fc2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

今は小さな集落でも、昔は駅が出来るほどの人がいた。
1日3本しか列車は停まらない。 すっかり人が減った。
   ・  ・  ・  ・  ・
宗太郎駅は、宗太郎峠を下り始めたらあった。
少しばかりの家が、急に現れた。

秘境駅で人気があるようだ。
観光列車が停車して、客はホームには下りれるよう。 (撮影は22日)
    ※     ※     ※     ※  ランキング ありがとう!!   ブログタイトル一覧は、右をクリック burogutaitoru656.jpg        
                ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)
   ・  ・  ・  ・  ・ 
市棚駅から向かった。

s-22年1月25日 (1)  s-22年1月25日 (2)

宗太郎峠の頂上が近づいたので、撮り始めた。
  ※ 日豊本線の日は日向(ひゅうが)の日でした。  間違って話しています。



集落の奥まで来て、戻っています。 車を国道沿いに置いてきます。 
正面に上がっていくと宗太郎駅です。



車はこの近くに。 こ線橋が見えます。 あそこですね。

s-22年1月25日 (3)  s-22年1月25日 (4)

この辺が集落の中心。  

s-22年1月25日 (5)

折り返すように上がっていきます。

s-22年1月25日 (6)  s-22年1月25日 (7)

薪ストーブの暖かさは柔らかい感じ。  いつかは自分も・・・、と思うけど。  シイタケもある。

s-22年1月25日 (8)  s-22年1月25日 (9)

上がって来ました。 向こうは大分方面。

s-22年1月25日 (10)

駅舎はなく、トイレの壁にだったかな。  3本だけ。  市棚駅と一緒。
何で観光列車のポスターがあるのでしょう。

※ 次の駅に行ったときに分かりました。
  土曜日に走る列車で、この駅に停まります。  

  乗ったり下りたりは出来ません。
  ただ客はホームに出ることが出来ます。   明日の記事に詳しく

s-22年1月25日 (11)

向こう側。

s-22年1月25日 (12)

ホームはこんな感じ。

s-22年1月25日 (13)  s-22年1月25日 (14)

切符入れる箱。 一日の乗車は、平均1人未満。

s-22年1月25日 (15)  s-22年1月25日 (16)

カニさん。

s-22年1月25日 (17)

こ線橋の上から。  駅は集落の一番上に。  大分県で最も南にある駅。

s-22年1月25日 (18)

駅の下の家には、人がいた。   話す機会はなかった。

s-22年1月25日 (19)

隣の駅から乗ってきても、戻るのがない。
自分はこの時は気づかなかったけど、隣の駅まで歩いて戻ればいい。 いつかやってみましょうか。

s-22年1月25日 (20)

小さな池。 水は上から落ちてくる。 湧水のよう。
イモリがいるようだが、見えなかった。   カニが死んでいた。

s-22年1月25日 (21)

石の絵は、みんなカニだった。 カニは寒くなって死んじゃった。

s-22年1月25日 (22)  s-22年1月25日 (23)

集落の反対側の神社に来た。 お祭りは出来ているのでしょうか。

s-22年1月25日 (25)  s-22年1月25日 (26)

神社の上から。

s-22年1月25日 (27)

右から出てきた。  集落の中の道は旧道ですね。
自分の車は橋の向こう。 数台停められる。

s-22年1月25日 (28)

見るだけでなく、いつの日か乗りましょう。

【記事紹介】    秘境駅を。

 真幸駅は、スイッチバックの秘境駅。  山あいに幸福の鐘、鳴り響く。~えびの市~ 他 (2015/1/21)

 室蘭本線の秘境駅、小幌駅 ~全国秘境駅ランキング、NO.1。 豊浦町~  他  (2011/8/4)

【歌のたび】    森田童子について新しいことが分かったので、書きますね。

「別れの朝」  ペドロ&カプリシャス   

  ※ 下の曲の作詞は、なかにし礼です。  本名は中西禮三。   
    たくさんの詞を書きました。 石狩挽歌とか。

    森田童子と彼が関係あることは以前書きました。  続きは下に。



ラストワルツ    森田童子

  ※ 森田童子は、なかにし礼の兄の次女でした。 なかにし礼の姪(めい)。
     本名は、中西美乃生(みのぶ)。 (結婚して前田美乃生)

  ※ 情報源はここです。  詳しく載っています。

  ※ なかにし礼は森田童子と一緒に暮らしてた時代が。 調べてみました。
    礼さんが最初の夫人と結婚するのは1963年。 25才。 まだ学生。
    兄の家に母がいて、その後、夫婦で同居していた時代があったよう。
    森田童子はなかにし礼の14才下。 同居してた頃は、中学生でしょうか。
    後になかにし礼は「兄弟」という小説を書いている。
    その中に、森田童子は「美似子」の名で登場。 
    登場人物に森田童子の何かが反映されていそうです。
    こんど買って読んでみますね

  ※ なかにし礼と森田童子の才能は、誰の血を受け継いだのでしょうか。
    それは、なかにし礼の母はであり森田童子の祖母のようです。
    母はなかにし礼と姉を連れて満州から逃げ帰る。 礼6歳の時。
    機銃掃射に襲われた後、母は礼にこう言った。
    この先は母の言うことさえ信じてはいけない。 自力で逃げのび、生きること。
    そんなことを言える母でした。  「赤い月」という小説は母がモデルです。
     (余談 兄は礼にこんなことを言っています。 地獄を見ないと詩は書けないぞ、って)

  ※ 森田童子となかにし礼には、共通の才能があったように感じます。



【道の駅】    原尻の滝

【明日の記事】     重岡駅。  観光列車がやって来た。

【カメラ・レンズ】  フジフイルム、X-S10 XF 18-135mm f 3.5-5.6R  XF14mmF2.8 車載、FX10   山に行くときはX70.

    都道府県別のブログタイトル一覧表は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg

   (放浪の旅Ⅱと放浪の旅Ⅰの両方です。 記事の総数は4300ほど。)          
 ※ プロフィール・・・。 ⇒ ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。 
               2021年夏のを1枚プラス。 美瑛川上流で釣り。s-ppolkio8999.jpg

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体、3位です。 
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、これです。                          
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ クリックが完了したら、国内旅行のランキングが表示されます。
                 表示された画面の「旅行」をクリックすると、旅行全体の順位が。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 
                 
  【拍 手】  拍手のクリックのバナーは、一番下に。    ※ 拍手は、ランキングとは関係ありません。

※ CMを載せるのには、時間がかかりそう。 
.   

スポンサードリンク

 
 
田舎の駅を見学して、その地域を散歩。
今日はそんな一日。
   ・  ・  ・  ・  ・
市棚(いちたな)駅を過ぎたら深い山に。
宗太郎越え。  越えたら大分県。

駅から1.5㌔に御頭(おとう)神社。
案内が大きいので行ってみる。 (撮影は22日)
    ※     ※     ※     ※  ランキング ありがとう!!   ブログタイトル一覧は、右をクリック burogutaitoru656.jpg        
                ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)
   ・  ・  ・  ・  ・ 
神社も見えます。  延岡市の市街地を過ぎたらずっと田舎。 コンビニはない。
でも、好きは風景が続く。

s-22年1月24日 (1)  s-22年1月24日 (2)

向こうから来た。 国道沿いに車を停めて。
国道10だけど無料の高速があるので車は少ない。

右側に市棚駅。 線路を渡るのはずっと向こうか、ここの後ろの方。
右の手前で犬が吠えた。  向こうから行く。

s-22年1月24日 (3)

ここは延岡市北川町。  川の名前は北川。
地元の人に聞いてみたい。 北川は北川町のどこにあるのって。  何て言うかな。

s-22年1月24日 (4)  s-22年1月24日 (5)

日豊(にっぽう)本線を渡ります。 向こうに駅。

s-22年1月24日 (6)  s-22年1月24日 (7)

建物はこれだけ。 トイレ?

s-22年1月24日 (8)

反対側はこうだった。 

s-22年1月24日 (9)  s-22年1月24日 (10)

地元の人と話した。 乗ったことあるのって聞いた。 無いって。
行っても戻って来れないって。 いつも車。  昔は違ったよ。

変わっていることが。 列車は1両でやってこない。 下のように。(Wikipediaから)
   787系特急電車4両編成(先頭1両のみ乗車可)を使用した普通列車が上り2本、下り1本のみ発着する。

後の3両には特急のお客さんでしょうか。 ??。    

s-22年1月24日 (11)

ここの住所は、延岡市北川町川内名市棚。 それで市棚駅。

s-22年1月24日 (12)

国道に戻ってきた。 少し先から右に行く。

s-22年1月24日 (13)

何か魅力がないと、こうはなりませんね。

s-22年1月24日 (14)

橋の上に来たら、自分に驚いてカモが飛んだ。 滑るように着水。

s-22年1月24日 (15)  s-22年1月24日 (16)

川の左を来た。 渡って向こうの建物の方に行く。  旧瀬口小学校。

s-22年1月24日 (17)

学校跡を過ぎて曲がった。

s-22年1月24日 (18)

再度山に曲がったら見えた。

s-22年1月24日 (19)

戦に負けた主君の首を持って、ある侍が逃げてきた。
ここに宝泉寺があった。  首は重くなって運べなくなった。

この寺に葬った。 寺は荒廃し、神社は主君を祀っている。 首(頭)が神だから御頭(おとう)神社。
合格祈願や何でも、願いは叶えてくれる。

s-22年1月24日 (20)

五輪塔などあって、昔寺があったと分かる。

s-22年1月24日 (21)

たくさんの人が来ている。

s-22年1月24日 (22)  s-22年1月24日 (23)

宝泉寺って書いてある。

s-22年1月24日 (24)  s-22年1月24日 (25)

戻るとき、説明版の後ろにロウバイが咲いていた。 今年初めて。 うれしい。 咲き始め。

s-22年1月24日 (26)  s-22年1月24日 (27)

花を見てる時、お母さんと娘さんが来た。 受験のお願い。
咲いたねって言って、少しお話し。

娘さんに言えばよかった。
黄色い花は幸せの花。 いいに日に来たねって。  いつも後で気づく。

s-22年1月24日 (28)

戻ってきた。 ここに駐車場があった。

s-22年1月24日 (29)

車の向こうに、こんな像。  庚申信仰に関係する、青面金剛(しょうめんこんごう)像ですね。
珍しいです。  詳しくはここに。(Wikipedia)  この記事の最後にも

s-22年1月24日 (30)

畑に人が。 楽しそうにおしゃべり。 来るときもしていた。  もしかして晩まで。

s-22年1月24日 (31)

行くときは川の右を行った。  帰りはこっち。 
邪魔な枝を切っている。  地元の人と話したら必ず、地震大変だったねと・・。

s-22年1月24日 (32)

戻ってきました。

s-22年1月24日 (33)

この後、宗太郎越えです。 明日の記事に。

【道の駅】    みえ

【明日の記事】    大分県に入って最初の駅、宗太郎駅。

【カメラ・レンズ】  フジフイルム、X-S10 XF 18-135mm f 3.5-5.6R  XF14mmF2.8 車載、FX10   山に行くときはX70.

    都道府県別のブログタイトル一覧表は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg

   (放浪の旅Ⅱと放浪の旅Ⅰの両方です。 記事の総数は4300ほど。)          
 ※ プロフィール・・・。 ⇒ ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。 
               2021年夏のを1枚プラス。 美瑛川上流で釣り。s-ppolkio8999.jpg

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体、3位です。 
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、これです。                          
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ クリックが完了したら、国内旅行のランキングが表示されます。
                 表示された画面の「旅行」をクリックすると、旅行全体の順位が。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 
                 
  【拍 手】  拍手のクリックのバナーは、一番下に。    ※ 拍手は、ランキングとは関係ありません。

※ CMを載せるのには、時間がかかりそう。 
.   

スポンサードリンク

 
 

openclose

05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


12 | 2022/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。