FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

節分が終わったら、季節の上では春。
心が軽くなる。
   ・  ・  ・  ・  ・
天草の旅は、ここで一区切り。
九州の本土に戻る。

朝、福連木(ふくれぎ)に豆腐を買いに行った。
社長さんの分も買ったので、長島を通ることに。
   ※     ※     ※     ※  ランキング ありがとう!!   ブログタイトル一覧は、右をクリック burogutaitoru656.jpg        
                ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)
   ・  ・  ・  ・  ・ 
久しぶりに、フェリーロザリオに乗る。

s-21年2月3日 (1)   s-21年2月3日 (2)

12時15分出航。 2970円。  船は12時ころやってきた。 ゲート(?)の向こう。

s-21年2月3日 (3)  s-21年2月3日 (4)

船を見たら向こうが見える。   どっちが前かわ今も分からない。 右は以前撮ったポスター。

s-21年2月3日 (5)  s-201502091533176a6.jpg

乗ります。 元気よく走って行ったら、向こうの海に。
 ※ 狭い海峡にこの船。 こっちから乗って向こうに出る。 船は動かない。  浮いてる橋。  例えばの話。

s-21年2月3日 (32)  s-21年2月3日 (33)

着いたらこっちから出る。 ちゃんとふたをしない。

s-21年2月3日 (6)   s-21年2月3日 (7)

向こうから乗った。  この車は途中の獅子島で降りる。
こっちから出るので、バックで。 2台か3台。 

s-21年2月3日 (8)   s-21年2月3日 (9)

出航。

s-21年2月3日 (10)

向きを変えた。 獅子島は長島町。

s-21年2月3日 (11)   s-21年2月3日 (12)

ここは天草の半島。  棚田の集落。

s-21年2月3日 (13) s-21年2月3日 (14)

左遠くが獅子島。 そこに寄って。 

s-21年2月3日 (15)  s-21年2月3日 (16)

右遠くの山は、行人岳。 ツルを見送る島。 この記事に
釣り船。

s-21年2月3日 (17)  s-21年2月3日 (18)

操縦室には1人。 反対側にもハンドル。

s-21年2月3日 (19)  s-21年2月3日 (20)

学校が、幼・小・中一貫校。  獅子島には七郎山。  以前行っている。 この記事に

s-21年2月3日 (21)  s-21年2月3日 (22)

バックので乗った車が前向きで出る。

s-21年2月3日 (23)  s-21年2月3日 (24)

たくさん来る。  こっち向きで。  自分たちと同じ向き。 
船は向きを変えないで進めばいい。

右横に別の船。  天草には行かないで、長島の島同士を結ぶ。
向き変えないで行ったり来たりできる。

s-21年2月3日 (25)  s-21年2月3日 (26)

この島には、またいつか来ますね。

s-21年2月3日 (27)

右の方の島に。  諸浦島。 そこへ行けばあとは橋が。

s-21年2月3日 (28)  s-21年2月3日 (29)

間もなく。

s-21年2月3日 (30)  s-21年2月3日 (31)

着きました。  獅子島の人たちの車は、ここに置いてるのが多い。

s-21年2月3日 (34)  s-21年2月3日 (35)

この橋を渡ったら、長島町の長島に。

s-21年2月3日 (36)  s-21年2月3日 (37)

左に役場。  右に曲がる。  10分ほど走って、社長さんのいる指江(さすえ)に。

s-21年2月3日 (38)  s-21年2月3日 (39)

社長さんの会社でお話し。 奥様やお客様とも。 社長さんのお父様も来た。
今年もう1つ山の登りたいねって、社長さんと。

※ 北国の人は節分が終われば、季節は春に向かう、そんな思いですね。

【今日の一曲】   Hayley Westenra - Haru Yo Koi (春よ,来い)



【麒麟がくる】  最後どうなるでしょう。

作者は、すべての人の予想が外れるようにするのではと。
本能寺の変の展開ですね。 そう思って考えてみました。

今は、光秀と信長は敵対している。
光秀は信長を殺したいとさえ思っている。  

でも、最後の最後、お互いが分かり合えるのではと。
もう戻れない、信長の命が尽きる前に。

もしそうなったら、新見南吉の書いた「ごんぎつね」のお話と同じになる。
新見南吉は信長と同じ尾張の人。 (半田市)

  ※ 秀吉は忍びの者を使って、光秀が信長を討つことを知った。
    引き返す準備をしている。

    秀吉は本能寺の建物の情報も手に入れた。
    外部に逃げるトンネルがあったんだが、それを埋めさせた。

麒麟は、光秀のこと。
戦乱の世に、光秀という麒麟がやってきた。 
   (戦乱の世に、光秀という花が咲いた。 桔梗の花)

家康が光秀の夢を引く継ぐ。

信長が狂った信長のままでは悲しい。
光秀が言う平らかな世をつくろうとはしたんだから。
  (これがあるから、信長は自分をこうしたのは光秀だと言った)

最後の最後に、光秀と信長は分かり合える。
お互いを許すことが出来る。

こんなことを運転しながら思っていました。
どうでしょう。 最終回まであと4日。

予想しにくいものを探してみました。

※ 光秀の家紋は桔梗(ききょう)でしたね。
  山崎ハコが「桔梗の花」を歌っています。 
 
  曲名は「心の花」。 作詞は、作家の五木寛之。
  その日を信じて、りりしく美しく咲くと。(歌詞の一節)

この曲の持つメロディの悲しみは、夢半ばで命終える光秀の悲しみ・無念さと重なります。



   谷性寺(こくしょうじ)は明智光秀ゆかりの寺。 首塚が。 桔梗寺また光秀寺とも呼ばれて。 明智山門。~亀岡市~ 他 (2018/10/29)

4日の午前10時過ぎ、下のニュースが。 
コメントを入れました。(たまたま最初) 下のように。

      光秀と信長は、最後の最後に分かり合えるのではと。
      もう戻れない、信長の命が尽きる前に。   

s-gggtyuuuu.jpg

【停泊場所】    阿久根市AZ駐車場。  長島に戻ったので、明日が本当の北上開始でしょうか。
           足りないものをAZで補給しています。 何でもあるので便利。

【明日の予定】     球磨川に向かうことになるのか。

【カメラ・レンズ】  フジフイルム、X-H1 XF 18-135mm f 3.5-5.6R     車載カメラはX-F10.

    都道府県別のブログタイトル一覧表は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg

   (放浪の旅Ⅱと放浪の旅Ⅰの両方です。 記事の総数は4300ほど。)
          
 ※ プロフィール・・・。 ⇒ ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、2位です。 
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、これです。                          
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ クリックが完了したら、国内旅行のランキングが表示されます。
                 表示された画面の「旅行」をクリックすると、旅行全体の順位が。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 
                 
  【拍 手】  拍手のクリックのバナーは、一番下に。    ※ 拍手は、ランキングとは関係ありません。

※ CMを載せるのには、時間がかかりそう。 自分には無理。 調べてやってみたけど。
. 

スポンサードリンク

 
 

openclose

02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


01 | 2021/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。