fc2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

十日町市の山奥に、松之山温泉。
温泉街は、深い谷の底に。

ひなびた所なので、昔は湯治の温泉宿が多かった感じ。
でも、それから脱却したのか、今は明るさのある温泉街。

雨模様なので、松之山街道を歩くのやめて松之山温泉に。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

緑〇で穫れる米が、魚沼産のコシヒカリ。
上越の方は、そう呼べない。  峠を越えただけで、米の値段が変わる。

s-17年4月29日 (1)    s-17年4月29日 (2)

下の青〇から行くと、大変。 離合困難な酷道。

s-17年4月29日 (3)

温泉街のは入り口に、広い駐車場。 トイレ付き。
成功している温泉地は、そんなにお金を落とさない日帰り客を大事にしている。

温かく迎えたら、いつの日か泊まってくれるからですね。
でも、そのことに気付く温泉地は少ない。

成功している代表は、黒川温泉でしょうか。

s-17年4月29日 (6)   

すぐそばに、コンビニもある。    停泊可能ですね。
案内図。   自分は以前、右の方はみんな歩いた。  左がまだだ。

s-17年4月29日 (8)    s-17年4月29日 (7)

湯がいいのが、ここの財産でしょうか。
効くな~って分かる。  塩分を中心としたものが濃く含まれている。   ホウ酸含有量は日本一。

41度くらいの湯でも、2度ほど高く感じる。 これでもかって、湯に攻められる。
自分にとって、好きな温泉の1つ。   ※ 全国で好きなのは、10程か。  硫黄のぷんぷんするのも好き。

s-17年4月29日 (9)

廃墟の建物は、見えない。

s-17年4月29日 (10)

この感じは好き。   そぞろ歩く人を、なごませてくれる。   
水を飲んだ。   どうして、この女優?   オードリー。

s-17年4月29日 (11)    s-17年4月29日 (12)

ラーメン屋。 前回はここで食べた。(右写真)  美味しかった。  2~5時までは休みか。

s-17年4月29日 (13)    s-17年4月29日 (4)

少し歩いて左に、鷹の湯。   ここの温泉は、鷹が発見した。
共同浴場。   500円。   後で入ることに。

s-17年4月29日 (14)

また店があった。  調べないで入ったら、90㌫は美味しくないか普通。
食べてみるか。

太い面の好きな人は、いいかも。 
スープが澄んでいると、細い麺が合うでしょうか。

細い方が、麺ににスープが絡まりやすいから。   スープは美味しい。
全体的には、普通。

s-17年4月29日 (15)    s-17年4月29日 (16)

奥に行く。 ホテルや旅館が続く。 賑やかそう。   連休のスタート。

s-17年4月29日 (17)

ここで、さっき見たのと同じ地図をいただいた。 歩きたくなる地図。

s-17年4月29日 (18)    s-17年4月29日 (8)

お店にしては立派。  この時、雨が降ってきた。    雷もなった。

s-17年4月29日 (19)

雨模様は覚悟していた。  戻って、温泉だ。 

s-17年4月29日 (20)

雨は強くなってきた。  雷がしょっちゅう。  湯船の屋根の上で、轟いている。
そんなことあっても、いい湯だ。 体の芯までポッカポカ。   露天風呂もある。

  ※ この地方を走ると、キョロロという建物なんかを見る。
    キロロなら北海道にある。

    キョロロなんて、よそ見してるみたいで、ふざけた名前と思っていた。
    パンフレットを見ていたら、アカショウビンの鳴き声と知った。   失礼した。

    カワセミの仲間だ。 露天風呂の前は、川が流れている。
    雷に驚いて、どこかで避難中か。  右は、Wikipediaから。

s-17年4月29日 (5)    800px-Ruddy_Kingfisher.jpg

確かに、キョロロ~~~だ。   まだ見たことない。   見たい。



湯は満足したけど、外は雨。    傘をさして戻る。
車で走っていたら、稲妻が光った。  

s-17年4月29日 (21)    130708_IMG_4663-studio9-3.jpg

今日は途中から雨になり、少しだけの散歩でした。
         (雷がなかったら、もう少し歩いたかな)

松之山温泉は、お勧めの温泉でしょうか。
信州のちょうど上にある。

【記事の紹介】
   美人林は、美しいブナの林だった。  どの木もすらっとして、樹齢90年。~十日町市~ 他 (2015/10/30)
   松之山温泉を歩く。  暑いので、北にまっしぐら。~十日町市他~  他  (2013/7/8)

【その他】

下のようなニュース。
今村って人は、どうしようもない。

どうしてこうなるのか。
吉野って人も、なんか変で、何かドジを踏みそう。

下の文を読むと、言ってることが何か変。  トンチンカン。
知性が無いというか、頭が悪いというか、政治の勉強を何もしてなくても言える内容。

何も、仲間の批判をここでしなくてもいいのに。
被災者に寄添うですって。   安っぽい表現。  中身のない言葉だけ。   上滑り。

復興相は、声を届けるのが仕事ではない。
届いた声を元に、何をするかが自分の仕事。 自分のすることを、理解していない。

今村って人とこの人の、共通点。
長く議員をしてきても、窓際族。  仕事を任せもらえない。

70になって、かわいそうだと、派閥の長が安倍首相に頼む。
長がそう言うならと、復興相とかにさせてみる。

力のない人間は、自分を大きく見せようとする。 はったりをかまして。
自分は、こんなに力があったんだと。

その結果が、今村って人。
力のなさをぷんぷん臭わせながらの、新しい吉野復興相。  悲しい二人。

17年4月29日 (22)nnn

【道の駅】   まつだい

【明日の予定】    古道、松之山街道を歩くかな。   花を探しながら。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、5位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】 .
.   
 
 
柏崎市の山奥に、懐かしい雰囲気の所がある。
荻ノ島環状かやぶき集落。

6年ほど前、秋に行った。
そこは今、どうなっているのか。

気になっていたので、行ってみた。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

道の駅 まつだい にいる。 コンビニもあり、近くに温泉。  便利なところ。 何度も来ている。
ここから向かった。 10㌔程。

s-17年4月28日 (1) s-17年4月28日 (2)ppp

県道を走るけど、いい道。   案内が何ヶ所かある。 迷わない。

s-17年4月28日 (3)

このように。  一番外に、林。   

s-17年4月28日 (4)

サザエさんも来ている。  こんな雰囲気でお茶を飲んでる人に、最後に会う。

s-17年4月28日 (5)

行けば駐車所に着く。   そこからの風景。  

s-17年4月28日 (8)

いい状態で残ってる茅葺きの家は、たくさんはない。   江戸時代から続く。
※ 右の下の「がんぎ」は、主屋の右の「ひさし」みたいなところ。 

s-17年4月28日 (7)    s-17年4月28日 (6)

松尾神社。   ※ 総本社は、京都の嵐山にありますね。 神様はそっちから。  たぶん、寄り道して。

s-17年4月28日 (9)

お地蔵さまの背中がまるい。 ちびっと酒を飲みながら、田んぼを見てる感じ。
今年も間もなく始まる。  今日はあたたかく、いい日だ。  ウグイスもカエルも鳴いて。 そう言っている。

s-17年4月28日 (10)    s-17年4月28日 (11)

曲がっている道が好き。  

s-17年4月28日 (12)

茅葺きの家々。  向こうから来た人が、おばあちゃんとお茶を飲んでいた。 最後にそれを見る。
この人もそうだけど、旭川の上野ファームで花の世話をする人達の服装は完璧。   絵になります。

左の手前が宿泊可能かな。

s-17年4月28日 (13)    s-17年4月28日 (14)

改修したのが、いい状態で残ってる。 右の建物は、雪から守る外板を外していない。

s-17年4月28日 (15)

これ何でしょう。 しばらく考えた。
きっと、昔使ったもの。   

田植えの時、田んぼの中で転がす。 どこに苗を植えるか、印が付いて分かる。   今は機械。
右写真の柱に、板をはめ込む溝。 雪がとけて、板は無い。

s-17年4月28日 (17)    s-17年4月28日 (16)

反対側は、いい状態で残ってるのは無い。  

s-17年4月28日 (18)

道の外側。 大きな家ですね。 手前に出てるのは、後で足したのか。

s-17年4月28日 (19)

この桜はこれから。   八重ですね。

s-17年4月28日 (20)

何か干している。   後で分かるが、ゼンマイのよう。  全部乾いたら、真っ黒。
干した山菜は、煮物にしたとき、身が締まっている感じ。   美味しい。  

s-17年4月28日 (23)    s-17年4月28日 (21)    s-17年4月28日 (22)

この家は改造しましたね。 2階に窓がつくように。

s-17年4月28日 (24)

池。   パイプからみず。   ミニ祠(ほこら)。   ミズバショウ。   3つのみ。

s-17年4月28日 (25)

さっき見た家並。  田んぼは、作業しやすいように、大きくしたのか。 トラクターが動きやすい。
向こうに、神社。

s-17年4月28日 (26)    s-17年4月28日 (27)

どこもそうだけど、若い人が多くいるのがいいですね。  お年寄りだけの田舎が、少なくない。

s-17年4月28日 (28)    s-17年4月28日 (29)

集落の西側。   田んぼはこっちにもある。

s-17年4月28日 (30)

あるお家にこれ。  ゼンマイを洗っている。  左の方で、ゆでて。
ゴザを敷いて、そこで2人がお茶を。 1人は、先ほど出会った女性。

乾燥したのは、売ったりしないで、家で食べたり、人にあげる。
昔は1年分を準備した。   今はそこまでしない。 食べ物は買える。

スーパーの加工食品より、こっちの方が美味しいし体にいいですね。

s-17年4月28日 (31)    s-17年4月28日 (32)

雪は昔よりは少ない。  でも、大雪で玄関から出られなくなったら、どうするのか。
玄関の上にある、〇の窓から出ますね。   そして、玄関前を除雪する。

もし平屋なら、雪の中に埋まる。 だから平屋は無いのか。 (平屋なら基礎を高く)

s-17年4月28日 (33)kkk 

なつかしい風景に感じる。

s-17年4月28日 (34)

外側の田んぼと家。   一番外に、木が並ぶ。

s-17年4月28日 (35)

荻ノ島集落センター。   バスが通ってる。   200円。  集落をつなぐバスですね。

s-17年4月28日 (36)    s-17年4月28日 (37)    s-17年4月28日 (38)

最後にもう一度。

DSCF8887mmmppp.jpg 

落ち着いた自然豊かな環境の中で暮らす。 それが目的でしょうか。
そして、少しだけ観光を。

「柏崎市の山奥に、花いっぱいの かやぶき集落があるよ」
そんな評判がたてば、誰もが行ってみたくなりますね。

花は大きな武器です。

【記事の紹介】  
   以前来た時の。 
     荻ノ島環状茅葺集落 ~昔の風景が、今に残った。 柏崎市高柳町~   他  (2010/10/21)  

   他の茅葺集落
     かやぶきの里 北村は、花が咲き始めていた。  里山の風景。  すっかり観光地に。~南丹市~ 他 (2015/4/18)
          
【道の駅】     まつだい

【明日の予定】    道の駅近くを歩くか。(松之山街道が)   松之山温泉にも少し。(近い)

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、5位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】 .
.
 
 
上越市の安塚(やすづか)区に、松之山街道が残っているという。
直峰(のうみね)城の南を通って。

この情報は、ネットに山ほどある。  写真も。
でも、入り口はここですよとか、場所はここ、などの情報は無い。

最後、場所は地元の人に聞いて、やっと分かった。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

この地域は、松之山街道を旧三国街道と呼んでいる。
                 (隣の町の名前が付くのは面白くないからか)

旧三国街道が松之山街道だと分かるまで、自分は時間がかかった。
松之山街道は、左の赤〇の春日山城から、右の〇の坂戸城まで。

緑〇の中を歩いた。
s-17年4月27日 (1)    s-17年4月27日 (2)

左の赤〇から、右の赤〇まで。  正確な道は、分からない。
ただ、直線で結んだ線の北にある感じ。  2㌔。

  ※ 出口の場所は、グーグルのストリートビューで確認。

s-17年4月27日 (3)

下は、埋もれた古城のHPからお借り。 (すごい情報で書いている)

三国街道本街道は、白の点になっている。
Wikipediaでの三国街道は、長岡市の北にある寺泊まで。 

ずっと下に行って、高崎辺りで、中山道にぶつかるまで。  途中三国峠を通って。
青線は、上杉軍道とある。  坂戸城までが松之山街道。

s-17年4月27日 (58)

ここが入り口。  場所は、草刈りしている人に聞いた。
一部が残され、整備された状態に。

右に説明。  長尾為景の名前が。  
この人は上杉謙信の父。 謙信のルーツは、坂戸城なんですね。

s-17年4月27日 (5)    s-17年4月27日 (4)

石畳。  小黒(おぐろ)川の石。  滑らないように、線が入っている。
このことは、車のそばで出会った人が教えてくれた。

s-17年4月27日 (6)    s-17年4月27日 (7)

春と秋に整備するそう。

s-17年4月27日 (8)    s-17年4月27日 (9)

朝までの雨で濡れている。   ショウジョウバカマ。

s-17年4月27日 (10)    s-17年4月27日 (11)

苔むした石も。 この道を、信玄は17回通ったという情報が。

s-17年4月27日 (12)    s-17年4月27日 (13)

城跡でも見た、イカリソウとカタクリ。   カタクリは、春には見たい花。

s-17年4月27日 (15)    s-17年4月27日 (14)

向こうから来た。  見える人と、10分ほどお話し。   
タケノコを探しに来た。

ところどころ石のない所が。 
雪が降ったりして、長い年月の間に、転がってどこかに。  そう教えてくれた。

s-17年4月27日 (16)

自分もタケノコを探した。
竹林にしか竹が無いことに、直ぐには気づかなかった。  バカ・・・。

細い車道に出た。 少し右に行って、また向こうに上がっていく。
案内が無いから、道は探した。

s-17年4月27日 (17)    s-17年4月27日 (18)

山の上に来た。    案内が。

s-17年4月27日 (19)    s-17年4月27日 (20)

下の風景。   棚田。

s-17年4月27日 (21)

旅の安全を願って、いろいろと。

s-17年4月27日 (22)

大きな像は、青面(しょうめん)金剛。  庚申信仰と関係あるんでしたね。  最近何度か。
馬頭観音が3つ。   像の頭に馬があるのも。

s-17年4月27日 (23)    s-17年4月27日 (25)    s-17年4月27日 (24)

念三夜塔とある。   二十三夜塔の別の表現。
二十三夜の月の晩、食べながら月の出を待つ。 幸せを願って、お祈り。 楽しみのひと晩でも。

s-17年4月27日 (26)

快適な道、どこまでも。   花を探す。

s-17年4月27日 (27)    s-17年4月27日 (28)

右に小さな城跡。   変わった読み方。

s-17年4月27日 (29)    s-17年4月27日 (30)

下が見えた。

s-17年4月27日 (31)    s-17年4月27日 (32)    s-17年4月27日 (33)

途中でミツバを採った。   晩に味噌汁に。  自然のは濃い味。

s-17年4月27日 (34)    s-17年4月27日 (57)

謙信や直江兼続は、何を考えながら歩いたのでしょう。   
2人は、悪く描かれない。   家康にだって、ビビらない。  大きな魅力を抱えている。

s-17年4月27日 (35)

名前は忘れた。  

s-17年4月27日 (36)    s-17年4月27日 (37)

カタクリが枯葉を突き破って、のびた。

s-17年4月27日 (38)    s-17年4月27日 (39)

ウド。 もっと太いのもあった。  晩に酢味噌和えにした。 ゆで時間3分。 
ぜいたくな一品。  お酒もちょっぴり飲んで、いいひと時。   ちょっぴりはあやしいけど。

s-17年4月27日 (40)    s-17年4月27日 (56)

カタクリの大群落。  めったに見られない。  

s-17年4月27日 (41)

ずいぶん歩いた。   小さな花の桜。   マメザクラに似ている。

s-17年4月27日 (42)    s-17年4月27日 (43)    s-17年4月27日 (44)

うっすら車道が見えた。  お終い。

s-17年4月27日 (45)    s-17年4月27日 (46)

右から出てきた。 車道を戻ることに。

s-17年4月27日 (47)

向こうから来たけど、どうしてここに道があるか分からない。
小さく見える、バイクの女の人に聞いた。   ここは農道だった。 

田んぼからは、カエルの声が。   スミレだって、タンポポだって。

s-17年4月27日 (48)    s-17年4月27日 (49)

国道403に出る。

s-17年4月27日 (50)

安塚区の中心街を歩いて。   404は、途中で右に曲がる。

s-17年4月27日 (51)    s-17年4月27日 (52)

正面に、添景寺(てんけいじ)。   景は景勝の景でしたね。   冬は板で囲うのか。

s-17年4月27日 (53)    s-17年4月27日 (54)

戻ってきました。   入り口は〇。   そこから下に行く。

s-17年4月27日 (55)ppp 

午後、松之山街道を歩いてみました。
整備されないで、案内とか無く、遺っている所もあるようです。

今日は、上杉謙信や直江兼続が歩いた道を、自分も歩いてみました。

【道の駅】     まつだい ふるさと会館

【明日の予定】     ある集落を考えている。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、4位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】 .
.
 
 
上杉謙信の拠点は、春日山城。 今の上越市に。
川中島の合戦の地は、長野市の近く。

そこに謙信が行くときは、真っ直ぐ南に行けばいい。
北国(ほっこく)街道を通って。

では、関東に行くときは、どの道を通ったのでしょう。
自分は、考えたことがなかった。

通った道は、松之山街道(旧三国街道)なんですね。
いくつも山を越えて、東に向かう。

途中で安全に宿泊したり休憩する場所が必要。
その役割を果たしたのが、今日見学の直峰城(のうみねじょう)。

直峰城は、春日山城の出城の役割も。 ※ 出城は役場で云えば、支所の感じ。

※ 26日は1日雨だったので、写真は27日の午前中に撮影。
  午後は、松之山街道を歩く。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

場所は、上越市安塚(やすづか)区。

s-17年4月26日 (1)    s-17年4月26日 (2)

城山(じょうやま)の上に、直峰城跡。

s-17年4月26日 (3)

道の駅やすづかから向かった。   国道403。
正面に、添景寺(てんけいじ)。 景は、謙信の後を継いだ、上杉景勝の景。  上杉氏の祈願所だった。  

この道を行って、途中から山に登る道。  終点まで、2㌔程か。

s-17年4月26日 (44)    s-17年4月26日 (45)

曲がったら駐車場。   8時過ぎ。  誰もいない。

s-17年4月26日 (46)

城跡への道は、建物の右に見える。  右写真は、別の道。  こっちから戻って来ることに。

s-17年4月26日 (4)    s-17年4月26日 (5)

下の安塚区の中心街。   

s-17年4月26日 (6)

説明がある。

城の城主は、色々変わった。 この地域は、誰を大事にしているのか。
謙信時代ではなく、そのずっと前の、風間信昭なんですね。 5月8日には、お祭りも。

この人は、南北朝の時代、南朝側について戦った。 南朝は、後醍醐天皇。
調べたら、後醍醐天皇の子供の宗良(むねよし)親王の元でも戦っている。

   ※ 宗良親王は晩年、井伊谷(いいのや)で暮らした。  大河の直虎の地。 
     この人を祀ってる井伊谷宮という神社もある。 墓も。
        龍潭寺は、直虎・直政 ゆかりの寺。 井伊家の墓所。 庭園は小堀遠州作と。~浜松市~ 他 (2017/4/5) 

s-17年4月26日 (7)    s-17年4月26日 (10)ppp

  ※ 春日山城の城主は、謙信・景勝と続く。
    景勝は、会津に移る。
    
    その後一時期、掘秀治が城主になる。
    秀治は若かったので、秀吉の命で秀治の親類に当たる掘直政を、補佐役にする。

    堀家は、掘直政の方が力のある武将になっていく。
    直政は家康とも近く、家康の指示で、京都の高台寺を建てる。(秀吉の妻のねねの寺)

    直政の4男は、掘直重。 この人が、須坂藩の初代藩主になっていく。
    須坂には春と秋に行く。 、城跡をよく歩く。

上に書いた掘秀治の家臣が、ここの城主になったことが、最後に書いてある。

s-17年4月26日 (8)    s-17年4月26日 (8)mm

左から登って、右から下りてくる。

s-17年4月26日 (9)

朝の8時ころから動き回るなんて久しぶり。 天気よし。 
ウグイスが鳴きだした。   山鳩も。

途中に屋敷跡とか。  古地図があるから分かるのか。

s-17年4月26日 (11)    s-17年4月26日 (12)

桜が終わると、初夏に向かう。  急に花が多くなる。
ネズミがかじったクルミ。   シャガの花。

s-17年4月26日 (14)    s-17年4月26日 (13)    s-17年4月26日 (15)

整備されている。 右に何かある。

s-17年4月26日 (16)

空堀。  上まで行ってお終い。

s-17年4月26日 (17)    s-17年4月26日 (18)

向こうから来て、上がっていく。  エンレイソウ。 白でなく、濃い紫の花。 

s-17年4月26日 (20)    s-17年4月26日 (19)

着いた。   神社のよう物が。   石碑と。

s-17年4月26日 (21)    s-17年4月26日 (26)

説明は、さっき読んだのに近い。  大ケヤキはどれかって探した。  ?。
大正時代の石碑。  

s-17年4月26日 (28)    s-17年4月26日 (29)

下に、安塚区の中心街。  高田高校の分校もある。   昔は、安塚町だった。  

s-17年4月26日 (22)

上越市の中心街方向。   高田平野。

   ※ 上越平野ではない。 上越市と云う名前は、合併によって生まれた。
     市民の声を無視して、決められた経緯が。

     東京と新潟を結ぶ新幹線は、上越新幹線。  ここを通っていない。
     この地方の人に親しまれている名前は、頚城(くびき)。  頚城郡とかにも使われて。

     くびき市にしたいという声は、今もある。 他の名前も。

s-17年4月26日 (23)    s-17年4月26日 (24)

北の方向。 遠くに山。  左は尾神岳。   
見えないけど、その向こうに米山。 993㍍。  この辺で一番高い。  米山までが、上越市。

桜の花が大きい。  八重で濃いピンク。 種類は分からない。  八重は1週間ほど遅い。

s-17年4月26日 (27)    s-17年4月26日 (25)

次から次と花。   楽しくなる。
カタクリですね。  山の下は、終わっていた。  右はイカリソウ。  怒(いか)りそうではなく、錨(⚓)草。

s-17年4月26日 (30)    s-17年4月26日 (33)

南の方。   集落が見える。  棚田も。

s-17年4月26日 (31)    s-17年4月26日 (32)

戻る道が見つけられず困っていた。  仕方ないから、元来た道を戻る。

s-17年4月26日 (34)

あれ、見たことない風景。  別の道を歩いていた。  これを下りたかった。
名前が書いてあるけど、他では見ない名前。   

s-17年4月26日 (35)    s-17年4月26日 (36)

謙信の死後、ここの城主は上杉景勝の敵になっていたんですね。
上杉家の跡継ぎをめぐるお家騒動が、御館の乱(おたてのらん)。 景勝と景虎の戦い。  (この景虎は謙信の若い時の名前と同じ)

この時、景勝の重臣に直江信綱(なおえ のぶつな)という人がいた。
妻は直江 船(せん)。 船は夫が亡くなった後、景勝の命令で、樋口兼続に嫁ぐ。

樋口兼続は、直江兼続に名前を変える。
彼は、大河ドラマ 天地人の主人公。   調べてみて、初めて知りました。

s-17年4月26日 (37)    s-17年4月26日 (38)

    敵だった武田勝頼が味方になり、それが大きかったよう。
    結果的に勝つ。

    勝ったけど、景勝軍は疲弊(ひへい)する。 力を失う。
    秀吉に助けを求めて、家臣として活躍することに。

    そして会津に出世の形で行く。
    最後は、家康に逆らったから、小さな米沢藩に。

小さな城跡だけど、地域は大事にしている。  快適な道。

s-17年4月26日 (39)    s-17年4月26日 (40)

駐車場の近くに来たら、観音堂跡。

s-17年4月26日 (41)

城主の菩提寺は、賞泉寺とある。 行ってみたい。

s-17年4月26日 (43)    s-17年4月26日 (42)

この後、駐車場に戻った。
一休みして、松之山街道を歩くことに。

明治・大正より、はるか昔が大事にされる。
どうしてでしょう。

【記事の紹介】  上杉謙信の居城 春日山城 跡 ~上越市~   他  (2010/10/23) 

            ※ 上の記事の時、道の駅 雪のふるさとやすづかに停泊している。 記憶がない。

【今日の一句】 「 城跡に 若草の風 足取り軽く 」    ※ 足取り軽くを、別のことばにしたい。 歴史を感じるもの。

【今日の歌】   若草の髪かざり チェリッシュ 1973



【道の駅】  雪のふるさとやすづか

【明日の予定】   松之山街道(旧三国街道)を歩く。(27日午後)

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、3位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】 .
.
 
 
新潟県の南西部の山の中に入りたい。
でも、酷道と呼ばれる国道が多い。

それで、通るのは大変な道を調べた。
不安はなくなった。

今日は、上越市の山奥に。
何があるかは行ってからの楽しみ。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

山の中だけど、高い山はない。

s-17年4月25日 (1)    s-17年4月25日 (2)

国道405を、左から来た。   印に道の駅。
合併する前は、安塚町だった。   そこを見学。

s-17年4月25日 (3)

高田平野から、山に向かう。  奥に集落がいっぱいあるから、道はいいのか。  国道と云うこともあるか。
右写真に、ワインの会社。

s-17年4月25日 (37)    s-17年4月25日 (38)

山に入ってきた。   時々店がある。

s-17年4月25日 (39)

峠を上って来た。  遠くに妙高の山々。  妙高山は左端。

今日走る一帯は、山が低い。 どこにでも家がある。
だから山地とは呼ばないで、丘陵地帯になっている。 

東頚城丘陵と。   東くびき丘陵。 

s-17年4月25日 (6)

峠の頂上近く。  どこも棚田。  田植えの準備が始まった。 いい風景になっていく。
ツクシや小さな花。

   ※ 春の花にワスレナグサ(勿忘草)がある。 まだ見たことない。 気づいてないかも。
     見つけたい。  青い小さな花。  5枚の花弁。  背丈は30㌢とか。Myosotis_palustris_a1.jpg (Wikipedia) 

s-17年4月25日 (7)    s-17年4月25日 (8)    s-17年4月25日 (9)

横を見たら、こんな家。  住んでいないのか。   右は、峠を下り始めたらこの風景。

s-17年4月25日 (10)    s-17年4月25日 (11)

道端にヨモギがあった。  ※ 晩に汁粉を作った。 団子に入れてみた。  ゆでてミキサーでくだいて。  春の味。

s-17年4月25日 (12)    s-17年4月25日 (13)

弁慶滝。 伝説は分からない。  

  ※ 義経や弁慶は、平泉に行くとき海岸線を通ったことになっている。
    でも、山の中に時々伝説。 確実なルートは分かっていない。

s-17年4月25日 (14)

大きな民家に、出会うことが。  
1階の窓は塞いでいる。  ここは豪雪地帯。 多い所は4㍍。  昔は、冬になったら陸の孤島ですね。

右の家は、基礎を高くしている。 雪に埋まっても大丈夫。

s-17年4月25日 (40)    s-17年4月25日 (15)

ここは上越市安塚(やすづか)区の小黒(おぐろ)地区。   昔は安塚町。  ここに駐車。

s-17年4月25日 (41)

豪邸と思ったら、寺だった。 

s-17年4月25日 (16)    s-17年4月25日 (17)

川向こうに大きな家。   越後棚田文化研究所とあった。  
他から来る働く人の支援をしているよう。  レストランもあるのかな。

s-17年4月25日 (18)

小さな集落なのに、大きな寺。

s-17年4月25日 (19)

寺が4つもある。  面白いことが書いてある。
親鸞聖人の小黒女房伝説のことが。  伝説を調べてみたけど、分からない。

  ※ この地区は小黒。 小黒女房から来ているよう。
    この人は、親鸞の娘。  この地が、なんで親鸞だとなる。

    親鸞とその師法然は、鎌倉時代の初めに、流される。
    当時、浄土真宗は新興宗教。 南無阿弥陀部と唱えれば救われる。 難しくない。
    一気に広まる。

    既存宗教の延暦寺や興福寺は面白くない。 謀略を練る。 天皇を利用して。
    親鸞たちは負ける。

    親鸞は今の上越市に。  ※ 法然は讃岐に。
    だから、娘がここに来ても不自然ではないような。

    右は京都の安楽寺の立て札。 事件は1207年とある。  弾圧はその前から始まっていた。
      安楽寺、春の特別公開。  松虫鈴虫寺とも。  建永の法難のきっかけは、松虫・鈴虫姫の出家。~京都市~ 他 (2015/4/31)    

s-17年4月25日 (20)    s-17年4月25日 (5)

駐車場の前にこれ。  大千世界は初めて見る言葉。  仏教用語。 すべての世界というような意味。
木や虫の命を大事にする草木塔の考えに似ている。

榎本栄一という人は、仏教詩人だそう。
生田春月という人との関わりで、詩の世界に入った。 大きな影響を受けたよう。

   ※ 生田春月は小豆島の近くの海に、船から身を投げる。 小豆島に彼の碑がある。 

s-17年4月25日 (21)

小黒女房伝説がある、専敬寺。   上越地方では最も大きな寺だそう。
江戸時代末期に、それなりの宮大工によって造られた。

新潟県に入ると、彫刻が素晴らしくなる。 牽引者は、石川雲蝶ですね。(魚沼市の西福寺など)

s-17年4月25日 (22)    s-17年4月25日 (25)

隣の称専寺。

s-17年4月25日 (23)    s-17年4月25日 (24)

山から出てきた感じ。

s-17年4月25日 (42)

左に少し行ったら、安塚区の中心街。  道の駅は右に。

s-17年4月25日 (43)    s-17年4月25日 (44)

右遠くの山にスキー場がある。 キューピットバレイスキー場でしょうか。   道の駅に着いた。

s-17年4月25日 (45)    s-17年4月25日 (46)

道の駅、雪のふるさとやすづか。   ※ 道の駅の名前は、短い方が覚えやすいし、使いやすい。

s-17年4月25日 (26)    s-17年4月25日 (28)

左に城跡。 ここは謙信の領地。 城跡の近くを、松之山街道が通っていた。
謙信が関東に向かう時の道。  何度も通っている。 
    ※ ここでは、三国街道と呼んでいる。  本当の三国街道は、ずっと東の沼田市の方に。

上の方に棚田。  行く。

s-17年4月25日 (27)   

安塚町の時の説明。   人が減っている。

s-17年4月25日 (29)    s-17年4月25日 (30)

ウドとコゴミを買った。  2つで280円。   ウドはゆですぎた。 失敗。

s-17年4月25日 (31)

棚田に向かった。   小さな滝が見える。

s-17年4月25日 (47)

少し前、道の駅から遠くない所で、クマ出没の看板を見た。 2回。
この一帯は、右地図を見たら、クマは少ない地域。 山から出てきたのか。

1週間ほど前に、2度。  ツキノワグマは小さいけどきかない。 
   ※ ヒグマは時には巨大に(知床半島付け根で。普通のライフルでは無理なのでブレイザーR93で。知床で何度か見た

松之山街道が城跡近くに残っている。 歩きたいけど、山道は不安。

s-17年4月25日 (32)    s-17年4月25日 (4)

棚田が見え始めた。  上船倉の棚田。  木の生えてる方もみんな棚田。
風が強いから、木があるのか。 何でしょう。 

  ※ ずっと東の松之山街道に近い、星峠の棚田にも木があった。 他の県では見てない。

s-17年4月25日 (36)

圧倒的な広さ。 家は道沿いに多い。

s-17年4月25日 (34)

左の方。 美味しいコシヒカリか。
   
   ※ 小麦粉にはグルテンが。 アレルギーを起こす人も。 他の問題も。 
     グルテンフリーの考えで食べない人がいる。 
     その点、米には問題が無い。  みんなが米を食べたら、ここの人達も助かる。

白いご飯を、しょっぱい少しのおかずで食べるのが、一番美味しい。 味噌汁があって。  自分は雑穀だけど。

s-17年4月25日 (35)

戻る時に撮影。  曲がり屋。

s-17年4月25日 (48)

山の中のどこにでも、家はあった。
家がある所は、県道でも走れるよう。

峠越えで、あまり使わない道が、国道でも林道みたくなる
そんなことを学びました。

上越地方の山間の雰囲気が、少しだけ分かったでしょうか。

【今日の一句】      「 広い棚田 先人の汗を思い 今年もまた 」

【今日の歌】   わすれな草 リヒナー Forget Me Not Lichner



【道の駅】  雪のふるさとやすづか

【明日の予定】   城跡とか、もう少しこの辺を。  雨の予報。 ・・・。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、4位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】 .
.
 
 

openclose

02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。