fc2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

今年もあと数日。
記事は昨日の続き。 (写真は25日に撮影)
   ・  ・  ・  ・  ・
早い春頃、コロナで騒ぎ出した。
冬には何とかなってるだろう、と思った。

何ともならなかった。 かえってひどくなった。
医療従事者が疲れ切って、医療の崩壊が進む。

日本は危機の中にいる。
政治のトップに菅さん。 悲しい現実。
   ※     ※     ※     ※  ランキング ありがとう!!   ブログタイトル一覧は、右をクリック burogutaitoru656.jpg        
                ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)
   ・  ・  ・  ・  ・ 
日本列島寒いけど、薩摩半島は下がっても0度くらい。
南の指宿(いぶすき)に行けば菜の花が咲いている。

s-20年12月26日 (1)  s-20年12月26日 (2)

橋を渡って、この仁王様。 腰から下がない。
明治の廃仏毀釈で壊された。   普通はこのように。(出水市感応寺)

s-20年12月26日 (3)  s-20年12月26日 (6)

九州に来たら、仁王様は石。  橋も石。
上の説明の絵図の中には見えない。  どこにいたんでしょう。

s-20年12月26日 (4)  s-20年12月26日 (5)

右の方から、仁王様の後ろの山に。  真っすぐ行って左。

s-20年12月26日 (7)

お石塔。  おせきとうでなく、おせっと。
庶民は、言葉は耳で聞こえたものを伝えていった。

入来院氏の墓などが。  祠墓塔(しぼとう)って言葉があるんですね。
祠(ほこら)の形をした墓の塔、でしょうか。

s-20年12月26日 (8)  s-20年12月26日 (9)

巨大なのが。  時代はずれてても、一人一人が活躍また生きた時代がありましたね。
中には石の位牌のようなのが。

s-20年12月26日 (10)  s-20年12月26日 (11)

普通のお墓も。

s-20年12月26日 (12)  s-20年12月26日 (13)

後の方には古い時代(中世)のお墓。 寺の住職さんのも。

s-20年12月26日 (14)  s-20年12月26日 (15)

横に上への石段があった。   何があるのかと上がってきた。
五輪塔の墓が1つ。  正面以外、何か書いてないか探した。 読めなかった。

  ※ この後、旧増田家住宅に行く。 そこで説明していただいた方が、こう言った。
    上の方に「篤姫の妹の墓」があるんですよって。 この地に嫁いできていた。

    場所を説明したら、この墓のよう。 他に道はなかったので。
            (考えてみたら、写真を見てもらって確認できたのに)
    ネット上に、篤姫の妹の情報は見つからない。 3人いるということだけ。

s-20年12月26日 (16)  s-20年12月26日 (17)

石段を下りてきたらこのように。 下の方に、最初に見たお石塔(おせっと)。

s-20年12月26日 (18)

この後、橋を渡って戻る。 赤城神社にある六地蔵塔。

s-20年12月26日 (19)  s-20年12月26日 (20)

旧増田家に向かう。  ここで右に。

s-20年12月26日 (21)   

母屋を横から見てる。  背の高い蔵。  どこも、見学は無料。

s-20年12月26日 (22)  s-20年12月26日 (23)

旧増田家住宅。 2つくっ付いたような家は他でも見た。 3つとかも。

s-20年12月26日 (24)  s-20年12月26日 (25)

右はおもて。 客用と寝室。  左はなかえ。 生活の場。

s-20年12月26日 (26)  s-20年12月26日 (27)

ここもおもて。 

s-20年12月26日 (28)

なかえ。 むこうのおもては一段高い。 冬は寒そう。  人は誰もいない。

s-20年12月26日 (29)  s-20年12月26日 (30)

代々医者をやってた家。   解体修理が終わって今は重要文化財。
煙が出ていく穴はない。 かやの隙間から逃げていく。 かやが腐らない。 (あとで教えていただく)

s-20年12月26日 (31)  s-20年12月26日 (32)

外にあった五右衛門風呂。

s-20年12月26日 (33)  s-20年12月26日 (34)

管理人さんがやってきて、説明していただく。 
西郷隆盛が書いた書。   精巧なレプリカ。 ※ 本物を置くのは今の時代しないですね。

s-20年12月26日 (35)

右の文がいい。 西郷さんらしい。 ※ 大久保利通と違うなって。

s-20年12月26日 (36)  s-20年12月26日 (37)

この後、いろんなことを教えていただく。 お礼を言って戻る。
かやぶき門を見て。

s-20年12月26日 (38)

向こうから来た。 工事の人が石垣を直していた。
コンクリートは使えないって。 昔のまま土で。  ※ ここは重伝建地区でしたね。

右写真、駐車場に戻ってきた。

s-20年12月26日 (39)  s-20年12月26日 (40)

再度来てよかったです。

【道の駅】  きんぽう木花館。

【明日の予定】    パソコンの業者に会う。 10時~。 毎年のこと。 川辺のAZの駐車場で。  近い。

【カメラ・レンズ】  フジフイルム、X-H1 XF 18-135mm f 3.5-5.6R  

    都道府県別のブログタイトル一覧表は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg

   (放浪の旅Ⅱと放浪の旅Ⅰの両方です。 記事の総数は4300ほど。)
          
 ※ プロフィール・・・。 ⇒ ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、2位です。 
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、これです。                          
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ クリックが完了したら、国内旅行のランキングが表示されます。
                 表示された画面の「旅行」をクリックすると、旅行全体の順位が。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 
                 
  【拍 手】  拍手のクリックのバナーは、一番下に。    ※ 拍手は、ランキングとは関係ありません。

※ CMを載せるのには、時間がかかりそう。 自分には無理。 調べてやってみたけど。
.

スポンサードリンク

 
 
鹿児島県には麓(ふもと)と呼ばれるところが、あちこちに。
それは、鹿児島城の出張所のように。
   ・  ・  ・  ・  ・
知覧麓も出水麓も、そして入来麓も石垣と植木が美しい。
重伝建地区になっているところが。 

入来麓は、およそ9年ぶり。
写真が多くなったので、今日の記事は前半。
   ※     ※     ※     ※  ランキング ありがとう!!   ブログタイトル一覧は、右をクリック burogutaitoru656.jpg        
                ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)
   ・  ・  ・  ・  ・ 
左の赤〇は道の駅 樋脇(ひわき)。 そこから向かってきた。

s-20年12月25日 (1)  s-20年12月25日 (2)

支所の向かいに広い駐車場。 隣に観光案内所。

s-20年12月25日 (5)

古い時代には清色(きよしき)城があった。 緑の辺り。
茶色っぽいところが入来麓(いりきふもと)。 

麓には、薩摩藩の武士が住んでいた。
鹿児島城の出城の感じで。 江戸時代一国一城だから、城はない。 普段は畑を耕して。

麓は右のように12。   最後にいくつか紹介。

s-20年12月25日 (6)  s-20年12月25日 (7)

下の写真の右に、案内所。  地図をいただいた。
そうしたら、お茶までいただいた。   薩摩川内市はお茶の産地なんですね。

s-20年12月25日 (8)  s-20年12月25日 (9)

市街地を通るメインの道。 バイパスの国道は右の方に。 お城の山は左に。

s-20年12月25日 (10)

山の方に行く。 地図のモデルコースを歩く。
玉石垣。 パンフには、野石乱積みと。  ※ 自然石をそのまま使う、野面積み(のづらづみ)の一種ですね。

右写真、石の周りに石が6個か7個。 どの石見てもそう。 面白い。

s-20年12月25日 (11)  s-20年12月25日 (12)

清色城跡の下の方。 今は入来小学校。

s-20年12月25日 (13)  s-20年12月25日 (14)

中世の城跡ですね。   
入来、知覧、出水、加世田の4つの麓が重伝建地区。(重要伝統的建造物群保存地区)

s-20年12月25日 (15)  s-20年12月25日 (16)

近くの家を見たら、石垣がこのように。 桝形虎口(ますがたこぐち)と呼ばれる。
入り口を曲げて、敵が侵入しにくいように。

s-20年12月25日 (17)

どの道もこの道も、石垣と生垣。  大きめの木はイヌマキ。 小さいのはお茶のよう。

s-20年12月25日 (18)  s-20年12月25日 (19)

下は山の下方向。 右は山への道。

s-20年12月25日 (20)  s-20年12月25日 (21)

右を見たら、重要文化財の旧増田家。  最後に行く。(明日の記事に)

s-20年12月25日 (22)  s-20年12月25日 (23)

途中で右に曲がってきた。  ここで左に行って城跡の上の方に。
右写真は、振り返って。

s-20年12月25日 (24)  s-20年12月25日 (25)

城跡の山の方に上がる。

s-20年12月25日 (26)

上には前回行ったので、今回行かない。

s-20年12月25日 (27)  s-20年12月25日 (28)

前回の記事の写真。 細い城への入り口。  敵が来たら上から石。

s-20年12月25日 (3)  s-20年12月25日 (4)

下っていく。 いい風景は探さなくていい。

s-20年12月25日 (29)

右写真は、家への入り口。 道を向こうから来た。

s-20年12月25日 (30)  s-20年12月25日 (31)

家を過ぎて左に100㍍。 三十三観音塔。

s-20年12月25日 (32)  s-20年12月25日 (33)

傘のあるのが、三十三観音塔。 
説明に逆修(ぎゃくしゅう)供養塔と。  普通は、逆修塔。

どんな意味がとなりますが、生前供養ですね。 生きているうちに、冥福を祈る。
親族が33名いて、三十三観音。  
          ※ 説明に副田山口領主って言葉が。 副田(そえだ)は近くの地名ですね。

s-20年12月25日 (34)

1つの面に下から3・3・3・2の数で11の観音像がありますね。
反対側にあと1面。  33になります。

s-20年12月25日 (35)  s-20年12月25日 (36)

川の方に来ました。

s-20年12月25日 (37)

川は樋脇(ひわき)川。  ※ 川内(せんだい)川の支流。 上流に伊牟田池。
疱瘡(ほうそう)踊りとある。  疱瘡は天然痘のことで、恐ろしい病気でしたね。 

 ※ 出水市に疱瘡墓がありました。  この記事に

s-20年12月25日 (38)

入来の疱瘡踊りは下に。  100年ぶり、疫病退散を祈る舞…鹿児島・薩摩川内



川の向こうに石塔。 古いお墓。  右写真に小さく石像。 
手戦(テイッサ)は、男の子の遊び。

s-20年12月25日 (39)  s-20年12月25日 (40)

続きは明日の記事に。 珍しいものが・・。

【記事紹介】  出水麓。 鹿児島城。 知覧。 喜入。 蒲生。 志布志。 下甑島。 上甑島
        前回の入来の記事

【道の駅】    きんぽう木花館。(南さつま市)

【明日の予定】    記事は、入来麓武家屋敷群。(その2)   午後どこかを見学したい。

【カメラ・レンズ】  フジフイルム、X-H1 XF 18-135mm f 3.5-5.6R  

    都道府県別のブログタイトル一覧表は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg

   (放浪の旅Ⅱと放浪の旅Ⅰの両方です。 記事の総数は4300ほど。)
          
 ※ プロフィール・・・。 ⇒ ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、2位です。 
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、これです。                          
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ クリックが完了したら、国内旅行のランキングが表示されます。
                 表示された画面の「旅行」をクリックすると、旅行全体の順位が。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 
                 
  【拍 手】  拍手のクリックのバナーは、一番下に。    ※ 拍手は、ランキングとは関係ありません。

※ CMを載せるのには、時間がかかりそう。 自分には無理。 調べてやってみたけど。
.

スポンサードリンク

 
 

openclose

12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


11 | 2020/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。