fc2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

気温が上がれば小鳥と珍しいカエルが鳴く予定だった。(情報はビジターセンター、あざみ館。 昨日)
でも晴れなかった。 寒かった。
  ・  ・  ・  ・  ・  
八島湿原(八島ヶ原湿原)は、に日本最南端の高層湿原。
前回来たのは6月末。

ビジターセンターは1週間前から開館。
今は湿原見学のスタート。
    ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)

一帯は、八島高原。   散策路が網目のように。

s-19年4月29日 (2)    s-19年4月29日 (1)

1時間半ほどあれば1周。

s-yashimaMAP.jpg    s-19年4月29日 (9)

緑はこれからか。  春を探すのかな。

s-19年4月29日 (10)   s-19年4月29日 (11)

右の方に行く。

s-19年4月29日 (12)

枯れたヨシが寒いから土にならない。 積もって真ん中がふくらんでいる。

s-19年4月29日 (13)    s-19年4月29日 (14)

フキノトウ。 まだ寒いな~って顔を出した。  緑が春の準備。

s-19年4月29日 (8)    s-19年4月29日 (6)

木道を行く。  ヤドリギ。 
半寄生植物ですね。 栄養は大きな木から。 葉緑素は太陽の光で。

   ※ フウランは、これと違って着生植物でしたね。 くっ付いているだけ。 

s-19年4月29日 (15)    s-19年4月29日 (17)

遠くに車山。 あそこへの道がある。   右はヤチボウズ。       ※ 夏になったらレンゲツツジが。 グンナイフウロも

s-19年4月29日 (7)    s-19年4月29日 (16)

親子3人とすれ違った。 娘さんは、ずっと笑ってお話していた。 
湿原にある池は、池塘(ちとう)と呼びますね。

  ※ 余談 池塘の塘は、堤(つつみ)の意味なんですね。 
       こんな漢詩が。

         少年易老學難成 一寸光陰不可輕 
         未覺池塘春草夢 階前梧葉已秋聲

         少年老い易く学成り難し 一寸の光陰軽んずべからず
         未だ覚めず池塘春草(ちとうしゅんそう)の夢 階前の梧葉(ごよう)已(すで)に秋

       意味は下でした(ネットから) 初めて知ります

         若者はアッという間に年をとってしまい、学問はなかなか完成しにくい。
         だから、少しの時間でも軽軽しく過ごしてはならない。
         池の堤の若草の上でまどろんだ春の日の夢がまだ覚めないうちに、階段の前の青桐(あおぎり)の葉には、
         もう秋風の音が聞かれるように、月日は速やかに過ぎ去ってしまうものである
      
s-19年4月29日 (18)    s-19年4月29日 (19)

シカよけの柵。 シカはこっちに入れない。   湿原の水の出口。

s-19年4月29日 (20)    s-19年4月29日 (21)

酪農がおこなわれた時代があって、木が少ない。
この時、右の方でシカが鳴いた。

右への細い道はシカが通る道。 けもの道。
周辺では、多くないけどクマが出ることがあるよう。(注意看板が)

   ※ ツキノワグマはシカを襲わない。
     ヒグマは襲う。 シカの通る道で待ち伏せ。

s-19年4月29日 (22)

元はの酪農の家ですね。 今はレストラン。    神社が。

s-19年4月29日 (23)    s-19年4月29日 (24)

最初に見えた廃屋に。

s-19年4月29日 (25)    s-19年4月29日 (26)

アザミですね。  秋遅くまで楽しませてくれます。 今日の歌は、あざみの歌。

s-19年4月29日 (27)    s-19年4月29日 (5)

カシワの木の葉っぱは、新芽が育つまでは古い葉が落ちない。
風や寒さから守る。 縁起がいいと考え、子どもの日に柏餅(かしわもち)を食べる習慣が生まれたよう。
                                 (右写真は、うみもりブログさんからお借り)

s-19年4月29日 (28)    s-19年4月29日 (3)

向こうから来た。  大きな池塘。  5分ほど歩いて戻る。

s-19年4月29日 (29)    s-19年4月29日 (30)

小鳥もカエルも、今日は寒くて鳴けなかった。
春は来ているが、早春賦の世界でした。  春は名のみ・・って。

5月の末に来てみたいです。 

【今日の一曲】    あざみの歌  伊藤久男

                  ※ 一帯は八島高原。   作詞者は、横井弘。 昭和20年18才の時。 
                     あざみの花を理想の女性に重ねて。(好きな人にかも)
                     湿原の入口に歌碑。 以前撮影。

                  ※ 虹色の湖・中村晃子も彼の作詞です

                  ※ 作曲は、八洲秀章(やしまひであき)。 やしまです。 マリモの唄の作曲者。
                    
s-19年4月29日 (4)



【記事紹介】   高層湿原を。

   尾瀬ヶ原は春の花がいっぱい。 タテヤマリンドウ、ミズバショウ他。 27㌔歩いて疲れた。 歩荷さん。~片品村~ 他 (2018/5/27)
   浮島湿原の浮島は、どのように出来たのか。 周辺の詳しい地図。~上川町~ 他 (2016/8/8)

   八島ヶ原湿原は、花が咲き乱れて。  レンゲツツジ、アヤメ、グンナイフウロ、他。  あざみの歌の舞台。~下諏訪町~ 他 (2015/6/25)  

   尾瀬沼を一周する ~福島県の最奥、桧枝岐村~  他  (2011/7/16)
   花咲く雲井ヶ原湿原は、愛山渓温泉の、奥にあった。  オショロコマ釣り。~上川町~  他  (2014/7/3)

【その他】   いいニュースが。 楽しみです。  彼女の心は透き通っている感じがします。
        彼女やNGTの問題は、芸能界の大きな矛盾ですね。 何とかなればいいです。

      のん、第2の故郷・東北で実写映画復帰! 昭和歌謡の名曲響く「星屑の町」のヒロインに。    
 
【道の駅】    マルメロの駅ながと (長和町)  ※ マルメロは梨に似た果物。 合併する前、ここは長門町。

【明日の予定】    雨の予報。   歩けないからどこかに。 平成最後の日。
          長和町は日本有数の黒曜石の産地。、そこの博物館かな。

  都道府県別のブログタイトル一覧表は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg

   (放浪の旅Ⅱと放浪の旅Ⅰの両方です。 記事の総数は3700ほど。)
          
 ※ プロフィール・・・。 ⇒ ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体、6位です
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、下のです。 
                         ランキングが、見られます。
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                 旅行をクリックすると、旅行全体のが。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 
                 
  【拍 手】   下に。
.  
 
 
今日は山の見学。
名前は調べてでもいいから、分るでしょうか。
  ・  ・  ・  ・  ・
あんなに暖かかったのに、どうしたのでしょう。
平成の最後は厳しいのか。

連休が始まったら、どこも人は多い。
人の少ない所に行きたい。
    ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)

日本のトップクラスの山は、この一帯に集まっている。

s-19年4月28日 (1)

下のように走って、上に。

s-19年4月28日 (3)    s-19年4月28日 (2)

国道152。  白樺湖に向かっている。   バイクの人が風を切って。 今日は多い。
後ろの人は、女性ライダー。

s-19年4月28日 (4)

白樺湖を過ぎて上がってきた。   確かに白樺の木。

s-19年4月28日 (5)    s-19年4月28日 (6)

ビーナスラインと言われる道。  曲がりくねっている。
  ※ 富士山周辺もそうだけど、こっちも観光施設が多い。

s-19年4月28日 (7)

さらに上がってきた。

s-19年4月28日 (8)

車山に向かっている。

s-19年4月28日 (9)    s-19年4月28日 (25)

駐車帯があったので見学。   富士山だ。   左の山々は八ヶ岳。

s-19年4月28日 (10)

こんなのは、今年初めて。

s-19年4月28日 (11)    s-19年4月28日 (12)

富士見台。   もっと姿を現した。   平成の富士。

s-19年4月28日 (26)    s-19年4月28日 (14)

広くはこうでした。  右は南アルプス。

s-19年4月28日 (13)

右の方を見たら、中央アルプス。  右端に、御嶽山。

s-19年4月28日 (17)

中央アルプス。  右の方に、木曽駒ヶ岳。

s-19年4月28日 (15)

以前噴火した、御嶽山ですね。 左の方は噴煙でしょうか。

s-19年4月28日 (16)

さらに右。  赤〇に、御嶽山。 緑〇に乗鞍岳。(北アルプス南端)
紫〇は、奥穂高。  青〇は槍ヶ岳。

s-19年4月28日 (18)

絵は分かりにくい。 写真で説明してほしい。

s-19年4月28日 (19)

奥穂高と槍ヶ岳。  たくさん人が山に入っているようです。 山小屋を利用して。
寒気が来て、北アルプスで4人亡くなりましたね。

北アルプス北部の立山や剱岳は見えない。

s-19年4月28日 (20)

穂高の山。 夏でも大変。 上高地は手前の沢ですね。

s-19年4月28日 (21)

槍ヶ岳。 

s-19年4月28日 (22)    s-19年4月28日 (23)

下の写真は、車山。  右写真は中央アルプス。 木曽駒ヶ岳は〇でしょうか。

s-19年4月28日 (24)    s-19年4月28日 (27)

左に、御嶽山。 右は乗鞍岳。  2つの間に野麦峠。

s-19年4月28日 (28)

ビーナスライン。  観光道路。   〇は奥穂高。  頂上付近の様子。s-pppppkkkkppp.jpg

s-19年4月28日 (29)

お店の所から右に。 少し下って八島湿原。  今日はそこまで。

s-19年4月28日 (30)

ここで右。  いい風景を見て美味しいものを食べる旅の人が多いでしょうか。

s-19年4月28日 (31)

平成最後のいい天気は、明日だけ。
残り2日。

令和になったら、何か新しく始めたい。

【今日の一曲】    いつかある日     舞台は穂高です。    この人はプロでしょうね。



【停泊場所】      八島湿原駐車場

【明日の予定】    八島湿原を。  花はまだ早いかな。  変わったカエルと小鳥を。

  都道府県別のブログタイトル一覧表は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg

   (放浪の旅Ⅱと放浪の旅Ⅰの両方です。 記事の総数は3700ほど。)
          
 ※ プロフィール・・・。 ⇒ ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体、6位です
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、下のです。 
                         ランキングが、見られます。
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                 旅行をクリックすると、旅行全体のが。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 
                 
  【拍 手】   下に。
.  
 
 
大滝湧水の温度は、いつも12度。
今日の気温は5度ほど。 水が冷たく感じなかった。
  ・  ・  ・  ・  ・
急に冬に戻った。 
手袋と上着で、暖かくして。

岩の下から小川が出てくる、そんな感じ。
その水は、地元の田んぼを潤す。

神様のように貴重。
それで、隣に大滝神社。

見学してたら、珍しい列車が通り過ぎた。
    ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)

山は、南アルプスの北部。 甲斐駒ヶ岳が。(百名山)  
山を挟んで高遠が。 高遠城の桜は散ったかな。
 
湧水は八ヶ岳の麓に。

s-19年4月27日 (2)

小淵沢(こぶちざわ)駅は、分岐点。 中央本線と小海(こうみ)線の。 八ヶ岳高原線は愛称。

s-19年4月27日 (3)    s-19年4月27日 (1)

ここです。 桜が少し残って。  名残の桜か。
1日、22000㎥と。  ※ 1分間に15㎥。(15㌧でも)  1秒間に、250㍑。

こんこんと湧き出るではなく、小川ですね。

s-19年4月27日 (8)    s-19年4月27日 (9)

湧水の池。  別の場所でニジマスの養殖。 大滝神社。

s-19年4月27日 (10)    s-19年4月27日 (11)

別の方から。  左に、わさび畑。

s-19年4月27日 (13)

水芭蕉も植えて。   ※ 最近、納豆にワサビを入れるのが好き。

s-19年4月27日 (14)    s-19年4月27日 (12)

大滝神社。   祭神は湧水。

s-19年4月27日 (15)

湧水は右上。  樋(とい)を通って流れ出る。

s-19年4月27日 (16)

この時急に列車の音。 これが写った。 変わった列車だ。

s-19年4月27日 (17)

調べてみた。 観光列車ですね。  〇の部分。 
JR東日本の、TRAIN SUITE 四季島E001形だった。 ※ これとその下は、ウエサカ模型店のHPからお借り。

s-19年4月27日 (5)

一番面白いのが撮れていましたね。  中は右写真。 ダイニングってなっていた。 ※ 写真は、ジャランからお借り。
贅沢な列車旅ですよ。

s-19年4月27日 (6)     s-19年4月27日 (4)

湧水に戻って。  ここです。

s-19年4月27日 (18)    s-19年4月27日 (19)

岩の山の下から流れ出ている。 飲んでみたら、あたたかく感じた。   
外気より水温の方が高い。 12度。

s-19年4月27日 (20)

小川が急に生まれる。 そんな場所ですね。

s-19年4月27日 (21)    s-19年4月27日 (22)    s-19年4月27日 (23)

上に石の祠がいっぱい。   細かな造り。

s-19年4月27日 (24)    s-19年4月27日 (25)

レストランは今はやってない。 チューリップは今年初めて。

s-19年4月27日 (26)

戻る時、南アルプスを撮影。  甲斐駒ヶ岳は左かなと。 右は鋸(のこぎり)山か。
南アルプスには、百名山が10。 甲斐駒ヶ岳は最北。 
                   ※ 百名山は中央アルプスに3。 北アルプスに10ですね。

山の上は、まだまだ冬。 今日も行ってる人はいるのか。

s-19年4月27日 (7)

小淵沢(こぶちざわ)駅。   四角の駅。 どうしてこの形か。

s-19年4月27日 (27)    s-19年4月27日 (28)

一帯は高原の観光地。 たくさんの人が来ている。 

s-19年4月27日 (29)    s-19年4月27日 (30)

豊富な水の湧き出る、大滝湧水でした。
高台にあるから、貴重な水ですね。

珍しい列車は、大きなおまけでした。

【記事紹介】

   神代桜は満開だった。 日本三大巨桜。 国の天然記念物。 実相寺境内には多くの種類が。~北杜市~ 他 (2017/4/13)
   サントリー天然水南アルプス白州工場を見学。  水の山、南アルプスの麓に。~北杜市~ 他 (2016/4/20)

   尾白川渓谷は、甲斐駒ヶ岳の山ふところに。  最奥の、不動滝を目指して。~北杜市~ 他 (2015/6/27)
   信州蔦木宿、富士見高原を東風さんと歩く。 歴史民俗資料館、井戸尻遺跡。~富士見町~ 他 (2018/5/4)

【今日の曲】    手仕事屋きち兵衛:風の桜衣(はなころも)   高遠城の小彼岸桜を歌っています。
                                         山を染め上げたって。

貼り付けられない。 ここに。(YouTube)

車の中で聴いてる動画です。 震災の時、南三陸町から亘理町に移動している時。   仙台の手前で。

 

   高遠城址公園の桜は満開に。 ライトアップ。 絵島囲み屋敷。 城下を散歩。~伊那市~ 他 (2017/4/19)

   最後まで防災無線で叫び続けた人は、2人いた。 ~南三陸町~   他   (2011/4/13)
   床下の泥出し(その2)   東北の女性はたくましい。   明日、福島県相馬市に。  他  (2011/4/27)  (亘理町)

【道の駅】   信州蔦木宿

【明日の予定】    信州に。  高原かな。

  都道府県別のブログタイトル一覧表は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg

   (放浪の旅Ⅱと放浪の旅Ⅰの両方です。 記事の総数は3700ほど。)
          
 ※ プロフィール・・・。 ⇒ ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体、6位です
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、下のです。 
                         ランキングが、見られます。
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                 旅行をクリックすると、旅行全体のが。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 
                 
  【拍 手】   下に。
.  
 
 
伊豆は夏のような暑さだった。
富士山周辺は霧で寒く、ストーブを使った。
  ・  ・  ・  ・  ・  ・
太宰治は天下茶屋で富嶽百景を書いた。
行こうとしたけど、きっと霧で富士山は見えない。

北に行くのをやめて、西に向かった。
青木ヶ原・本栖(もとす)湖を通って。

富士吉田市で、世界遺産の大きな神社を見学。
    ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)

青〇は道の駅。 富士山に向かって車道。 5合目まで。 昔は印から歩いた。

s-19年4月26日 (1)

北口本宮冨士浅間(せんげん)神社は、吉田ルートの出発点(起点)。 今はここから歩く人はいないけど。

s-19年4月26日 (30)ppp      s-19年4月26日 (2)

杉並木の参道。

s-19年4月26日 (7)    s-19年4月26日 (8)

昔ここに仁王門があった。 明治に入って、寺は壊された。 礎石だけ残っている。
寺と神社の両方の時代があったよう。 (両方あったら、神社は寺に管理されていた)

s-19年4月26日 (9)

富士山信仰は盛んで、いろんな宗派が生まれたよう。
角行(かくぎょう)も開祖になる。

厳しい修行をした。 足のつま先で立つ。 最後の部分は大げさ。(伝説)

s-19年4月26日 (10)    s-19年4月26日 (11)

大鳥居。 灯篭は苔むして。

s-19年4月26日 (12)

随身(ずいじん)門。   随身様は神様を守る。   

s-19年4月26日 (13)    s-19年4月26日 (14)    s-19年4月26日 (15)

手水場。 拝殿。  
屋根が変わっている。  手前に唐破風。 後ろに千鳥破風。

   ※ 唐破風は中国っぽいから。(日本独自のもの) 千鳥破風はチドリが飛ぶ姿。
     破風(はふ)は、前からの風を分ける(破る)感じ。 飾りの屋根でも。

富士太郎杉。 巨木。 根がくっ付いている。

s-19年4月26日 (16)    s-19年4月26日 (17)

凝った彫刻。 建物のほとんどが重要文化財。 だから世界遺産か。
カラス天狗がいる。 飛べる天狗。 どうしてカラスのくちばしなのかは分からない。

s-19年4月26日 (18)    s-19年4月26日 (19)

富士に登る人はここでお参りするのかな。 
右を読むと、ここは元々神社のよう。 寺や三重塔は別の場所にあった。

s-19年4月26日 (20)    s-19年4月26日 (21)

後ろに本堂。  本堂の東西(左右)に西宮と東宮。  右写真に西宮。

s-19年4月26日 (22)    s-19年4月26日 (23)

富士登山道吉田口の起点。

s-19年4月26日 (24)

別方向から本殿。

s-19年4月26日 (25)

西に向かった。  青木ヶ原樹海。  自殺の名所。 年間100人とかの時代があった。
今は、人数を発表していない。 減ってるよう。   右写真は以前撮影。   最後に紹介。

道は迷路。 山ナビがあれば大丈夫。 森が深く、スマホの地図は使えない時があるよう。

s-19年4月26日 (6)    s-19年4月26日 (4)

本栖湖に来た。  平安時代にできた。 それまであった湖が富士の爆発で分かれた。

s-19年4月26日 (26)

いつまでたっても、富士は見えない。
水の出入りする川はない。   地下水が入って出ていく。 摩周湖のような水。

s-19年4月26日 (27)    s-19年4月26日 (29)

正面に富士山があるはず。

s-19年4月26日 (28)

以前撮った写真。 千円札の絵はここから。   ※ 新しい千円札は北斎の絵ですね。 富士がある。s-japanese-yen-01.jpg (CNNからお借り)

s-19年4月26日 (5)    s-19年4月26日 (3)

富士山周辺には、平日に再度来ますね。 近い将来。 天下茶屋にも。
天気が不安定です。

【記事紹介】  

   青木ヶ原樹海は、熔岩流の上に森が出来た所だった。~富士河口湖町、鳴沢村~  他  (2011/11/5)  
   富士には、月見草がよく似合う ~富嶽百景・太宰治・天下茶屋~  (2009/10/29)

   千円札の富士  青木ヶ原~西湖コウモリ穴~   他 (2009/10/28)
   赤沢宿は、身延山と七面山を結ぶ道の、中間にあった。  白糸の滝。~早川町~  他  (2013/6/4)

   滝と吊橋が続く大柳川渓谷。 十谷集落は高く狭い土地に。 道は石畳。 五開小学校十谷分校跡。~富士川町~ 他 (2018/5/2)

【今日の一曲】   Chopin - Nocturne No. 20 in C Sharp Minor, Op. Posth. | Wladyslaw Szpilman "The Pianist"

                      ※ 昨日の記事で戦場のピアニストを紹介しました。
                         Szpilman (シュピルマン)を描いています。  今日のは、彼の演奏です。
                         映画の中での実際の演奏は、彼かなって考えます。

                      ※ ショパンのノクターンは、多くの人が演奏しています。
                         辻井伸行の評価は高く見事な演奏です。1分50秒から。    
                                          


【道の駅】    富士川 (富士川町)

【明日の予定】    信州に向かって、途中で湧水かなと。   数日後に、ある湿原。
           天気が荒れたらどうしましょう。

  都道府県別のブログタイトル一覧表は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg

   (放浪の旅Ⅱと放浪の旅Ⅰの両方です。 記事の総数は3700ほど。)
          
 ※ プロフィール・・・。 ⇒ ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体、6位です
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、下のです。 
                         ランキングが、見られます。
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                 旅行をクリックすると、旅行全体のが。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 
                 
  【拍 手】   下に。
.  
 
 
明治の半ば前のこと。 教育こそが新しい時代を作る。
そう考えた岩科(いわしな)村の思いは、立派過ぎる程の校舎を造り上げた。
  ・  ・  ・  ・  ・  ・
中心になって動いたのは、村の戸長(こちょう)。  ※ 村長と呼ばれる前の時代。
私財を投じた。  村人もお金を寄付した。

建築費の4割は寄付金だった。
鶴が羽を広げたような、美しい校舎ができた。 (写真の撮影は24日です)
    ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)

伊豆南部。

s-19年4月25日 (2)    s-19年4月25日 (1)

洋風っぽいので擬洋風建築と呼ばれる。
校舎の左に、現在の岩科小学校。

「岩科 起(た)て」とあります。  ※ おきて、ではないですね。
意味は、(決心して)困難なことに向かって行動を起こせ、でしょうか。

s-19年4月25日 (5)    s-19年4月25日 (6)

窓やバルコニーは洋風。 西洋の文化が日本に来た。 
それで、和風の中に洋風ですね。  右写真は、出来上がったとき。

s-19年4月25日 (7)    s-19年4月25日 (3)

2本の木は育ちすぎた。  建物は重要文化財。
岩科学校と書いたのは、三条実美(さねとみ)。

  ※ 扁額の左端に、明治己卯(つちのと・う)夏日、実美とある。  
    これで、明治12年と分かるんですね。 

  ※ 三条実美は、今まで何度か紹介。 朝廷側の役人。 
    幕末になって幕府は苦しくなり、天皇側(朝廷)と手を結ぼうとする。   公武合体と呼ぶ。

    長州や龍馬は、これと反対で幕府抜きの、尊王攘夷(そんのうじょうい)。 (天皇中心で外国にはだまされない)
    三条実美は、長州や龍馬と行動を共にする。

    1863年の8月18日の政変で、公武合体派から京都を追われる。
    井伊直弼が中心になって、尊王攘夷派を大弾圧。 安政の大獄。 実美の父も吉田松陰も殺される。

    桜田門外の変で井伊直弼は暗殺される。
    幕府に近かった西郷さんの薩摩が、長州と手を結ぶ。 龍馬がそうした。

    江戸幕府に、もう戦う力はなかった。
    大政奉還を経て、時代は明治を迎えることに。

    三条実美は、明治政府の中枢で活躍。(戦争の時代へという問題はあっても)
    その彼が、岩科学校と書いた。

上の彫り物は、あとで紹介する入江長八が彫った。

s-19年4月25日 (8)    s-19年4月25日 (23)

左が玄関。  右に受付。  300円。  手前右に校長室。
  
s-19年4月25日 (12)

実際の校長室は別の場所だったよう。
建物は昔のままだに復元したけど、内部は昔とは違う。

s-19年4月25日 (9)

黒板とかはない。  資料室。
右写真に、解体復元の工事で、使えなくなった木材を一部展示。 字が書いてあった。

s-19年4月25日 (25)    s-19年4月25日 (10)

窓からバルコニーを。  ここに立って、まっすぐ未来を見たのか。

s-19年4月25日 (11)

玄関入って左に教室を復元。

s-19年4月25日 (29)

弟を背負って。   紙は貴重なので、石盤。

s-19年4月25日 (30)    s-19年4月25日 (22)

郷土資料室があったり。  
何かの取り組みに利用している教室も。  

※ 地元の人達が使う方が、校舎が生(活)きてる感じがする。

s-19年4月25日 (13)    s-19年4月25日 (31)

2階。

s-19年4月25日 (16)

給食はこうだったか。  ※ 給食の美味しさ・質は、市町村によって大きな大きな差。

s-19年4月25日 (14)    s-19年4月25日 (15)

通知票。 四角の中は通信欄。 下のように。

  本当によい努力されてる様子が 学校で充分に窺(うかがわ)れます。
  益々ご指導の程を願います。

これを読むと、子供は国のものなのかなって感じる。

s-19年4月25日 (18)pp    s-19年4月25日 (17)

2階の隅の部屋に鏝絵(こてえ)が。   右は、立体的なの。

s-19年4月25日 (26)    s-19年4月25日 (20)

作者は入江長八。  鏝絵の世界では有名な人。  細部まで細かいのが特徴。

s-19年4月25日 (21)    s-19年4月25日 (19)

階段。

s-19年4月25日 (28)

休憩所。 昔の役場。   移築してここに。

  ※ 余談  自分が見学する少し前、岩科学校にテレビ局が入っていた。
        女優の田中律子が来て。

        自分が見学してる間、ここで休憩していた。
        外で待ってる人が2人。

s-19年4月25日 (24)

国のまた地域の発展は、人づくりが一番の近道。
そう言われることがあります。

小さな村で、明治時代にそれをした。
大したもんだなって、感心しますね。   

       ※ 今の日本の教育予算は、先進国で最低クラス。 どうしてこうなったのかな。

【記事紹介】   校舎だった建物(重要文化財)

   明治6年開校、旧開智学校。  国宝 松本城。  なわて通り。~松本市~ 他 (2013/7/3)
   卯之町の街並み  開明学校~現存する西日本最古の小学校~    (2009/12/19)

   旧遷喬尋常小学校校舎。 明治後期の擬洋風校舎。 校名は「出自幽谷 遷于喬木」から。~真庭市~ 他 (2016/10/23)

【今日の一曲】     From "The Pianist": Chopin Nocturne C sharp minor (Arjen Seinen).   戦場のピアニスト。

                    ※  ピアニストの、シュピルマンを描いています。 
                       舞台はポーランドの首都、ワルシャワ。 別の日に本人の演奏を紹介しますね。


.
【道の駅】     富士吉田 (富士吉田市)

【明日の予定】    御坂(みさか)峠を越えて山梨県に。   峠の茶屋に太宰は行った。
           富士が見えそうなければ行かない。  西に行く。

  都道府県別のブログタイトル一覧表は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg

   (放浪の旅Ⅱと放浪の旅Ⅰの両方です。 記事の総数は3700ほど。)
          
 ※ プロフィール・・・。 ⇒ ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体、6位です
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、下のです。 
                         ランキングが、見られます。
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                 旅行をクリックすると、旅行全体のが。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 
                 
  【拍 手】   下に。
.      
 
 

openclose

04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。