fc2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

海岸沿いなので花がきっとある。
今日の楽しみは、それ。
  ・  ・  ・  ・  ・
森の中は、意外に花が少ない。
反対に、海岸線の草地には花がある。

今はエゾカンゾウの季節。 (ニッコウキスゲ)
花の6月。  明日で終わるけど。
    ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
             ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)

大間町の観光案内では、材木岩で知られる場所。

s-19年6月29日 (1)    s-19年6月29日 (2)

駐車場。 津波の避難所でも。  左に墓地。
右写真。  南の佐井村から来たら、ここは大間町に入ったところ。

s-19年6月29日 (3)    s-19年6月29日 (4)

一帯は津鼻崎(つばなざき)公園。  桜並木の中を行く。  2つの花が咲いてるか。
  ※ ここの場所は、赤〇よりもっと上。

s-19年6月29日 (5)    s-19年6月29日 (6)

炭焼きの跡を見ながら。   クマには当然注意して。  
 ※ 今年は2度見てるから、3度目が必ずあると・・。  不安。 

s-19年6月29日 (7)    s-19年6月29日 (8)

海に出た。  ヒオウギアヤメと黄色いエゾカンゾウ。 ここでまず感動。

s-19年6月29日 (9)    s-19年6月29日 (10)

材木岩。   柱状節理の岩。   いっぱいの花。

s-19年6月29日 (11)

火山でできた岩ですね。  〇の中に変わった花。

s-19年6月29日 (12)    s-19年6月29日 (13)

これがスカシユリ。 他にはない。

s-19年6月29日 (17)    s-19年6月29日 (18)

青いのはハクサンシャジン。 ※ 普通はツリガネニンジンと呼ぶかな。
シャジンの花は好き。   右は、ノコギリソウ。

s-19年6月29日 (14)    s-19年6月29日 (20)

あるある。 いっぱいある。
薄紫はエゾネギ。  ※ アポイ岳には背の低いヒメエゾネギが。

黄色はイワベンケイ。  山でよく見る。  ここは山の上の気候か。

s-19年6月29日 (15)    s-19年6月29日 (16)

エゾカンゾウの群落。  岬への道は、もう少し行ったら草で見えなくなった。  ※ 別の道があったかな。

s-19年6月29日 (19)

道はここまで来てお終い。   遠くに大間崎。 

s-19年6月29日 (21)    s-19年6月29日 (22)

右の家並みの手前に港。 深い谷。

s-19年6月29日 (24)

いい紫。  何アザミでしょう。   ボケた白い花は、ドクダミ。  どこにでもある。
右は??。

s-19年6月29日 (26)    s-19年6月29日 (25)

戻る途中、港の階段を半分下りた。  物置の屋根が黒い。 初めて。

s-19年6月29日 (27)

さっきまで、向こうの港の方にいた。  花が見えたので、ここに寄った。
薄いピンクは、ハマヒルガオ。

右は、こっちも材木岩のよう。

s-19年6月29日 (28)    s-19年6月29日 (29)

さっきの港。  その向こうにいた。

s-19年6月29日 (36)

そうして、右の方。  岩にいっぱいの花。   全部スカシユリ。  さっき1つだけ見た、あの花。

s-19年6月29日 (31)    s-19年6月29日 (32)

足元にもあった。   花だけ大きい。   エゾネギもイワベンケイもある。

s-19年6月29日 (30)    s-19年6月29日 (33)

向こうに戻る。  遠くに奇岩。  赤石海岸。

s-19年6月29日 (35)

花がいっぱい見られていい日でした。
満足。

このように、岬の海岸に花があるんですね。
函館に渡ったら、立待岬周辺を歩いてみましょうか。

【記事紹介】

   仏ヶ浦は、奇岩怪石が続く、人の世ならぬ処。  北限のニホンザル。~佐井村・むつ市~  他  (2012/10/8)

【停泊場所】     大間港。     風が強く、朝になっても船の動きは見られなかった。

【明日の予定】    高台の展望台に。   函館に渡るのは2日です。   3日から天気は回復。

  都道府県別のブログタイトル一覧表は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg

   (放浪の旅Ⅱと放浪の旅Ⅰの両方です。 記事の総数は3700ほど。)
          
 ※ プロフィール・・・。 ⇒ ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、6位です
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、これです。                          
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ クリックが完了したら、国内旅行のランキングが表示されます。
                 表示された画面の「旅行」をクリックすると、旅行全体の順位が。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 
                 
  【拍 手】  拍手のクリックのバナーは、一番下に。    ※ 拍手は、ランキングとは関係ありません。
.
 
 
大間町と共に、風間浦村は本州最北に。
本州では中央から一番遠い。
  ・  ・  ・  ・  ・
自分は、北海道へはいつも大間から。  
フェリー代が安いってこともあって。

必ず下風呂温泉に寄る。  大湯という、共同湯がある。
村のことを調べていたら、別に村営の温泉があった。

新しい温泉の開拓ということで、今日はそっちに。
北の厳しい風景を見ながら走った。 (写真は27日に撮影)
    ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
             ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)

印は今日の温泉。   下風呂温泉はずっと右。  風間浦村の中心街は、左の方に。

s-19年6月29日 (1)    s-19年6月29日 (2)

下風呂温泉。  ここの港に停泊した。  

s-19年6月29日 (21)

烏賊(いか)様レースは、上の写真の左で。
本格的なイカ漁は、もう少ししてから。 レースはそのころから。

右写真は共同湯の大湯。  5分程、坂を上ったところに。 以前の写真。

s-19年6月29日 (22)    s-19年6月29日 (18)

目的の、桑畑温泉「湯ん湯ん♪」。 村営。  小高い丘の上に。

s-19年6月29日 (3)

が付いている。  歌うように楽しく言うのか。   津波来たらここに避難。
右写真、海が見えている。

s-19年6月29日 (5)    s-19年6月29日 (4)

温泉から、津軽海峡・北海道が見える。
湯船に、湯の成分が厚くくっ付いている。  写真のようににごって。

自分が入る時、すでに3人湯船の中に。
首まで浸かって目をつむり、修行僧のように。

右写真はロビーから。  ガラス越し。

s-19年6月29日 (20)    s-19年6月29日 (7)

7月の末から、東北はどこもにぎやかになる。   右はアンコウ鍋。

s-19年6月29日 (9)    s-19年6月29日 (8)

山の中にこんな石。  下に小さなお堂。  高さ25㍍。
港から2㌔。  

  ※ 山に100㍍入ったらクマがいそう。 温泉の前にも注意看板が。
  ※ 下北半島のクマは他とは孤立。 およそ100頭と言われている。
                       (狭い所に放し飼い??)
お年寄り同士の会話は、半分理解出来たらいいほう。
話の流れが分からなくなったら、チンプンカンプン。

s-19年6月29日 (10)    s-19年6月29日 (13)

3つの村が集まって、風間浦村に。  1つずつ字を取って。
  ※ 蛇間下村にもできた。  でも、これなら反対されるか。  

s-19年6月29日 (12)

新島襄。  下風呂温泉で一息ついて函館に。
函館の赤レンガ倉庫群を過ぎた辺りに、出航した場所が。 

※ 下風呂温泉の何旅館かは、調べたけど分からない。

s-19年6月29日 (11)

以前撮った写真。  若かりし新島襄。   右に赤レンガ倉庫群。
1864年のこと。 (記事は最後に)

  ※ 5年後の1869年に函館戦争。
    5月11日のこと。  土方歳三(ひじかたとしぞう)の仲間がここの左奥で戦っていた。 孤立気味。
    歳三は五稜郭から助けに向かった。 
    右側2㌔ほど向こうで銃弾に倒れた。 彼は、どんな厳しい戦いでも仲間の先頭に。

s-19年6月29日 (19)    s-19年6月29日 (17)

温泉の駐車場。  ここに桑畑小学校があった。  ※ 当時の写真はネット上にない。 

s-19年6月29日 (14)    s-19年6月29日 (6)

建物の左に下への階段。   子どもたちが通った道だ。

s-19年6月29日 (15)

国道を走る。  何だここは。   みんなバンザイしている。

s-19年6月29日 (23)    s-19年6月29日 (24)

遠くに風間浦村の中心街。   大間まで15㌔程。

s-19年6月29日 (25)    s-19年6月29日 (26)

反対側。  昆布が採れそうな海。

s-19年6月29日 (27)

風間浦港に。   船の下回りの整備。   下を重くして安定するようにしてますね。

s-19年6月29日 (28)

灯がぶら下がっている。 イカ釣りか。  間もなく本格的な漁が。    アンパンマンだ。

s-19年6月29日 (29)    s-19年6月29日 (30)

市街地を過ぎて駐車場。   トイレもある。
ここで停泊しようと考えた。  でも、イカを焼いて食べたくなった。

大間まで走った。  売っていたイカはまだ小さめ。 安い。 食べた。

s-19年6月29日 (31)

海に入って子供が遊べそう。

s-19年6月29日 (32)    s-19年6月29日 (33)

正面には北海道。   恵山が見える。 また登る。 火山の山。

s-19年6月29日 (34)    s-19年6月29日 (35)

今日は、風間浦村の温泉と海岸沿いの紹介でした。

【記事紹介】  

   弁天台場跡まで歩く。  函館の街並みの様子。  新島襄海外渡航碑。~函館市~ 森田童子、他 (2015/8/4)

【停泊場所】    大間岬パーキング。

【明日の予定】    大間のどこかを。  見晴らしのいい所に。

  都道府県別のブログタイトル一覧表は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg

   (放浪の旅Ⅱと放浪の旅Ⅰの両方です。 記事の総数は3700ほど。)
          
 ※ プロフィール・・・。 ⇒ ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、6位です
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、これです。                          
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ クリックが完了したら、国内旅行のランキングが表示されます。
                 表示された画面の「旅行」をクリックすると、旅行全体の順位が。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 
                 
  【拍 手】  拍手のクリックのバナーは、一番下に。    ※ 拍手は、ランキングとは関係ありません。
.
 
 
記事は昨日の続き。
殺伐とした風景の中を、上の方に。
  ・  ・  ・  ・  ・
人が亡くなったらお墓の中。 会いたくても会えない。
でも、恐山の信仰では、亡くなった人の霊は恐山に来るという。

霊に会えるものなら、会ってみたい。
そう考えて、恐山に人はやって来る。

もちろん、観光の人が多いわけですが。
    ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
             ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)

下北と言えば恐山。 (大間のマグロ)

s-19年6月27日 (1)    s-19年6月27日 (2)

下遠くに宇曽利湖(うそりこ)。 

s-19年6月27日 (3)

雰囲気が明るい。  浜は極楽浜と呼ばれる。
右写真は、賽(さい)の河原地蔵堂。  

鳥はカラスだけ。 ここのカラスの鳴き声は違う。
小鳥はいない。

s-19年6月27日 (5)    s-19年6月27日 (4)

亡くなった子供は、賽の河原で石を積む。
積みながら経を唱えるのか。 

  ※ なぜ石を積むかは昨日書いたけど、もっと深いことを知りたい。
    分かったようで分からない感じなので。

  ※ 仏教の考えを知らなければ、難しいのでしょうか。

鬼が壊して、泣きながら又積む。
可哀そうと、ここに来る人が手伝う。

s-19年6月27日 (6)

火山ガスは低い所を流れる。 子どもの方が吸い込みやすい。
積まれた石は、その流れを乱してくれるそう。 乱して薄める。

s-19年6月27日 (7)    s-19年6月27日 (8)

ここを創建した円仁のことですね。  
石の左部分を見ると円仁の顔。  左を向いて。

s-19年6月27日 (9)

塩屋地獄に来た。  恐山は活火山の山でも。

s-19年6月27日 (10)

お湯が噴き出ている。



地蔵堂に来た。  八角形の建物。

s-19年6月27日 (19)    s-19年6月27日 (13)

子どもがあの世で遊べるようにとおもちゃ。  わらじも。  
名前を書いて。  ちゃんと渡るように。

s-19年6月27日 (14)    s-19年6月27日 (15)

血の池地獄。 

s-19年6月27日 (20)

「 かへらずと 思う世わ あづさ夢  たのむ心の(わ) 身はこゝに 」

   ※ ネット上に解釈はない。 むずかしい。 
     古文の文法は分からない。 適当です。

   ※ 「 かへらずと 思う世わ」は、現生ですね。 人が生きている世界。
      元の世界に戻るのはあづさ夢だって言っている。。

      あすさ(梓)ってなんだ。
      これは梓弓(あずさゆみ)ですね。
      この弓は楽器でもあって、イタコがしゃべりながら鳴らす。(そんなイタコがいる)
      あづさ夢は、イタコの口寄せと同じで、実際はかなわぬ夢。

      たのむ心は、仏を信じる心ですね。
      そんな自分は、現生とは違う仏の世界にいる。

      亡くなった人が詠んでる歌ですね。

s-19年6月27日 (16)    s-19年6月27日 (17)

悲しい表情だ。  親と離れて一人ぼっち。
ここに来る人は、生きている幸せを確認し、わが子を今まで以上に愛おしく感じる。

右は、水子供養。

s-19年6月27日 (12)    s-19年6月27日 (18)

極楽浜。  死後の世界を仏教は示してくれる。 
それを信じれば、死への不安がいくら小さくなるような。

s-19年6月27日 (21)    s-19年6月27日 (11)

風車の音まで寂しい。  ※ 風車で風向きが。 硫化水素の流れが分かる。
            ※ 昨日行った釜臥山が。 レーダーが見えている。 左遠く。

s-19年6月27日 (22)    s-19年6月27日 (23)

湖は、強酸性。  ウグイがなんとか棲んでるよう。
藻が増えないから、独特の青。

s-19年6月27日 (24)    s-19年6月27日 (25)

いろんな地獄があって。

s-19年6月27日 (26)

五智山の上に。

s-19年6月27日 (27)

五知如来。   5つの如来像。  

s-19年6月27日 (28)    s-19年6月27日 (29)

修羅王地獄。   穴が見えている。
この一帯はどこも、ステッキで強く地面を突くと、軽い音がする。

地面の下に空洞があると分かる。

s-19年6月27日 (30)

戻ってきました。  塔婆堂。   右の柱は卒塔婆(そとうば)
右写真に8つの像。 変わった像。

   ※ 釈迦が死んだとき、骨を8つに分けた。 (集落が8つ)
     骨を納めたところが、卒塔婆。

     後の卒塔婆は供養のためにも建てるように。
     卒塔婆の立派なのは塔であり、五重塔とか。
     五重塔を建てるということは、釈迦を供養することに。(ネットから)     

s-19年6月27日 (31)    s-19年6月27日 (32)

最後に温泉に。  右の冷抜(ひえ)の湯に。  ※ 冷抜は中国語。 日本語に訳すると、冷え。
白い湯の花が沈んでいた。 入ったら、浮き上がってきた。  温度はちょうどいい。

s-19年6月27日 (33)    s-19年6月27日 (34)

風車の音に送られれて。

s-19年6月27日 (35)

何度か来ている恐山。  2日間に分けてみました。
元々あった自然に、人が手を加えて作った風景。

そうなんだけど、不思議な世界に入り込んでしまった。

【停泊場所】    大間港

【明日の予定】     記事は、風間浦村について。  

  都道府県別のブログタイトル一覧表は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg

   (放浪の旅Ⅱと放浪の旅Ⅰの両方です。 記事の総数は3700ほど。)
          
 ※ プロフィール・・・。 ⇒ ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、6位です
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、これです。                          
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ クリックが完了したら、国内旅行のランキングが表示されます。
                 表示された画面の「旅行」をクリックすると、旅行全体の順位が。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 
                 
  【拍 手】  拍手のクリックのバナーは、一番下に。    ※ 拍手は、ランキングとは関係ありません。
.
 
 
この世にあの世を作ろうとした。
霊場恐山はそんなところでしょうか。
  ・  ・  ・  ・  ・
恐山と呼ばれる8つの山に囲まれて、霊場恐山が。
殺伐とした景色の中に、宇曽利湖(うそりこ)。
そこだけ青く輝く、天国のようでも。

無数の小さな石の山。
あちこちで風車が廻る。

死者の霊(魂)に会いに来る人も。
イタコは、死者の霊を自分に移し、死者に代わって話す。
    ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
             ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)

下北半島の山の中。

s-19年6月26日 (1)    s-19年6月26日 (2)

観光地としても人気の霊場。 

s-19年6月26日 (4)

拝観料500円。 ※ 温泉付き。  総門から入る。

s-19年6月26日 (5)

大きな六地蔵。  ここは、むつ市の市街地にある円通寺の奥の院。
本尊は地蔵菩薩。  人々を苦しみから救う。

周りの山は、蓮華の花のように。 花の中に霊場。

s-19年6月26日 (6)    s-19年6月26日 (7)

正面に仁王門。  左の手前は休憩所。 その向こうに本堂。  右に、寺務所と宿坊。

s-19年6月26日 (8)

大きな仁王門。

s-19年6月26日 (9)

本堂。  入り口の上に木彫り。
意味は、子どもが大きなツボに落ちた。

他の子は知恵を働かせて、ツボを割った。 
子どもは流れ出て助かった。  中国の故事からですね。  他でも見ます。 

s-19年6月26日 (10)    s-19年6月26日 (11)

仁王様。  木彫りの上に岩絵具。 ※ 岩絵具は、輝きが長持ちするよう。(ネットの情報)

s-19年6月26日 (12)    s-19年6月26日 (13)

仁王門をくぐって正面に、地蔵殿。 本尊の地蔵菩薩はここに。
右の小さな建物は温泉。 以前入った。 硫黄の匂い。 必ず窓を開けて。

s-19年6月26日 (15)    s-19年6月26日 (16)

左側にも。  右が男湯。  最後に入る。

s-19年6月26日 (17)

地蔵殿。  説明を読むと、開山堂でもあるのか。 古い歴史。

s-19年6月26日 (18)    s-19年6月26日 (20)

ここは再び通らないので、振り返って。  山の上に行く。 お不動様がいる。

s-19年6月26日 (19)    s-19年6月26日 (21)

向こうには後で。  宇曽利湖(うそりこ)が見える。

s-19年6月26日 (22)    s-19年6月26日 (23)

上がってきた。 説明は、総門にあったのと同じ。

s-19年6月26日 (24)

お不動様。  本尊の地蔵菩薩の化身。 
厳しい表情で人を助ける。 

s-19年6月26日 (25)    s-19年6月26日 (26)

戻る途中。

s-19年6月26日 (27)ppp

火山ガス(亜硫酸ガス)が漂っているため、草はない。   大師堂。

s-19年6月26日 (28)    s-19年6月26日 (29)

死者はあの世への旅。 それで草履や手ぬぐい。
風車は、亡くなった子供のおもちゃ。 輪廻(りんね)を表すとも。(死んでまた生まれ変わって・・)

カラカラと回る音が寂しい。

s-19年6月26日 (30)    s-19年6月26日 (31)

亡くなった子供は、親より早く死んで申し訳ないと、供養のために石を積む。
地獄の鬼が壊す。 子どもは泣き泣きまた積む。

それが可愛そうと、ここに来る人が積んで助ける。

s-19年6月26日 (32)    s-19年6月26日 (33)

恐山に墓は無くても、死者の魂はここに来ていると昔から人々は考えた。
だから、亡くなった人の名前を叫ぶ人がいる。

s-19年6月26日 (34)

地蔵様があちこちに。   大事にされている。

s-19年6月26日 (35)    s-19年6月26日 (36)

今日はここまで。 明日はこの続きです。
賽の河原八角堂と宇曽利湖(うそりこ)の方に行きます。

【イタコの口寄せについて】

口寄せは、7月の恐山大祭の時に。 下のような小さな小屋で。 YouTubeから。
イタコは青森市や八戸市から来る。

s-19年6月26日 (3)

上の動画は声が聞こえない。 下のを紹介。 
イタコは死者に代わって、こんな感じで話します。
     (死者が標準語や英語を話した人でも、イタコが死者に成り代わって話すと、地元の言葉に)



【停泊場所】     下風呂温泉の港。   

【明日の予定】     記事は、恐山(その2)。   共同浴場にはいって、どこかを散歩。

  都道府県別のブログタイトル一覧表は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg

   (放浪の旅Ⅱと放浪の旅Ⅰの両方です。 記事の総数は3700ほど。)
          
 ※ プロフィール・・・。 ⇒ ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、6位です
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、これです。                          
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ クリックが完了したら、国内旅行のランキングが表示されます。
                 表示された画面の「旅行」をクリックすると、旅行全体の順位が。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 
                 
  【拍 手】  拍手のクリックのバナーは、一番下に。    ※ 拍手は、ランキングとは関係ありません。
.
 
 
下北半島は本州だけど、他と雰囲気が違う。
北海道に似た荒涼とした風景を走って、むつ市に。
  ・  ・  ・  ・  ・
釜臥(かまふせ)山に行きたい。
登山道が不安なので、車で頂上に。

展望台があって、そこからの風景は格別だった。
恐山も見えるとは知らなかった。

大きなレーダーがあった。
2年前、北朝鮮のミサイルを中心になって追ったのはこれだった。
           (展望台の管理者の方のお話し)
    ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
             ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)

上からの道で。  登山道が下に見える。

s-19年6月25日 (1)    s-19年6月25日 (2)

むつ市に向かっている。 北海道を走ってる雰囲気。

s-19年6月25日 (33)    s-19年6月25日 (34)

恐山に向かって走り、数㌔手前で左に曲がり頂上に。

s-19年6月25日 (3)

途中に恐山展望台。   霊場の奥が見えた。

s-19年6月25日 (4)    s-19年6月25日 (5)

先に進んでむつ湾展望台。     大きなレーダーの左下に展望台。

s-19年6月25日 (6)    s-19年6月25日 (9)

むつ市の市街地が見える。  左奥に尻屋崎(しりやざき)。

s-19年6月25日 (7)    s-19年6月25日 (8)

車載カメラで。  もうすぐ。  ゲートが2ヶ所。

s-19年6月25日 (35)

展望台に着いた。  管理人さんは駐車場にいて、親切。   トイレのこと、見える景色のこと。
登山道はスキー所からあると。 でも、動物がいるから1人では危険と。

s-19年6月25日 (10)    s-19年6月25日 (11)

屋上。

s-19年6月25日 (12)    s-19年6月25日 (25)

まず、恐山。   湖は宇曽利湖(うそりこ)。  ※ 宇曽利山湖とも。
湖の周辺の山全体が、恐山。

でも霊場恐山のことを、恐山ともいう。   恐山に行くと言えば、霊場恐山のことですね。
駐車場は見えていない。

s-19年6月25日 (13)    s-19年6月25日 (14)

北方面。   北海道が霞んで。  〇の中に恵山。 活火山。 恐山に負けない風景。

s-19年6月25日 (15)    s-19年6月25日 (16)

むつ市の市街地。   左奥に尻屋崎。   そこに、尻屋埼(しりやさき)灯台。

  ※ 昨年から参観灯台になった。  全国16番目。
    今回行く予定でいた。 調べたら事情があって、今年の参観は7月13日から。 別の機会にですね。

  ※ 最北端、最東端などの言葉があるけど、最東北端という表現は聞かない。
    もしあれば、尻屋崎は本州最東北端ですね。  

s-19年6月25日 (17)    s-19年6月25日 (18)

大湊(おおみなと)駅が見える。  本州最北の終着駅。  この一帯は昔、大湊町ですね。

   ※ 本州最北の駅は、隣の下北駅。 最後に紹介。

s-19年6月25日 (19)    s-19年6月25日 (20)

市の中心街と、右を見たら陸奥湾。 海岸線を走ってきた。

s-19年6月25日 (21)    s-19年6月25日 (22)

そして、自衛隊のレーダー。  同じなのは、他にも全国に3つほど。(管理人さんの話)
北朝鮮のミサイルを最後まで追ったのは、このレーダーだそう。

s-19年6月25日 (23)    s-19年6月25日 (24)

市街地の反対側。 津軽の山だけど、山の名前は分からない。

s-19年6月25日 (26)    s-19年6月25日 (27)

展望台の中に、夜景の写真。  確かに、アゲハの形。

s-19年6月25日 (28)    s-19年6月25日 (29)

こんな人が。  地元を中心に活躍されている。   動画で紹介。

s-19年6月25日 (30)

今晩の停泊所は、恐山の駐車場。  受付で許可をいただいて。  レーダーが見える。

s-19年6月25日 (32)    s-19年6月25日 (31)

釜臥山には、もっと早く来ていてもよかったですね。
いい風景でした。   管理人さんに親切にしていただき、感謝。

【今日の歌】     【灯りを灯そう】CD発売記念ライブ!&むつ副市長訪問 

   ※ 1分10秒から  北の終着駅
   ※ 4分20秒から  未来に輝夜景(かがやけ)
   ※ 10分ころから   灯を灯そう。 

       どの曲もいいですよ。  板橋さんは目が見えない。 心で鋭く見ているのでしょうか。



【記事の紹介】

   下北駅は本州最北の駅。 本州最北のコンビニで買い物。 八戸から大間まで走る。~むつ市他~ 他 (2018/7/4)
   恵山は、地獄の中に聳え立っていた。  水無海浜温泉は、混浴露天風呂。~函館市~ 他 (2013/7/19)

   川内川渓谷。 安部城鉱山跡。 イチョウの木の、お乳(?)。 旧大湊水源地水道施設。~むつ市~ 他 (2014/9/22) 
   かもしかラインを走って、湯野川温泉へ。  濃々園は、ヒバの香り漂う湯。 他。~むつ市川内町~ 他 (2014/9/20)

   尻屋崎の寒立馬、ニッコウキスゲ他。  下風呂温泉。~東通村他~ 桜木紫乃さん、直木賞。 (2013/7/17)

【停泊場所】     霊場恐山の駐車場。(受付に了解をいただいて)

【明日の予定】    霊場恐山の見学。  温泉もある。

  都道府県別のブログタイトル一覧表は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg

   (放浪の旅Ⅱと放浪の旅Ⅰの両方です。 記事の総数は3700ほど。)
          
 ※ プロフィール・・・。 ⇒ ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、6位です
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、これです。                          
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ クリックが完了したら、国内旅行のランキングが表示されます。
                 表示された画面の「旅行」をクリックすると、旅行全体の順位が。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 
                 
  【拍 手】  拍手のクリックのバナーは、一番下に。    ※ 拍手は、ランキングとは関係ありません。
.
 
 

openclose

04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。