fc2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

川本町に来てるから、中心街を歩かなければ。
川を挟んだ山の中腹に、仙岩(せんがん)寺。 そこにも。
   ・  ・  ・  ・  ・
町の中は四角い建物ばかり。
洪水にあって、古い家はなくなったよう。

仙岩寺は参道から荒れ放題。 クマが出そう。
スマホを忘れた。 怪我はできないから不安。
   ※     ※     ※     ※  ランキング ありがとう!!   ブログタイトル一覧は、右をクリック burogutaitoru656.jpg        
                ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)
   ・  ・  ・  ・  ・ 
コンビニや大型商店がない。 それは、道の駅の方。
昔からの商店はいっぱい。

s-20年11月13日 (1)  s-20年11月13日 (2)

まず、旧石見(いわみ)川本駅に。  

s-20年11月13日 (3)  s-20年11月13日 (4)

銀行が駅舎を利用。 それでこの状態。 列車が来そう。

s-20年11月13日 (6)  s-20年11月13日 (5)

交通機関は列車の時代が、長く続いた。

s-20年11月13日 (39)

駅前の様子。 どこかの報道が撮影中。
ここは、石見銀山街道の川本宿だった。

s-20年11月13日 (7)  s-20年11月13日 (8)

この道が旧街道でしょうか。  メインの道。  白い紙が下がっている。 お祭りかな。
昭和47年の洪水で多くの家を失う。 明治からの古い感じの家はない。 こんな洪水。image1.jpg 

s-20年11月13日 (9)

中心街から離れた、少し高いところには古い立派な家があった。
家並みを出たら、高い堤防。 行ってみる。

線路を渡ったらダメとあったが、行ってしまえ。?。
〇に仙岩寺。 見たら行きたくなる。

s-20年11月13日 (10)  s-20年11月13日 (11)

向こうの橋を渡っていく。

s-20年11月13日 (12)

このように見える。 
車で行くことに。  戻る。

s-20年11月13日 (13)  s-20年11月13日 (14)

弓ヶ峰八幡宮に寄る。

s-20年11月13日 (15)

お祭りの案内があった。 明日明後日の土日。  前夜祭や神楽は中止。

s-20年11月13日 (17)  s-20年11月13日 (16)

車で向かった。  空き地があったので、そこに車。

s-20年11月13日 (18)

いい風景だ。

s-20年11月13日 (19)  s-20年11月13日 (20)

ここから上がる。  不安な道。

s-20年11月13日 (21)  s-20年11月13日 (22)

大丈夫かな。 スマホを忘れた。  怪我はできない。 この町にクマ情報は出てる。
山門に着いた。

s-20年11月13日 (23)  s-20年11月13日 (24)

あらららら。 道がない。 人のいる気配もない。 草をこいでいく。

s-20年11月13日 (25)

絶景だ。  下から見えたから、上からも見えると思っていた。

s-20年11月13日 (26)  s-20年11月13日 (27)

玄関が開いた。 入らせてもらった。 荒れ放題。 何年前からだろう。 
 ※ 後で昔の写真がないか調べた。 ネットにはない。

床が抜けないか気を付けた。 本尊前は床が落ちてる。

s-20年11月13日 (28)  s-20年11月13日 (29)

穏やかな表情で。 人が来たらきっとうれしい。 
永平寺って本が居間の書棚にあったので、曹洞宗ですね。  禅宗。

本尊もある。 釈迦如来でしょうか。

s-20年11月13日 (30)  s-20年11月13日 (31)

窓のガラスの無いところも。 反対側から外に出た。 
石段を上がると、小さなお堂。

s-20年11月13日 (32)

床は抜けていた。  天井絵があって。

  ※ 天井絵の右奥に、ここを支配していた石見小笠原氏の家紋。 
    三つ葉葵のようなのは、秀吉の家紋。  〇3つに一文字は毛利氏。
    花が咲いてる感じのは、井伊直虎。 手裏剣は分からない。

s-20年11月13日 (33)  s-20年11月13日 (34)

本堂に戻ってきた。 いい風景が見える。  桜の花を見ながらここで一杯。 きっと美味しい。
小さな鐘が下がっていたけど、いつ作ったかは分からなかった。

※ 寺への車道は無いようだ。 住職さんの生活は大変。
  電気は来ていたよう。 太い黒い線が、参道沿いに。

s-20年11月13日 (35)

居間も荒れていた。 そこにこの写真。 機関車の三重連。
住職さんは、機関車が好きだったのか。

三江線のどこかの鉄橋に決まっている。  どこだろう。 気になる。

s-20年11月13日 (36)

戻って調べてみた。 見つけるのに、1時間以上かかった。
第三可愛川(えのかわ)橋梁でした。  橋の特徴やカーブをヒントに。

上の写真の機関車は、こっちから向こうに。 場所は、三次(みよし)市の近く。 ※ 写真は、トラベルJPから。

s-src_52434586.jpg  s-ttt55567.jpg 

航空写真。 機関車は赤矢印に。 上に向かっている。 
 ※ 上の写真に2つの中州が、下の写真にもある。

s-タイトルなし

戸締りをして出た。 赤い花があった。 ※ 調べたけど分からない。
転ばないように用心して戻った。

s-20年11月13日 (37)  s-20年11月13日 (38)

無事に戻れて何より。 マムシにも気を付けた。
忘れ物をしないようにしないと・・。 

【駐 車】  市街地の見学は、旧駅からまっすぐ100メートルほどの所に。 パンフレットで知る。
       仙岩寺は途中から通行止め。 手前の空き地。 2か所ほどある。

【道の駅】  かわもと。

【明日の予定】  正蓮寺を見る。  大きな山門。 川本町見学の最終日。
         明後日は、江津に向かうことに。 旧三江線沿いに。

【カメラ・レンズ】  フジフイルム、X-H1 XF 18-135mm f 3.5-5.6

    都道府県別のブログタイトル一覧表は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg

   (放浪の旅Ⅱと放浪の旅Ⅰの両方です。 記事の総数は4300ほど。)
          
 ※ プロフィール・・・。 ⇒ ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、3位です。 
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、これです。                          
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ クリックが完了したら、国内旅行のランキングが表示されます。
                 表示された画面の「旅行」をクリックすると、旅行全体の順位が。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 
                 
  【拍 手】  拍手のクリックのバナーは、一番下に。    ※ 拍手は、ランキングとは関係ありません。

※ CMを載せるのには、時間がかかりそう。 自分には無理。 調べてやってみたけど。
.

スポンサードリンク

 
 
中国地方の山は、今輝いている。
冬を前にして、天気のいい日は特に。
   ・  ・  ・  ・  ・
室町時代に将軍様から貰ったという。
中国で作られた、珍しいもの。

実物は見られなくても、どんな地域にあるどんな寺なのか。
それを見に行ってくる。
   ※     ※     ※     ※  ランキング ありがとう!!   ブログタイトル一覧は、右をクリック burogutaitoru656.jpg        
                ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)
   ・  ・  ・  ・  ・ 
道は途中細いところが。 どこで離合できるか記憶したら、大丈夫な道。  サルを見た。

s-20年11月12日 (1)  s-20年11月12日 (2)

道の広いところに、車を置いて。 離れたところから歩き始めるのが好き。
銀杏の木のところに、寺っぽい建物。  左に温泉。

s-20年11月12日 (4)  s-20年11月12日 (5)

イチョウは今、秋の陽に輝いて。    住所は、川本町湯谷。  かわもとまち、ゆだに。

s-20年11月12日 (6)

長江寺(ちょうこうじ)。  曹洞宗。   鐘が見えるので、鐘楼(しょうろう)門ですね。

s-20年11月12日 (7)  s-20年11月12日 (8)

仁王様の代わりにお地蔵様。  薬師堂でしょうか。  ここは温泉地なので。

s-20年11月12日 (9)  s-20年11月12日 (10)

一面にイチョウの葉。

s-20年11月12日 (11)  s-20年11月12日 (12)

まず、小さなお堂に。

s-20年11月12日 (13)  s-20年11月12日 (14)

薬師堂って書いてある。 像は薬師如来ですね。

s-20年11月12日 (15)

左の方に、十一面千手観音。 
     ※ 実際には手は千はないけど、問題ないよう。 1つの手が、何本もの手の役割をするので。

右上に、髑髏(どくろ)。  これは髑髏杖(どくろじょう)なんですね。 
千手観音の持ち物の1つのようです。

s-20年11月12日 (16)  s-20年11月12日 (17)

髑髏杖は下のようなの。 一休さんがいる。 
     ※ 彼は室町幕府3代将軍、足利義満の頃の人ですね。 

s-20年11月12日 (34)

本堂。 イチョウの葉が屋根に。 赤い石州瓦。  ※ この地方は石見(いわみ)であり石州’せきしゅう)とも。
山奥にあるけど、整備された寺です。

s-20年11月12日 (18)  s-20年11月12日 (19)

この寺には下のようなのがある。       
川本町の珍宝と呼ばれる「獏頭の玉枕」。 ばくとうのぎょくちん。

ここでの獏(ばく)は想像上の動物。 夢を食べるといわれる。それも悪い夢。
なので、良い夢だけを見させてくれる。

玉枕(ぎょくちん)は、あんまのツボでもあるよう。 右の図。  押したら気持ちいい。
下の獏の顔の目が、玉枕に当たって気持ちいいのか。 いい夢が見られる。

そんな枕でしょうか。 ところで、この枕はどのように使うのでしょう。
この寺は、この地を治めていた小笠原氏の菩提寺だった。

小笠原氏は戦いで活躍して、将軍からいただいた。 そして、この寺に奉納。
中国で作られたよう。  町の文化財。

s-20年11月12日 (3)  s-20年11月12日 (35)

※ 道の駅にレプリカがありました。 13日の朝に撮りました。

s-DSCF6701.jpg

詳しく説明が。    どう使うかが知りたい。  どっち向きで枕に?

s-DSCF6701m.jpg  s-DSCF6708.jpg

向こうに庭。

s-20年11月12日 (20)  s-20年11月12日 (21)

鐘楼堂の上に何かある。 左は羅鑑像。 正面に石仏。 他にも。

s-20年11月12日 (23)  s-20年11月12日 (22)

紅葉に彩られて、どこも美しい。

s-20年11月12日 (24)  s-20年11月12日 (25)

地域を歩いてみる。 正面に三谷小学校があった。 今はない。  

s-20年11月12日 (26)

上がってみる。  振り返ると右。

s-20年11月12日 (29)  s-20年11月12日 (28)

これは昔、体育館でしたね。 校舎は左にあったのかな。

s-20年11月12日 (27)

奥へ行ってみる。 お店は今もやってるのか。

s-20年11月12日 (30)  s-20年11月12日 (31)

さらに奥にも家がある。 行ってみてもよかったかな。
右写真は、戻っている。

s-20年11月12日 (32)  s-20年11月12日 (33)

天気のいい日は、田舎を歩くのが楽しいです。

【駐 車】     どこにでも停められれる。

【道の駅】    かわもと。

【その他】   昨日、姉からの写真を載せました。 
        場所は、八雲町の「おぼこ荘」でした。  記事はここに

【明日の予定】     川本町の中心街を歩きます。

【カメラ・レンズ】  フジフイルム、X-H1 XF 18-135mm f 3.5-5.6

    都道府県別のブログタイトル一覧表は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg

   (放浪の旅Ⅱと放浪の旅Ⅰの両方です。 記事の総数は4300ほど。)
          
 ※ プロフィール・・・。 ⇒ ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、3位です。 
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、これです。                          
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ クリックが完了したら、国内旅行のランキングが表示されます。
                 表示された画面の「旅行」をクリックすると、旅行全体の順位が。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 
                 
  【拍 手】  拍手のクリックのバナーは、一番下に。    ※ 拍手は、ランキングとは関係ありません。

※ CMを載せるのには、時間がかかりそう。 自分には無理。 調べてやってみたけど。
.

スポンサードリンク

 
 

openclose

12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。