FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

桜丘駅を見に行った。 上野ファームに近いということで。
人が集まっていて、ある列車を待っていた。
大河が再び始まった。 楽しみが増えた。
   ・  ・  ・  ・  ・
列車の名前は、THE ROYAL EXPRESS~HOKKAIDO CRUISE TRAIN。
              (ザ・ロイヤル エクスプレス 北海道クルーズトレイン)
3泊4日で、一人68万円。  どんな人たちが乗るのでしょう。
桜丘駅を、3時15分頃通った。

今日から、麒麟がくるが再開。
誰が誰だか、思い出しながら見た。

   ※     ※     ※     ※  ランキング ありがとう!!   ブログタイトル一覧は、右をクリック burogutaitoru656.jpg        
                ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)
   ・  ・  ・  ・  ・ 
緑〇は上野ファーム。   下の方に、旭山動物園。

s-20年8月30日 (1)

この後車が集まる。

s-20年8月30日 (30)

石北線の駅。 北見・網走に行く路線。  こ線橋に上がってみる。

s-20年8月30日 (3)  s-20年8月30日 (4)

上野ファームまで歩いて10分ほど。  当麻(とうま)方面。

s-20年8月30日 (5)(1) 

駅のホーム。 普段は誰もいない。

s-20年8月30日 (6)

普通列車がやって来た。  旭川行き。

s-20年8月30日 (7)  s-20年8月30日 (8)

旭川から、別のが来た。 この秋は、どこかで列車に乗りましょうか。
廃線のうわさがあれば、必ず。   今はもうない、留萌線の増毛・留萌間の記事

s-20年8月30日 (9)  s-20年8月30日 (10)

それぞれが行った。 今日は列車が見れただけで十分。
列車が行っても誰も帰らない。  近くの人に聞いた。

s-20年8月30日 (11)  s-20年8月30日 (12)

東急の豪華観光列車『THE ROYAL EXPRESS』が北海道に来た。
28日に札幌を出ている。  道東に行って戻ってきた。  それが通るという。

s-20年8月30日 (32)  s-20年8月30日 (2)

ぜいたくな旅。 68万円か~。  
s-20年8月30日 (31)

当麻駅を出て間もなく通ると放送。 来た来た。

s-20年8月30日 (13)  s-20年8月30日 (14)

黄色は電源車。 本州の電車は北海道を走れない。 電線の無い所もあるし。 他の何かも違う。

s-20年8月30日 (15)

無骨な電源車も格好良く見える。

s-20年8月30日 (16)  s-20年8月30日 (17)

中は見えない。 人が集まるから、客はうれしい。  優越感??

s-20年8月30日 (18)

列車の旅は、旅してるって感じ。(??)

s-20年8月30日 (19)

一気に行く。 中の人、手を振ってるかも。

s-20年8月30日 (20)

最後尾は白い列車。  全部で3色。

s-20年8月30日 (21)

行っちゃった。 つかの間の楽しみ。

s-20年8月30日 (22)  s-20年8月30日 (23)

この後、当麻の道の駅に。 近い。
テレビが入るか確認。  

この日のために、テレビはカーナビのテレビと同じ仕組みで映るように。
勝手に電波を探してくれる。  すべて、Oさんが考えてくれた。

駒は東庵と喧嘩した。 出てきた。 旅芸人の伊呂波太夫の所に。
京の街中で不思議な人に出会った。  後の足利義昭。 足利家最後の将軍。

s-20年8月30日 (24)

※ こんなことがあった。 越前でのこと。
  光秀に玉が生まれていた。 ある時、訪ねて来た細川藤孝に抱かれた。
  じっと見つめて泣かない。  玉は後の細川ガラシャですね。 細川家に嫁ぐ。

光秀は将軍に呼ばれた。(藤孝が伝えた)  13代将軍、足利義輝。
麒麟がくるという言葉は、義輝が父から聞いていた。

それが、どういう形かで光秀に。
火災の中から駒を助けたのは、光秀の父。 駒も助けられた時、聞いたんでしたっけ。(記憶があやふや)

足利時代の将軍は、次第に名ばかりになっていく。 天皇も。
義輝は多くの力ある武将に見放されていく。

藁(わら)をもつかむ思いで、光秀を京に呼ぶ。 越前から。

s-20年8月30日 (26)

能を見ないかと呼ばれて。
光秀の世に出るきっかけは、この日スタートする。

s-20年8月30日 (27)  s-20年8月30日 (28)

光秀は、織田信長を紹介した。 義輝は、その話に足利家の将来を託す。
彼はこんなことを光秀に言った。
    「山は大きい方がいい。 登り切るとよい眺めじゃ」

そして、光秀は尾張に向かう。

s-20年8月30日 (29)

信長どう動くか。  義輝は信長の未来を切り開いたとも・・。
来週楽しみです。

 ※ 医師の東庵は、駒に謝ることになりそう。

自分は、ローカル線に乗りたい。
酒飲みながら旅してる番組を見た。 あれがいい。

【道の駅】    とうま

【明日の予定】  北オホーツクに、サケ釣りを見に行く。 涼しい。  山は戻ってから。         

   都道府県別のブログタイトル一覧表は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg

   (放浪の旅Ⅱと放浪の旅Ⅰの両方です。 記事の総数は4300ほど。)
          
 ※ プロフィール・・・。 ⇒ ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、4位です。 
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、これです。                          
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ クリックが完了したら、国内旅行のランキングが表示されます。
                 表示された画面の「旅行」をクリックすると、旅行全体の順位が。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 
                 
  【拍 手】  拍手のクリックのバナーは、一番下に。    ※ 拍手は、ランキングとは関係ありません。

※ CMを載せるのには、時間がかかりそう。 自分には無理。 調べてやってみたけど。
.

スポンサードリンク

 
 
春の早く、九州の山に登っていた。  あっちこっちに。
そうしたら、コロナ騒ぎ。 登山も自粛に。
   ・  ・  ・  ・  ・
9月に入ったら、また登ることに。
その準備を進めている。

クマの問題があって困るけど。
出来るだけ、単独では行かないように。 知らない人の後ろを。

今日は、見学の時間は無くなった。
   ※     ※     ※     ※  ランキング ありがとう!!   ブログタイトル一覧は、右をクリック burogutaitoru656.jpg        
                ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)
   ・  ・  ・  ・  ・ 
モンベルから注文の品物が入荷したと連絡。
そっちの方を走ってみる。

s-20年8月29日 (1)

旭岳への途中にモンベル。  東川町の市街地。  ここは道の駅でも。
駐車場は狭く、モンベルの駐車場なのか、道の駅の駐車場なのか、間違う感じ。

s-20年8月29日 (4)  s-20年8月29日 (24)

下の靴を。 軽い荷物での小さな山は、この靴。

  ※ 必要なものしか持たなければ、リュックは5㌔ちょっと。
    軽快に動ける。
       ※ 筋トレは18㌔を背負ってるので、軽く感じる。
  ※ 山でコーヒーやカップ麺の時は、リュックは7~8㌔程。
    別の少し大きなのを背負って。  冬は少し重くなる。

右のカッパが目について、ついでに。 上着でもあって、軽い。 こんな色初めて。  からし色(マスタード)。
ダークネイビーのズボンに合うと思って。 店の人も勧めてくれた。  靴に合うソックスを1つ。

s-20年8月29日 (3)  s-20年8月29日 (2)

何を見るということなく、山に向かった。  稲穂が黄色くなってきた。  上着の色。

s-20年8月29日 (5)

右に、東川第三小学校。
先日の記事に、自分は中川町の国府にいたと。

その時の校長先生が数年後ここに来た。
旭川駅で一度見た。 児童も一緒。 声をかけにくかった。 高校生の頃。

s-20年8月29日 (6)

道の駅が狭かったらここに来ればいい。 停泊できる。

s-20年8月29日 (7)  s-20年8月29日 (8)

左に見える家の雰囲気が好き。

s-20年8月29日 (9)

忠別川を渡る。  手前から左に入ると湧水。 そこまで10㌔なので行かない。 そこ記事はここに

s-20年8月29日 (10)  s-20年8月29日 (11)

ここは東神楽。  別の道で旭川に戻る。   おもちゃのような塔をつくる人がいる。 城をつくる人も。

s-20年8月29日 (12)  s-20年8月29日 (13)

クマが出そう。 どこにでもいる。

   ※ 余談  ライオンやトラは、相手の息の根を止めてから食べ始める。
         ヒグマの食べ方は違う。 相手が生きていても、噛みついて食べ始める。
         骨を噛み砕く力がある。 だから、悲鳴とゴリゴリって音が両方。(昔のクマ事件の時の証言)

s-20年8月29日 (14)  s-20年8月29日 (15)

東神楽森林公園を通る予定だった。 道を間違った。  池があっていい雰囲気の公園。
 
  ※ 余談 12日の法事の後、そこの温泉で食事。
        その日の法事で珍しいものを聴いた。 姉の家に曹洞宗の坊さんが来て。
        曹洞宗のご詠歌。 若い人だったけど上手。 感動。 法事だってことを忘れた。
        こんなのです。  チリ~ンがいい。    

広い丘に出た。 美瑛でなくても、いい丘はありますね。

s-20年8月29日 (16)

東方向から旭川空港に。 奥の平らな所の建物は、みんな空港関係。  
気温は20度ない。 昨日の旭川は、34度。

s-20年8月29日 (17)  s-20年8月29日 (18)

左に滑走路。  北の端。

s-20年8月29日 (19)

旭川~富良野間の国道に向かっている。 信号で停まった。
交差点まで10㍍はある。 でも自分は、一時停止を10㍍過ぎてしまった。

一時停止は、交差点20㍍手前に。 どういうことでしょう。
予想だけど、ここは下り坂。   冬は簡単に停まれない。  それで用心してこうかなと。

s-20年8月29日 (20)

富良野線を渡ったら国道。

s-20年8月29日 (21)

国道237に出た。 追い越していった。

  ※ 余談 昨日こんな事が。 オロロン街道でのこと。
       後ろの乗用車が自分の車を抜こうとした。
       目の前は右カーブ。 乗用車が自分の車を抜きかけた時、大型トラックが急に現れた。
       自分もトラックもそのまま走っていたら、正面衝突かも。
       どっちも乗用を助けた。 一瞬、少し外側に除けた。 軽くブレーキを踏んで。
       乗用車は、その隙間を抜けて行った。 2台の車の対応には、きっと気づいていない。

s-20年8月29日 (22)

旭川市西神楽。  この一帯には、神楽とか聖和とか千代ヶ岡とか、目出たい名前が多い。
自信はないけど、明治の時代に、今の上川神社の所に、北の離宮がつくられようとした。 それと関係あるかなって。

s-20年8月29日 (23)

数日したら、また30度に戻る。
北海道の夏は、まだ終わらない。

【停泊場所】    姉の家の前

【明日の予定】    天気が悪い。  濡れないで見学できるところに。  午後、止むかもしれない。

   都道府県別のブログタイトル一覧表は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg

   (放浪の旅Ⅱと放浪の旅Ⅰの両方です。 記事の総数は4300ほど。)
          
 ※ プロフィール・・・。 ⇒ ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、4位です。 
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、これです。                          
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ クリックが完了したら、国内旅行のランキングが表示されます。
                 表示された画面の「旅行」をクリックすると、旅行全体の順位が。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 
                 
  【拍 手】  拍手のクリックのバナーは、一番下に。    ※ 拍手は、ランキングとは関係ありません。

※ CMを載せるのには、時間がかかりそう。 自分には無理。 調べてやってみたけど。
.

スポンサードリンク

 
 

openclose

07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。