fc2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

小高い山の上に、道の駅茶倉。
まるでお城であるかのように。
   ・  ・  ・  ・  ・
津市美杉町から茶倉に移動したい。 
国道368を通れば10㌔程。 でも大変な酷道で無理。

普通に迂回したら、50㌔以上。
今回思い切って、少し北の県道29を。
途中2㌔程、険しい道。(離合不能)  険道? 他は快適。

上は27日のこと。
29日に伊勢湾を渡って、渥美半島に。 愛知県。
   ※     ※     ※     ※  ランキング ありがとう!!   ブログタイトル一覧は、右をクリック burogutaitoru656.jpg        
                ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)
   ・  ・  ・  ・  ・ 
29日に赤〇を移動。 道の駅飯高(いいたか)駅から道の駅あかばねまで。
30日はそこでのんびり。  夕方道の駅潮見坂に移動。 静岡県。

s-21年3月30日 (1)(1)

道の駅茶倉。 せまいせまい駐車場。 左はさらに高い。

s-21年3月30日 (8)  s-21年3月30日 (9)

上がってきた。  城をつくるならここに天守。 
道の駅の建物の所は二の丸か。  右に、国道166。

s-21年3月30日 (10)  s-21年3月30日 (11)

ソメイヨシノ。  ほぼ満開。

s-21年3月30日 (12)  s-21年3月30日 (14)

このように。

s-21年3月30日 (13)

川は櫛田川。  松坂市の市街地で海に。 ここはその流域なので松坂市ですね。

s-21年3月30日 (15)

ここから下への遊歩道がある。 橋のたもとに駐車場。  この後、移動する。
一面の茶畑。 茶倉は茶の産地。

s-21年3月30日 (16)  s-21年3月30日 (17)

ここは松坂市の飯南(いいなん)。 午後、飯高(いいたか)の道の駅に行ってみる。

  ※ 写真中央右に小津安二郎。 少し前に記事紹介で。 
    余談~原節子は彼が亡くなったら芸能界から身を引く。
       お互い、言いたいことがあったはず。 言えばよかった。 原節子は後悔。

s-21年3月30日 (18)

下の駐車場で記事を書いた。  雨が降り出した。  止まない。
道の駅飯高に動く。  車載カメラで赤い橋。

s-21年3月30日 (25)

どこを通ってもサクラ。 まだ散ってない。

s-21年3月30日 (26)

松坂市の奥地の飯高、飯南方面はまた通るときがありそう。
今回は見学しないで、海を渡ることに。 29日。  鳥羽港に向かう。  城が見える。

s-21年3月30日 (27)

5時50分のに乗れることに。  伊勢湾フェリー。 陰になってるけど船は来てる。
右の方から乗る。  名古屋の市街地を通るのは大変なので、船で。

s-21年3月30日 (19)

10分前になって乗船。 小さなフェリー。

s-21年3月30日 (28)  s-21年3月30日 (29)

出航。

s-21年3月30日 (20)

この船に乗るのは2度目でしょうか。 古い船なので少し揺れる。
船室でテレビを見た。  名古屋のテレビ。  

今日は気温が上がったと。 自分がいた飯高が最高気温。 25度4分。
半袖でもいいほど。 初夏の暖かさ。

s-21年3月30日 (21)  s-21年3月30日 (22)

着いた。 そばに道の駅。 そこからターミナルを。

s-21年3月30日 (23)

赤羽根の道の駅へ。  満月に向かって走る。 

s-21年3月30日 (30)

見える建物は、道の駅あかばね。  ※ 正式には、あかばねロコステーション。  
午後になって散歩。

s-21年3月30日 (2)

家族で釣り。 子供が落っこちたらどう助けるか、親は考えているのでしょうか。
そんな不安が・・。 

s-21年3月30日 (3)

遠くでサーフィン。 

s-21年3月30日 (4)  s-21年3月30日 (5)

ツグミ。 名前は忘れていた。 飛ばないでピョンピョン跳ねていた。 数羽。

s-21年3月30日 (6)

市街地に向かった。 ここにも、若宮八幡宮。
この後、清水のKさんから電話。  いつ頃来るのって。

来週のどこかかなって言ったら、ここへの道は何度も通ってるから直ぐ来たらって。
それで、5日(金曜)の夕方清水に入ることに。

この後、見学やめて道の駅潮見坂まで走る。 そこは静岡県。

s-21年3月30日 (7)

いい天気が続きます。
サクラを見て好きなように騒げるときが、早く来るといいですね。

【記事紹介】

   渥美半島  恋路ヶ浜  椰子の実  伊良湖岬 ~田原市~  他  (2011/11/15)
   大王埼灯台は、志摩半島の大王崎の突端に。 参観灯台15のうちの1つ。 強風で外には・・。~志摩市~ 他 (2018/4/11)

   横山展望台から英虞(あご)湾の風景を。 そよ風テラス。 横山ビジターセンター。~志摩市~ 他 (2018/4/12

【今日の一曲】   Leonard Cohen - Dance me to the end of love (srpski prevod)

              ※ 歌ってるのは、レナード・コーエン。 曲名は哀しみのダンス。
                映画は、セント・オブ・ウーマン 夢の香り。 1992年。
                男性は、ゴッドファーザーに出てたアルパチーノ。 盲目の役を演じている。
                女性は、ガブリエル・アンウォー。

                下はアルパチーノ。 かっこ良かったですね。

s-21年3月30日 (24)



【明日の予定】    東に。 尊永寺に。  その後、道の駅掛川。  
             金曜日に、清水に入ります。  その後は、のんびり旅。
             遅くても7月には北海道でしょうか。 今年は車検と免許の更新が。

【カメラ・レンズ】  フジフイルム、X-H1 XF 18-135mm f 3.5-5.6R     車載はX-F10

    都道府県別のブログタイトル一覧表は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg

   (放浪の旅Ⅱと放浪の旅Ⅰの両方です。 記事の総数は4300ほど。)
          
 ※ プロフィール・・・。 ⇒ ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体、3位です。 
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、これです。                          
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ クリックが完了したら、国内旅行のランキングが表示されます。
                 表示された画面の「旅行」をクリックすると、旅行全体の順位が。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 
                 
  【拍 手】  拍手のクリックのバナーは、一番下に。    ※ 拍手は、ランキングとは関係ありません。

※ CMを載せるのには、時間がかかりそう。 自分には無理。 調べてやってみたけど。
.
 
 
津市の一番の山奥。
そこに大きな神社があるという。
   ・  ・  ・  ・  ・、
津市美杉町は雲出(くもず)川の流域に。
その川の源流を見る楽しみも。

道の不安はあるけど、行ってしまえ。
何とかなるだろうって。 (撮影は、27日です)
   ※     ※     ※     ※  ランキング ありがとう!!   ブログタイトル一覧は、右をクリック burogutaitoru656.jpg        
                ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)
   ・  ・  ・  ・  ・ 
遠くからも参拝者が来た歴史が。 鉄道はそれと関係あるのでしょうか。

s-21年3月29日 (1)  s-21年3月29日 (2)

ずっと家並みはなかった。 奥に来て突然、集落。 八幡地区。
魚釣りの解禁日なのか、人が集まっていた。 アマゴセンターって所に。

s-21年3月29日 (26)  s-21年3月29日 (27)

対向車が来ないでくれと願ったのは、100㍍ほどの区間。
広い駐車場に。

s-21年3月29日 (28)  s-21年3月29日 (3)

ミツバツツジが咲いていた。 今年初めて。 まだ葉は開いてない。
桜が終わればツツジの季節?

s-21年3月29日 (4)  s-21年3月29日 (5)

祭神が仁徳天皇だから、若宮八幡宮。
仁徳天皇の父は応神天皇。 応神天皇が祭神なら八幡宮。  若宮の意味が分かりますね。

北畠氏や藤堂高虎から大事にされる。 
藤堂高虎は、城造りの名人でしたね。 津幡の初代藩主と、今回調べて知りました。

s-21年3月29日 (6)  s-21年3月29日 (7)

長い参道。 右写真、社務所に着いた。 人がいたので進む。

s-21年3月29日 (8)  s-21年3月29日 (9)

社殿に向かう。  右下に手洗い場。 この川は支流。
ここでも、川の中に入って水をかぶって修行が出来そう。 寒い冬に。

s-21年3月29日 (10)  s-21年3月29日 (11)

石段を上がって見えてきた。

s-21年3月29日 (12)  s-21年3月29日 (13)

拝殿。 

s-21年3月29日 (14)

右に庭。  水たまりがあっても、カエルの卵はまだ見てない。 声は聞いているけど。

s-21年3月29日 (15)  s-21年3月29日 (25)

奥への道がある。 行ってみる。  
願いが叶うときは、石は軽い。  石が重いと、気が重くなる。

s-21年3月29日 (16)  s-21年3月29日 (17)

末社。   本殿が拝殿の後ろに。

s-21年3月29日 (18)

ここ数日、コジュケイ鳴き声を聞く。 
チョットコイ、チョットコイってしつこい。

本州に来ているので、クマの準備はいつも。 鈴は鳴らさないけど。
奥に滝が。

s-21年3月29日 (19)  s-21年3月29日 (20)

着きました。 みそぎ滝。  滝に打たれて修行ですね。
勝手にするなとどこかに標示があった。 社務所に申し出て。

夏なら気持ちいいけど、冬は厳しい。
自分の過去の罪を、ここで落とす。 滝の水に流す。

前見て生きるために、それをするのでしょうか。

 ※ 過去のことはどうでもいいって、前を向けばいいのにって思うけど。
   人生は、あっという間に過ぎていくんだから。 とはいっても・・・。

s-21年3月29日 (21)  s-21年3月29日 (22)




不動の滝でないから、お不動様はいない。
そばに小さな社。

s-21年3月29日 (23)

切り株の上に、小さな木。 ここに降った雨で生きている。
周辺に仲間の木がないから、育つにはいい環境ですね。 

s-21年3月29日 (24)

神社があると、山の中が神聖な感じがします。

※ 余談 ここの神社のHPに、オオカミのことが書いてあった。
     オオカミは大神で神様だと。
     畑を荒らすイノシシやシカを退治してくれた。
     オオカミいなくなって、イノシシは増え放題。
     昔の人たちの方が賢かった。

【記事紹介】  山の上にミツマタ群生地、ちょうど花が咲いて。 名松線の終点、伊勢興津駅。 伊勢本街道興津宿を歩く。~津市美杉町~ 他 (2018/4/7)    ※ 実際は少し時期が遅いでしょうか。

【コジュケイの鳴き声】    コジュケイの鳴き声 ちょっとこい とその他3種類  (YouTube から)



【道の駅】     あかばねロコステーション。(愛知県田原市)
               ※ 29日の夕方、愛知県の渥美半島にフェリーで渡りました。
                  
【明日の予定】    記事は,、茶倉の道の駅と、渥美半島に渡った記事です。 見学はしません。

【カメラ・レンズ】  フジフイルム、X-H1 XF 18-135mm f 3.5-5.6R     

    都道府県別のブログタイトル一覧表は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg

   (放浪の旅Ⅱと放浪の旅Ⅰの両方です。 記事の総数は4300ほど。)
          
 ※ プロフィール・・・。 ⇒ ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体、3位です。 
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、これです。                          
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ クリックが完了したら、国内旅行のランキングが表示されます。
                 表示された画面の「旅行」をクリックすると、旅行全体の順位が。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 
                 
  【拍 手】  拍手のクリックのバナーは、一番下に。    ※ 拍手は、ランキングとは関係ありません。

※ CMを載せるのには、時間がかかりそう。 自分には無理。 調べてやってみたけど。
.
 
 
以前見学した時は、時期が少し遅かった。
今回は、ちょうどいい。
   ・  ・  ・  ・  ・
花が黄色かったら見頃。
だんだん白くなってお終いに。

どの枝も3つに分かれる。
それでミツマタ。 三椏、三俣、三又。
   ※     ※     ※     ※  ランキング ありがとう!!   ブログタイトル一覧は、右をクリック burogutaitoru656.jpg        
                ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)
   ・  ・  ・  ・  ・ 
国道から歩ける。 1㌔ほど。

s-21年3月28日 (1)  s-21年3月28日 (2)

国道の両側に駐車場。  無料。  正面の右の方に上がっていく。
昭和30年ころに植えられた。  それが広がって。

s-21年3月28日 (3)  s-21年3月28日 (4)

伊勢本街道が左右に通っている。 俳人の俵万智が街道を歩いた。
その時に、下の歌を。

この歌には昔、出会っている。
どっちも好き。 記事紹介に昔の記事を載せますね。 13年前のです。

s-21年3月28日 (5)

出発。 水のある風景が好きです。 水音のする道も好き。
川に流れて、春の小川。

s-21年3月28日 (6)  s-21年3月28日 (7)

目的地まで車で行くより、歩くのがいい。
右写真、白いコブシ、黄色と赤のツバキ、そして桜。 春爛漫。

s-21年3月28日 (8)  s-21年3月28日 (9)

着きました。  一番奥の展望台に。

s-21年3月28日 (10)

展望台が見えますね。 いい花だ。 白っぽくない。 ちょうど今が見ごろ。

s-21年3月28日 (11)  s-21年3月28日 (12)

林の中に、ミツマタの小さな木。 ミツマタの皮は和紙の材料になりますね。

s-21年3月28日 (13)  s-21年3月28日 (14)

遊歩道を歩く。 三枝(サキクサ)とも。  春真っ先に咲くので、先草とも。
また、幸草(サキクサ)と書いて、幸せを呼ぶ花に。

s-21年3月28日 (15)  s-21年3月28日 (16)

小さな花が集まって、半分の球に。  花の先だけが黄色い。
裏から見ると白い。

s-21年3月28日 (17)  s-21年3月28日 (18)



下へ行く道。  花の子ども。  
小学生の女の子が来たので、見てごらんって・・。

s-21年3月28日 (19)  s-21年3月28日 (20)

この花は、真ん中がまだ咲いてない。 これから。 緑がいいアクセント。

s-21年3月28日 (21)

花のどう撮るかはいつも考える。 難しい。
右写真は、少し先の花にピントを合わせてみた。

s-21年3月28日 (22)  s-21年3月28日 (23)

30人ほどの人が来ていたでしょうか。 戻る。

s-21年3月28日 (24)

茶畑の道を。  下も見ないとダメだなと思った。  ツクシだ。 今年初めて。

s-21年3月28日 (25)  s-21年3月28日 (26)

下まで降りた。 伊勢本街道の案内に、近くに庚申堂があると。
歩き出した。  人を警戒しないジョウビタキ。 3㍍ほど近くまで来た。

右写真、左下から上がってきた。 庚申堂。

s-21年3月28日 (27)  s-21年3月28日 (30)

左が青面(しょうめん)金剛の像。 仏像とは違う。
変わった像なので、これが見たくて来た。

足の下に、3匹の猿。
手の位置で判断して、左から、見ざる、聞かざる、言わざるですね。

s-21年3月28日 (28)  s-21年3月28日 (29)

  ※ 余談  庚申信仰について。(円道寺のHPから)

       庚申信仰は、元は中国の道教から生まれたものです。
       言い伝えによると、人のお腹の中には「三尸(さんし)の虫」というものがいるそうです。
       この虫は、干支が「庚申」となる日の夜に人々が寝静まると体から抜けだし、その人が行った悪事を
       天帝 (てんてい:宇宙を支配する神)に告げにいくのだそうです。
       そして、天帝が天の邪鬼(じゃき:たたりをする神)に命じると罰が与えられるので、皆、三尸の虫が抜
       け出さないように寝ずにお参りをしました。 これが庚申まいりの始まりです。

     寝ずにお参りあとあるけど、後に、寝ずにお酒を飲むように。 ごちそうを持ち寄って。
     江戸時代、庶民は苦しかったが、それなりに楽しんでいた。 60日に一度。 他に、二十三夜待ちなども。

いい時期に見学できました。

【記事紹介】

   寒いねと話しかければ、寒いねと答える・・・。  他 (2008年11月25日

【今日の一曲】   裏切りの街角 甲斐よしひろ   上の記事で紹介した歌です。



【道の駅】    飯高駅 (松坂市)
             和歌山街道、珍布(めずらし)峠を歩く。  小津安二郎。~松阪市飯高~  他  (2013/4/26)

【明日の予定】    記事は、川上山若宮八幡宮。(最古の若宮八幡宮だそう)

【カメラ・レンズ】  フジフイルム、X-H1 XF 18-135mm f 3.5-5.6R     

    都道府県別のブログタイトル一覧表は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg

   (放浪の旅Ⅱと放浪の旅Ⅰの両方です。 記事の総数は4300ほど。)
          
 ※ プロフィール・・・。 ⇒ ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体、3位です。 
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、これです。                          
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ クリックが完了したら、国内旅行のランキングが表示されます。
                 表示された画面の「旅行」をクリックすると、旅行全体の順位が。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 
                 
  【拍 手】  拍手のクリックのバナーは、一番下に。    ※ 拍手は、ランキングとは関係ありません。

※ CMを載せるのには、時間がかかりそう。 自分には無理。 調べてやってみたけど。
.
 
 
すぐいせ道。
真っすぐ行ったら、伊勢に着きますよ。
   ・  ・  ・  ・  ・
観光旅行はお宮参りから始まったよう。
仲間(講)で貯金して、今年は代表で誰が行くと決めて。

お参りの人には関所は厳しくない。
信心深いって思われるから。
   ※     ※     ※     ※  ランキング ありがとう!!   ブログタイトル一覧は、右をクリック burogutaitoru656.jpg        
                ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)
   ・  ・  ・  ・  ・ 
赤〇を歩く。 昨日の記事は印。   ※ 写真は26日に撮影。

s-21年3月27日 (1)  s-21年3月27日 (2)

向こうは、奈良大阪方面。  伊勢本街道。  
左に空き地。 そこに三木屋という旅籠(はたご)があった。

復活させる計画があるよう。

s-21年3月27日 (3)  s-21年3月27日 (5)

飼坂峠に向かう道を行く。

s-21年3月27日 (4)

ミツマタの花。 白いので終わりかけ。 ※ 次の日に、ミツマタの群落を見に。
多気(たげ)宿。  松坂に行く道との交点なのでにぎわった。 

s-21年3月27日 (6)  s-21年3月27日 (7)

レンギョウの鮮やかな黄色。

s-21年3月27日 (8)  s-21年3月27日 (9)

峠に向かって、ゆるやかな上り。 橋を渡る。
この辺まで来た時、ここは一度通ったことあると思い出した。

s-21年3月27日 (10)  s-21年3月27日 (11)

昔は一人旅は危険。 2人か3人が多いのでしょうか。

s-21年3月27日 (12)

きぬかけ地蔵があるという。 いなかった。 散歩か。
お地蔵さんが夜になったら踊りだすとか、そんな話が好き。

s-21年3月27日 (13)

このように。

s-21年3月27日 (14)  s-21年3月27日 (15)

そう遠くなく飼坂峠。  今の国道はトンネル。
昔は、怖かったとある。   何が怖かったのか。  盗賊か。 クマか。

  ※ クマ情報を調べてみた。(いつものこと)
    この飼坂峠付近でクマが出ている。 

    紀伊半島のクマはおよそ200頭。 棲む地域は他と離れている。
    特徴は小さめ。 普通のは60㌔ほどだという。

    この地域辺りから、吉野にかけて住んでいる。
    南吉野は最後のオオカミが見つかった地でもありましたね。

この時、シカが鳴いた。 静かになった時、口笛を吹いた。 シカは返事してくれた。

s-21年3月27日 (16)  s-21年3月27日 (17)

戻っている。  恋も花も、散る時がいちばん美しゅうございます。
でも、咲かせられなかったら、散りたくても散れない。 ・・・。

s-21年3月27日 (18)  s-21年3月27日 (19)

交差点に。  ここの見学の前、左に行っていた。
石碑に、すぐいせ道と。 近いって勘違いしそう。

反対側には、すぐはせ道。  長谷寺への道ですね。 長谷寺の記事。   伊勢神宮の記事

s-21年3月27日 (20)

上がってきた。 縄で巻いた不思議なものが。 何でしょう。 ヒイラギの葉っぱも。
ここは豆腐屋さんだった。

s-21年3月27日 (21)  s-21年3月27日 (30)

シイタケ干して。 

s-21年3月27日 (23)  s-21年3月27日 (24)

松浦武四郎がここを歩いている。 津市の隣の松坂市の人ですね。 北海道命名の記事

s-21年3月27日 (25)  s-21年3月27日 (26)

ヤマザクラですね。  花と葉っぱが一緒に。 

s-21年3月27日 (27)

もっと行ってみる。  サクラソウ。 少し行って戻る。

s-21年3月27日 (28)  s-21年3月27日 (29)

桜咲いて、いい季節になりました。

【記事紹介】

   天領江津本町甍(いらか)街道を散策。 月の小川の橋七つ。 夢ある二層橋。 願い石の山辺神社。~江津市~ 他 (2019/11/22)

【動画紹介】    ※  こんなことってあるのでしょうか。 そんな動画です。



【道の駅】    茶倉 (松坂市)

【明日の予定】     記事はミツマタの群落。 ちょうど満開。

【カメラ・レンズ】  フジフイルム、X-H1 XF 18-135mm f 3.5-5.6R     

    都道府県別のブログタイトル一覧表は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg

   (放浪の旅Ⅱと放浪の旅Ⅰの両方です。 記事の総数は4300ほど。)
          
 ※ プロフィール・・・。 ⇒ ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、2位です。 
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、これです。                          
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ クリックが完了したら、国内旅行のランキングが表示されます。
                 表示された画面の「旅行」をクリックすると、旅行全体の順位が。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 
                 
  【拍 手】  拍手のクリックのバナーは、一番下に。    ※ 拍手は、ランキングとは関係ありません。

※ CMを載せるのには、時間がかかりそう。 自分には無理。 調べてやってみたけど。
.
 
 
この季節、どこかで桜は満開ですね。
桜前線は、日本の真ん中あたりを北上中。
   ・  ・  ・  ・  ・
津市美杉町も咲きだした。
満開かなって見えるほどに。

自分は春の陽気に浮かれて歩く。
まだ虫は少ないけど、花はいっぱい。
   ※     ※     ※     ※  ランキング ありがとう!!   ブログタイトル一覧は、右をクリック burogutaitoru656.jpg        
                ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)
   ・  ・  ・  ・  ・ 
この地図の中を歩く。

s-21年3月26日 (1)  s-21年3月26日 (2)

道の駅美杉を出発。 国道368はいい道。 もう少し後ろの方までは。
左右へ行く道はどこも、センターラインがはっきりしない。

少し行って、右に行く。

s-21年3月26日 (3)

こんな道。 車は多い。 

s-21年3月26日 (4)

交差点。  左右の道は伊勢本街道。 

s-21年3月26日 (5)

左を見た。  移動販売車がいた。  大きな音を鳴らして。(演歌っぽい曲)
この道は後程歩く。

s-21年3月26日 (6)  s-21年3月26日 (7)

赤線が近畿自然歩道。 この地図では、伊勢本街道とだいたい同じ。 右の方に行って別に。
※ この地図は上が南。 上が北の方が好き。

s-21年3月26日 (8)

真っすぐ来た。 桜咲いて。  右写真は、ミツマタの花。 黄色が薄くなったらお終い。

s-21年3月26日 (9)  s-21年3月26日 (10)

桜は満開に見えるけど、よく見たらつぼみがある。
満開の時は、これでもかって咲きますね。 まいったかって。

s-21年3月26日 (11)  s-21年3月26日 (12)

ここは三重県津市美杉町多気(たげ)。
それで、多気北畠氏城館跡。   ここは館跡で山の上に城跡。  ※ ここには以前も来ている。

s-21年3月26日 (13)  s-21年3月26日 (14)

鳥居をくぐって左を見た。  山の上への道。
雪姫伝説がある。

  ※ 北畠氏は信長に負ける。 雪姫はつかまる。 木に縛られて。
    キツネが来て姫を助ける。  詳しくはここ。(以前の記事から)

  ※ キツネが助けたことにしたんですね。
    そうでないと犯人探しが始まるから。

    光秀や安徳天皇は死んだことになっています。
    もし助かっていても、死んだことにしますね。
    そうでないと、いつまでも追われるので。

s-21年3月26日 (16)  s-21年3月26日 (17)

今の季節の歌。 明日の記事で山桜を紹介できます。 花と葉が一緒に。
 「ひかり降るごとく雨きて 山櫻」

車道の方から回り込んで、北畠神社。

s-21年3月26日 (15)  s-21年3月26日 (18)

祭神は北畠氏の3人。 鎌倉時代の後ですね。 ※ 雪姫は、戦国時代。

s-21年3月26日 (19)  s-21年3月26日 (22)

左を見たら庭園。 

s-21年3月26日 (28)  s-21年3月26日 (20)

有料なのでのぞいただけ。

s-21年3月26日 (21)

像や句碑が。  石垣は発掘して整備したのでしょうか。

s-21年3月26日 (23)  s-21年3月26日 (24)

北畠氏は南朝の後醍醐天皇を助けたので、神社が立派で、史跡も整備された。
そういうことなんですね。

s-21年3月26日 (25)

発掘でここに館があったと分かっているんですね。

s-21年3月26日 (26)  s-21年3月26日 (27)

鳥居を出たら右に、小さなエーコープ。 キャベツを買った。(道の駅では売り切れ)

s-21年3月26日 (29)

この後、伊勢本街道に向かう。

【記事紹介】   北畠具教の館跡。  伊勢神宮の別宮、瀧原宮。~大台町・大紀町~  他  (2013/4/28)

【今日の一曲】 【さとうささら】Амурские волны アムール河の波

              ※ オホーツクの流氷は去ったかなと思って、この曲です。   知床や根室にも春。
                この曲については、ここに詳しく



【道の駅】     美杉

【明日の予定】      記事は伊勢本街道を歩く。   写真は撮ってあります。
               自分は、別の伊勢本街道を歩いて、三多気の桜を見に。  いっぱい歩きそう。  日曜は雨模様。

【カメラ・レンズ】  フジフイルム、X-H1 XF 18-135mm f 3.5-5.6R     

    都道府県別のブログタイトル一覧表は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg

   (放浪の旅Ⅱと放浪の旅Ⅰの両方です。 記事の総数は4300ほど。)
          
 ※ プロフィール・・・。 ⇒ ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、2位です。 
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、これです。                          
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ クリックが完了したら、国内旅行のランキングが表示されます。
                 表示された画面の「旅行」をクリックすると、旅行全体の順位が。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 
                 
  【拍 手】  拍手のクリックのバナーは、一番下に。    ※ 拍手は、ランキングとは関係ありません。

※ CMを載せるのには、時間がかかりそう。 自分には無理。 調べてやってみたけど。
.
 
 

openclose

02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。