fc2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

かずら橋は四国の祖谷にある。
他にもあるって珍しい。

行ってみたら、観光用だった。
作ったのは、祖谷の技術で祖谷の人。

昔の人は、この橋を渡って生活してたんだって、祖谷の橋を見たときは思った。
今回の橋は、どんな思いで見るのか、むずかしい。

祖谷の橋の仕組みを、ここで見る。
それでいいのか、いや違うのか。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)

福井県は長い。  左下の小浜の方まで。

s-17年10月30日 (1)

ここは、九頭竜川の流域。   初めて知る。

s-17年10月30日 (2)

川は、足羽(あすわ)川。   下の2つの道は、途中まで。
池田町は、袋小路の感じ。

s-17年10月30日 (3)

駐車場から歩き出した。  こっちかなって。   案内地図はない。

s-17年10月30日 (4)

静かな山村。

s-17年10月30日 (5)

かずらは葛で、木のツルですね。

s-17年10月30日 (6)

お金を払う所は反対側か。   300円。

s-17年10月30日 (7)

太い柱の中に、もちろん鉄柱がありますね。

s-17年10月30日 (8)

こうです。 いよいよ。

s-17年10月30日 (9)

長さ44㍍。   かずらが解けて、頼りない所がある。

s-17年10月30日 (10)

髙い所が苦手な人は、つかまらないと歩けない。   向こうの人。

揺すったら、揺れる。  これはいい。(意味はどっち?)

s-17年10月30日 (11)

雨で増水。  落ちたら危険。
子どもは、どこのすき間からも落ちそう。

   ※ 余談  観光施設が安全かどうか管理する組織はないのでしょうか。 外部で。
         ここは事故が起きるまで、この状態でしょうね。

板のすき間が広い所も。   足が入る広さ。  これは足が入るだけ。

s-17年10月30日 (12)

上から支流。

s-17年10月30日 (13)

反対側に来た。  

s-17年10月30日 (14)

※ 祖谷のかずら橋は、もっとごつかったですね
            雪のかずら橋   祖谷から緊急脱出、土佐へ。     他  (2009/12/17)

橋を渡ると、ふれあい広場。   奥は民家。


s-17年10月30日 (15)

お蕎麦屋さん。  左は、蕎麦道場だったかな。

s-17年10月30日 (16)

見た感じだけでも再現するなら、吊ってる部分は(橋の上)はもっと太くなければ。

s-17年10月30日 (17)

受け付けはこう。  親切に説明していただく。

s-17年10月30日 (18)

池田町の地図。   見所は他にもありますね。  いつの日かまた。

s-17年10月30日 (19)    s-17年10月30日 (20)

下への遊歩道。   今日は危険。

s-17年10月30日 (21)    s-17年10月30日 (22)

途中まで下りて。   女性2人がゆっくりと。  怖がってるというより楽しんでいる。

s-17年10月30日 (23)

下から。   かずらだけでつくった時代がある。  祖谷では。 すごいことですね。
生活が便利になる。

s-17年10月30日 (24)

支流の橋。  落ちたら流されるので、行けない。

s-17年10月30日 (25)

戻ります。

s-17年10月30日 (26)

中にこのように、ワイヤーが。  
昔のは、これがなくても支えられる太さがありましたね。

s-17年10月30日 (27)

揺らすと揺れるけど、自分もいっしょに揺れるので、分かりにくい。



戻ってきました。  広い駐車場。  ここを道の駅代わりに使えば、池田町を散策できる。
観光バスがやって来た。

4人組のおばちゃんが話しかけてきた。
これからどこに行くのって。

名古屋から来た人たち。 日帰りのミニ旅行。 楽しそう。

s-17年10月30日 (28)

お店がある。   能面美術館も。

s-17年10月30日 (29)    s-17年10月30日 (30)

今日は観光用のかずら橋を見ました。
造りは、祖谷のかずら橋と同じ。

どんな橋でも、渡るのは楽しいですね。
自分は揺れる橋が好き。

【変わった橋を紹介】

    日本三奇矯の一つ、猿橋 ~大月市~  他  (2011/11/4)

【今日の歌】    Martynas - Hungarian Dance No.5 in G Minor     ハンガリー舞曲第5番です。



Hungarian Dance No.5 - david Garrett      デイヴィッド・ギャレット
                                 日本に来てるので、見たことある人がいますね。



【道の駅】     南越前町

【明日の予定】    今庄の町並みを。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。
                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、3位です
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、下のです。 
                         ランキングが、見られます。
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                 旅行をクリックすると、旅行全体のが。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                 次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】   下に。
. 
 
 
台風の影響で雨が強い。
記事になるような温泉を探した。

向かったのは、白山の麓にある白峰温泉総湯。
大きな共同浴場の雰囲気。

白峰に重伝建地区があるとは知っていた。
行ってみたら、総湯の周辺がそれだった。

靴をずぶ濡れにして、傘をさして歩いた。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)

石川県の南部に。

s-17年10月29日 (1)

白山の一般的な登山口は、石川県側から。

s-17年10月29日 (2)

白山登山口は、白峰から右の山に入っていく。   自分も行ったことが。
印周辺と右下にかけて重伝建地区。

s-17年10月29日 (3)

無料の駐車場がある。 何ヶ所か。   誰がどこに停めてもいいよう。
重伝建地区。   ※ 重要伝統的建造物群保存地区。

ここが総湯。

s-17年10月29日 (6)    s-17年10月29日 (7)

兜ような屋根。  


s-17年10月29日 (8)

近くにお店と食堂など。   白峰の家並み見学の拠点と後で知る。

s-17年10月29日 (9)

雨が強いから歩くとは決めていない。  取りあえず温泉に。   650円。

s-17年10月29日 (14)    s-17年10月29日 (10)

温泉のマスコットが2人。

ハイヤくずしが踊れるとある。
  ※ 天草の牛深のハイヤ節が佐渡に渡って、佐渡おけさ。
    ハイヤは、そのハイヤですね。 どんな踊りでしょう。

s-17年10月29日 (11)    s-17年10月29日 (12)

天皇賞が間もなく。   これを見てから温泉。   武豊すごいなって・・・。

s-17年10月29日 (13)

重曹泉だという。   珍しいけど、湯の質を感じるのは難しい。
中は立派。  もう少し質素でいいから、安い方がいい。

   ※ 400円でたくさんの人に来てもらって、中でいっぱい物を売る。  食べてもらう。
     そんなので賑わってる温泉も。

それでも、どこも清潔だから、よかったなって感じ。

s-17年10月29日 (4)

風はない。  温泉で散歩地図はもらった。  歩いてみるかとなった。

s-17年10月29日 (15)    s-17年10月29日 (16)

奥に向かう。   跳ね返った雨で、靴もズボンも濡れ始める。  たまにはいいべ、ってなって。

s-17年10月29日 (17)

お寺。   入っては行かない。   昔は行った。

s-17年10月29日 (18)

この道が、昔の白山への道。   参詣道。   今は、バイパスが下の川沿いに。

建物の上の方が白壁。

s-17年10月29日 (19)

この地域は山村。  養蚕や林業。
ただ、白山参詣の基地のような場所にあるため、宿やお店もあった。

それがあってか、山村なのに家が集まった。

s-17年10月29日 (20)

蔵は少ない。  この辺りでしか見ていない。

s-17年10月29日 (21)

昔からこんな家だなんて、恵まれている。
北海道の開拓の家は、どこも小さい。

s-17年10月29日 (22)

下に手取(てどり)川。   白山から流れて来る。

  ※ 昔は石川と呼ばれていた。  石川県の語源。

紅葉が始まってきた。

s-17年10月29日 (23)    s-17年10月29日 (24)

右は、雪だるまカフェ。  今風に利用している。

s-17年10月29日 (25)

説明があった。  囲まれた中が、重伝建地区。 
黒い建物は、直すときに国の許可がいる。(住む部分の内部の変更はいい。 お店の部分はダメ)

s-17年10月29日 (26)

昔は牛首村。  ※ 鬼首(おにこうべ)のような不気味さはない。    豪雪地帯。

s-17年10月29日 (27)    s-17年10月29日 (28)

玉石の石積み。 庶民的。    雨を撮ってみた。

s-17年10月29日 (29)    s-17年10月29日 (30)

古い建物が減って来たので、少し行って引き返す。

s-17年10月29日 (31)

正面の家の玄関の上に、戸がある。   ここから、薪などを入れる。   説明にあった。
土地が狭いから2階に物置か。

s-17年10月29日 (32)

こんな石垣も。  見た目のデザインも計算に入れて、石をカットしてますね。
右上に、柱にかぶさってる石が。  門を支えとぃる。

s-17年10月29日 (33)

正面の建物変わっている。  

s-17年10月29日 (34)

立派な寺。  林西寺。

s-17年10月29日 (35)

上の写真の左方向。  屋根に櫓のようなのが。  ここで太鼓を鳴らすそう。
この建物は、林西寺の庫裏。  寺の行事がある時に、始まりますよ~って鳴らす。  

長い梯子が見える。  雪下ろしに使う。

白山下山仏とある。   初めて見る。
これは、廃仏毀釈で、白山の山に寺はなくなって、そこの仏像が山を下りた。

運よく預かってもらえたのをこう呼ぶ。

s-17年10月29日 (36)

林西寺。   浄土真宗。

s-17年10月29日 (37)    s-17年10月29日 (38)

白山下山仏はこのように。   重要文化財のもある。 (観光関係のサイトからお借り)
本堂にあるのでしょうか。

火事になったらお終い。 いずれ、燃えない宝物館をつくるでしょうか。

s-17年10月29日 (5)

ここは、昔は、林西寺の薬師堂だった。   明治に入って、八坂神社に。

  ※ 昔この地は、牛首村。   八坂神社は、昔は祇園社。  祭神は牛頭天王(ごずてんのう)。
    関係あるのかな。  (京都の祇園は、八坂神社、昔の祇園社の前にある)

神社なのに、薬師如来を神様にしている。(世の中のほとぼりが冷めて、こうしたんですね)
今の時代、これに文句を言える立場の人はいるのでしょうか。

s-17年10月29日 (39)

お店。  酒屋さん。  家並みはもう少し向こうまで。

s-17年10月29日 (40)

振り返って。  向こうから来た。

s-17年10月29日 (41)

総湯の近くのお店。

s-17年10月29日 (42)

そして総湯。   戻ってきました。

s-17年10月29日 (43)

商家が集まる重伝建地区が多い。
ここは珍しいですね。  

白山信仰に関係する、山村集落。
普通に生活する家が、多く並んでいる。

雨の中の風景、それはそれで、いいですね。


【今日の歌】   Million Scarlet Roses (Raymond Pauls) Arranged for Classical Guitar

            百万本のバラをギターで。
            この曲の舞台は、冬季五輪のあったソチですね。

            バラを渡した画家は後に有名になる。           
            不思議なことに、その時相手にしなかった女優さんは、画家を忘れることはなかった。

            60年後、画家がパリで個展を開いた時の事。
            そこにそっと、一人の年老いた女性が来ていた。

            彼女は見た。 自分を描いた絵を

         ※ 自分の人生で、自分を本気で好きと言ってくれる人に、そんなに多くは出会わない。
           彼女は、そのことを感じたでしょうね。    



マーラが与えた人生 (百万本のバラの原曲の日本語訳詩) 小田陽子

    百万本のバラの原曲は、マーラが与えた人生。
    舞台は、ロシアの西隣にあるラトビア。(バルト3国の真ん中)

    当時まだ独立をしていない。
    ロシアからの圧迫を受けている。

    神様は自分の国に幸せを与えるのを忘れた、と歌った。(マーラはマリアで、神様のこと)
    ロシアに物申したいが、きつい表現は使えない。
    それで、この曲の歌詞の内容に。

    小田さんの歌ういい動画があったが、消えたのでこれ。
     ※ 彼女は、作曲したパウルスに会っている。

    ロシア(ソ連)は、この歌の真意を知らず、百万本のバラの詩で新たな歌に。
    ロシアで最初に歌ったのは、プガチョワさん。
    日本で最初に歌ったのは、ニーナさん。 2人の写真。(ニーナさんのアルバムから)

                 ※ ニーナさんについては、別の機会に紹介。 音源もあります。



【道の駅】      禅の里(永平寺町)

【明日の予定】    南に。   かずら橋って橋がある。  まだ行ってない。(以前行こうとしたけど)

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。
                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体、5位です
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、下のです。 
                         ランキングが、見られます。
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                 旅行をクリックすると、旅行全体のが。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                 次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】   下に。
. 
 
 
白川郷見学の予定だった。
明日の天気が良くない。 

ホワイトロードは通行止めになるかも。
そんなことで、今日走ることに。

紅葉は、中腹辺りがちょうど良かった。

1600円の価値はあるかも知れない。
そう思わせてくれる、道と風景だった。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)

赤〇を、右から左に。

17年10月28日 (1) 

白山は、両白(りょうはく)山地の中央に。
この山地を横断できる道は、ここだけ。   11月の10日頃で閉鎖。

s-17年10月28日 (2)

33.3㌔。   

s-17年10月28日 (3)

早朝、高山から白川郷の道の駅に移動。(電気が無くなって)
下は荘川桜。

    荘川桜は、水没の運命から救われていた。  御母衣(みぼろ)ダム。~高山市~  他  (2013/5/9)  

s-17年10月28日 (31)

旧遠山家。   大きな合掌造り。

   4階建ての切妻合掌造り、旧遠山家民俗館。~白川村御母衣~  他  (2013/5/10)

s-17年10月28日 (32)

前日の記事を道の駅で終わらせて、午後出発。  左に行けば、合掌集落。

s-17年10月28日 (34)    s-17年10月28日 (33)

茅葺の屋根に使う茅(かや)でしょうか。
走っていて、屋根をふき替えている家を見た。 集落総出の感じで。

s-17年10月28日 (35)

ここから有料。

s-17年10月28日 (36)

300㍍は転がりそうな道が続く。   ハンドルは両手。

s-17年10月28日 (37)

蓮如茶屋。  やっとパーキングがあった。

s-17年10月28日 (15)

南北逆の地図。  どうしてでしょう。

s-17年10月28日 (16)

ちゃんと見えない。   右向こうから来た。

s-17年10月28日 (17)

この様に。  深い深い谷の底に集落。  日の出は遅く、日の入りは速そう。

  ※ 余談  日本で一番 日の短い集落はどこでしょう。
        調べた人がいれば面白い。

        関係ないけど、昔、夜明け前に家を出て学校に。  歩き。
        家に戻ったら真っ暗。 そんな生徒が美瑛にいた。 8㌔。

s-17年10月28日 (18)

200㍍ほど登って、展望台に。   白川村のどこか。 北の方か。

s-17年10月28日 (12)

上の写真より、南側。   合掌造りの家が見える。

s-17年10月28日 (13)    s-17年10月28日 (14)

登りが続く。 急カーブでバスが見えたら待つ。  運転手はありがとうって。

  ※ 大型トラックやバスの運転手は、感謝の気持ちを必ず表しますね。

よく見たら、白山が言える。

s-17年10月28日 (38)

別の展望台に。  白山が見えた。

s-17年10月28日 (19)

最高峰は、左端の御前峰(ごぜんがみね)。  奥にあるので、低く見える。
こっちの方からも登山道はあるよう。  でも大変。   縦走に縦走。

一般的なのは、反対側から。

s-17年10月28日 (20)

こうです。   信仰の山。   日本三名山。   他は富士山と立山。 立山は行ったことが。

s-17年10月28日 (22)    s-17年10月28日 (21)

今は印の場所から見ている。  自分は黄色の道を。 遠かった。   1泊すると楽。

s-17年10月28日 (4)

頂上。   数年前に登った時撮影。   右写真に山小屋。 あれを使えば楽。   ずっと向こうから来る。

s-17年10月28日 (5)    s-17年10月28日 (6)

下が、北方面かな。   ブログは、疲れて寝たのか、文が途中まで。

   白山に登る ~日本三名山、深田久弥のふるさとの山  白山市~  他  (2011/7/6)

s-17年10月28日 (7)    s-17年10月28日 (8)

別なところから。

s-17年10月28日 (23)

少ししか見えなくなった。  

s-17年10月28日 (24)    s-17年10月28日 (25)

大きな駐車場が見えた。   いい状態の紅葉。

s-17年10月28日 (39)    s-17年10月28日 (40)

滝見台に人。

s-17年10月28日 (26)

ふくべ大滝。

s-17年10月28日 (27)

ふくべ滝。  滝の下にも滝が続くから、大きな滝に感じる。
瓢箪(ひょうたん)のことを、ふくべとも云うんですね。

瓢の字が、ふくべと読めるよう。  その先は?

s-17年10月28日 (28)

いい滝です。



駐車場はこんな風景。

s-17年10月28日 (29)

深い谷。

s-17年10月28日 (30)

※ カメラが少し下を向いていますね。  直します。



この後駐車場があったが、うっかり通り過ぎてしまう。

s-17年10月28日 (9)

寄ればよかった。

s-17年10月28日 (10)

大きな見所があったようだ。  もう一度行かなければ。  反対側から走って。

s-17年10月28日 (11)

左に橋があったけど、停められない。  

s-17年10月28日 (41)

下りてきました。   出口。

s-17年10月28日 (42)

有料だから今まで行かなかった。
1度だけと思って今回走った。

天気のいい日に行けば、途中で山にも登れる。
春にもう一度。
そんな気持ちになりました。

白山は雄大。  神様がいそう。

【記事の紹介】  

   五箇山、相倉合掌造り集落。  流刑小屋。  お小夜塚。~南砺市~  他  (2013/5/14)   
   五箇山、菅沼合掌造り集落を歩く。  お小夜伝説。~南砺市~  他  (2013/5/13)

   昔の農村風景が残る、白川郷、荻町集落。  合掌造りの家。~白川村~  他  (2013/5/12)
   白川郷、平瀬温泉周辺を、散策。  幕末の力士、白真弓肥太右衛門。~白川村~ 他 (2013/5/11)

【今日の歌】  恋のバカンス。  本田美奈子。  



2人は仲がいい。   藤あや子の口元が個性的。 ほんとうは、好きと書きたいところ。



踊りが面白い。   ロシアの人達。  



【道の駅】     瀬女(せな)

【明日の予定】    南に。   白峰に重伝建地区。    雨が弱ければ歩きます。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。
                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、5位です
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、下のです。 
                         ランキングが、見られます。
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                 旅行をクリックすると、旅行全体のが。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                 次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】   下に。
. 
 
 
高山市なんだけど、みんな飛騨高山と呼ぶ。
響きが良くなるでしょうか。

4回目くらいの見学なので、新しい何かを発見しなければ。
見つかるでしょうか。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)

大きな町がぽつんと孤立してある。  飛騨の山の中に。   奥に行けば奥飛騨。

s-17年10月27日 (1)

白川郷が世界遺産だから、観光客がどっとやってくる。

s-17年10月27日 (2)

印の辺りを見学。    髙山本線は、美濃加茂市と富山市の間。
いつも、赤〇の辺りから歩く。

s-17年10月27日 (3)

高山駅。   駅前は工事中。

s-17年10月27日 (7)

岐阜県には円空の仏像が多い。   1000体以上。

s-17年10月27日 (8)

食べるお店は上の方。  散策は古い町並み。

   ※ 白線流しの斐太(ひだ)高校は、上の方の川の右。

s-17年10月27日 (9)

橋の上から。   赤い橋を後で渡る。

s-17年10月27日 (10)

手長足長の像がある。   これは手長。   意味は?

s-17年10月27日 (11)     s-17年10月27日 (12)

ここから古い町並み。   一帯は重伝建地区。

重伝建地区で一番賑わっているのは、京都の三年坂。
2番目は、ここ。   髙山市の三町(さんまち)。

s-17年10月27日 (13)

お店が続く。   昔とは違って、雑貨などの小物。

s-17年10月27日 (14)

酒屋さんや味噌屋さんも。   天井の高さは、バラバラ。

s-17年10月27日 (15)

蔵の中も店。

s-17年10月27日 (16)    s-17年10月27日 (17)

合掌造りの白川郷に行く人も多い。 こことセットで。

s-17年10月27日 (18)

一番多いのは中国人。  アメリカやヨーロッパからも。

s-17年10月27日 (19)

コノハナサクヤヒメ、を意識していますね。

s-17年10月27日 (20)

この写真は、たまたま撮った。   右に岩佐病院。   今もやってるかは?
後ほど、再度登場。

s-17年10月27日 (21)

大のや醸造。   ここで味噌を買う。
右写真の左の赤味噌を、高松のMさんから頂いたことが。

s-17年10月27日 (22)    s-17年10月27日 (46)

ここは別の店。  標示の右端に、手前みそとある。
調べたら、お菓子だった。
  
   ※ 何か自慢したいけどもあまり鼻につく言い方にはしたくない、という時、
     手前味噌ですが~~~~って使えばいいですね。

s-17年10月27日 (23)

小路から出てきて、山の方を見た。  昔は城があった。

s-17年10月27日 (24)

向こうから、中橋に来た。    
右は中国人かな。  貸衣装。  笑えばいいのに。

s-17年10月27日 (25)    s-17年10月27日 (26)

高山陣屋。  

  ※ 昔高山藩は、金が採れるなど魅力的な藩だった。
    幕府は、直轄地にすれば全部自分の物。

    言いがかりをつけて、藩を治めていた金森氏を追い出した。(移封)
    理由なんか何とでもなる。  小さなお家騒動にケチをつけたり。 

      高山の、さんまちを歩く。  高山陣屋。  高山ラーメン。~高山市~  他  (2013/5/7)

s-17年10月27日 (27)

近くにこの像がある。   山岡鉄舟像。  この地で大きくなった。
今日は挨拶してお終いと考えていた。   後ほどまた。

s-17年10月27日 (28)    s-17年10月27日 (29)

中橋。   向こうに行って、陣屋。

s-17年10月27日 (30)

山の方に少しだけ。   お店は広く、どこまでも。

s-17年10月27日 (31)    s-17年10月27日 (32)

戻る。  秋が深まって、菊の出番。

s-17年10月27日 (33)    s-17年10月27日 (34)

右に自転車が。  その店に絵があった。   入ってみた。

s-17年10月27日 (37)

絵を見てたら、女将さんの感じの人が話しかけて来る。
その相手をしていたら、面白いことを言って来た。

山岡鉄舟は、向かいの家で子供の頃書を学んだと。

彼はどこに行っても書いた。   
日本中にいっぱい残っている。

また彼は、日本の歴史を動かしている。

下の絵ハガキを買った。  本物は高かったので。

右写真は、店の中の吹き抜け。

s-17年10月27日 (35)    s-17年10月27日 (36)

ここが、書を学んだ、向かいの岩佐家。

s-17年10月27日 (38)

下は掛川市にある日坂(にっさか)宿で見た山岡鉄舟の書。

s-17年10月27日 (5)

※ 幕末の1867年の秋に、大政奉還。
  江戸幕府は、政治の実権を天皇に戻した。

  戻しても、天皇のもとでそれなりに力を発揮して、生き延びることを考えていた。

  薩長など明治政府を作ろうとする者達にとっては、それでは不満。
  江戸城を明け渡してもらいたいと考えている。

  攻める構えだって見せようとしている。

  次の年になって、幕府の徳川慶喜や勝海舟が中心になって、案をまとめた。
  その案を、駿府(静岡)にいる西郷隆盛に伝えたい。

  案を書いた手紙を、誰が駿府まで届けるか。
  世情不安な時代。   白羽の矢は、山岡鉄舟に。

  身長188㌢の大男。 剣の達人。
  あっちで隠れこっちに隠れしながら、駿府に向かった。

  清水に近い薩た峠(さったとうげ)の手前で、下の家に隠れた。
  その家が残っている。

  そうして、無事に着いて、江戸開城へとつながる。
  彼は、どっちからも信用されていた。

    薩埵峠(さったとうげ)から、由比宿へ ~静岡市清水区~  広重作「雪の蒲原(かんばら)  (2011/11/8)

s-17年10月27日 (4)

下は日本最後の仇討。  
親の仇を討ちたい臼井(うすい)六郎に剣を教えたのは、山岡鉄舟。

s-17年10月27日 (6)

長いので少しか、時間のある時に。   面白いですよ。

遺恨あり 明治十三年 最後の仇討



   秋月は、山里の城下町。  秋月城跡。  日本最後の仇討、臼井六郎。~朝倉市~  他  (2014/3/25)

子どもはこのように。   それなりに自由に動ける。   子犬のように。

s-17年10月27日 (39)

高山は、こんなのが得意。

s-17年10月27日 (40)

水の力を利用して。



中国人の観光は、食べて買って楽しむ。 写真は記念写真。
言い過ぎかも知れないけど、文化レベルが低い印象。

絵を買ったお店の人は、日本人も中国人に近いという。
そんな人が多いという。

珍しいものがあるねって写真を撮るのは、西洋かアメリカ人。
学ぼうという姿勢を持っている。

道には食べかすが。   スズメは助かる。

s-17年10月27日 (41)    s-17年10月27日 (42)

いい雰囲気。  窓を開けて洗い物。

s-17年10月27日 (43)

いつも、桔梗屋で食べる。   不満無し。 しょっぱくない。

  ※ 高山ラーメンは変わっている。
    鍋の中で、ラーメンのスープを作る。

    ドンブリに醤油だれを入れたりしない。
    鍋の中で混ぜてしまう。  それを煮る。

日本中で高山だけ。
ただ、店の人は、旭川に同じようにする店があるという。
自分は知らない。  旭川に戻ったら調べてみますね。

s-17年10月27日 (44)

飛騨高山の夜空を見上げた。  いい月だ。

s-17年10月27日 (45)

高山の町を散歩しました。
何回訪れても、退屈しない町。

新しい発見があって、まあ良かったでしょうか。


【今日の歌】   愛の終着駅     本田美奈子

           ※ 彼女はミス・サイゴンを歌った。  ミュージカル。
             演歌を歌わせても上手。

             食べ物のことなど、健康のことを考えることはあったのでしょうか。

                ※ 余談  彼女の目は、坂井泉水と似た目をしています。
                 少し涙目。 それが魅力的な表情でも。

                 でもこの目の表情は、網膜が弱いためになるんですね。
                 網膜が弱い人は、目にボールがぶつかったりすると網膜剥離の危険。

                 どうしてそうなるか。
                 免疫力が弱っているからですね。 

                 免疫力が弱いと、風を引きやすいし、癌が忍び寄ってきます。             



北の宿から    小さな肩を、キュンとさせて。



【停泊場所】     飛騨の里の下の方にある公共駐車場。

【明日の予定】      明後日の天気が良くない。  ホワイトロードで石川県に抜けるかも。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。
                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、5位です
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、下のです。 
                         ランキングが、見られます。
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                 旅行をクリックすると、旅行全体のが。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                 次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】   下に。
. 
 
 
電光掲示板に、天生峠通行止。  ※ あもう峠。
晩に再度道を調べたら、通行止めでなくても自分の車は無理そうな酷道。

掲示板を見たときに諦めて、飛騨高山に行くことに。
  (美味しい味噌をまた買う。 高松のMさんに店は教えてもらっている)

ただ、白川郷から有料道路で、山越えして石川県に抜ける。
これは予定通り。

今日は、神通峡を通って岐阜県に入った。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)

印は飛騨市神岡の道の駅。

   ※ 岐阜県は昔、飛騨の国。  
     岐阜県の最北、人口2万4千の小さな市が岐阜市を名乗っている。

     岐阜県を代表するイメージを与える市の名前。
     高山市は当然反対したでしょうね。

     他には耳を貸さないで、強引に地名を決めてしまう自治体は、たくさんある。  
     たいていは住民の考えではなく、一部の政治家の考えで決まる。  

s-17年10月26日 (1)

市振の道の駅から印まで。

s-17年10月26日 (2)

国道360を走りたかった。  赤〇に天生峠.ここが通行止め。
紫の〇は予定通り走る。   通れることは確認してある。

s-17年10月26日 (3)

早朝に滑川の道の駅に移動していた。    ナビで出発。
富山市内を通っている。

失敗した。  市内を通らなかったら、30分は早く岐阜県に入れた。
道はいっぱいあったのに。

射水(いみず)市は、須坂で一緒にお酒を飲んだMさんの奥様の出身地。
    ※ 自分は今まで、射水と氷見を間違うことがあった。

s-17年10月26日 (11)

混雑から出て、心も解放される。  
この道は、名古屋まで行く。   髙山の後は、下呂温泉を通って。

s-17年10月26日 (12)

これを何度も見た。  天生峠は、1年のうち半分とかが通行止めのよう。

s-17年10月26日 (13)

神通(じんづう)峡に入った。   左はダム湖。

s-17年10月26日 (14)

変な名前。   天湖森。  てんこもり。   てんこ盛りみたい。

    ※ てんこ盛りは大盛より多い。  天に届くように、大盛より高く盛る。
      昔、旭川駅の地下に、ラーメンの蜂屋があった。
      
      その頃ソバもやっていた。 大盛頼めば、これ以上無理というようなてんこ盛りだった。
      何回も挑戦したら、1回くらいは完食出来た。

s-17年10月26日 (15)

深い谷に大きな橋。

s-17年10月26日 (16)    s-17年10月26日 (17)

国道から離れて、橋を渡った。  右も左も、途中で通行止め。
神通峡が見える場所に行きたかった。   駐車は、この一帯は出来ない。

s-17年10月26日 (18)

再び国道に。

s-17年10月26日 (19)    s-17年10月26日 (20)

いつかは、どこかの集落を見学しなければ。

s-17年10月26日 (21)

再びダムがあって、覆道ばかり。

s-17年10月26日 (22)    s-17年10月26日 (23)

ずっと国道41。

s-17年10月26日 (24)    s-17年10月26日 (25)

割石温泉。  行ったことある。 7年ほど前。  写真はなかった。   右はネットの。

s-17年10月26日 (26)    ttttyuiii.jpg

神通川。  じんづうがわ。   カドミウムで、イタイイタイ病が発生。
裁判所もどこも、企業の味方の時代があった。  戦いは大変だった。

痛そうな名前(?)  陣痛川ではないけど。

カドミウムは、神岡の工場が流した。

s-17年10月26日 (27)

飛騨市神岡に入って、工場が見えてきた。  大きい。

s-17年10月26日 (28)    s-17年10月26日 (29)

道の駅に行くために、国道41から離れた。  国道471。
松本は信州。

平湯には、平湯大滝がありますね。
    奥飛騨温泉郷、平湯温泉。  神の湯。  平湯大滝。~高山市~  他  (2013/5/20) 

s-17年10月26日 (30)

神岡の道の駅。

s-17年10月26日 (6)

下の展示が。    鉱山の地中深くで、実験が行われた。   ニュートリノの。
写真の人は、質量があることを発見。

以前、小柴と云う人が、ここでニュートリノを発見。
2人ともノーベル賞。

s-17年10月26日 (4)      s-17年10月26日 (5)

少しだけ散歩。   この寺は妙心寺派。   
重要文化財の小さな建物を持っている。   ここから離れた場所に。

s-17年10月26日 (7)

江馬氏の館跡。

s-17年10月26日 (8)    s-17年10月26日 (9)

飛騨地方は、信長や謙信や信玄の支配地から離れている。
地方で力のあるものが、しょっちゅう小競り合いをしていたイメージ。

飛騨地方では、金森氏の名前を聞くことが多い。

s-17年10月26日 (10)

岐阜県には2~3日いて、石川県に。
飛騨高山と白川郷辺りの見学でしょうか。

明後日からは、天気が崩れる。
心配。

【記事の紹介】

   神岡鉱山のあった、飛騨神岡を歩く。 渓谷、藤波八丁。 立達磨。~飛騨市~ 他 (2013/5/18)
   飛騨古川、古い町並みと、瀬戸川沿いの白い土蔵。~飛騨市~  他  (2013/5/15)

   「あゝ野麦峠」の主人公、政井みねの故郷を歩く ~飛騨市河合町角川~   他  (2010/6/18)

【今日の歌】   You Raise Me Up ケルティック・ウーマン

        ※ 東福寺ですが、この動画はないと思っていました。 見つかりました。
            ケルティック・ウーマン が、You Raise Me Up を歌った、東福寺 ~京都市~  Amazing Grace   他  (2012/5/11)      



歌詞の意味が知りたい方は、下を。  (少し前に紹介)



【道の駅】     神岡

【明日の予定】     飛騨高山の古い町並みに。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。
                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、5位です
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、下のです。 
                         ランキングが、見られます。
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                 旅行をクリックすると、旅行全体のが。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                 次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】   下に。
. 
 
 

openclose

02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。