FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

冬なのに、暖かい日になりました。

紫尾(しび)山の登山道がはっきりしなかったので、車道を登りました。

今晩は、Y先生のお家で、食事会です。
7時半頃から。
社長さんもみんな集まります。

鹿児島県の左の方は、薩摩地方。
そこの最高峰が、紫尾山。
一度は登らなければと。

頂上で、阿久根市から来たハーモニカおじさんに出会いました。
全部で4曲演奏。

今日はクリスマス。
その曲も。   上手でしたよ。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

さつま町にある。 

右地図の赤〇辺りから登山道があるのだが、登山口まで行けなかった。
道が荒れてて。 2日前かな。

今日は、堀切峠から歩く。

s-15年12月25日 (1)    15年12月25日 (2)ccccc

車をここに置いて。  向こうに。  右写真を行くと、出水市に。   その道で、戻ることに。

s-15年12月25日 (3)    s-15年12月25日 (4)

紫尾山は、1067㍍。

頂上にアンテナがあるから、登山者が少ないのか。
それで、登山道が荒れた?

ずっと低い、南にある開聞岳は、百名山。
全国から登山者が。

頂上まで4㌔。   途中に神社がある。
ふれあいの森からの登山道も見える。

そこまで自分は行けなかった。

s-15年12月25日 (5)    s-15年12月25日 (6)

曲がりくねった道。

s-15年12月25日 (7)    s-15年12月25日 (8)

右にある川の音を聞きながら。

s-15年12月25日 (9)

早いうちに、川から離れた。

冬で花が少なく退屈なので、ラジオを聴いている。

s-15年12月25日 (10)

30分ほど歩いたら、頂上のアンテナが見えた。  近いなって感じ。

s-15年12月25日 (11)    s-15年12月25日 (12)

車で行く人もいる。  上は景色がいいのか。
2台に出会って、声をかけてくれたり、挨拶してくれたり。

s-15年12月25日 (13)    s-15年12月25日 (14)

だいぶ登って来た。

s-15年12月25日 (15)

下が見え始めた。

s-15年12月25日 (16)    s-15年12月25日 (17)

下の写真は、南方向。  影が反対にあって、この時12時なので。

s-15年12月25日 (18)    s-15年12月25日 (19)

西方向かな。   九州の空は、霞んでることが多い。  中国の関係か。

s-15年12月25日 (20)    s-15年12月25日 (21)

大分来たって、分かった。  右の地図では、神社が道から離れてる。

s-15年12月25日 (22)    s-15年12月25日 (23)

鳥居が見えた。

s-15年12月25日 (24)

下って神社。   これは、古い参道かな。  道を横切って、頂上に向かっていた。
道は荒れて歩けない。

s-15年12月25日 (25)    s-15年12月25日 (26)

参道はどこに上がってくるのか探したが、見つけられない。

s-15年12月25日 (27)

アンテナが見えた。  

s-15年12月25日 (28)    s-15年12月25日 (29)

1時間半かからないで、着いた。

s-15年12月25日 (30)    s-15年12月25日 (31)

挨拶してくれた人の車。 少しお話し。

s-15年12月25日 (32)

頂上は、すぐ。

s-15年12月25日 (33)    s-15年12月25日 (34)

頂上まで車で来れるので、登山者には人気がないのか。
苦労して登っても、上に車があったら、・・・。

  ※ 百名山の伊吹山もそう。   頂上のすぐ下に、大きな駐車場。
         霊峰伊吹山は、花の山だった。~米原市~  他  (2011/6/30)

s-15年12月25日 (35)

着きました。

s-15年12月25日 (36)

本当の頂上には、アンテナは無い。 そこにあったら、ひどすぎる。   1067㍍。

s-15年12月25日 (37)

雨上がりなら、すっきり見えるのか。

s-15年12月25日 (38)    s-15年12月25日 (39)

ここは、北薩摩。  小さなな山が続く。

s-15年12月25日 (41)


車の人も、上がって来た。

記念写真。   撮ってってお願いされて。 (冥途の土産にお願いって、奥さまは云ったのかな)
旦那さん来るのを待ちましょうかと云ったら、いいとなって、パチリ。

s-15年12月25日 (42)

旦那さんも若い時は、いっぱい登った。  百名山含めて、百以上。

私の車を、AZでも道の駅のだんだん市場でも見ていた。
キャンピングカーは、目立つのか。

手にハーモニカを持っていた。   演奏をお願いした。



演歌も吹けると言った。

旦那さんは、曲名を数曲言った。
その中に、あの世の花があった。
私は、この世の花でないかと云って、ああそうだって、みんなで笑った。

それで、島倉千代子のこの世の花を吹くことに。

 ※ 実は、自分はこの曲は歌えた。 1番だけなら、歌詞を知っていた。
   いつかもう一度出会ったら、自分は歌う。



車でも、記念写真。

s-15年12月25日 (43)

弁当は食べないで、下山。

頂上から500㍍ほど下。   登山道はここに上がってくる。

s-15年12月25日 (44)    s-15年12月25日 (45)

道を探したが、どこだか分からない。
さっきのお父さんも、はっきりしないと言った。

s-15年12月25日 (46)

歩いていたら、車が来て、窓を開けてお茶どうぞって。
これを飲みながら、元気に歩く。

s-15年12月25日 (47)

ここに来た。   少し行ってみた。
300㍍と書いてあったら行ったが、分からないので、やめた。

s-15年12月25日 (48)    s-15年12月25日 (49)

戻った。

s-15年12月25日 (50)

また景色を見ながら。   何度か、この世の花を歌って。

s-15年12月25日 (51)

せせらぎの音が聞こえて、車が待っていました。

s-15年12月25日 (52)

健康のためにも歩かなければと思っていたので、ちょうどいい山でした。

登山道がはっきりしなくなってる山も、あるという事ですね。
いつだったか、小さな山だけど、登山道が見えなくなったことも。

迷ったら危険なので、無理をしたらダメですね。

【今日の一句】 「 紫尾山は 昔は修験の山として 大賑わい 」  そんな時代がありました。

【お食事会】   7時半から、Aくんのお家で。   みんな集まって。
         たくさん御馳走になりました。   お酒は、自分だけ。
         楽しく、そして、美味しく。

s-食事会 (1)  s-食事会 (2)


             
【道の駅】     長島

【明日の予定】    Aくんと鹿児島水族館に。

  ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体、3位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
.    

スポンサードリンク

 
 
さつま町に観音滝公園がある。
魅力の大きさは分からないが、一度はと思って、行ってきた。
前日の雨で、滝の水が増え、豪快に落ちていた。

九州の滝で思うのは、平地から下に落ちる滝が多いこと。
山奥の、山の上からの滝でない。
観音滝もそうだった。

近くに、磨崖仏があった。
線彫りで、仏様より、板碑が中心。

また紫尾温泉に戻って来た。
明日は、紫尾山に行くので。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

鹿児島県の左の方に、薩摩半島。
薩摩と呼ばれる地域は、鹿児島県の左半分。

その上の方に、さつま町はある。

※ 今日の観音滝は、川内(せんだい)川の支流にある。
  川内川の源流は、白髪(しらが)岳に。  熊本県。

右地図の赤〇に、下丁場(しもちょうば)磨崖仏。

s-15年12月24日 (1)  s-15年12月24日 (2) 

国道から少し入った所に、観音滝公園はあった。
滝の音が聞こえた。  写真の右の方。

s-15年12月24日 (4)

森の左下から聞こえる。

s-15年12月24日 (5)

案内地図は古く、壊れていた。  適当な道を歩いて、川に向かった。

観音滝の上流の滝。  昨晩の雨で、地面の苔は滑る。   近づけない。

s-15年12月24日 (6)    s-15年12月24日 (7)

一旦下に降りた。  この川の少し上流に、観音滝。

この川は、川内(せんだい)川の支流の穴川の、さらに支流の南川。(グーグルの地図でも確認)
石橋のような橋。

s-15年12月24日 (8)

南川とある。  河鹿橋。   カエルのカジカ(河鹿)ガエルが、鳴くのでしょうか。   美しい声。

建物は、ガラス工芸館。

s-15年12月24日 (9)    s-15年12月24日 (10)

下流。 公園は広い。   少し行って、穴川に合流。

s-15年12月24日 (11)

九州で2番目に長い、川内川。  源流の山は、白髪(しらが)岳。
熊本県、宮崎県、鹿児島県と流れる。

 ※ 白髪岳は登ってみたいけど、登山口まで長い林道。 自分の車は無理そう。  九州百名山。

s-15年12月24日 (12)    s-15年12月24日 (3)ppp

観音様の向こうに、観音滝。   ※ お不動様だったら、不動の滝か。

s-15年12月24日 (13)

長野城は、古い時代からあった。   城主は変わって。  最後は、島津氏が落としたよう。

s-15年12月24日 (14)    s-15年12月24日 (15)

観音滝。  広い滝つぼ。   どうして、こんなに広くなったのでしょう。   深そうでも。

普通の高さから、このように落ちる。
九州にはこんな滝がいっぱい。   曾木の滝。    原尻の滝。   龍門滝

   曽木の滝は、東洋のナイヤガラ。  白木川内温泉。~伊佐市・出水市~  他  (2013/2/12)
   満開の桜と、原尻の滝。  平地を流れる川が、突然下に・・・。~豊後大野市~  他  (2014/3/29)
   姶良(あいら)市の見どころ。  龍門滝。  龍門司坂。 高倉展望所。 金山橋。~姶良市~ 他 (2015/1/3)

s-15年12月24日 (16)    s-15年12月24日 (17)

上への道があった。  標示は無かったけど、城はこの上だったのか。

s-15年12月24日 (18)    s-15年12月24日 (19)

全体が見えている。  右写真は右の方。

s-15年12月24日 (20)    s-15年12月24日 (21)

反対側に下ったら、橋は渡れない。

s-15年12月24日 (22)

遠回りして戻る。

s-15年12月24日 (23)

おかげで、こんな道を歩ける。   小さなミカンは、キンカンでしたっけ。

s-15年12月24日 (24)    s-15年12月24日 (25)

真っ直ぐ行って、広い車道に。    

右写真は、向こうから来た。 橋の向こうの左から。

  ※ この場所から、真っ直ぐ500㍍ほど行くと、磨崖仏がある。
    車に戻って、車で行く。

s-15年12月24日 (26)    s-15年12月24日 (27)

下丁場磨崖仏。   しもちょうば まがいぶつ。

  ※ 下丁場は、地名ではないよう。
    丁場にはいくつかの意味があるが、石切り場の意味も。  それかなと。

    小豆島に、そんな所があった。
       小豆島は石の島だった。(豆腐石丁場。 八人石。 大坂城残石記念公園)~土庄町 他~  他  (2012/12/2)

s-15年12月24日 (28)

場所の地図があった。  古い。  合併前。

   鶴田(つるだ)町に、紫尾温泉はあった。 今は、さつま町に。
   祁答院(けどういん)町は、今は薩摩川内市。

   大口市は伊佐市に。

     ※ 吉田拓郎が大きなことを言ってたら、大口たたくな、と云えばいい。
       そうしたら、大口出身の俺が、大口たたいてどこ悪い、って言ってくる。

s-15年12月24日 (29)   s-15年12月24日 (30)

こんな磨崖仏。  岩に直接彫ってるので、磨崖仏。

真ん中に五輪塔。  両側に、板碑。

s-15年12月24日 (32)

梵字(ぼんじ)が彫ってある。  仏様を彫るのと、同じ意味があるよう。

戦いで命を失ったものの冥福を祈って彫ったと、説明に。

s-15年12月24日 (33)    s-15年12月24日 (31)

左の方。  風化して、分からないのが多い。

s-15年12月24日 (34)

ここは何とか。   中央少し上に。

s-15年12月24日 (35)    s-15年12月24日 (36)

今日は、さつま町の観光地ということで、観音滝公園を紹介。
合わせて、下丁場磨崖仏も。
九州には、磨崖仏が多いですね。

 ※ 九州は石橋も多く、石の文化が発達したのでしょうか。
    石仏もいっぱいある。

【ブログの紹介】   九州にある磨崖仏をいくつか。

   穏やかな表情のお不動様、犬飼石仏。  智福寺跡。 六字名号。  ~豊後大野市~ 他 (2015/3/4)
   高瀬石仏は、石窟の中にある磨崖仏。  珍しい深沙大将があった。~大分市~ 他 (2015/3/6)
   絹笠山の頂上から、雲仙温泉を眺める。  大黒天磨崖仏。  岳の棚田~雲仙市~  他  (2014/3/17)
   富川峡谷、岸壁に五百羅漢像(磨崖仏)。 御手水観音の磨崖仏群。~諫早市~  他  (2014/3/20)
   国宝 臼杵石仏は、 岩から飛び出した、優れた磨崖仏群。~臼杵市~  他  (2014/3/30)
   清水磨崖仏群。  日本一の大五輪塔、月輪大梵字、他。~南九州市~  他  (2014/1/30)
   川内高城(せんだいたき)温泉。  小路磨崖仏。  石像が残る、香積寺跡。~薩摩川内市~  他  (2013/1/17)

【今日の一句】  「 磨崖仏 冥福を祈って 後の時代まで 」

【今日の歌】    Kids United chante « Last Christmas » - C’Cauet sur NRJ



【停泊場所】    紫尾温泉駐車場

【明日の予定】    紫尾山に

  ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体、2位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
.

スポンサードリンク

 
 

openclose

09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


11 | 2015/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。