fc2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

山口県に入ったら無津具(むかつく)に行くつもりでいた。
そして楊貴妃の里にも。   そうしたら、偶然同じ場所だった。
   ・  ・  ・  ・  ・
楊貴妃が日本に来てたなんて99%信用しない。
でも、1%が気になる。 何があったんでしょう。

東後畑の棚田、いい風景だ。
眺めていたら思い出した。 一度来ていた。(10年前)  ※ 写真は28日に撮影。
   ※     ※     ※     ※  ランキング ありがとう!!   ブログタイトル一覧は、右をクリック burogutaitoru656.jpg        
                ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)
   ・  ・  ・  ・  ・ 
全体が無津具半島と、半島に入って知る。 赤〇に棚田。

s-20年11月29日 (1)(1)  s-20年11月29日 (2)

ここです。 狭いけど駐車場。

s-20年11月29日 (15)

広く平らな土地はどこにもない。 ここ以外も、みんな棚田。 

s-20年11月29日 (9)

東後棚の棚田は、見晴らしがいいのが特徴。
下の方にため池。 あの下にも棚田がありそう。

s-20年11月29日 (10)  s-20年11月29日 (11)

川はないとある。 あっても細く短い川。 春の小川のようには流れない。
それで、どこにでもため池。  

5~6月には漁火(いさりび)だという。 
右写真は、ながと観光なびからお借り。 ※ 漁火恋歌はここに。(YouTube)

s-20年11月29日 (12)  s-20年11月29日 (5)

山側には集落も。 説明にある大きなため池。  命の水のように大事に使う。

s-20年11月29日 (13)  s-20年11月29日 (14)

10年前の写真。

s-20年11月29日 (36)  s-20年11月29日 (6)

細い道を走って、無津具(むかつく)に着いた。 機嫌よく。

s-20年11月29日 (16)

すぐ山側に二尊院への道。 無津具とある。

s-20年11月29日 (17)  s-20年11月29日 (18)

白くお化粧したお地蔵様。 前掛けもかぶりも新しい。 大事にされて。 美人さん。

s-20年11月29日 (19)  s-20年11月29日 (20)

正面に本堂。 右行って楊貴妃の墓。

s-20年11月29日 (21)

ここだ。 

s-20年11月29日 (22)

楊貴妃は乱の後殺された。 でも日本に逃げてきたと。
空艫船(うつろぶね)で来たとある。 どんな船でしょう。

  ※ 空艫を「うつろ「」と読ませているのは、ここの楊貴妃関係の記事だけ。 
    この説明にあるからそうなっているのか。

    ネット上にあるのは、すべて空艫(そらども)。
    空艫は、ふねの後ろの出っ張ってる部分。 舵(かじ)を囲むように。

    説明の船は、舵の付いた帆船と分かりますね。
    10人ほど乗れる小型の船でしょうか。 海流に乗って。 ※ 遣唐使船は大きい。
    
s-20年11月29日 (23)

伝説の根拠は、江戸時代に書かれたこの地に伝わる話をまとめた寺伝ですね。
※ 伝説を調べた人がいて、船で来るのは可能としている。  この記事に

20年11月29日 (3)  20年11月29日 (4) 

楊貴妃伝説は天草にもあって、そこではこんな可能性もと。
昔々、ある女性が中国から来た。(船が遭難したかして)
その女性はきっと楊貴妃だったのではと。

上の説明に京都の清凉(せいりょう)寺のことが。
そこには、中国から持ち込まれた、国宝中の国宝、迦如来如来立像がある。

それと楊貴妃伝説を関連付けたのではないでしょうか。
        ※ 研究が進んで今は無理と分かるけど。 清凉寺の記事

下の像は、京都の泉涌寺(せんにゅうじ)にある楊貴妃観音の像。 中国から。
右は遊びで。 佐賀県の山の中で見た石像。 楊貴妃はふっくらしていたとも。 勝手に楊貴妃観音と名付けた。

s-20年11月29日 (8)  s-20年11月29日 (7)

これが墓と言われる五輪塔。 鎌倉時代に造られた。

  ※ 楊貴妃は奈良時代の人。 渡ってきたとすれば、亡くなったとされる756年か少しあと。
    その時代の中国の何かが、この地で発見されたら完璧ですね。
    ここ二尊院は、その頃はまだ無い。 

s-20年11月29日 (24)  s-20年11月29日 (25)

下の風景。 本堂に行く。

s-20年11月29日 (26)  s-20年11月29日 (27)

楊貴妃像。 いいかどうかは?

s-20年11月29日 (28)  s-20年11月29日 (29)

方言が面白い。 なんとなく伝わってきますね。
二尊院ですから、阿弥陀如来と釈迦如来の像がある。
  
  ※ 釈迦如来の方は、清凉寺の上に書いた釈迦如来立像に似せている。(珍しいことでなく)

s-20年11月29日 (30)  s-20年11月29日 (31)

こんなの造って。 休憩所。   別の道を戻る。

s-20年11月29日 (32)  s-20年11月29日 (33)

釣り人が来るのでしょうか。 この後、戻る。

s-20年11月29日 (34)  s-20年11月29日 (35)

楊貴妃伝説は伝説ですから、それでいいんですね。

日本に来た可能性は、1%はあるかも知れませんよ。
信じて調べてる学者がいますから。

【駐車場】   どちらにも駐車場があります。  二尊院は、自分は港に。

【記事紹介】   海辺の棚田を1つ紹介。  浜野浦の棚田(佐賀県)
         変わった名前の駅と温泉を。 半家(はげ)駅。  乳頭温泉

【その他】   大河で奈良の興福寺が紹介された。 奈良は筒井順慶の領地だったので。 
        興福寺の記事。 順慶は、記事の中の、五重塔・東金堂・三重塔(全部国宝)を見ている。 猿沢池も。

        ※ 国宝館に、阿修羅像があります。 もっとも有名な仏像の1つですね。
        ※ 東大寺の大仏殿は、筒井順慶・松永久秀たちの戦いで燃えてしまった。 

【道の駅】   北浦街道 豊北(下関市)

【明日の予定】    川尻岬に。 灯台も。  ※ 写真は撮ってあります。

【カメラ・レンズ】  フジフイルム、X-H1 XF 18-135mm f 3.5-5.6   

    都道府県別のブログタイトル一覧表は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg

   (放浪の旅Ⅱと放浪の旅Ⅰの両方です。 記事の総数は4300ほど。)
          
 ※ プロフィール・・・。 ⇒ ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体、3位です。 
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、これです。                          
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ クリックが完了したら、国内旅行のランキングが表示されます。
                 表示された画面の「旅行」をクリックすると、旅行全体の順位が。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 
                 
  【拍 手】  拍手のクリックのバナーは、一番下に。    ※ 拍手は、ランキングとは関係ありません。

※ CMを載せるのには、時間がかかりそう。 自分には無理。 調べてやってみたけど。
.

スポンサードリンク

 
 
元々は、龍宮の潮吹きがある景勝地。
そこに鳥居がいっぱいの神社を造ったら一大観光地。
   ・  ・  ・  ・  ・
今回行ってみて観光地って作れるんだなと思った。
パワースポットや歩きたくなる道などのアイディアで。

人の多いところは行かないでいた。
今日は驚き。 ぱっぱと写真を撮って戻った。
   ※     ※     ※     ※  ランキング ありがとう!!   ブログタイトル一覧は、右をクリック burogutaitoru656.jpg        
                ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)
   ・  ・  ・  ・  ・ 
全体が無津具(むかつく)半島。 左の方の楊貴妃の里が無津具地区。
無津具の名前は知っていた。 変わった地名の本に載っている。 

s-20年11月28日 (1)  s-20年11月28日 (2)

最初に千畳敷。 海岸の岩の場所かなと思ったら山の上。

s-20年11月28日 (3)  s-20年11月28日 (4)

半島の見どころ。 今日は半島全体を見学。 3日分の写真を撮って。

  ※ 明日日曜は大河が入る。 山の中にいたら、テレビが映らない。 それで忙しくなった。
    最後に、薄暗くなって川尻(かわしり)岬にも。 灯台と。

s-20年11月28日 (5)  s-20年11月28日 (6)

展望台からの風景が見事。 金子みすゞの故郷は写真の右向こうに。  仙崎。 記事は最後に紹介。

s-20年11月28日 (7)  s-20年11月28日 (8)

山の上が削り取られたように平ら。 標高333㍍。   大道芸の練習か。

s-20年11月28日 (9)  s-20年11月28日 (10)

元乃隅(もとのすみ)稲荷神社に来た。 広い駐車場。 バスも数台。

s-20年11月28日 (11)

お参りする神社があちこちに。 鳥居の下を歩いてみたくなる。 龍宮の潮吹きは、先の方の右側。

s-20年11月28日 (12)  s-20年11月28日 (13)

若い人が多い。  願いが叶うパワースポット。 本殿かなと思うところは、小さい。
ここは個人の神社。  どこの組織にも入ってない。 単独。

s-20年11月28日 (14)  s-20年11月28日 (15)

人が多くなったのはここ数年という。(駐車場の人) 駐車場とか整備して。
 ※ 投げる賽銭箱は、今はやって無いよう。

s-20年11月28日 (16)  s-20年11月28日 (17)

どっちみても風景がいい。 元々、景勝地だった。 龍宮の潮吹きって何だろうと、だれもが思う。

s-20年11月28日 (18)  s-20年11月28日 (19)

人が多いからみんなマスクしている。 
山陰地方の田舎に行くと、地元の人はしてない人が多い。 店に入るときはしても、歩くときはしない。

s-20年11月28日 (20)

危ない所にも人が。 今日から急に寒くなった。 もう少しで12月。 はやいな~。

s-20年11月28日 (22)  s-20年11月28日 (23)

鳥居をくぐってみる。 何かご利益はあるのか。
 ※ キツネはネズミを食べるから稲荷神社の神はキツネ。 元々は稲作の神。 今は何でも。

s-20年11月28日 (24)  s-20年11月28日 (25)

赤い橋もそうですが、赤は自然に映(は)えますね。

s-20年11月28日 (26)

岩場に来た。

s-20年11月28日 (27)  s-20年11月28日 (28)

柵はないから、危険は自分で判断。

s-20年11月28日 (29)  s-20年11月28日 (30)

この下が、龍宮の潮吹き。 今日は波が荒いからいいのが見られる。

s-20年11月28日 (31)

こっちに来た。 波しぶきが高く上がる。 下が洞窟になっている。
たてに岩の筋が見える。 左右の岩盤の質は違うよう。

s-20年11月28日 (32)  s-20年11月28日 (33)

この後はまた、人の少ない所です。

【駐車場】    乗用車300円。 キャンピングカー500円。

【記事紹介】   金子みすゞの故郷、仙崎の記事

【道の駅】    北浦街道 豊浦(下関市)  向津具(むかつく)半島の写真を3日分撮った。 そして移動。

【明日の予定】   東後畑棚田と楊貴妃の里。 楊貴妃の里は向津具(むかつく)地区に。 

【カメラ・レンズ】  フジフイルム、X-H1 XF 18-135mm f 3.5-5.6   

    都道府県別のブログタイトル一覧表は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg

   (放浪の旅Ⅱと放浪の旅Ⅰの両方です。 記事の総数は4300ほど。)
          
 ※ プロフィール・・・。 ⇒ ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体、3位です。 
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、これです。                          
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ クリックが完了したら、国内旅行のランキングが表示されます。
                 表示された画面の「旅行」をクリックすると、旅行全体の順位が。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 
                 
  【拍 手】  拍手のクリックのバナーは、一番下に。    ※ 拍手は、ランキングとは関係ありません。

※ CMを載せるのには、時間がかかりそう。 自分には無理。 調べてやってみたけど。
.

スポンサードリンク

 
 

openclose

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。