fc2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

木地師の里で惟喬(これたか)親王に出会った。
墓が大原にあるみたい。
   ・  ・  ・  ・  ・
今日は大原を通って、京都見学の拠点亀岡に。
途中、田舎道を走るのもいい。

大原は里山の雰囲気。
ただ歩くだけでも楽しい。
    ※     ※     ※     ※  ランキング ありがとう!!   ブログタイトル一覧は、右をクリック burogutaitoru656.jpg        
                ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)
   ・  ・  ・  ・  ・ 
正確な場所は知らないで歩き始めた。

s-21年11月6日 (1)  s-21年11月6日 (2)

里の駅。 ここの第二駐車場に車を。 センダンの実。 初めてかな。

s-21年11月6日 (3)  s-21年11月6日 (4)

自分で勝手に、惟喬親王の墓は三千院の方かなと思っている。
以前そっちで説明を見たような。

高野川沿いの道を行く。

s-21年11月6日 (5)  s-21年11月6日 (6)

右の川向こうの風景。  後で知るけど、向こうの山に行くことに。 

s-21年11月6日 (7)

高野川。  京都の街中で賀茂川と合流。 鴨川になる。

s-21年11月6日 (8)

左を見た。  あの谷の少し奥に、寂光院(じゃっこういん)。
平家が負けて、子供の安徳天皇は壇ノ浦に沈んだ。

母の建礼門院は助かって、寂光院で安徳天皇と平家一門の菩提を弔った。 寂光院の記事

s-21年11月6日 (9)

里山で地図をもらうの忘れていた。 それに載っているはず。
細い橋で高野川を渡る。 子どもが遊んでいる。

s-21年11月6日 (10)

国道367に出て歩いていた。  ある駐車場の横を通った。
何年も前、ここの駐車場に停めた。 須坂の東風さんと。

夜、真っ暗の中、車から出て星を見た。
写真の中央辺りで手前の畑に落ちた。 

落ちるなんて知らないからびっくり。
右足のくるぶし近くの骨が折れた。  大変な思いをした。 

その冬は亀岡で年を越した。 今となっては思い出だ。

s-21年11月6日 (11)

三千院の道を行こうとしたら地図。 白〇から歩いてきた。 戻らないとダメ。

s-21年11月6日 (12)

せっかくだから三千院の道を少しだけ。 晩秋のコスモス。   三千院の記事

s-21年11月6日 (13)  s-21年11月6日 (14)

女ひとりの歌詞。  YouTubeに気に入ったのがなく、今回は紹介しない。

s-21年11月6日 (15)  s-21年11月6日 (16)

戻っている。 国道と並行の山側の道を歩いている。 風情が。

s-21年11月6日 (17)

スマホの地図にも載っていて、それを頼りに歩いている。
山の方に上がってきた。  木彫り。  円空の雰囲気とも違う。

s-21年11月6日 (18)  s-21年11月6日 (19)

案内があって細い道に。

s-21年11月6日 (20)  s-21年11月6日 (21)

案内から5分ほど歩いた。  森の中に入った。  着いた。
左奥に墓。  右は、上野御霊神社。  上野はここの地名。

s-21年11月6日 (22)  s-21年11月6日 (23)

惟喬親王は文徳天皇の第一皇子。  母が藤原氏の娘でなかったから、天皇になれなかった。
流浪の旅に出る。 放浪でもいいか。 

伝説でなくある文献に、木地師を連れて小椋谷に行っていることが。
殺される不安もあって、都から離れたかも。  藤原氏は何でもする。

s-21年11月6日 (24)

上野御霊(みたま)神社。

s-21年11月6日 (25)

ここが墓。

s-21年11月6日 (26)

五輪塔の墓。 

s-21年11月6日 (27)

※ 天皇や皇族の墓は各地に。
  その多くは明治に入って整備された。
  伝説をもとに、宮内庁が決めた。 
  いくつも伝説がある場合は、複数の墓。  参考地という墓も。
  本当の墓とそうでない墓が混ざっている。

この道を戻る。 畑では野菜。  京都の漬物に。

s-21年11月6日 (28)  s-21年11月6日 (29)

少し先に駐車場。

s-21年11月6日 (30)

京都の街は夕方通ってはダメ。 渋滞。 祗園周辺は混む。
今回は賀茂川沿いに1号線を目指した。 試しに。 混んだ。

一番いいのは、途中から金閣寺前、立命館前を通って国道9に入る。
それがよさそう。 つぎから、またそうする。  昼間か深夜に通る。

無事に亀岡市の道の駅に着きました。

【歌のたび】    Francis Goya - Rann na mona - Teresa Teng 情人的關懷 (Lover's Care) - 空港 (Airport) - (Cover)

                ※ テレサ・テンの空港。



【道の駅】    ガレリア亀岡

【明日の予定】    京都に。   14日に、孫の華ちゃんと桃ちゃんに会います。
             その次の日、西に向かいます。 ルートは未定。  通ってない道を探します。

【カメラ・レンズ】  フジフイルム、X-S10 XF 18-135mm f 3.5-5.6R  

    都道府県別のブログタイトル一覧表は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg

   (放浪の旅Ⅱと放浪の旅Ⅰの両方です。 記事の総数は4300ほど。)
          
 ※ プロフィール・・・。 ⇒ ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体、4位です。 
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、これです。                          
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ クリックが完了したら、国内旅行のランキングが表示されます。
                 表示された画面の「旅行」をクリックすると、旅行全体の順位が。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 
                 
  【拍 手】  拍手のクリックのバナーは、一番下に。    ※ 拍手は、ランキングとは関係ありません。

※ CMを載せるのには、時間がかかりそう。 
.

スポンサードリンク

 
 
今いる所は大津市堅田(かたた)。 濁らない。
合併する前は、堅田町。  単独の自治体。
   ・  ・  ・  ・  ・
ヴォーリズの建物があると分かって、気になっていた。
天気が不安だけど、行ってみることに。

ついでに、ちょっとだけ電車に乗ってみた。
大津京まで。 240円。 モンベル。
    ※     ※     ※     ※  ランキング ありがとう!!   ブログタイトル一覧は、右をクリック burogutaitoru656.jpg        
                ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)
   ・  ・  ・  ・  ・ 
橋のたもとに道の駅。 印が目的の建物。

s-21年11月5日 (1)

歩かないと運動不足になる。 1日10㌔ほど歩けばいいのかな。

s-21年11月5日 (2)  s-21年11月5日 (3)

夜は向こうの駐車場に。 8時頃第2駐車場に来ていた。 
お昼に出発。

s-21年11月5日 (7)

佐藤忠良さんの像。 若い女・シャツ。   若い女シリーズ。  あっちこっちで見ます。

s-21年11月5日 (8)  s-21年11月5日 (9)

道の駅。  地場産の野菜などが人気。 

s-21年11月5日 (11)

琵琶湖大橋。  有料。 償還は終わったけど、まだ有料。 
維持費がかかる理由で。  毎月数百万円の収入。 理由は後付け??

s-21年11月5日 (12)

左向こうに駅。 山が雨で霞んでいる。  

  ※ 今日は夕方近くに床屋に行く予定だった。 予定を早めて先に。
    終わったら雨がやんでいた。 にわか雨。

s-21年11月5日 (13)  s-21年11月5日 (14)

堅田駅に来た。  電車に乗った。

s-21年11月5日 (15)  s-21年11月5日 (16)

大津京まで。 駅から20分ほど歩けばモンベル。

s-21年11月5日 (17)  s-21年11月5日 (18)

大津京駅。   商店街が続くのでカメラはリュックに。
モンベルで少し見て、岳人という本を買った。 

本の内容をモンベルのサイトで見たら、木地師のことが。
それで買うことにしていた。 最後に紹介。

s-21年11月5日 (19)

堅田に戻ってきて駅から15分ほど歩いたら、日本基督教団堅田教会。

s-21年11月5日 (21)

多くの建物を設計したヴォーリズの作品。 彼は近江八幡市を拠点に活動。

s-21年11月5日 (22)  s-21年11月5日 (23)

有形登録文化財。 

s-21年11月5日 (24)  s-21年11月5日 (25)

キリスト教を広めるためにやって来たが、建築でいそがしくなった。
メンソレータムを日本に広めたのはこの人。

s-21年11月5日 (26)

※ ヴォーリズの建物を2つ紹介。

     豊郷小学校校舎軍の記事。  ピアソン記念館の記事

下が岳人11月号。  特集は木地師の山。

s-21年11月5日 (27)

少し紹介。
最初にまず小椋谷の紹介。  前日自分が行った。 この記事

※ 小椋谷は東近江市の山奥。 苗字はみんな小椋。
  東近江市の市長さんの話が。 市長さんの名前も小椋だった。 小椋谷出身。

s-21年11月5日 (4)

下の人は、ある動画で紹介しました。

s-21年11月5日 (5)

蔵王こけし。 遠刈田(とおがった)温泉周辺でつくられる。 この記事に

s-21年11月5日 (6)

岳人はモンベルが発行している。  ※ 山に関係する本は大きいのが2つ。 山と渓谷と、岳人。
服部文祥という人は編集に。 道なき道を歩いたり。

※ 米と調味料を持って、日高山脈を縦走したり。 魚を釣っておかずに。
  通信機器は持たない。 下の動画は岳人の記事を書くために山の中を。 

  最近は北アルプスを、登山道を通らないで縦走。

【動画】   服部文祥の北海道漫遊記【外伝】岳人取材コイカクシュサツナイ岳編



【歌のたび】   琵琶湖周航の歌 おおたか静流 ver.



【道の駅】   びわ湖大橋

【明日の予定】   大原を検討中。    深夜に移動して亀岡市でしょうか。

【カメラ・レンズ】  フジフイルム、X-70

    都道府県別のブログタイトル一覧表は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg

   (放浪の旅Ⅱと放浪の旅Ⅰの両方です。 記事の総数は4300ほど。)
          
 ※ プロフィール・・・。 ⇒ ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体、4位です。 
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、これです。                          
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ クリックが完了したら、国内旅行のランキングが表示されます。
                 表示された画面の「旅行」をクリックすると、旅行全体の順位が。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 
                 
  【拍 手】  拍手のクリックのバナーは、一番下に。    ※ 拍手は、ランキングとは関係ありません。

※ CMを載せるのには、時間がかかりそう。 
.

スポンサードリンク

 
 

openclose

12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


10 | 2021/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。