fc2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

東風さんのいる須坂に来ている。
   ※ 今回は、ここでBSのアンテナのプラスチックのカバーの交換がある。 明日。

今日は連休の初日。
お昼は、ソバを食べることに。
東風さんの友達のMさんが、あるお店に連れて行ってくれた。

午後は、東風さんの車で見学。
まず、福島正則の菩提寺岩松院に。  小布施にある。
北斎の描いた天井絵も見て。  この日は、桜祭りとかで無料。

その後、高山村で高杜神社御柱祭を。    ※ たかもりじんじゃ おんばしらさい。
初めて見るものだった。

夜は、いつものように、東風さん、Mさん、私の、3台のキャンピングカーが集まって遊び。
子どももやって来て。

今日は、冬のような寒い1日だった。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

ソバ食べに行くよ~ってことで、ここに。
Mさんと娘さん2人と東風さんと私。

住宅街の中にあるお店。 個人でお店も出している。   山菜やおやきなど。

s-16年4月29日 (7)

真ん中の写真は、やしょうま。   初めて聞く名前。  娘さんが持っている。
長野県の郷土料理。   詳しくはここに

右端は、おやき。  焼いてない。  東風さんがご馳走してくれた。  のびろって云う山菜が入っていた。

s-16年4月29日 (8)    s-16年4月29日 (6)     s-16年4月29日 (9)

山菜を中心にした野菜料理は、バイキング。 そばと合わせて1000円。

コゴミやフキを久しぶりに食べた。 正月に食べたいと思って食べられなかったもの。
美味しいソバ。 汁は科学調味料の味はしなかった。   野菜はおかわりした。

s-16年4月29日 (10)    s-16年4月29日 (11)    s-16年4月29日 (12)

Mさん家族は畑に行った。  Mさんは田んぼもある。  本職は公務員。  今回も、お米をいただいた。

東風さんと私は、小布施(おぶせ)の岩松院に。   東風さんのジムニーで。
私が行ってないことを、東風さんは知っていた。

s-16年4月29日 (1)    s-16年4月29日 (2)

岩松院(がんしょういん)。    福島正則の菩提寺。   彼は、広島から改易されて、この地に。

s-16年4月29日 (13)    s-16年4月29日 (14)

立派な山門の向こうに本堂。  本堂の天井に、北斎の八方睨み鳳凰図。  後で見る。   今日は無料。

s-16年4月29日 (15)    s-16年4月29日 (16)

本土の裏に、福島正則の墓。 お堂の中にある。   霊廟(れいびょう)と云うのかな。

s-16年4月29日 (17)    s-16年4月29日 (18)

三角の石が見えた。   後で調べたら、五輪塔の墓だった。  大きい。
   ※ 福島正則は、大河ドラマではもう少ししたら登場するでしょうか。  演じるのは深水元基。m02-0439-160418.jpg

s-16年4月29日 (19)    s-16年4月29日 (20)

本堂裏に池。

s-16年4月29日 (21)

「やせ蛙 まけるな一茶 これにあり」の句は、この池で詠んだと寺の説明。
                       (客観的にここで間違いないかは、確認できないが)
一茶ゆかりの寺であることは、間違いないよう。

s-16年4月29日 (23)    s-16年4月29日 (22)

そして、本堂で北斎の八方睨み鳳凰図を見た。  色が劣化していない。  迫力満点。   住職さんの説明を聞いた。

   ※ 北斎の晩年の大作。  ただ重要文化財になっていない。 それが不思議に。
      調べたら、現在、北斎の娘が描いたのではとの説が出ている。 
      北斎と確認できなければ、重要文化財にはならないんですね。

s-16年4月29日 (5)m

東風さんが、晩の酒の時間まで時間があるので、どこかに行こうとなった。
高山村のここに。

福島正則はここで火葬された。 昔は大きな一本杉があった。
幕府の検死を待たずに火葬したので、領地は没収される。

s-16年4月29日 (24)    s-16年4月29日 (25)

向こうの方で花火が上がった。  高山村の中心街。
何があるんだろうと、東風さんと向かうことに。

s-16年4月29日 (26)

最後に行く、高杜(たかもり)神社の場所。

s-16年4月29日 (3)    s-16年4月29日 (4)

広い範囲で行われていた。  御柱を神社まで運ぶお祭り。

s-16年4月29日 (27)

この人が踊っていた。  下の方に、動画があります。

s-16年4月29日 (28)

これが御柱。  諏訪大社のようには太くないけど。  諏訪大社の御柱と同じ年に。 6年に1度。

s-16年4月29日 (29)

高杜神社。  ※ 正確には、杜神社。

s-16年4月29日 (30)

御柱は鳥居前にやってきた。

s-16年4月29日 (31)

参道の杉並木。

s-16年4月29日 (33)    s-16年4月29日 (32)

こんなのが長い列で。   お化粧がなかなかいい。   狐みたい。

s-16年4月29日 (34)    s-16年4月29日 (35)

神門の向こうに拝殿。

s-16年4月29日 (36)

丸太が肩に食い込む。  薄着。  誰もが寒い。

s-16年4月29日 (37)

ここに集まってきた。

s-16年4月29日 (38)

御柱も来た。

s-16年4月29日 (39)    s-16年4月29日 (40)

延々と、お菓子のようなのをまいた。   祭りの大きな楽しみ。

s-16年4月29日 (41)

この人です。    御柱を立てるのはこの後だけど、時間が無くなって帰ることに。

s-16年4月29日 (42)

まだやって来る。   宝船か。

s-16年4月29日 (43)

別の船。  自分も拾った。  晩に子供たちに、神様からのプレゼントと云って渡す。

s-16年4月29日 (45)    s-16年4月29日 (44)    s-16年4月29日 (46)

リンゴの花を見て。  濁りの無い白。

s-16年4月29日 (47)    s-16年4月29日 (48)

今日は岩松園が無料。
たまたま、高杜神社御柱祭が見られた。

予想外のいい事がありました。

寒くて寒くと、山は真っ白になってしまった。

【動画】












【今日の一句】 「 北アルプスは真っ白 山は冬に戻った 」

【今日の歌】   森田童子 - 菜の花あかり     北信州は菜の花の季節です。 一面の菜の花ばかり。

 

【停泊場所】    須坂市動物園の近くの河川敷の駐車場。

  ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体、3位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
. ↓ 下の方に。
.
 
 
角間温泉は上田市にもあるので、山ノ内町の角間温泉と書いた。
    
    ※ 上田市の角間温泉は、真田家の隠し湯。
           角間渓谷。  猿飛佐助伝説。 角間温泉は、真田一族の隠し湯。~上田市真田町~ 他 (2013/10/14)

自分は共同浴場が好き。
安いし混んでいない。  風情もある。

駐車料金を300円払えば、3つの共同浴場に入れる。
  ※ 3人までは300円。  4人だと400円。 5人だと、500円。

3つのうち1つは、熱くて入れなかった。
水を入れても、入れるまで30分はかかりそうなので、あきらめ。

角間温泉は、林芙美子が戦前疎開した温泉地。
夫が、隣の中野市の人だったので、ここにしたよう。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

ここも北信州。

s-16年4月28日 (1)

一昨日、渋峠を越えて、近くを通っている。

s-16年4月28日 (2)    s-16年4月28日 (3)

駐車場に停めて、左の店に300円を払ってカギを預ける。 木の棒のようなカギを貸してもらえる。

正面に大湯が見える。

s-16年4月28日 (4)

赤い字で「ようだ屋」が見える。   ネットのある記事に、ここに林芙美子が泊まったとある。

  ※ 別の記事に、近くに林芙美子記念館があって、その家の2階に泊まっていたとの記事も。

左が大湯。  林芙美子はここに入っていた。

s-16年4月28日 (5)

昔風の建物。

s-16年4月28日 (6)    s-16年4月28日 (7)

木の棒を左の穴に差し込む。 すると、開けることが出来る。  

s-16年4月28日 (13)    s-16年4月28日 (14)    s-16年4月28日 (8)

女湯は隣に。

誰もいない。  熱くて入れない。  46度くらいか。

水を入れたら、入れた場所に入(はい)れた。  出てくる湯に、指を入れていたらやけどする。

天井から湯気が逃げる。

s-16年4月28日 (9)    s-16年4月28日 (10)

林芙美子は、昭和19年8月から、終戦の20年10月までこの地に疎開している。
母と夫と養子の4人で、やって来た。

疎開先の家が、記念館のよう。  ※ 記念館があるとはこの時知らなかった。

向こう隅に入った。

s-16年4月28日 (11)    s-16年4月28日 (12)

少し坂を下って、2軒目。  滝の湯。

s-16年4月28日 (15)    s-16年4月28日 (16)

確かに滝だった。  源泉の温度が高いために、滝にして湯温を下げている。

実は、右に地元の人がいて教えてくれた。

その人が入ったから、熱くはなかった。  自分が入ってる時、その人とお話し。

s-16年4月28日 (17)    s-16年4月28日 (18)

地元の人は管理費のようなのを払う。 入るのは無料。  それぞれが、カギの木の棒を持っている。

上に隙間。 冬もこう。  体を温めれば寒くない。

s-16年4月28日 (19)

地元の人は、自分が管理している共同浴場に入るのが多いという。
入る時刻は、みんな決まっているそう。  若い人は朝が多い。

s-16年4月28日 (20)    s-16年4月28日 (21)

次は3つめ。

s-16年4月28日 (22)

小さな建物。

s-16年4月28日 (23)    s-16年4月28日 (24)

せせらぎの湯の感じ。

s-16年4月28日 (25)    s-16年4月28日 (26)

この後水を出したが、簡単に湯温は下がらない。  ホースが細いので。

湯温は50度はありそう。
湯を水と混ぜる時、溢れ出てきた。  その湯が足に触れたら、我慢できない熱さ。

入るのはあきらめた。

s-16年4月28日 (27)    s-16年4月28日 (28)

林芙美子は、この地でいくつか作品を書いている。
1つしか分からない。  夢一夜という作品。  青空文庫にはないので紹介できない。

戻る。

s-16年4月28日 (30)

滝の湯を通って。

s-16年4月28日 (31)

戻ってきました。  

s-16年4月28日 (32)

このお店に、カギを戻す。

s-16年4月28日 (33)

信州にはリンゴの畑が多い。

s-16年4月28日 (34)

今の時期、ちょうど花が咲いている。   赤い花も。

s-16年4月28日 (35)    s-16年4月28日 (36)

自分はホテルの温泉は嫌い。  人がいっぱいいるのも・・。

今日のようなのが一番好き。
そんなことで、満足。

【今日の一句】      「 角間温泉 リンゴを入れたら 茹でリンゴの湯 」  リンゴは熱くてたいへん。

【その他】  晩は東風さんと飲みました。

s-16年4月28日 (37) s-16年4月28日 (38)    s-16年4月28日 (39)    s-16年4月28日 (40)

【今日の歌】 りんごの花咲く街   高石かつ枝



【停泊場所】   須坂市動物園横の駐車場

【明日の予定】     市内のどこか。  

  ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体、3位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
. ↓ 下の方に。
.
 
 
自分の1日の生活で大事なことは、その日の見学。
今日はそれを、後回しにした。

菜の花公園に着いたのは3時半。
土砂降り。  歩いての見学は無理。

菜の花はどこにでも咲いている。
写真はそれでいいと決めて、馬曲(まぐせ)温泉に行った。

定休日だった。
後回しにしたことで、みんなうまくいかない。

飯山市は信州の最北。 (隣の野沢温泉村、栄村も最北)
朧月夜の歌詞が生まれた町。

この歌の歌詞は、菜の花畑にで始まるので、一面の菜の花。
作詞作曲が誰であろうが、いい歌。

本当に作ったのは誰なのか。
はっきりしない部分が。

ただ、下の詞を、早春賦を書いた吉丸一昌が、朧月夜が生まれる前に書いている。
(冒頭だけ)
          菜の花畠に 夕日薄れ    鐘の音 遙(はるか)に  霞澱む       ※ 霞澱む~かすみよどむ
   
(朧月夜は)   菜の花畠に 入日薄れ    見わたす山の端(は)  霞ふかし 
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

信州の北は、日本海が近い。

s-16年4月27日 (1)

印は、花の駅千曲川。  その周りが、菜の花でいっぱい。

     ※ 余談 九州の指宿(いぶすき)では、正月に菜の花が咲く。 菜の花マラソンも。

赤〇に菜の花公園。

16年4月27日 (2)

 ※ 昼間は、長野市にあるモンベルに行っていた。

3時半に菜の花公園に行ったら、急に降りだした。   土砂降り。

見学はあきらめて、馬曲(まぐせ)温泉に向かった。
休みだったので、戻ることに。

雨と風で、桜の花は散った。  そろそろ終わりの時期でもあったようだが。

白い花びらが集まっている。    黄色の花は菜の花。   このようにどこにでも。

s-16年4月27日 (9)     s-16年4月27日 (10)

右が北。  北信州は、広い広い大きな谷。   そこに下りる。

s-16年4月27日 (11)

山の斜面にも家は見える。

s-16年4月27日 (12)

雨は弱くなっていたが、菜の花公園は通り過ぎた。   駐車料金が500円とあったし。

左が、菜の花公園。

s-16年4月27日 (13)

国道に出た。   河川敷は、どこまでも菜の花。

s-16年4月27日 (14)

上の青は道の駅。  オレンジ〇が菜の花公園。

朧月夜の作詞者は、高野辰之となっている。

彼は下の〇で生まれた。 小学校を卒業して、飯山の高等小学校(今の中学校)に通う。 7㌔程か。
冬は大変なので下宿。

飯山は当時から菜の花が咲いていた。(菜種油をと採るためかな)
この頃見た菜の花の風景が、高野の頭の中にあったと言われる。

ppp.jpg 

上の地図の下の赤〇の地図。 (高野辰之記念館からお借り)

以前歩いたことがある。

s-16年4月27日 (7)

朧月夜(おぼろづきよ)はこんな歌。



高野辰之記念館。(自分が撮影)

s-16年4月27日 (5)

歌の中に出てくる鐘は、これだと言われる。

s-16年4月27日 (6)

詳しくは、下の記事に。

   朧月夜が生まれた町 無料掛け流し温泉 他 (2009/06/21)

朧月夜をWikipediaで調べたら、下の文があった。 調べてみた。   

  ※ 作曲については、調べ切れていない。
    ただ、岡野貞一の作曲と云わる歌の多くは、本当に彼のオリジナルかははっきりしない。

あやしいとある。
   
s-16年4月27日 (4)

下の記事が見つかった。

    ※ 吉丸一昌は、早春賦の作者。  彼の詞は、疑いを持たれていない。 彼も信州の人。  大町だったか。
      九州の臼杵に、早春賦の館がある。

             臼杵城跡  二王座歴史の道  早春賦の館 ~臼杵市~  他  (2013/3/10)

ここまで似たら、偶然とは言えない。

s-16年4月27日 (8)

朧月夜の作詞作曲者には、問題がありそう。
作者不明にするのが一番かなと自分は思う。

ただ、吉丸も高野も信州の人。
だから、朧月夜の舞台はどこと聞かれたら、北信州でいいかなと。

   ※ 昔の人は、今よりも、著作権のこととか深く考えていなかったよう。
     どこかで読んで頭の隅にあった物も、確認しないで使った。

     エンブレムのは、あれはダメ。 パクリ。
     何をしても言い訳って出来るんだなと感じた。 こう言った。
     使わせて(パクらせて)もらったけど、断るのを忘れた、と。
     断るのを忘れただけですよ、忘れるのは誰にでもあるでしょう、と言わんばかりに。

朧月夜について、1つ学びました。

【今日の一句】  「 花散らしの雨と風  信州の桜は また来年 」  花が終わって実。

【今日の歌】   プロだなって感じる。  



【ブログ紹介】 昭和の花嫁ちょうちん行列 (馬曲温泉開湯30周年記念)~木島平村~  阿弥陀堂  他  (2012/10/27) 

        外湯文化が息づく、情緒あふれる湯の町、野沢温泉。~野沢温泉村~  他  (2012/10/28)

【道の駅】   花の駅千曲川

【明日の予定】     1日雨の予報。    角間温泉に。   ここは、林芙美子の疎開地。  彼女も入った大湯に。

  ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体、3位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
. ↓ 下の方に。
.
 
 
国道292は、4月22日に開通。
この道は、志賀草津高原ルートと呼ばれる。

草津白根山の頂上直下を通って、渋峠を越え、志賀高原に。
渋峠手前に、国道最高地点がある。  2172㍍。
          (北海道の最高峰は旭岳。 2290㍍。  それに似た高さ。)

白根山の火山活動が活発なため、通れるのは、8時から5時まで。
亜硫酸ガスの臭いがする地帯は、駐停車禁止。

天気が良くなって、草津温泉でのんびりするのは中止。
今日、山を越えることにした。
気温は上がり、ずっと半袖。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

印が草津白根山。    ※ 日光にも白根山があるので、このように。

s-16年4月26日 (1)    s-16年4月26日 (2)

この道は初めて通る。  赤〇が国道の最高地点。

    ※ JRの最高地点は、野辺山に。
            野辺山高原、JR最高地点。  野辺山宇宙電波観測所。~南牧村~  他  (2013/6/2)

白根山は噴火活動が激しく、通り過ぎるだけ。 亜硫酸ガスのため。

s-16年4月26日 (3)

吾妻渓谷を草津に向かう。

向こうが吾妻川の上流。  少し下流に八ッ場(やんば)ダムが造られる。 
古い道は左下にあるけど、そっちはダム湖に沈む。  家も沈む。  この道は新道。

        吾妻渓谷。  鹿飛橋・八ッ場ダム・滝見橋。  川原湯温泉。~長野原町他~ 他 (2013/10/26)   

s-16年4月26日 (4)    s-16年4月26日 (5)

草津温泉手前で、メロディーが聞こえる道。   草津よいと~こ~一度はあ おいで~どっこいしょ・・。



道の駅、草津運動茶屋公園。  草津温泉に来た時は、ここに車を置いて歩く。
       名湯草津温泉は、湯けむりの中に。  湯畑は、草津のシンボル。~草津町~  他  (2013/10/28)

今日はここでのんびりする予定だった。
天気がいいのでもったいない。 山を越えることに。

s-16年4月26日 (6)

少し行って右に曲がって下ったら、温泉街。

s-16年4月26日 (7)

山を登り始めた。   右にロープウェーが見える。 見に行く。

s-16年4月26日 (8)

これから行く方に行ってるので、乗らなかった。 

s-16年4月26日 (13)

途中、駐停車は出来ない。  停車してる車は、火山活動の調査。   何台か見た。



草津温泉から一気に、1000㍍登ろうとしている。   雪があちこちに。



車、バイク、自転車、今日はツーリング日和。

s-16年4月26日 (9)

見晴台で、停車。   下に、草津温泉。   左遠くに、日光白根山。
          日光白根山に登る。 頂上直下で、強風のため引き返す。  ヒカリゴケ。~片品村~  他  (2013/10/9)

草津温泉は、泊まりでも日帰りでも、退屈しない。 
無料の温泉もある。 湯畑と呼ばれる中央広場が、温泉街の中心。

s-16年4月26日 (14)    s-16年4月26日 (15)

右前方に白根山の頂上が見えてくる。  そのあと、頂上直下を通り抜ける。



白根山の裏側を登っていく。



上の動画で停車した場所から撮った写真。   向こうに行く。  正面は横手山か。

s-16年4月26日 (16)

向こうから上がってきた。  左向こうが、白根山の頂上。 雪の壁を通ってきた。   2119㍍。

s-16年4月26日 (17)

間もなく国道の最高地点。



国道最高地点からの風景。   草津温泉が見える。

s-16年4月26日 (18)

2172㍍。   昔は草津街道だったと。  善光寺と草津温泉を結ぶ道。   山越えの大変な道。

群馬県側に降った水は、最後は利根川。  長野県側は、千曲川・信濃川と。  何日で海に出るのでしょう。

s-16年4月26日 (19)    s-16年4月26日 (20)

渋峠を通る。  スキーを滑ってる人が見える。



信州に入った。  楽しんでる人が。  酒は無い。

s-16年4月26日 (21)

峠を下る途中に、横手山ドライブイン。



横手山。  登山道が分かれば、次の機会に登っていいですね。   この場所からは無かった。

s-16年4月26日 (24)

一帯の高原が、志賀高原。   スキー場や温泉。  トレッキングの道も。

s-16年4月26日 (22)    s-16年4月26日 (23)

上の写真の左方向。   信州の山。   真田丸の上田は、あの山の向こう。

s-16年4月26日 (25)    s-16年4月26日 (26)

スキー場にあるホテル。  冬に賑わうのか。

s-16年4月26日 (10)

下りがずっと続いた。

s-16年4月26日 (11)

峠を下りた。 信州の大きな谷に出た。

s-16年4月26日 (12)

今日の道の駅は、もうすぐ。



通り抜けるだけの所が多かったので、動画が増えました。

山の上にも、やっと春が。

この季節になって、標高2000㍍の山は、登れるという事が分かりました。
2500を越えたら、まだ無理。
     ※ 北海道は2000㍍でも、まだ冬山。 自分には苦しい。

今日は信州に向かう、初めての道を走りました。

【今日の一句】 「 山の上は 春の始まり そして短い夏 花はいそがしい 」

【今日の歌】     夢をのせて       流れる雲も春の装い。

                ※ 余談  この曲はロシア民謡です。   
                        今の時代は、似てたら直ぐに分かってしまう。
                         昔は、情報の時代でないから、メロディをどこからかもらっても、分からなかった。
                         作曲は日本人になっていても、実際は外国の曲がいっぱい。
                         オリンピックのエンブレムのような盗作は、昔の音楽の世界では珍しくない。 
                     


【道の駅】       北信州やまのうち

【明日の予定】    菜の花を観る。   東風さんからの情報で。

  ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体、3位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
. ↓ 下の方に。
.
 
 
標高1390㍍。  そこで、Tシャツだけ。
昨日は震える寒さなのに、今日は真夏。

榛名富士に登るんだが、それは榛名山に登るのと同じ。
上からの風景を楽しみに、花を探しながら登った。

頂上まで1時間かからない。
反対側に下って、湖沿いに歩いて戻った。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

下に妙義山が見える。 妙義山と榛名山の間に、中山道があった。
今は、北陸新幹線、高速の上信越道が通っている。 交通の大動脈。
              碓氷峠。  峠の釜めし。  アプトの道を、めがね橋まで歩く。~安中市~  他  (2013/10/13)

s-16年4月25日 (1)  s-16年4月25日 (2)

グーグルの地図に登山道が。

   ※ 山ナビの登山道をパソコンで見れるようだが、やったことない。
                      それが出来れば、地図を探さなくていい。 

のんびりのんびりでも、3時間。    

s-16年4月25日 (3)

さあ出発。   いい天気。  足取り軽い。  心も・・・。

湖に入る川に、ワカサギがいた。  まだ小さい。

s-16年4月25日 (5)    s-16年4月25日 (4)

暑いので、半袖1枚になった。

s-16年4月25日 (6)

花は探してもない。  下の方でタンポポを見ただけ。

s-16年4月25日 (7)

ずっと、背丈の低いササ。 

s-16年4月25日 (8)

隙間から、榛名湖。

s-16年4月25日 (9)

榛名山の上は、まるっこい。  傾斜が緩くなって、上が近いと分かる。

s-16年4月25日 (10)

ロープウェーの上の駅。

s-16年4月25日 (11)    s-16年4月25日 (12)

下が見えた。 自分の車もある。  

s-16年4月25日 (13)    s-16年4月25日 (14)

温泉街。

s-16年4月25日 (15)

南方向。 中央右に富士山があるのだけど、霞んで見えない。

昨日は、正面の道を来た。 この道は、よくない。  山道のよう。  北に抜ける道は、全部2車線。

  ※ 団体さんのお年寄りが来ていた。
    誰かが西の方の山を見て、富士山が見えると言った。 みんなそっちを見ていた。

s-16年4月25日 (16)    s-16年4月25日 (18)

関東平野。

s-16年4月25日 (17)    s-16年4月25日 (19)

頂上は、反対側。  もうすぐ。    榛名富士だから、富士山神社。  本家の富士山と同じ。

s-16年4月25日 (20)    s-16年4月25日 (21)

途中に石の神社。   こういうのって、見たことあったかな。

s-16年4月25日 (22)    s-16年4月25日 (23)

説明は読みにくい。  祭神は、コノハナサクヤヒメ。  山幸彦の母。 (山幸彦の孫が神武天皇)
     
        ※ 九州を旅したら、神話の話にしょっちゅう出会う。 もちろん、作った話。
          その頃の天皇は朝鮮半島からやって来た。
          よそ者と分かったら、みんな従わない。 尊敬されない。
          それで、古事記や日本書紀をつくった。 神様の子孫にした。  

s-16年4月25日 (24)    s-16年4月25日 (25)

関東平野。   手前は、埼玉県の山々。

s-16年4月25日 (26)

反対側に下る。

s-16年4月25日 (27)

急斜面の悪路が続いた。

  ※ 余談 登山靴の調子はいい。足は全く痛くならない。
         (左足のふくらはぎの下の方が、靴とぶつかっていたかった。 3回前の登山で。
                       その部分に薄いスポンジを貼った。 それが良かった。)

s-16年4月25日 (28)

やっとこの花に。 スミレかな。

s-16年4月25日 (29)    s-16年4月25日 (30)

ここから出てきた。

s-16年4月25日 (31)

山の上のサクラは、今咲いて。   群馬県の俳人の句。

s-16年4月25日 (32)    s-16年4月25日 (33)

風がひんやりするので、薄い風除けを着た。

花は無い。 遊歩道が続く。

s-16年4月25日 (34)

ルアーでのバス釣り。   ブラックバスのよう。 Largemouth_bass_-_Micropterus_salmoides.jpg   外来種なので、日本中に広まったら困る魚。 

s-16年4月25日 (35)

小さい。   虫を加えている。  シジュウカラかな。

s-16年4月25日 (36)

湖畔の道は続く。

s-16年4月25日 (37)

ビジターセンターに出て、着きました。

s-16年4月25日 (38)

苦労は無かったけど、これで榛名山に登ったことになります。

榛名湖に注ぐ川は小さい。  
湖の水全体は、どこから来たのでしょう。

川の無い摩周湖にも水はあるから、何とかなるのか。

【今日の一句】   「 はるなこ から3つの名前  はる はるな はるなこ 」   はな、はこ、・・・。  あそび。

【今日の歌】   この人が今のように。  もったいない。

         若葉の季節です。  これからって云う新緑の季節が、一番好きです。
         
         どんなふうにささやくのかな。 



【道の駅】    あがつま峡

【明日の予定】   草津を抜けて、志賀高原の方かな。  明後日の天気との関係で・・。

  ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体、3位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
. ↓ 下の方に。
.     
 
 

openclose

02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


03 | 2016/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。