fc2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

三見橋は大正3年に造られた。
眼鏡橋が作られた最後の時代でしょうか。
   ・  ・  ・  ・  ・
眼鏡橋は鉄道でいえば機関車のよう。
手作りの感じがして、美しい。

便利な橋ができると交通は一変。
谷底まで下りて橋を渡らなくて済みます。
   ※     ※     ※     ※  ランキング ありがとう!!   ブログタイトル一覧は、右をクリック burogutaitoru656.jpg        
                ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)
   ・  ・  ・  ・  ・ 
赤〇がその場所。 旧街道に造られた。

s-20年11月24日 (1)  s-20年11月24日 (2)

ここに広い駐車場。 端まで400㍍。 歩くことに。
少し行って、右に入る。

s-20年11月24日 (4)  s-20年11月24日 (5)

100㍍ほど歩けば見えた。 棚田の向こうに。

s-20年11月24日 (6)  s-20年11月24日 (7)

右遠くに不思議な土地。 何があったのでしょう。

s-20年11月24日 (8)  s-20年11月24日 (9)

ここにも駐車場。  今も使われている。 車が通れる。

s-20年11月24日 (10)  s-20年11月24日 (11)

大正3年。  眼鏡橋の多くは九州に。 技術を持った人が多くいた。

s-20年11月24日 (12)  s-20年11月24日 (13)

下は公園に。 アジサイなど、初夏には咲く。  いい季節。
旧赤間関街道は向こうに続く。 難所の鎖峠まで数㌔。 そして、長門・下関へと。

s-20年11月24日 (14)  s-20年11月24日 (15)

反対側から。

s-20年11月24日 (16)

造られたのが大正時代ということもあり、傷んでない。 そのまま。
石橋の技術は難しい。 調べたけど、設計者や技術指導者が分からない。 説明に書くことがほとんど。

美しいですね。 右に、復元した一里塚。 宿場までの距離などが。

s-20年11月24日 (17)  s-20年11月24日 (18)

この道は赤間関北浦道筋と呼ばれる街道。 萩から下関に行く一番北側の道。
 ※ 赤間関は下関のことですね。 そこにある大きな神社は、赤間神宮。  街道については後程も。

s-20年11月24日 (19)  s-20年11月24日 (20)(1)

近くから。 右写真中央下に要(かなめ)石。

s-20年11月24日 (21)  s-20年11月24日 (22)

隙間に、赤土と石灰を混ぜたものを詰めている。
 ※ 石橋は重さには強い。 苦手なのは車の振動。 詰め物がそれに対して強くしているのか。

s-20年11月24日 (23)

基礎部分はコンクリート。 橋の下の方が弱いと、洪水に負ける。
石は溶岩が固まった火成岩を使っている。(安山岩と閃緑岩) 硬い。

s-20年11月24日 (24)  s-20年11月24日 (25)

休憩所。  写真が貼ってある。  古い写真を見るのが好き。 どんな表情かなって。

s-20年11月24日 (26)  s-20年11月24日 (27)

江戸時代の人に扮して。 龍馬とお龍さんかと思った。 違った。 2人はこの街道は通っていない。

  ※ 余談 男の人の家紋が丸に花菱だった。 甲斐の武田氏の別の家紋。 家臣にこの家紋の家系が。
       その紋が気に入ったか、上の流れの人がこの地域にいますね。

右写真、上の2人は左に。 子供の表情は今の時代ですね。 右端の女装、似合っている。?。 

s-20年11月24日 (28)  s-20年11月24日 (29)

完成した時の写真。 多くの人。 右下に太い木の柱。
造るとき、橋の下に木の枠(わく)。  それを取り外して完成。

取り外すときは恐怖。 崩れないかと。 それに負けないために、酒を飲んだそう。
後ほどの説明に。

s-20年11月24日 (30)(2) 

遠くから。 石橋は丈夫。 木の橋のように朽(く)ちないし。

  ※ 余談 大正時代は鋼鉄の橋が作られ始めている。 地方だからまだ石橋でしょうか。
       橋の技術は急速に進歩し、昭和に入ると立派な橋がどこにでも。 
       北海道の旭川市の旭橋は、昭和の初めに。       

s-20年11月24日 (31)

河原に下りてみた。

s-20年11月24日 (32)  s-20年11月24日 (33)

街道の説明。 ここは①。赤間関街道北浦道筋。 
萩の殿様が大寧寺や俵山温泉へ行くとき通った。 寺と温泉の記事は最後に。

s-20年11月24日 (34)  s-20年11月24日 (35)

ここの道は、長門市を通る一番上に。  ※ 地図は、旧街道を歩く戦車にまみれからお借り。

s-20年11月24日 (40)  s-20年11月24日 (41)

小屋の後ろに、古い説明。  酒を飲んだことが。

s-20年11月24日 (36)  s-20年11月24日 (37)

来た道を戻る。  ここは庭園との表示があった。 夏には花いっぱいでしょうか。
戻ってきました。

s-20年11月24日 (38)  s-20年11月24日 (39)

完成した時は、感動だったでしょうね。
村人みんなでお祝いして。

三見橋は登録有形文化財。 100年後まで残りそうです。

【駐車場】    400メートル手前と、すぐ近くにも。

【記事紹介】   美しさと大きさで一番の石橋、霊台橋。   俵山温泉。  湯本温泉と大寧寺

【道の駅】     萩・さんさん三見(さんみ)。

【明日の予定】   旧宿駅三見市の紹介。 見学した橋の近く。 萩市 三見 三見市(さんみいち)。

【カメラ・レンズ】  フジフイルム、X-H1 XF 18-135mm f 3.5-5.6   

    都道府県別のブログタイトル一覧表は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg

   (放浪の旅Ⅱと放浪の旅Ⅰの両方です。 記事の総数は4300ほど。)
          
 ※ プロフィール・・・。 ⇒ ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体、4位です。 
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、これです。                          
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ クリックが完了したら、国内旅行のランキングが表示されます。
                 表示された画面の「旅行」をクリックすると、旅行全体の順位が。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 
                 
  【拍 手】  拍手のクリックのバナーは、一番下に。    ※ 拍手は、ランキングとは関係ありません。

※ CMを載せるのには、時間がかかりそう。 自分には無理。 調べてやってみたけど。
.

スポンサードリンク

 
 
渡し舟に乗れるという。 鶴江(つるえ)の渡し。
それだけで、行かなければ。
   ・    ・   ・   ・   ・
江戸時代に、姥倉(うばくら)運河ができた。
島ができて、橋1つでつながっている。

場所によっては、橋が遠いところが。
それで渡し船。 昔は3か所あった。

   ※     ※     ※     ※  ランキング ありがとう!!   ブログタイトル一覧は、右をクリック burogutaitoru656.jpg        
                ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)
   ・  ・  ・  ・  ・ 
左の赤〇に、鶴江の渡し。 島の部分は山なので、鶴江台。
道の駅から歩いた。

s-20年11月22日 (1)(1)  s-20年11月22日 (2)

道の駅、萩しーまーと。 右に、大きな漁港市場。
右写真、左の細い道に入って、広い道の下を通って右に。

s-20年11月22日 (3)  s-20年11月22日 (4)

姥倉運河に出た。 川の水をこっちに流すために江戸時代に。(洪水防止)
向こうの港と道の駅の港との近道でも。

途中から漁船などが。 漁港のように。 右写真の船は釣り船。

s-20年11月22日 (5)  s-20年11月22日 (6)

平和橋。 橋はこれだけ。
右写真、橋の上から。 向こうから右岸を来た。

s-20年11月22日 (7)  s-20年11月22日 (8)

橋の上から。 右に渡って。
家並の中の道。 あっちこっちから運河沿いの道に出られる。 10㍍ほど。

先の方で、運河は左からの松本川に出る。

s-20年11月22日 (9)  s-20年11月22日 (10)

細い海のよう。 ここは運河でなく、松本川。

s-20年11月22日 (11)

向こうから来た。 大きな橋は松本川の雁島(がんじま)橋。  最後に通る。 右から。
少し先に薪(まき)が見える。 そこにいた人と、5分ほどお話し。

渡船は昔は3つあったと。 ここらの人は、さっきの橋を渡る。 ここは島だと思っていると。
暖房は薪。(やわらかな暖かさ)  のこを研いでいた。  畑の垣根の枝を切る。

s-20年11月22日 (12)

鶴江の渡しについた。  対岸のあそこに。 船は下に。 誰でも無料。 帰りに乗る。

s-20年11月22日 (13)  s-20年11月22日 (14)

すぐ近くに上への道。  神明(しんめい)社。(伊勢神宮との関りが)

s-20年11月22日 (15)  s-20年11月22日 (16)

上がってきた。 ぽこんとした指月山(しづきやま)。 
左ふもとに萩城跡。 長い間そこは長州藩の拠点だった。(のちに、拠点は山口市に)

s-20年11月22日 (17)

ほぼ山のうえに。 鳥居の隣に、見ざる聞かざる話さずの像。
後ろに猿田彦大神。 ※ 庚申信仰とのかかわり。 猿田彦は天照大神をこの世に案内した神でしたね。 旅の神でも。

s-20年11月22日 (18)  s-20年11月22日 (19)

拝殿。 左に、休憩所があった。 お参りの後、お茶を飲むのか。

s-20年11月22日 (20)  s-20年11月22日 (21)

※ 右となりは分かりやすい。 享和元酉八月朔日。(1801年8月1日 酉(とり)年)
灯篭の字は読めない。 一番上は文かな。 年数のところは2文字の広さ。 戌(いぬ)年。

上のように考えたら、それに合うのは、下の年でした。
文化11(1811)年正月吉日でした。(予想で)

s-20年11月22日 (22)

鶴江の渡しに戻ってきた。 管理人さんは、いつでもいいよって。

s-20年11月22日 (23)

ライフジャケットを着た。 (なかった時のために、自分のリュックには4㍑のポリタンク)

s-20年11月22日 (24)

この方が。  慣れた手つき。 観光客が来るんですよと。 学生さんも。 ※ 橋をまわってきたら30分はかかるか。
風を感じて。 ※ お嫁さんが乗ったことあるか聞いてみればよかった。(橋の無い時代はきっと・・) 鶴江の花嫁。

s-20年11月22日 (25)  s-20年11月22日 (26)

漁船がやってきた。 こっちが優先だという。 ここは市道の一部。
近づいて停まった。 そして、後ろを通って行った。

s-20年11月22日 (27)  s-20年11月22日 (28)

着きました。  快適。  

s-20年11月22日 (29)

また戻る。  お世話になりました。

s-20年11月22日 (30)  s-20年11月22日 (31)




対岸の道を行く。 給油船が通った。

s-20年11月22日 (32)  s-20年11月22日 (33)

上面に姥倉運河。 右から、松本川。 この後、橋を渡って。

s-20年11月22日 (34)  s-20年11月22日 (35)

渡ったら、昔の国道かな。 古い家並み。

s-20年11月22日 (36)

登り窯(がま)が。  平成3年まで使用と。  焼きあがるのに48時間。 

s-20年11月22日 (37)  s-20年11月22日 (38)

左に曲がって、着きました。

s-20年11月22日 (39)  s-20年11月22日 (40)

渡し舟は、日本に何か所あるのでしょう。
めったに乗れません。 いい経験でした。

【駐車場】     道の駅から歩いた。

【記事紹介】  小豆島にある渡し舟。 瀬戸の花嫁の舞台?
        討幕の中心地、萩を歩く。   小さな火山だった、萩の笠山

【道の駅】     萩しーまーと。

【明日の予定】   西に。  長門市のある半島に。 初めて。 途中寄れるところがあれば、そこに。

【カメラ・レンズ】  フジフイルム、X-H1 XF 18-135mm f 3.5-5.6   

    都道府県別のブログタイトル一覧表は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg

   (放浪の旅Ⅱと放浪の旅Ⅰの両方です。 記事の総数は4300ほど。)
          
 ※ プロフィール・・・。 ⇒ ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、2位です。 
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、これです。                          
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ クリックが完了したら、国内旅行のランキングが表示されます。
                 表示された画面の「旅行」をクリックすると、旅行全体の順位が。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 
                 
  【拍 手】  拍手のクリックのバナーは、一番下に。    ※ 拍手は、ランキングとは関係ありません。

※ CMを載せるのには、時間がかかりそう。 自分には無理。 調べてやってみたけど。
.

スポンサードリンク

 
 

openclose

09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。