fc2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

大間へのフェリーは10月1日。
こうしたのは、10月から安くなるから。

今日と明日、函館の見学。
まず、夜の赤レンガ倉庫群を。

どのようなライトアップでしょう。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

函館は昔、北海道への入り口だった。  玄関。
今はのそれは、千歳空港でしょうか。

s-17年9月29日 (1)

函館湾の中に小さな湾。  その奥に、今日の場所。

s-17年9月29日 (2)

停泊場所は赤〇。   路上駐車。 
    ※ ロープウエーの麓に駐車場。  それが使えないか調べなければ。

2㌔ほど歩く。 片道。  ちょうどいい運動でも。

s-17年9月29日 (3)

函館駅。   始めてきたのは高校生の時。 旭川駅から列車で京都駅まで。 気が遠くなるほど・・・。

s-17年9月29日 (4)

昨日見た中空土偶のレプリカがあると思っていたが無かった。 勘違いか。

s-17年9月29日 (5)

早くから開けた港。  ペリーも来た。  
戊辰戦争の最後は、函館戦争。  

土方歳三たち幕府軍は負けて、江戸幕府の残り火は消えた。

s-17年9月29日 (6)

地図があった。

s-17年9月29日 (39)    s-17年9月29日 (40)

函館山が見えて、間もなく倉庫群。   明日はあの山。 登山道がある。

s-17年9月29日 (7)

人は多くない。  ただお店の中にはいる。

s-17年9月29日 (8)

小路に入った。

s-17年9月29日 (9)

足湯。    食事の店がいっぱい。  海の幸が中心。    うに・いくら・ほたて・・・。

s-17年9月29日 (10)

正面にあるのは、明治館か。    中はお店。

s-17年9月29日 (11)

左に明治館。

s-17年9月29日 (12)

店の中。   全体に、小樽の店に似ている。

s-17年9月29日 (13)

暗くなってきた。   半月が左の方にあった。  函館山からは100万ドルの夜景が見えている。(以前撮影)

s-17年9月29日 (14)

すぐ向こうは海。   ここからボートが出る。  以前乗った。

s-17年9月29日 (15)

ここから金森赤レンガ倉庫。  ただ、この辺り広く一帯を、金森赤レンガ倉庫群と。

s-17年9月29日 (16)

道は海にぶつかる。  

s-17年9月29日 (17)

外から中を。  自分はオルゴールを見た。  音の出る部分だけを1つ買った。  アメイジンググレイス。

s-17年9月29日 (18)

橋の上から。   左が金森倉庫群。   ここからの風景が好き。

s-17年9月29日 (19)

ウィンドウに。 中央右上に、土方歳三の名前。  彼の最期の地はここから2㌔ない。

   土方歳三最期の地 ~函館市~  他  (2011/7/29)
   五稜郭 ~蝦夷地に共和国を夢見た、土方歳三。  函館市~  写真の比較  函館に1週間  (2011/7/28)

s-17年9月29日 (20)

右の海のそばにお店。   少し前、遊覧船が出て行った。

s-17年9月29日 (21)

倉庫群の中。

s-17年9月29日 (22)    s-17年9月29日 (23)

明治時代はこの雰囲気。

s-17年9月29日 (24)

この辺りが、倉庫群の端っこ。  さらに行くと、こことは別の魅力。  昼間見学の場所。

今晩は寒い。  この服装でなければ歩けない。

s-17年9月29日 (25)

戻る。

s-17年9月29日 (26)

この像はいつも見に来る。   妖精。   作者は、宇多花織(かおる)。  造形作家。

s-17年9月29日 (27)    s-17年9月29日 (28)

まだやってる店があった。   8時までかな。

s-17年9月29日 (29)

煉瓦(れんが)はこのように。

s-17年9月29日 (30)

フランス積ですね。  おしゃれな感じ。

s-17年9月29日 (31)

他にイギリス積みがあるけど、違いは簡単。

rennga67888889999.jpg

昔は船で運ぶもの、運ばれたものが入っていたのでしょうか。

s-17年9月29日 (32)

服装でも何でも、色の組み合わせは難しい。 簡単には学べない深い世界。

下はここのお店の人が、組み合わせたんですね。

s-17年9月29日 (33)

来た道を戻ってる。

s-17年9月29日 (34)

みんなホテルに戻る。

s-17年9月29日 (35)

昔の様子。  

s-17年9月29日 (36)

函館駅。   新幹線は、離れた所を通る。   函館市は残念。

s-17年9月29日 (37)

駅前は、この風景。

s-17年9月29日 (38)

夜の函館を紹介しました。
明治の匂いのする、函館だけの風景がありましたね。

今日は見てないけど、他に、教会が立ち並ぶ風景も函館の特徴でしょうか。

【停泊場所】     港の近くの路上

【明日の予定】     函館山に歩いて登ってみようかなと。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、3位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】 .
. 
 
 
北海道は歴史が浅い。
古い建物や文化財は少ない。

そんなことで、国宝はたったの1つ。  中空土偶。
今日はそれを見学した。   本物を。

恵山の露天風呂は潮が満ちていた。
入れないので、普通の温泉で我慢。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

印は、函館市縄文文化交流センター。  国宝の土偶はそこに。

s-17年9月28日 (1)

半島の先っぽは恵山岬。

s-17年9月28日 (2)

岬の近くに露天風呂。   水無海浜温泉。

s-17年9月28日 (3)

鹿部間欠泉公園から向かった。

s-17年9月28日 (45)

走っている時、国宝の土偶はどこにあるか知らなかった。
遺跡の案内を見て、国宝のことを思い出した。

s-17年9月28日 (46)

大船遺跡。  ここかなと来てみた。

s-17年9月28日 (6)

竪穴式住居の跡。

s-17年9月28日 (7)

資料館がある。

s-17年9月28日 (8)

土器など、膨大な遺物が発掘された。

s-17年9月28日 (9)

管理人さんに国宝の土偶のことを聞いた。
数㌔先の隣にあるという。

ここの見学は雑になって、気持ちは次に。

s-17年9月28日 (10)

土の中の様子。   何百年も同じ場所で暮らすと、何でも出て来る。

s-17年9月28日 (11)

今日は全部、縄文時代のこと。
土器が使われるようになって、縄文時代。

  ※ 縄文時代の前は土器はない。  石器だけ。  それで石器時代。
    縄文時代の後は稲作が。 弥生時代。 朝鮮半島から人がやって来る。

どのくらい人がいたのか調べてみた。
下はサイト名は分からない。  ネットにあったもの。   専門的な内容。

縄文時代には、人は多くても20数万人。
最初は2万人。  絶滅の心配がある数。  知らなかった。

明治に入って、人口爆発。

  ※ 第2次世界大戦で、310万人の日本人が亡くなった。
    この数は、鎌倉時代の人口の約半分。

    日本の歴史上、最大の犯罪人は、戦争を進めたその時代の政治家ですね。

s-17年9月28日 (4)

縄文人はどこから来てどこに行ったのか。
それが知りたいが、どうも単純ではない。

最近は、頭蓋骨の形がどうだとかではなく、染色体を調べてはっきりさせようとしている。
縄文人の染色体の主流は、下のだという。  現代人の30~40㌫はこれ。(資料はWikipedia)

ttttrtt98654333455667.jpg

東北から北海道にかけて、縄文遺跡がいっぱい。  右のようなのは外に積んであった。

s-17年9月28日 (12)        s-17年9月28日 (13)

少しだけ見学。

s-17年9月28日 (14)    s-17年9月28日 (15)

冬を乗り切る知恵は持っていたんですね。

s-17年9月28日 (16)

数㌔走ってここに。   函館市縄文文化交流センター。 300円。  道の駅でも。

s-17年9月28日 (17)

時代は、下のように流れる。

s-17年9月28日 (19)

地元の高校生が書いた。   書いたというより描いた。

s-17年9月28日 (18)

石器や土器が展示。

s-17年9月28日 (21)

多くの入館者。

s-17年9月28日 (22)

集落はこんなイメージ。  火が大事になりますね。

s-17年9月28日 (20)

これで煮て食べる。   冬には温かい食べ物。  よく割れないもんだ。

s-17年9月28日 (24)

学校がないから毎日夏休み。
そういう事ではあるけど、子どもの役割は何でしょう。

風呂に入る習慣はあるのか。  歯磨き・・・。
平均寿命は、40才いかないでしょうね。

今の時代とどっちが幸せかは分かりません。
働いて働いて疲れ切る雰囲気ではない。

s-17年9月28日 (25)

動物を殺して残酷だという発想はありませんね。 全て生きていくために。

s-17年9月28日 (26)

肉や魚の保存は、乾燥させるなり、当然分かっていますね。

s-17年9月28日 (27)

同じ場所に100年捨て続ければ、そこは貝塚。
山の中より、貝のいっぱいある砂浜が近いといいですね。 住む場所は。

s-17年9月28日 (28)

黒曜石でつくる。   刃物や矢じり。  
自分は子どもの頃、こんなのをいくつも畑で拾った。

s-17年9月28日 (29)

ヒスイで出来たもの。 糸魚川方面から全国にですね。   交易があった。

s-17年9月28日 (30)

交易で、生活の知恵も交流。  

s-17年9月28日 (23)

最後に国宝の土偶。   
中が空っぽなので、中空土偶。 函館と合併する前は、ここは南茅部町。

茅空(かっくう)と。   国宝中空土偶「茅空」と。

s-17年9月28日 (31)

薄暗い所に展示。  本物。

s-17年9月28日 (32)

表現に芸術的な高さが無かったら、国宝にはなりませんでしたね。

s-17年9月28日 (33)

特徴的な顔。  悲しみも感じ取れる。

s-17年9月28日 (34)

少しだけ上を向いている意味は何でしょう。

土偶だから墓に埋葬。 永遠の未来を見つめているのか。

s-17年9月28日 (35)    s-17年9月28日 (36)

これが畑から出てきたなんて、奇跡。

s-17年9月28日 (37)

元々は、手はあったのでしょうか。

s-17年9月28日 (38)

最後に。 死者への悲しみか。  こんな表情の物は、初めて見る。

s-17年9月28日 (39)

右端の人が発見。  

s-17年9月28日 (40)

恵山に向かう。  

あの覆道では、巨大な岩が落ちたらつぶれる。
もっと屋根を斜めにして、岩は転がって海に落ちるようにすればいい。

s-17年9月28日 (47)

小さな集落が続く。 昔は椴法華(とどほっけ)村。

s-17年9月28日 (48)

お目当ての露天風呂に着いた。

s-17年9月28日 (41)

ここ。  潮が満ちている。   入れない。   波が荒い。

s-17年9月28日 (43)

下の写真のように。   入れる時間表は、9月のはなかった。  10月から。

s-17年9月28日 (42)

以前来た時、夜に入れた。  混浴。  こうやって遊んだ。
この人は、この後こっちを向く。   昆布で隠して。 時々、隠しきれない。

その写真は、本人たちに2人に渡した。 この写真は許可をいただいてブログに。
    恵山岬 水無海浜温泉(無料混浴露天風呂)~函館市~   他  (2010/9/21)

人はけっこう大らかになれますね。

s-17年9月28日 (5)

近くにホテル恵風。   1階に日帰り温泉施設「とどぽっくる」がある。  
露天風呂に入れなかったのでここに。

   ※ 「とどぽっくる」の「とど」は、昔ここは椴法華(とどほっけ)村だったから。
     「ぽっくる」は、コロポックル(フキの下の人)から。

      ただの名前。  ゆるキャラではなく。 

s-17年9月28日 (44)

しばらく走って道の駅に。  近くから恵山の山を。

s-17年9月28日 (49)

以前の写真。  活火山の山。  地獄の雰囲気。

20130720061304909_20170929091753af7.jpg

登山道を歩いても花はない
    恵山は、地獄の中に聳え立っていた。  水無海浜温泉は、混浴露天風呂。~函館市~ 他 (2013/7/19)

201307200644198aa_201709290917511c5.jpg

今日は国宝を見たのが収獲でした。
何千年も土の中だったのに、焼き物は強いですね。

急に寒くなりました。 ストーブを使っています。
夏の名残はありません。

【道の駅】    恵山

【明日の予定】     函館に

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、3位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】 .
. 
 
 
本州へのフェリーは、10月1日の朝。
今日は移動。  明日は恵山。 次の2日間は函館。

何度も走った道を、今日は走る。
途中を紹介しながら。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

印の上の方に、伊達市。   そこから出発。  昨晩はKさんとお酒を飲んだ。

s-17年9月27日 (1)

目的地は、下の印。   駒ヶ岳、大沼が見える。

s-17年9月27日 (2)

昼過ぎ、伊達市の道の駅を出発。   ここは有珠(うす)地区。
左の森に、有珠善光寺がある。  江戸幕府が指定した、江戸三官寺の1つ。(他は様似と厚岸に)

s-17年9月27日 (13)

以前撮った写真。 
木彫りの像を彫った円空は、江戸時代北海道に来た。

最終目的地は、ここ有珠善光寺だった。 
浄土宗の寺。   本山は京都の知恩院。 数年前先代が亡くなった。 知恩院のトップが来た。

円空の仏像があるけど、まだ見てない。
   有珠善光寺は、円空の蝦夷地の旅、最終目的地だった。~伊達市~  広島原爆の日  他  (2011/8/6)

s-17年9月27日 (10)

洞爺湖(とうやこ)町。  右に少し走れば、洞爺湖が見える。

s-17年9月27日 (14)

豊浦町。  ボクシングの内藤大助の実家は、直ぐ近くに。   この後、山越え。

s-17年9月27日 (15)

礼文華(れぶんげ)トンネル。

s-17年9月27日 (16)

トンネルを出て礼文華橋。

s-17年9月27日 (17)

橋の上から。   車載カメラを左に振って撮った。  ミラーの下の谷底に、小幌(こぼろ)駅。
時々テレビで紹介される。   秘境駅ナンバーワン。   

歩いても車でも行けない。 船か列車で。 

s-17年9月27日 (18)

礼文華橋・小幌駅が見えますね。  トンネルとトンネルの間の80㍍に駅。
駅から海岸に下る道がある。 クマの出そうな道。  

下ったら岩屋観音。   洞窟の中に。   上で紹介した有珠善光寺の奥の院。
円空は、この洞窟で仏像を彫った。

s-17年9月27日 (3)

数年前、豊浦駅から向かった。

s-17年9月27日 (8)

ここは、岩屋観音。
    室蘭本線の秘境駅、小幌駅 ~全国秘境駅ランキング、NO.1。 豊浦町~  他  (2011/8/4) 

s-17年9月27日 (9)

ずっと海沿いを走った。 森町に入って、正面に駒ヶ岳。 
富士山のような山だったが、噴火で大きく上が吹っ飛んだ。

s-17年9月27日 (19)

数年前の写真。
頂上へはいけない。  ここが登山の終点。  火山活動が活発。

s-17年9月27日 (6)

噴火で吹き飛んだ土砂が川を堰き止めた。   大沼が出来た。
   大沼は 睡蓮浮かぶ 北の松島。  ヌマエビ ~七飯町~  他  (2011/8/2) 

s-17年9月27日 (4)

オオウメガサソウがあった。   珍しい花。
    北海道駒ヶ岳に登る。  山が崩れて、馬(駒)の形になった。~森町・七飯町~ 他 (2013/7/22)

s-17年9月27日 (11)

森町の道の駅を過ぎる。   ここには何度も停泊。

s-17年9月27日 (20)

左に行く。   真っ直ぐ行くと、函館への近道。

s-17年9月27日 (21)

駒ヶ岳が違って見える。

昨年、大和くんという男の子は、あの左斜面の中腹の山道を歩いた。  置き去りにされて。

s-17年9月27日 (22)

少し行って右に入ると、1㌔半ほどで、彼がたどり着いた建物に。

s-17年9月27日 (23)

印が置き去りにされた場所。  5㌔ほど歩いて紫〇の場所に。  最後は赤〇に。  普通にクマがいる。

20160719195406970_20170928110544dbe.jpg 

こんな道を紫の〇まで。

s-17年9月27日 (7)

紫〇で道は分岐。  交差点のように。
下への道だけが、こう見える。

彼はきっとこの道を下った。 家が見えるから。
他の道を行っていたら、さらに分岐があったりして、迷う。 そうしているうちに、真っ暗。

水だけで命をつないだ。
   大和くんの歩いた道を、約6.5㌔地点まで歩いてみた。 分岐では海が見える道を下ったはず。~鹿部町~ 他 (2016/7/19)   

s-17年9月27日 (12)

鹿部町の市街地に入った。 コンビニが3軒ある。 一人前の町の感じ。  

s-17年9月27日 (24)

道の駅に着いた。  公衆浴場、亀乃湯。  5時までだった。  

s-17年9月27日 (25)

小さな道の駅。   左に間欠泉の施設。

s-17年9月27日 (28)

間欠泉。  時々お湯を噴き上げる。
    
s-17年9月27日 (27)

このように。  以前撮った写真。
    10分間隔で湯が噴き出す、しかべ間歇泉。  大沼公園。~鹿部町他~ 他 (2013/7/20)  

s-17年9月27日 (5)

市街地方面。   駒ヶ岳が見える。

s-17年9月27日 (29)

太平洋の波は、いつも大きい。

s-17年9月27日 (26)

数日間、あんなに天気が良かったのに、崩れてきた。
しばらく続きそう。

本州に渡って検討しているのは、八甲田山の紅葉です。
10月に入って、どこで晴れの日があるか、そこが問題。

どこを見ても、秋の風景になってきましたね。

【道の駅】   しかべ間欠泉公園

【明日の予定】     恵山に。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、3位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】 .
. 
 
 
今日は伊達市まで行く。
苫小牧を通らないで、山の中の道で。

信号が少ないから気楽。
何かあったら寄り道して。

道の駅で少し見学してから。

※ 余談  今日は国道をずっと走る予定だった。
      走っていて、途中で曲がったつもりはないのに、いつの間にか山の中。
      細い道。
       
      キツネにだまされた感じ。
      どうしてそうなったか、まったく分からない。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

洞爺湖(とうやこ)の横を通って。

s-17年9月26日 (1)

後半、どこを走ってるか分からなくなった。

 s-17年9月26日 (2)

千歳の道の駅は、サーモンパーク。   公園になっている。   水族館も。

s-17年9月26日 (5)

振り返って、道の駅の建物。   コンビニもある。

s-17年9月26日 (6)

保育所か幼稚園の子たちが散歩。   お弁当。

s-17年9月26日 (7)

千歳川。    サケの季節。

s-17年9月26日 (11)

インディアン水車。   これでサケを捕獲。
ただ今日はサケは少なく、見ている間には、獲れなかった。

s-17年9月26日 (8)

※ 下は、以前撮影。  このように見える。

s-17年9月26日 (3)

下を見たら、30㌢ほどの小さな魚。   ウグイか。

s-17年9月26日 (9)

この写真に、数匹のサケがいる。   見えにくいけど。

s-17年9月26日 (10)

これは、以前撮影。   分かりやすい。

s-17年9月26日 (4)

千歳には航空自衛隊の基地がある。  間もなく、着陸。   飛んできた。

s-17年9月26日 (12)

プロペラ機。  C-130という昔からある輸送機のよう。

s-17年9月26日 (13)    s-17年9月26日 (14)

しばらく走って、ここは伊達市大滝区。  伊達市の飛地。   中心街のある所より広い。
そこにある道の駅。

道の駅の向こうに、お店。   キノコ王国。
こっちに人はいない。    みんな向こうにいる。

右写真は、ログハウス。  下の写真の左に。

s-17年9月26日 (15)    s-17年9月26日 (16)

山の中に賑やかな店。

s-17年9月26日 (17)

キノコ汁1杯100円が売り。

s-17年9月26日 (18)

何が何だかわからない程、メニューがびっしり。

s-17年9月26日 (19)

キノコ汁の大盛。  200円ほど。  キノコは、秋の味。  

s-17年9月26日 (20)

いろんなキノコ。    人が集まるのは、安いからか。

s-17年9月26日 (21)

階段に熊の足跡。

  ※ コンクリートが固まる前に、クマが本当に歩いたら面白い。
    小豆島で、人の足跡がある階段を見た。   固いと思って、歩いた人がいる。

s-17年9月26日 (22)

果物を少しばかり、伊達のKさんの子供たちにお土産。   最近、ここのような安いブドウが少ない。

s-17年9月26日 (23)

山道を走る。   気分爽快。   快適。   信号無し。
左に行ったら、三階滝。

大きな滝。   合併して伊達市になる前は、大滝村。

        徳舜瞥山、山の上は霧から雨に変わった。  三階滝 ~伊達市~   他  (2010/9/20)

s-17年9月26日 (24)

小さな集落を通って。

s-17年9月26日 (25)

ここらの川は太平洋に流れる。

s-17年9月26日 (26)

時々温泉。

s-17年9月26日 (27)

こんな道を快調に走っていた。

s-17年9月26日 (28)

いつの間にかこう。
カーナビがこの道を案内したのか、近道として。

自分が間違ったのでこの道を案内したのか。 
分からない。

s-17年9月26日 (29)

カーナビ通り走っていたら、この道に出た。   国道ではない。
正面に昭和新山。

s-17年9月26日 (30)

無時に伊達市の道の駅に。

s-17年9月26日 (31)

Kさん宅に少しお邪魔して、晩は自分の車でKさんと宴会。(今日はKさん休み。開校記念日)
料理は、Kさんの奥様が作ってくれた。

  ※ 以前SDカードが読めなくなったのを書いたことが。
    旭川のOさんが、復活してくれた。

    そのついでに、写ってた写真をDVDのアルバムにしてくれた。
    アルバムにはKさん家族が映っている。

    Kさん家族は大喜び。 Oさんに感謝って。

ずいぶん飲んだ。  
しばらくは酒はお休み。 何日続くか。 
「山き」に行くまで休めたら立派。奇跡。

【道の駅】     伊達

【明日の予定】    南に

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、3位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】 .
. 
 
 
摩周湖、然別湖、阿寒湖、そして小さめのオンネトー。
この4つは、北海道で特に美しい。

今日は然別湖。 しかりべつこ。
2人を迎えての旅の最終日。

昨晩からの雨は止んだ。
今日もいい天気に。

山に入る3日間は、全部晴れ。
恵まれ過ぎ。  運のいいお2人さんです。

然別湖の後は、千歳空港にまっしぐら。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

然別湖は大きくはないけど、広い地図に登場。 
右端の道の駅「しほろ温泉」からスタート。

s-17年9月24日 (1)

広い平野から突然山を登って行く。

s-17年9月24日 (2)

川がせき止められて湖に。

s-17年9月24日 (3)

下ってるのか平らなのか、分かりにくい時が。

s-17年9月24日 (24)

紅葉が始まりかけたところ。

s-17年9月24日 (25)

無料の駐車場があって、近くで見物。   ここが然別湖。

s-17年9月24日 (4)

散策できる。

s-17年9月24日 (5)

冬は、氷上露天風呂で知られる。

s-17年9月24日 (22)

遊歩道がある。

s-17年9月24日 (6)

魚を見つけた。  この湖には、オショロコマが。
ここのは、ここだけのオショロコマ。  羅臼で釣ったのは、別の。

s-17年9月24日 (7)

ホテルが2軒ある。  湖畔にいい感じで。
遊覧船も。

千歳に余裕を持って着きたい。 日曜日なので渋滞の不安。
船に乗るのは、我慢。

s-17年9月24日 (8)

向こうの紅葉がなかなか。  水面の色も魅力。 きっと深い。

s-17年9月24日 (9)

周囲は13.8km、最大深度は108m。

ボートで遊ぶ人。  

s-17年9月24日 (10)

小さな入り江。  乳白色のグリーン。

s-17年9月24日 (11)

奥の方。 右の湖岸に道がある。  
いつか行ってみますからね。  小さな湖がある。   秘湖。   ずっと気になっている。

s-17年9月24日 (12)

Kさんは、自分からこのように歩き出す。
だから、どこに行っても歩く順番は、決まっている。

Kさん、Nさん、私の順に。

s-17年9月24日 (13)

入り江の奥。 手前のNさんは、水に手を入れた。 水温は低い。

s-17年9月24日 (14)

昨日の銀泉台よりは標高が低い。 紅葉は間もなく真っ盛りに。

s-17年9月24日 (15)

彼女たちは、魚を見つけた。

s-17年9月24日 (16)

オショロコマかどうか確認できないけど、いっぱいいる。
分かるでしょうか。

柳の葉のように、細長い。  慣れて来たら、次から次と。

s-17年9月24日 (17)

これが、オショロコマ。
川がせき止めらえて、海に出られなくなった。

オショロコマはどうしたか。
この湖を海と思うようになった。

ここから川を上って産卵。
遥か昔から、命をつないできた。

下にミヤベイワナとあるのは、オショロコマの亜種。 ちょっと違うだけ。

s-17年9月24日 (23)

左のKさんは何かを見つけた。

s-17年9月24日 (18)

赤い実。   名前は分からない。   はじけたように開いて。

s-17年9月24日 (19)

いつかまた来れたら、その時はのんびりと。
帰りの飛行機は、5時半発。

余裕を持って着きたいので、高速に入る十勝清水に向かった。
途中に、扇ヶ原展望台。

s-17年9月24日 (20)

十勝平野が一望に見えた。  遠くには薄く、日高山脈。
この後、あの山の向こうに行く。

s-17年9月24日 (21)

日高越えの道東道は、快適な樹海ロード。  渋滞の雰囲気はない。  
紅葉はこれから。

日高山脈の奥は深い。   延々と家はない。  長いトンネルが何ヶ所も。
  ※ 助手席に座るのは、交代で。

s-17年9月24日 (26)

日高山脈を越えた。  トマム。   スキー場とホテルが見える。

s-17年9月24日 (27)

途中パーキングで休憩して、無事に高速を出る。  ここから。

s-17年9月24日 (28)

千歳空港に着いたら、すごい車。   駐車場には全く入れない。
千歳の市街地に行って、食事。

再度千歳空港に。  空港ターミナルで2人は降りる。  
そこでお別れ。  またどこかでねって。

2人は、21日の晩に旭川空港に着いた。
その次の日から、突然に晴れだした。 

黒岳登山の紅葉も、銀泉台での紅葉も、完璧。
今年の紅葉前線のスタートを見た。

その美しさは、全国に放送された。

  ※ 2人の仕事は、別々の専門職。
    そのためか心に余裕があって、さわやかな印象。
    
    自分はいつも1人旅だけど、4日間は楽しい日々になりました。
    紅葉見学も晩のお酒も、みんな。

東北か信州か、または京都で再会出来たらいいですね。
お2人さんに感謝です。


【Kさんの写真とコメント】

まさに天然色の饗宴。 然別湖とツリバナ。
まゆみとそっくりだけど、5つに割れていると吊花らしい。

真っ赤な実も葉の紅葉も引き寄せられる美しさ。

s-7然別湖のツリバナの実と紅葉

【Nさんの写真とコメント】

ひっそりと然別湖が出迎えてくれました。

s-20170924然別湖1

然別湖の穏やかな顔です。  これから日々寒くなって来るのかしら。

s-2017092491R95ʌCE2mm

【道の駅】   サーモンパーク千歳

【明日の予定】    2日間の記事の整理。    23日と24日の記事は、25日に書いた。
             今日(24日)の晩から25日の朝方まで、千歳のTさん方でマージャン。
             比布に集まった昔の仲間4人で。

             25日の晩は、札幌のTさんに会う。 千歳の道の駅で。
             26日の晩は、伊達のKさんと。

            本州に渡るのは、10月1日に決めました。
            その日の朝、大間に。   予約済み。

            10月1日からフェリーが安くなります。
            9月の末は、恵山・函館の見学でしょうか。  

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、3位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】 .
. 
 
 

openclose

02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。