fc2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

山の上を、磐梯吾妻スカイラインが走っている。
その中間に、浄土平。   標高1600㍍。

湿原があって、周りの山に苦労しないで登れる。
今日は、吾妻小富士に。
山の上が吹き飛んで、大きな噴火口。

一切経山は活火山で登れない。
東吾妻山には、明日行く。

浄土平湿原を今日歩いた。
花は少しだけ。

花を見たくて、道の駅からあっちこっちに行っていた。
気付いたら、道の駅のそばに花はいっぱいあった。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

この一帯は吾妻連峰。  主峰は、西吾妻山。
             花と湿原の吾妻山 ~山形県から登り、頂上は福島県との境に~   他  (2010/7/21)

浄土平(じょうどだいら)には、初めて入る。

s-16年6月4日 (1)    16年6月4日 (2)vvv

今日は下見の感じ。 1時間で行って来れる、吾妻小富士に。

s-16年6月4日 (3)

震災の後、磐梯吾妻スカイラインは無料に。  ここは、途中。  磐梯山が見える。
               バンダイクワガタの花を探しに、磐梯山へ。  ガレ場に咲き始めていた。  他の花もいっぱい。~磐梯町~ 他 (2016/5/29)

s-16年6月4日 (4)    s-16年6月4日 (5)

標高1600㍍に、ちょっとした平地。  浄土平。   広い駐車場。  420円。
                             (1㌔程離れた所に、無料のが。 明日はそっちに)

正面は、一切経山(いっさいきょうざん)。 活火山のため登れない。 500㍍以内立ち入り禁止。

s-16年6月4日 (6)

反対側に、吾妻小富士。   大きな噴火口を見に、みんな上がっていく。

火口の稜線を1周してきても、1時間。  何も持たないでも、何とか。

s-16年6月4日 (7)

さあ行くぞって、水とかりんとうを持って。  運動のために走った。 5分で上がって来た。

s-16年6月4日 (8)    s-16年6月4日 (9)

噴火口の中に人はいなかった。 という事は、行けないのか。 ガスがたまっていたら、危険。

s-16年6月4日 (10)    s-16年6月4日 (11)

下はこう。 左に、ビジターセンター。  中央の大きな建物は、レストハウス。 お土産と食事。

  ※ 一切経山はいつ噴火するか分からない。 不安なのは、厚いコンクリートで出来た、避難シェルターがないこと。
     御岳山の噴火の後、必要性が見直されている。
       
  ※ 避難シェルターがある火山は、下の12。   
        有珠山(北海道)     草津白根山  浅間山(以上群馬、長野両県)     新潟焼山(新潟、長野両県)
        伊豆大島  三宅島(以上東京都)     阿蘇山(熊本県)   雲仙岳(長崎県)   霧島山(宮崎、鹿児島両県)
        桜島  口永良部島  諏訪之瀬島(以上鹿児島県)。

  ※ 造る計画はあるでしょうね。

s-16年6月4日 (12)

時計回りで。

s-16年6月4日 (13)    s-16年6月4日 (14)

ここが頂上かな。 元々の山の頂上は、どこかに飛んで行った。

s-16年6月4日 (15)

広く福島のまち。  昨日は、右写真の山の中にいた。   池を見て。

s-16年6月4日 (16)    s-16年6月4日 (17)

細く火口壁。  

s-16年6月4日 (18)

たった1時間で、この風景があ楽しめる。

山に向こうの水は日本海に。  こっちは太平洋に。   大きな分水嶺。

右写真は、向こうから来た。

s-16年6月4日 (19)    s-16年6月4日 (20)

正面の一切経山の噴火は明治が最後。

s-16年6月4日 (21)    s-16年6月4日 (22)

みんなここまでは上がってくる。 ほとんど中国人。 
  
自然に関心があるとかではなく、ただ観光。 遊び。 記念写真。  40年前の日本人か。
   (アメリカ人は、植物や動物、そして火山に当たり前のように関心を持つ。 
      そう言う物にカメラを向ける。 私が気付かないものにも。 いろんな人はいるけど。 英語が話せたらいい)

s-16年6月4日 (23)

ビジターセンターで地図をいただいた。

s-16年6月4日 (24)    s-16年6月4日 (25)

浄土平湿原を歩いてみる。   30分ほど。

P6360360ccccc.jpg     s-16年6月4日 (27)

花は少ない。  ここに、ワタスゲ。

s-16年6月4日 (30)    s-16年6月4日 (29)

イソツツジのつぼみ。  間もなく咲く。   このように。(安達太良山で)

s-16年6月4日 (31)

イワカガミ。   光に輝いていた。

s-16年6月4日 (32)    s-16年6月4日 (33)

磐梯吾妻スカイラインは、夕方の5時に閉鎖。  噴火の危険があるから。
道の駅つちゆに戻った。

s-16年6月4日 (34)

下の森に、散歩道があった。  行ってみる。

s-16年6月4日 (36)    s-16年6月4日 (35)

さっそく、クリンソウ。   苦労しないで見られて、うれしくなる。

s-16年6月4日 (37)    s-16年6月4日 (38)

ハッチョウトンボがいるらしいので、それを探しながら。 1円玉の中にみんな入る大きさ。  見たことない。

ベニサラサドウダン。 安達太良山で見ている。 いっぱい。

s-16年6月4日 (39)    s-16年6月4日 (40)

時々湿原も。

s-16年6月4日 (41)

リンドウだ。  タテヤマリンドウ。  ※ 低い所にあるのはハルリンドウと呼んでいる。色が濃い目。

s-16年6月4日 (42)    s-16年6月4日 (43)

花はまだだけど、イチヤクソウ。 

s-16年6月4日 (45)

こっちは、ベニでないサラサドウダン。

花は、道の駅のそばにいっぱいあった。   灯台下暗し。  ※ 灯台元で暮らすのではなく。

s-16年6月4日 (46)    s-16年6月4日 (44)

明日は長い時間歩くので、早めに今日は終了。

今日は未知の場所に入った。
吾妻連峰の中に。

明日の山は2000㍍近い。 大変だ。
いや、ちがう。  出発点は1600㍍。 
400㍍の山に登るのと同じ。

すごいねって、言ってもらえない。
あっちこっち、寄り道だ。

【今日の一句】 「 浄土平は 天空の 火山荒原 」   楽園でもいいけど。

【その他】   1974年10月 アリがフォアマンをKOした伝説の一戦。  キンシャサの奇跡

             ※ モハメッド・アリが3日になくなりました。  この動画は、テレビで見ました。
                4分から見るといいです。  4分45秒頃フォアマンダウン。

    ggggggg_2016060507272171b.jpg

【道の駅】    つちゆ

【明日の予定】   東吾妻山へ。  近くの池も。

  ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、1位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
. ↓ 下の方に。
. 

スポンサードリンク

 
 
男の子が発見されて、何よりでした。
基地内からは見えなかったけど、人家はすぐ近くだったんですね。

置いていかれた場所から、直線で6㌔。
歩いた距離は、10㌔程。
子どもの足で3時間。   明るいうちに着いたのだろうか。

今日は、小さな沼や湿原を歩いた。
うっかり道を間違って山に入ったら大変、そんな山奥だった。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

今日の場所は、土湯温泉から山の上に上がっていく。

s-16年6月3日 (1)    s-16年6月3日 (2)

赤は車。  緑は歩き。

s-16年6月3日 (3)wwww

上の地図の上にある、女沼(めぬま)の駐車場。  右の道を行く。

s-16年6月3日 (10)

谷の下に見えた。

s-16年6月3日 (20)

地図の右下にいる。   山が崩れて川を堰(せ)き止めて出来た。

s-16年6月3日 (11)    s-16年6月3日 (12)

沼にしては大きい。

s-16年6月3日 (13)

普通の沼。  特別に何かがあるとかの話は無い。

s-16年6月3日 (14)    s-16年6月3日 (15)

戻る途中撮影。  大きな巣箱。  入り口に円の直径は、10㌢以上。

フクロウのための巣でしょうか。 この後、男沼でフクロウの鳴き声を聴いたので。

タニウツギの色が薄かった。 そろそろお終いの時期。

s-16年6月3日 (16)    s-16年6月3日 (19)

花は探してもない。   仕方ないから、これを撮った。

s-16年6月3日 (17)    s-16年6月3日 (18)

別の駐車場に移った。   左に見える道を行く。

s-16年6月3日 (21)

右地図の現在地にいる。

仁田沼に行って男沼に行って、あけぼの湿原に寄って戻って来る。

s-16年6月3日 (22)    s-16年6月3日 (23)

少し行くと分岐。  右に。   最後は、左から戻って来る。

s-16年6月3日 (24)

ずっと山を登った。  

今日はいい天気だけど、歩いている人には誰にも会わなかった。

s-16年6月3日 (25)

あと少しで分岐。

s-16年6月3日 (26)

着いた。  仁田沼は左奥に。   右に行ったら、遠いけど女沼に。

s-16年6月3日 (27)

左まわりで歩く。

s-16年6月3日 (28)

湿原のようになっている。  モリアオガエルの卵を探したが無い。  木にくっ付いている。

s-16年6月3日 (29)    s-16年6月3日 (30)

右は急な斜面。   崩れた跡が残っている。

s-16年6月3日 (31)    s-16年6月3日 (32)

ミズバショウは終わっている。

s-16年6月3日 (33)    s-16年6月3日 (34)

湿原は、水があるため花や昆虫がたくさん見られるところが多い。
6月の湿原は、特に命がみなぎって。

上の様子が見られないので、見学者はいないのかなって。

男沼に行く。  右の道。

s-16年6月3日 (35)

熊対策はしている。 時々遠くも見て。 熊が先に自分に気付くのはまずい。 自分が先。

何かの動物がヤブを歩いていると感じたのは1回だけ。
人がヤブを歩くのと、同じ感じに聞こえた。

その瞬間、鈴を大きく鳴らした。   いつもそうすけど、滅多にないこと。

不安が大きくなったら、スプレーを急いで出す。

  ※ ここ数年で、スプレーを出して構えたのは、1度だけ。
    北海道の山の上の太田山神社に行くとき。 

    自分が行った後、数日して近くで人がクマに襲われた。
    同じ事が再度起きる。 人は亡くなる。

       太田山神社は、断崖絶壁の洞窟にあった。  泉質がいい臼別温泉。~せたな町~ 他 (2013/7/23)

s-16年6月3日 (36)

着きました。

s-16年6月3日 (37)

男沼も左回りで。  下に、あけぼの湿原。  最後に行く。

s-16年6月3日 (38)    s-16年6月3日 (39)

ここに、川の水が入り込んでいる。  40㌢ほどのマスが、向こうに泳いで行った。

写真は間に合わなかった。

s-16年6月3日 (40)

この水を飲んで。
s-16年6月3日 (41)    s-16年6月3日 (42)

伝説が書いてある。

s-16年6月3日 (43)

静かにたたずんでいる。

s-16年6月3日 (44)

沼の畔から、魚は見えない。    花を探して歩く。

s-16年6月3日 (45)    s-16年6月3日 (46)

鳥が飛び立つときが、たまに。

s-16年6月3日 (47)    s-16年6月3日 (48)

途中、道がはっきりしなかった。 道がいくつもあった。  ぬかるむためにそうなって。
沼からは離れないように注意。

ゴールは右。   あと少し。  この時、正面の森でフクロウが鳴いた。 太く重さを感じる声。

s-16年6月3日 (50)    s-16年6月3日 (51)

美しいでしょうか。

s-16年6月3日 (52)

見たことの無いトンボ。  3つくっ付いていた。

s-16年6月3日 (53)    s-16年6月3日 (54)

男沼を終わって、あけぼの湿原に。

s-16年6月3日 (55)

ミズバショウが終わって、見る物は特にない。

s-16年6月3日 (56)    s-16年6月3日 (57)

ギンリョウソウ。

s-16年6月3日 (58)

歩いていたら、見た場所を再度見ていた。 戻る道が分からない。
出る道を探した。 5分ほどして見つかった。 どこも、はっきりした道でない。

男沼に戻って、右の道を行く。 仁田沼から左の道を来ていた。

最初の場所に戻って来た。 右写真の左から来た。

s-16年6月3日 (59)    s-16年6月3日 (60)

どんな所か一度は行かなければと、行ってきた。
自然だから、人が好む魅力がなくても仕方ない。

魅力は、春に集まっているのでしょうね。

歩いているのは、自分と動物だけでした。

【その他】  大和くんは生きて発見されましたね。
       よかったです。

もし生きているとすれば、どこにいるだろう。
そう考えて、捜索隊の10人でもいいから探していたら、もっと早く発見できたかも知れない。

発見場所は、離れていた。

s-WS000021.jpg

印の建物。 一番近い民家まで、600㍍程。
そのことは、空から見たら分かること。

お腹が空いて外を歩くのは、大和くんには出来なかった。
歩いて歩いて家が見えなかったら、大変。

建物の近くをバイクが通ったり、建物に人が来たことも。
何か不安があって、出なかったのか。

疲れて熟睡していたかも。

ghytpppp.jpg 

グーグルの地図で、道の太さが分かる。 下の地図をもっと拡大したら。

一番下の〇が、置き去りにされた場所。
    (お父さんの話でそうなっている。 事実かどうかは、今後はっきりする)

そこで置き去りにされたとして、考えてみる。

スタートで右に行ったとして、太い道を選んで歩くと、緑の〇に着く。

左は山を登るから行かない。 右に行ったか、上に行ったか。

どっちを選んでも、演習場の入り口に着く。 

  ※ 演習場の左方面の入り口は、紫の〇の2ヶ所だけ。 道は、そこにつながっている。
  ※ 閉鎖されていたようだが、隙間から子供なら入れたと。

どっちから入っても、そのまま行けば、見つかった場所の建物に着く。  

s-5678888.jpg

s-16年6月3日 (7)

28日の夕方の気温は、函館で20度。 15度はあったかも。   歩けば、我慢できるか。
空はほぼ星が見えていた。   月は、半分ちょっと。

親が警察に通報したのが、5時50分。  その前に探していた。

大和くんは、何時に歩き出したのでしょう。
5時だとすれば、何時に着いたでしょう。   ほぼ10㌔です。

最後は、月明かりの中か。
急ぎ足で歩いて、薄暗いうちに着いたのか。

最後は、マットレスにくるまることが出来た。

下は、見つかった直後。 自分で立っている。 この後、坐って食べたらって言われる。
何晩も暗闇の中で過ごした。

s-16年6月3日 (9)

下は、札幌ドーム。 子どもの日かな。  中田選手からサインボールをもらう。

右写真の大和くんの視線が素晴らしい。

s-16年6月3日 (4)    s-16年6月3日 (6)

子どもに、こんなつらい思いをさせるのは、まずいですね。
いろんな人がいろんなことを言っている。

  ※ 自分は、水谷修さんや尾木ママの云うことには納得できない。
    この人たちは、優れた実践者だけど、何かが足りない。

今回一番信用できたのは、茂木健一郎さん。 こう言った。(産経新聞 6月2日の記事)

       脳心理学者の茂木健一郎さん(53)は「これは『しつけ』ではありません。
      『保護責任者遺棄罪』(刑法218条)という犯罪です。

       ぼくはそもそも『しつけ』という日本語が大嫌いです。
      『しつけ』という言葉を使う人も嫌いです」とツイートし、辛辣に大和君の父を批判した。

  ※ 自分は以前、教師の中には教育を学ばず、しつけだけの学級経営をしている人がいっぱいいると書いた。
    整理整頓、廊下を走るな、給食を残すな、そんなのばっかり。
    子供の自立や心の成長に、また、子供と子供・子供と教師の人間関係の充実に、全く関心を持たないで。

よかった、よかった。
こんなにうれしかったの、久しぶり。

中田翔は今度会った時、肩車してやればいい。

【道の駅】    つちゆ

【明日の予定】   浄土平から、山か湿原に。

  ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、1位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
. ↓ 下の方に。
. 

スポンサードリンク

 
 

openclose

12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。