fc2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

瀬戸間伏(せとまぶし)橋は、瀬戸間伏川に架かっているという。
いろんな瀬戸間伏橋の案内には。
   ・  ・  ・  ・  ・ 
地図を見たら、大鳥川。 どうしてでしょう。
その辺りだけ、呼び名が違うのか。

地図には載ってないけど、橋のある地域は瀬戸間伏と呼ばれるよう。
自分は地域の名前を橋の名前にしたのではと、予想。
    ※     ※     ※     ※  ランキング ありがとう!!   ブログタイトル一覧は、右をクリック burogutaitoru656.jpg        
                ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)
   ・  ・  ・  ・  ・ 
赤〇に石橋。  大鳥川とある。

s-s-ttt1112.jpg  s-22年1月6日 (2)

向こうから来た。 駐車場はない。 空き地を見つけてそこに。
少し先の橋の上から見えるという。 右に。  

そこから見学の後、右の道を行ってみる。

s-22年1月6日 (3)

橋の上から。 ちゃんと見えない。  向こうは上流。

s-22年1月6日 (4)  s-22年1月6日 (5)

下を見たら穴だらけ。 甌穴でしたっけ。 
川底だった時に出来た。  穴の中の石が削って大きくしましたね。 今も川の底では・・・。

s-22年1月6日 (6)

こっちに来た。 橋の向こうから左に。

s-22年1月6日 (25)

藪をこいで橋の上に。 進入禁止の看板はなかったので入った。
舗装をしている。  車が通っていたと分かりますね。  昭和44年まで。  出来たのは大正10年。

s-22年1月6日 (7)  s-22年1月6日 (8)

戻って川の上流から。 もっと上流から撮りたいけど、私道で進入禁止とあった。
下に行けないか探した。

s-22年1月6日 (9)

橋から下りてきた。 

s-22年1月6日 (10)

新しい橋。 

s-22年1月6日 (11)

ちゃんと見えたぞ。 隙間に草が生えた。 
これが完成した大正10年には、村中集まってよかったねって。 乾杯。

s-22年1月6日 (12)

橋は江戸時代からあった。  西南戦争の時、政府軍が通れないように落としたそう。

  ※ どんな戦争でも、勝つためには何でも壊しますね。
    薩摩藩が寺を壊したのも、同じです。

s-22年1月6日 (13)

後に補修したのかも。  車の通行が激しくなって。 コンクリート。

s-22年1月6日 (14)  s-22年1月6日 (15)

石橋は重さには強くても、車の振動は苦手。 
鉄の橋は明治から造られ始めた。 でも、技術や鉄がいる。

石橋は石工と地元の人の力で造ることが出来ます。 長持ちする。 錆びない。

s-22年1月6日 (16)  s-22年1月6日 (17)

上流に集落があるので清流ではない。

s-22年1月6日 (18)

新しい橋の下は激流。

s-22年1月6日 (19)

あれは何だ。

s-22年1月6日 (20)

用水路。 田んぼの水。 壊れている。 ここの水は、自分が下に下りた小さな橋の下から。

s-22年1月6日 (21)  s-22年1月6日 (22)

甌穴については、記事紹介で。 穴の水に魚はいなかった。

s-22年1月6日 (23)

昔は水量が多かった。 欄干は低い。
そこを子供たちは通った。  親は不安感じなかったのか。  真ん中を通れって。(はしをとおるな)

s-22年1月6日 (24)

古い石橋の見学でした。 歴史から取り残されて。

【記事紹介】

三之宮峡を歩く。  11のトンネル。  かっぱ洞。  切り立った岩に橋満橋。~小林市~ 他 (2015/1/25)

毘沙門の滝は、柱状節理の谷奥に。 元は軌道があり木材を搬出した、めがね橋。~えびの市~ 他 (2015/1/24)

関之尾滝は高さ18㍍、幅40㍍の巨滝。 悲しい伝説。 滝の上流には大規模の甌穴群が。~都城市~ 他 (2017/1/10)


【道の駅】     おおすみ弥五郎伝説の里

【明日の記事】    岩屋観音(その1)

【カメラ・レンズ】  フジフイルム、X-S10 XF 18-135mm f 3.5-5.6R   車載、FX10   山に行くときはX70.

    都道府県別のブログタイトル一覧表は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg

   (放浪の旅Ⅱと放浪の旅Ⅰの両方です。 記事の総数は4300ほど。)          
 ※ プロフィール・・・。 ⇒ ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。 
               2021年夏のを1枚プラス。 美瑛川上流で釣り。s-ppolkio8999.jpg

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体、3位です。 
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、これです。                          
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ クリックが完了したら、国内旅行のランキングが表示されます。
                 表示された画面の「旅行」をクリックすると、旅行全体の順位が。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 
                 
  【拍 手】  拍手のクリックのバナーは、一番下に。    ※ 拍手は、ランキングとは関係ありません。

※ CMを載せるのには、時間がかかりそう。 
. 

スポンサードリンク

 
 
洞窟があれば行ってみたくなる。
中に何かあれば、なおさら。
   ・  ・  ・  ・  ・
その洞窟は湧き出る水がつくったよう。
高さ8㍍、幅16㍍、奥行き30㍍。 巨大な口のように。

中にあったのは五輪塔など、鎌倉時代のもの。
逆修の塔と説明に。 珍しい。
    ※     ※     ※     ※  ランキング ありがとう!!   ブログタイトル一覧は、右をクリック burogutaitoru656.jpg        
                ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)
   ・  ・  ・  ・  ・ 
赤〇で行くと、道は困らない。 上からは細いよう。

s-22年1月5日 (1)  s-22年1月5日 (2)

向こうから来た。 小さな駐車場。  水汲みの人も来る。

s-22年1月5日 (3)

上の写真の右奥に観音淵滝。  滝の下流に湧水が。

s-22年1月5日 (4)  s-22年1月5日 (5)

中世古石塔群は石段を上がる。

s-22年1月5日 (27)  s-22年1月5日 (6)

石段を一度曲がれば上に着く。

s-22年1月5日 (7)

高さ8㍍だから大きい。  鎌倉時代のもの。
土地開発を進めた人たちの塔と説明に。

  ※ 逆襲の塔はたまに見ます。 普通の塔は墓だったりするけど、ここのは違う。
    生きているうちに自分のをつくる。  極楽に行けますようにって。(誰かを恨んで逆襲の塔ではなく)

s-22年1月5日 (8)  s-22年1月5日 (9)

あるある、いっぱいある。  水音がする。 壁の手前に水路。 見えない所も。

s-22年1月5日 (10)

この像も古いのでしょうか。  山伏かな。

s-22年1月5日 (11)  s-22年1月5日 (12)

これなら自分で作れるでしょうか。 どれも五輪塔。

s-22年1月5日 (13)

一番奥。 暗いけど何とか見える。

s-22年1月5日 (14)  s-22年1月5日 (15)

穴から水が出てきている。 それと、岩の隙間から白糸の滝のように。

s-22年1月5日 (16)

湧水の洞窟は、湿っぽくて暮らすのは不便かな。

s-22年1月5日 (17)

あの世って見た人いないけど、あると思った方が死ぬのが怖くないか。

s-22年1月5日 (18)  s-22年1月5日 (19)

珍しい歓喜天が。  像の顔をしている。  詳しくはここに

s-22年1月5日 (20)  s-22年1月5日 (21)

火山灰の石でしょうか。  長い年月経って、少しずつ風化。
  ※ 四角っぽいのは宝篋印塔って呼ばれます。

s-22年1月5日 (22)

天井に穴。  下にコウモリの糞。 
   ※ 穴の中を撮ってパソコンで見やすくしたけど、コウモリかどうかははっきりしない。2匹。

s-22年1月5日 (23)  s-22年1月5日 (24)

社長さんの所でいただいた水はあと少し。
湧水を汲みました。 24㍑。 

そして近くにこれ。 枯れているけど、ハンゲショウ。 半夏生。
花の名前でもあり、季節の呼び名。   葉っぱの一部が化粧してるように白く。 出会ったのは2度目。

s-22年1月5日 (26)  s-22年1月5日 (25)

今日はこの後、3か所の見学。 
下の動画に、半夏生のことが。

【歌のたび】    半夏生(ハンゲショウ)



【記事紹介】

羅漢寺は山の中腹の洞窟に、埋め込まれるように。 3700体以上の石仏。 古羅漢。~中津市~ 他 (2016/12/8)

岩洞窟の天井に飛天の絵。 厳しい修行ってどんな修行? 国宝銅板法華経は、如法(ねほう)寺でつくられた。~豊前市~ 他 (2020/12/15/火)


【道の駅】    松山(志布志市)

【明日の記事】     瀬戸間伏橋。  古い石橋です。 

【カメラ・レンズ】  フジフイルム、X-S10 XF 18-135mm f 3.5-5.6R   車載、FX10   山に行くときはX70.

    都道府県別のブログタイトル一覧表は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg

   (放浪の旅Ⅱと放浪の旅Ⅰの両方です。 記事の総数は4300ほど。)          
 ※ プロフィール・・・。 ⇒ ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。 
               2021年夏のを1枚プラス。 美瑛川上流で釣り。s-ppolkio8999.jpg

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体、3位です。 
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、これです。                          
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ クリックが完了したら、国内旅行のランキングが表示されます。
                 表示された画面の「旅行」をクリックすると、旅行全体の順位が。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 
                 
  【拍 手】  拍手のクリックのバナーは、一番下に。    ※ 拍手は、ランキングとは関係ありません。

※ CMを載せるのには、時間がかかりそう。 
.

スポンサードリンク

 
 

openclose

01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


12 | 2022/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。