fc2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

昨日の記事の続きです。
頂上に向かいます。
   ・  ・  ・  ・  ・
地図の〇の中に入っています。
帰りは、街並みの東部分を見学して。

アメリカは、どうなったら動くのか。
戦争への参加ですね。
    ※     ※     ※     ※  ランキング ありがとう!!   ブログタイトル一覧は、右をクリック burogutaitoru656.jpg        
                ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)
   ・  ・  ・  ・  ・ 
歩いたのは29日です。

s-22年3月31日 (1)  s-22年3月31日 (2)

上がって来ました。

s-22年3月31日 (3)  s-22年3月31日 (4)

西国三十三所を歩くのは大変。 それで、このように。  行ったのと同じ功徳が。
左の方に、三十三番谷汲山華厳寺。 美しい観音様。  最後に紹介。

右端に第十九番革堂(こうどう)寺。 京都にあります。 幽霊絵馬で知られます。   最後に紹介。

s-22年3月31日 (5)

下が見えました。 関宿は右の方。 見えていません。

s-22年3月31日 (6)  s-22年3月31日 (7)

少し歩いて頂上。  向こうに道があるけど、調べていません。 この次来たら・・。

s-22年3月31日 (8)  s-22年3月31日 (9)

下る途中。  適当に知らない道を。
左のは、南円堂って読めますね。 奈良の興福寺にあります

南円堂のは、後ろにあるのです。 不空羂索観音(ふくうけんじゃくかんのん)と呼ばれます。

s-22年3月31日 (10)  s-22年3月31日 (11)

巨石の上に道。

s-22年3月31日 (12)  s-22年3月31日 (13)

池が見えてきた。  新池。  古い橋の上から。

s-22年3月31日 (14)  s-22年3月31日 (15)

左遠くに、渡った橋。 正面の山は、関富士。  明日、羽黒山に行きます。 その帰りに上に。

s-22年3月31日 (16)

ゲストホテル関ロッジに。  ツツジが咲いて。

s-22年3月31日 (17)

ホテルの前を通った。 やってるのかなって不安。 コロナで大変でしょうか。

s-22年3月31日 (18)  s-22年3月31日 (19)

坂道を下っていた。 ご婦人の方がいた。  レモンを採りに。 これが最後って。
何の花ですかと聞いたら、桃の花ですよって。

昔は畑だったけど、今は木を植えている。 世話が大変だから。
関宿は空き家が多い。 若い人が少ないことも。

s-22年3月31日 (20)  s-22年3月31日 (21)

町並みに向かって。

s-22年3月31日 (22)

町並みにに入って。 ツバメの巣。  ヒナがいます。
親は忙しそうにエサを運ぶ。 人のそばを平気で飛んでいく。

s-22年3月31日 (23)  s-22年3月31日 (24)

鬼が来ないように。 ヒイラギの葉は、鬼の目を。 イワシの頭は臭い。

s-22年3月31日 (25)

この後、道の駅に。 行くだけ行ってから。

s-22年3月31日 (26)

今日は温かい一日でした。

【記事紹介】

 西国33ヶ所の満願霊場、谷汲山 華厳寺。  広い境内と、たくさんのお店。~揖斐川町~  他  (2014/5/7)

 竹屋町通を歩く。 幽霊絵馬の革堂(こうどう)。 鵺(ぬえ)退治伝説の、鵺大明神。~京都市~ 他 (2013/6/25)


【ウクライナ関係】   決してこの時とは言わないんですね。

 元米国務省高官が激白!バイデン大統領の「レッドライン」は?(2022年3月30日)



 【ウクライナ侵攻まとめ】各地で無差別攻撃…拡大し続ける被害    佐藤さんです。



【道の駅】    津かわげ(津市)

【明日の記事】    正法寺山荘跡と羽黒山。  崖の上に羽黒権現。(木の根につかまってやっと)

【明日の行動】    浄土真宗高田派の本山、専修(せんじゅ)寺に。 大きな寺です。
           明日は4月1日です。 

【カメラ・レンズ】  フジフイルム、X-S10 XF 18-135mm f 3.5-5.6R  XF14mmF2.8 車載、FX10   山に行くときはX70.

    都道府県別のブログタイトル一覧表は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg

   (放浪の旅Ⅱと放浪の旅Ⅰの両方です。 記事の総数は4300ほど。)          
 ※ プロフィール・・・。 ⇒ ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。 
               2021年夏のを1枚プラス。 美瑛川上流で釣り。s-ppolkio8999.jpg

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体、4位です。 
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、これです。                          
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ クリックが完了したら、国内旅行のランキングが表示されます。
                 表示された画面の「旅行」をクリックすると、旅行全体の順位が。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 
                 
  【拍 手】  拍手のクリックのバナーは、一番下に。    ※ 拍手は、ランキングとは関係ありません。

※ CMを載せるのには、時間がかかりそう。 
.  

スポンサードリンク

 
 
夏山に向けて体を鍛えたい。
それで、歩き回っている。 たまに登って。
   ・  ・  ・  ・  ・
戦争を望む人っているのでしょうか。
はっきりしてるは、軍需産業に関わる人たちですね。

プーチンはウクライナに傀儡(かいらい)政権が出来たら、自分の支持が高まると考えたんですね。
国内がうまくいかないからそうしたのか。  

失敗に終わりそうです。
ウクライナはフィンランドの戦い方を忘れてないですね。
    ※     ※     ※     ※  ランキング ありがとう!!   ブログタイトル一覧は、右をクリック burogutaitoru656.jpg        
                ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)
   ・  ・  ・  ・  ・ 
道の駅から出発。

s-22年3月30日 (1)  s-22年3月30日 (2)

国道1。 昔の旅人は、この後の鈴鹿峠を越えたら、もう大きな苦労はないと思ったでしょうね。

s-22年3月30日 (3)

関地蔵院が見えてきた。 モクレンの花。 サクラより一足はやく。
桜は4月に入れば満開かな。

s-22年3月30日 (4)  s-22年3月30日 (5)

大正時代の家だそう。 普通は2階の屋根が低ければ、江戸時代とか古いのが多いですね。
二階から大きな顔して見れないように。 殿さまが通った時。

s-22年3月30日 (6)

新しい。 いつまでも飽きないデザインですね。

s-22年3月30日 (7)

花は、そこに住む人の心の感じがします。  ボケ。

s-22年3月30日 (8)  s-22年3月30日 (9)

綿ですね。 弓のようなので糸を弾いて、ばらばらにしますね。 少し前に知りました。

s-22年3月30日 (10)

鏝絵です。 左官屋さんの遊び心でしょうか。

s-22年3月30日 (11)

脇道。 向こうに行ったら観音山。 後でここから行きます。

s-22年3月30日 (12)

町並みは、少し行ってお終い。 国道に。

s-22年3月30日 (13)

見学は無料。 有料はたまにしか入らない。

s-22年3月30日 (14)  s-22年3月30日 (15)

家の中に井戸。

s-22年3月30日 (16)  s-22年3月30日 (17)

戻って観音山公園に。 機関車。

s-22年3月30日 (18)  s-22年3月30日 (19)

C50154。  Cだから客車を引っ張っていたのかな。
調べたら、この機関車は京都の梅小路に展示される予定だった。 でも、ある機関車と急に交代。 悔しい思いをしている。

最後は亀山機関区だったので、ここに。   地球を16周。 お疲れ様。

s-22年3月30日 (20)

右写真は、現役だったころ。

s-22年3月30日 (21)  s-22年3月30日 (31)

近くに登山口。  観音像を彫ったのは、丹羽の佐吉。
この人には、何度か出会っています。 

狛犬でも、他とは全く違いました。 こんなの。 渦巻く毛並み。(宇陀水分神社)

s-22年3月30日 (22)  s-22年3月30日 (23)

頂上まで道はあります。  見えてきた。

s-22年3月30日 (24)  s-22年3月30日 (25)

右の像が好き。 のんびりしていて。 春うららの様に。 如意輪観音(弥勒菩薩)。

s-22年3月30日 (26)

願うしかできない。 そんな時代が続きましたね。

s-22年3月30日 (27)

2か所。

s-22年3月30日 (28)

砂岩のような石。   三室戸寺や壷阪寺がありました。  最後に紹介。

s-22年3月30日 (29)  s-22年3月30日 (30)

この後頂上に。  明日の記事です。

【記事紹介】  下の2つは、丹波佐吉関係。

 西国観音霊場、壷阪寺。 壺阪霊験記の舞台。 三重塔と礼堂は重要文化財。 大観音石像他。~高取町~ 他 (2018/3/17)

 宇治を歩く。  興聖寺。  宇治上神社。  三室戸寺。  宇治十帖。~宇治市~  他  (2014/4/26)


 宇太水分神社(うだみくまりじんじゃ)。  中将姫伝説の青蓮寺(せいれんじ)。~宇陀市~  他  (2013/4/16)

 「東の 野にかぎろひの 立つ見えて ・・・」の舞台を歩く。~宇陀市~  他  (2013/4/14) 

【ウクライナ関係】

ロシアが恐れた“白い死神” 「ロシアに屈しなかった国の論理」でウクライナ情勢を読み解く【豊島晋作のテレ東ワールドポリティクス】(2022年3月30日)



【道の駅】    関宿。  朝、道の駅、津かわげ、に移動。(津市)

【カメラ・レンズ】  フジフイルム、X-S10 XF 18-135mm f 3.5-5.6R  XF14mmF2.8 車載、FX10   山に行くときはX70.

    都道府県別のブログタイトル一覧表は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg

   (放浪の旅Ⅱと放浪の旅Ⅰの両方です。 記事の総数は4300ほど。)          
 ※ プロフィール・・・。 ⇒ ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。 
               2021年夏のを1枚プラス。 美瑛川上流で釣り。s-ppolkio8999.jpg

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体、4位です。 
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、これです。                          
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ クリックが完了したら、国内旅行のランキングが表示されます。
                 表示された画面の「旅行」をクリックすると、旅行全体の順位が。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 
                 
  【拍 手】  拍手のクリックのバナーは、一番下に。    ※ 拍手は、ランキングとは関係ありません。

※ CMを載せるのには、時間がかかりそう。 
.  

スポンサードリンク

 
 

openclose

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


02 | 2022/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。