、喜入は何となく歩いてはいる。 肝付家の墓があった。
           喜入を歩いてみました。(その2)    他  (2010/1/11)
    ※    ※    ※    ※   ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

頴娃(えい)町は、今は、合併して、南九州市頴娃町。
   
    ※ 南九州市は、頴娃町と、知覧町と、川辺町が合併。
          知覧町には、武家屋敷や特攻平和会館がある。
               知覧、武家屋敷通り。  武家屋敷庭園。   高田磨崖仏。~南九州市~  他  (2014/1/31)
               知覧特攻平和会館 ~平和に寄与するとは~    他  (2010/1/6)
               ホタル館 富屋食堂 ~飛び立って、戻った人はいるのか~
          川辺町には、日本最大規模の、磨崖仏群が。
               清水磨崖仏群。  日本一の大五輪塔、月輪大梵字、他。~南九州市~  他  (2014/1/30)

tizu1113_201412281716592f4.jpg    tizu2229_201412281716539ae.jpg

お世話になる店は、ここ。  シーオン・インターネットサービス。
支店が、鹿児島市内にもある。
       ※  店のHPは、右に。  シーオン・インターネットサービス

作業は、この日と次の日に、行った。
登録を待って、次に進む作業もある。

s-14年12月25・26日 (2)

こんな手続きもした。
こまった時に、ある方法で、この会社が私のパソコンに、入り込んで作業する。
北海道にいても、それは出来る。
今後、最後に頼る所として、お世話になる。

下は、前回来た時のブログ。
   九州も雪、動けません。  パソコン完全復活。     他  (2010/1/13)

s-14年12月25・26日 (1)

頴娃の見どころを教えてもらって、海に行った。  まず、 戸柱自然公園に。

開聞(かいもん)岳が見えた。   いつ見ても、いい姿。
標高924㍍。   
百名山の中では、2番目に低い。   一番低いのは筑波山で、877㍍。

   ※ 海の近くから登るから、登る標高差は、山の高さに近い。
      百名山の半分は、楽しようとすれば、開聞岳より楽。  
      車道やロープウェーがあるので。

s-14年12月25・26日 (3)

港の前に、ライオン岩。   左向き。

s-14年12月25・26日 (4)

後で、家並みの中を歩く。

s-14年12月25・26日 (5)

男の人が、あっちにも行ったかいと、ここに連れて来てくれた。
100㍍ほど歩いて。   戸柱自然公園。

s-14年12月25・26日 (6)

この方が、案内人。   親切。
丁寧に説明してくれる。  ところが、何言ってるか、さっぱりわからない。
鹿児島弁は、だいたい分かると思っていたのに。

小さな神社。

s-14年12月25・26日 (7)

そういえば、さっきの会社のシーオンの人が、頴娃の言葉は、難しいと言った。
「えい語」と言われることも。
例えば、こう。 (頴娃町の方言より)
   「また みごとな 景色ですね」 は、普通。 これが、下になる。
   「マダ ミゴデ ケシッ ヂャッドナー」
濁音が多く、最後に、ヂャッドナー では、めちゃくちゃ。 

「えい語」でなく「英語」なら、「It's the excellent scenery」のように、なりますね。(訳はネットで)
      excellentは、エクセレント。   sceneryは、シーナリーで、シーンに関係する言葉ですね。
まだ、英語の方が、分かりやすいですよ。

下は、土地の人の会話。  病院のことを言ってるよう。



※ 頴娃の港で、島津藩は密貿易をしていた。
   それで、幕府に分からない暗号の言葉が入り込んだ。
   また、南の方の言葉の影響もうけた。
   こんなことが、頴娃の方言を難しくしたようです。(シーオンの方といくつかのネットの情報)

変わった石が。

s-14年12月25・26日 (8)   

こうです。   お金みたい。   見ない表情の、像。

s-14年12月25・26日 (9)    s-14年12月25・26日 (10)

隣に、石碑。   遣唐使が、この港に着いたという。    はるか昔の話。

s-14年12月25・26日 (11)

鑑真の日本への船は、4隻。  第2船に鑑真がのった。  ここより北に、漂着。
第3船は、紀伊半島に。  第4船が、この港に着いた。   第1船は、日本には来れなくて、海南島。
第2船以外は、難破船のように、たどり着いた。

このことについては、後ほど。

s-14年12月25・26日 (12)

岩礁の浜が続く。

s-14年12月25・26日 (13)

車は、適当に停めて、歩くことに。
この道は、昔のメインストリートか。   左に、昔は豪商の家。

s-14年12月25・26日 (17)

再び、遣唐使船の説明。   鑑真のことが。

s-14年12月25・26日 (14)    s-14年12月25・26日 (15)

鑑真が着いたのは、下の場所。 左。  

tizu3335_20141228171702944.jpg

漂着した、秋目の港。    小さな船。   命がけ。

鑑真 (3)    鑑真 (1)

※ 遣唐使は、何回もあった。  長島にも、漂着した場所があった

多くの文化がもたらされ、日本は変わっていく。
    杜氏の里、笠沙黒瀬  鑑真和上上陸地に、鑑真記念館  河津桜が咲いていた~  他  (2012/2/28)

鑑真 (2)    鑑真 (4)

下の言葉が。  藤田と云う画家かな。

s-14年12月25・26日 (16)

雰囲気のいい坂道。

s-14年12月25・26日 (18)

お蔵ん坂。

s-14年12月25・26日 (19)

貿易で栄えた時代が、あったんですね。
横を見た。

s-14年12月25・26日 (20)

この地区には、昔の名残が、少しだけ残っている。

s-14年12月25・26日 (21)

昔を活かした街づくりをするのは、難しい取り組み。
それでも、どこかに、可能性は潜んでいる。

s-14年12月25・26日 (22)

この日は、戸柱自然公園に、停泊。
この一帯は、頴娃町の石垣地区。

次の日、少し走って、番所鼻自然公園に。   鼻は、岬の意味。

ついか (2)     ついか (1)

遠くに、開聞岳。

s-14年12月25・26日 (23)

向こうから来た。

s-14年12月25・26日 (24)

右方面。  タツノオトシゴは、向こうの方で。

s-14年12月25・26日 (25)

開聞岳と、釣り人。

s-14年12月25・26日 (26)

正面遠くに、島。   知らない島。   黒島かな。

s-14年12月25・26日 (27)

タツノオトシゴ、観光養殖場。   魚も。

s-14年12月25・26日 (28)    s-14年12月25・26日 (29)

タツノオトシゴは、変わっている。
普通の生き物の受精は、精子が雌に行く。
タツノオトシゴは、卵子が雄に行く。
だから、雄が、生むことになる。

生れる時から、この格好。

s-14年12月25・26日 (30)

下のようなビデオがあった。



この後、再度、シーオンに行った。
雑談でも、自分にとっては勉強になる。

せっかく頴娃に来たので、この町を少しだけ、歩いてみました。
丁寧に歩けば、他にも見所はある。

いつかまた、シーオンに来る。
その時また、歩きましょう。

※ 忘れてました。   頴娃の読みについて。
   頴の字は、それだけで、エイと読める。  稲のコメのからの部分。(琵琶湖・堅田・デジカメ絵図より)
   娃の字は、アイ、エ、ワ、と読めるよう。  美しいという意味。
   圭は、こういうもので、権威の象徴だそう。(中国のあるHP)
   そのことから、娃の美しさのイメージは、立ち姿のいい美しさ、と考えられる。

   頴娃の地は、元々は、入江だった。  つまり、江。
   江から、頴娃に変化したのではという説が有力。

   今の頴娃の辺りは、深く海が入り込んでいたよう。
   昔の頴娃は、浜一帯だったのでは。

   ここからは、想像。
   開聞岳は、昔は島だったかも。
   それが、砂でつながって、陸繋島に。
   頴娃は、その砂地にあった。
   江の名前で。
   
   そうでなかったとしても、開聞岳は、半島っぽかったでしょうね。
   池田湖は、海に近くて。

   元に戻って。
   頴娃の読みは、頴だけで、えいと読むそう。
   娃の字は、ただ、くっ付いているだけ。(南薩摩観光情報より

【今日の歌】    Il Volo - 'O Sole Mio



【停泊場所】   25日 戸柱公園    26・27日 道の駅、喜入

tizu6666.jpg

【今後の予定】   29日は、喜入麓を歩く。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの記事)

         meisigazoupppm.jpg

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体で、1位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング   

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
.          
 
 
その男がいなかったら、薩長連合は、どうなったか分からない。
名前は、小松帯刀(こまつわてわき)。
薩摩藩士。
彼は、龍馬が仲介した薩長連合の密談に参加していた。

もし、若くして亡くならなかったら、当然、明治の新政府の中心にいた。
新政府を動かした大久保利通は、彼の配下だった。

お世話になっていた長島町を、離れた。
指宿(いぶすき)に向かって、南下。

風邪が抜けないので、見学は少し。
途中で、小松帯刀の墓に寄った。 
    ※    ※    ※    ※   ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

道沿いに案内があった。
通り過ぎたけど、戻った。  この辺りに、帯刀の墓があることは、知らなかった。

tizu1113_20141226090850d42.jpg    tizu2221_20141226090848467.jpg

駐車場とトイレがあって、小さな公園になっていた。

s-14年12月24日 (1)

下に彼の説明が。
島津藩の家老になったとある。
討幕で活躍。  「幻の宰相」と呼ばれている、など。

s-14年12月24日 (2)    s-14年12月24日 (4)   s-14年12月24日 (3)

小松氏は、元々は禰寝(ねじめ)氏だった。  これについては、後ほど。

s-14年12月24日 (5)

園林寺(おんりんじ)があったけど、廃仏毀釈で破壊。  
復興できる寺もあるけど、ここのように、それでお終い、という寺も。

坂を上がって、奥に小松一族、そして帯刀の墓が。

s-14年12月24日 (6)

石の祠の中に、墓がある。   珍しい。  
奥に、夫人のお近さんの墓。  ※ 大河で演じたのは、ともさかりえ
彼は、子供のころから病弱だったんだが、それとは別に、昼夜を惜しんで勉強した。
後に、家老になる。  ( 家老になって過労、って書きたいところ。 こんなことばかり・・。)

s-14年12月24日 (7)

禰寝(ねじめ)家から、小松家になる。
家柄から考えて、島津家の家老になるのは、難しくない。 力があったし。

今も、花が絶えない。

s-14年12月24日 (8)

小松氏(禰寝氏)の墓は、最初は、南大隅町の根占(ねじめ)という所にあった。
下がその墓。  残っている墓。
   大隅半島を横断  祢寝氏累代の墓 ~肝付町他~  百万本のバラ、そして、東日本大震災~未来への鎮魂~ (2012/3/11)

※ 禰寝家が小松家になり、そこから分かれて、池端家が生れる。
   池端家の子孫に、池端 清亮(きよあき)。 この人は、往年の映画スター上原 謙。(Wikipedia)
   その子が、加山雄三。(アサヒコム)   (このことは、間違いないようだが、家系図で示せれない)

s-14年12月24日 (15)

小松帯刀は、幻の宰相と言われる。  その根拠は、龍馬の言葉なんですね。
「坂本龍馬の新政府の人事構想では、西郷や大久保、桂らを抑えて、筆頭に挙げられていた。」(Wikipedia)

下の建物は、山口市にある。  この建物で、薩長連合を目指した密談が行われた。
仲介したのは龍馬。  薩摩藩の代表に、西郷さんと帯刀がいた。  
  ※ 西郷さんは、年下の帯刀に、1目おいている。  身分が上であることと、人間性。
      国宝 瑠璃光寺五重塔は、いつ見ても美しい ~山口市~  Mot Coi Di Ve - Trinh Cong Son  他  (2012/4/20)

s-14年12月24日 (14)

彼が生きていれば、大久保利通は好きなことは出来なかった。
つまり、大久保の政敵の江藤新平は、殺されずにすんだ。

新平も、帯刀も、大久保も、維新十傑。

s-14年12月24日 (16)    s-14年12月24日 (17)

墓地から。   遠くに海。   薩摩半島の、里山の風景。

s-14年12月24日 (9)

仏像は、壊された。    悲しみを堪(こら)えている。  こうして墓を守って。
   
s-14年12月24日 (10)    s-14年12月24日 (11)

夢の跡でしょうか。

s-14年12月24日 (12)

小さな建物に、資料が展示。   大河ドラマの篤姫で、小松帯刀を演じたのは、瑛太。(刀の諏訪工芸さんのHP)

s-14年12月24日 (13)

小松帯刀については、調べたことがなかったので、少しだけ勉強しました。
この人と、江藤新平と、そして龍馬が生きていたら、明治はどうなったでしょう。
私利私欲の少ない、生きていてほしい人が、先に死ぬ。

【余談】  帯刀が、どうして、たてわき、と読めるのか。

       帯ですが、この漢字は、帯(は)く、と読むことが出来るんですね。
       くつしたを履く、と意味は似ています。   
       自分の体に、近づける、なんですね。  携帯の帯も、同じ。

       刀は、太刀でもあり、たち、と読みますね。

       そうだとしたら、元々は、帯刀は、刀(たち)を帯(は)く、の意味。
       刀を、脇に差すですね。

       それが、刀(たち)帯(は)き、になって、たちはき。
       最後は、「たてわき」に、変化するんですね。

       そんなことで、帯刀を、たてわきと、読む。
       漢字は、前後したけど。

       辞書の情報が7割、私の想像が、3割です。 

【余談 ②】  禰寝(ねじめ)氏について。
        禰は祢で、ねと読む。
        山口県に美祢(みね)市がある。  同じ読み。 
        秋芳洞のある町。  この秋通った。
        寝は、寝室の寝(しん)。   しんと読むけど、「しむ」と読めそう。
        それで、禰寝は、「ねしむ」で、「ねじめ」に変化。       

【今日の歌】    つまさき坂 永井龍雲



【道の駅】  きんぽう木花館
         日本三大砂丘の一つ、吹上浜 万世特高平和祈念館 ~南さつま市~  ショートプログラムは、明後日。  (2010/2/22)

tizu8888.jpg

【明日の予定】   頴娃(えい)のどこかを。
         ※ 頴娃は指宿の手前。
              そこに、パソコン関係のお店がある。
              修理とか、何でも。  以前お世話になった。
              
              今回そこで、ブログとYouTubeの動画に、宣伝を載せるのを、お願いする。
              自分でやろうとしたけど、難しい。
              明日、25日にする。
              このブログは、26日に書きおわったので、その時点で、左に宣伝が載った。
              YouTubeは、1022の動画のうち、載せ終わったのは、250くらい。
              今後、写真の販売の準備もしていく。
              どのくらいの稼ぎになるかは、分からない。

              もうちょっと、品のいい宣伝がいいかな。

              楽しんで読んでもらうブログから、儲かるブログに路線変更。
              読者に分からないように、できるんだろうか。
              どっちも叶えば、いいんですね。
              いくら儲かったか、書ける日が来たら、書きましょうか。

              世の中、生活しにくくなってきたので、上のことをしました。

【その他】    今日、病院に行って来ました。  長島町。
          早く治ればいいなって。   咳。        

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの記事)

         meisigazoupppm.jpg

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体で、1位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング   

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
.          
 
 
温る温泉が好き。
でも、意外に少ない。

出水市の野田に、いい温泉がある。
湯温が高めで、成分が濃いので、ジンジンと責められる。
温まった体が元に戻るには、しばらくかかる。

名前は、十三奉行温泉。
じゅうさんぶぎょう、ではない。
じゅさぶろ温泉。
どうしてこうなったのか、気になる。

源泉かけ流し。
余るほどの湯。
湯の成分がくっ付いた、湯船。

小さな温泉だけど、これ程贅沢な湯は、少ない。
いい温泉を見つけました。

温泉のそばに、疱瘡(ほうそう)墓があった。
調べたら、面白い。

晩は、Aくんのお家で、ふたたび御馳走になった。

22日は、風邪で1日寝てました。
まだ治りません。 
こまりました。
    ※    ※    ※    ※   ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

野田郷駅から、歩いて行ける。    少し前に行った、感応寺(感応禅寺)が見える。
   出水市野田町(野田郷)は、薩摩・島津家発祥の地だった。  初代島津忠久の墓所、感応寺。~出水市~ 再会して、みんなで食事会。 (2014/12/13)

s-14年12月23日 (8)    s-14年12月23日 (9)

なだらかな坂を上ると、あった。

s-14年12月23日 (6)

じゅさぶろ温泉。

s-14年12月23日 (5)    s-14年12月23日 (2)

十三奉行温泉。

s-14年12月23日 (1)

DSCF9926ppp.jpg

温泉の受付の人が、この辺りは昔、十三奉行と云ってた、と。  つまり、地名。
証拠を探して探して、やっと見つかったのは、たった1つ。
確かに、野田町にあった。

字 十三奉行 迫、とある。  迫は、谷と云う意味で、読みは「さこ」でしょうか。
じゅうさんぶぎょうは言い難い。
土地の人は、じゅさぶろ、と言うようになった。

s-14年12月23日 (11)    s-14年12月23日 (10)

そのじゅさぶろを、温泉の名前に。   
じゅさ風呂って書けるので、温泉の名前にちょうど良かったかも。

湯船は、こう。  昨年撮影。   今回は、人がずっといたので。
子供には、少し熱い温度。  私には、ちょうどいい。

ラジウムとかは、言ってないけど、とにかく温まる。
塩分を含んだ、濃い成分の湯。

s-14年12月23日 (14)

湯が通る管の中は、直ぐに細くなると言う。  湯の成分がくっ付くので。
休みの日は、いつもそれを取る作業。

帰る時、みかんを頂いた。
そう云えば、昨年も頂いていた。  右の写真のを。

s-14年12月23日 (7)    s-14年12月23日 (13)

道を挟んだ向かい側に、こんな看板。   向こうに墓。
戦国時代の話ですね。  病気で多くの人が亡くなったので、墓をつくった。

s-14年12月23日 (3)    s-14年12月23日 (4)

※ 島津忠兼が殺されたとある。   兄の子に殺されたのかな。
   この、島津忠兼は、肥後から長島を奪い取った人。
   忠兼がいなかったら、長島は、今も天草。
   長島の今の発展は、忠兼あってのことかも知れない。

長島の堂崎城の説明にも、同じことが書いてある。
    道の駅長島から、道の駅黒之瀬戸だんだん市場まで歩く ~あっちこっちに寄りながら。 長島町~  他  (2012/2/21)

s-14年12月23日 (12)

※ 上の説明の、お八日踊りは、下のです。



今日は、見学は出来なかったので、温泉の紹介です。

【今日の歌】    Queen - Crazy Little Thing Called Love



【停泊場所】    A・Zの駐車場

【今後の予定】    指宿の方に、南下する。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの記事)

         meisigazoupppm.jpg

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体で、4位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング   

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
.          
 
 

openclose

02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。