fc2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

五郎びつ楯(だて)跡にも彼岸花。(地図を持っている)
本堂から離れてるけど。
   ・  ・  ・  ・  ・
五郎櫃楯と書く。 ごろびつだて、と読んでいる。
読みも漢字も難しい。 さらに、漢字の意味も、全体の語源も。

塔を見るのは好き。
久しぶりに三重塔。  説明してくれる人が。
    ※     ※     ※     ※  ランキング ありがとう!!   ブログタイトル一覧は、右をクリック burogutaitoru656.jpg        
                ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)
   ・  ・  ・  ・  ・  
右上が五郎びつ楯、

s-22年9月28日 (1)  s-22年9月28日 (2)

本堂から100㍍ほど来て、ここから上への道。 またリュックに、いつもクマスプレーかな。
300㍍上って右に。

s-22年9月28日 (3)  s-22年9月28日 (4)

墓地のそばを通って。 大江家の墓の向こうに、五郎びつ楯(だて)跡。 
八千代公園とも。

s-22年9月28日 (5)

彼岸花。 ヒガンバナ。   タンポポのように、勝手に増えない。

s-22年9月28日 (10)  s-22年9月28日 (11)

ここに戦国時代、五郎びつ楯があった。 調べてみました。
びつはお櫃(ひつ)のひつで、弁当箱。

五郎びつのお話があって、石屋の五郎がつくった大きな石の入れ物。
四角い弁当箱みたいで、米を入れた。

楯(たて)は、砦(とりで)の感じ。
昔、慈恩寺の周りにいくつかあった。 寺を守るために。

ここの岩山は、下から見たら、四角く見えたので、五郎びつと呼ばれたのではないか。
他にも、五郎びつの名前の付いた地名が。  最後に五郎びつのお話を紹介。

右に稚児桜の木。

s-22年9月28日 (8)  s-22年9月28日 (9)

下のような花。 本堂の前にあるのが親の木。
葉が見えてるので、ヤマザクラ系。 そして八重桜。 花びらが多いので、八重の中でもキクザクラ(菊桜)の仲間。

下の記事に、いろんなキクザクラ。

 千本閻魔堂には、閻魔堂普賢象と二尊院普賢象の、両方があった。  関山、松月、琴平。 ~京都市~ 他 (2015/4/13)

s-22年9月28日 (37)

山並みが見える。 左の方に蔵王山。 記事
右に朝日連峰。 その山の中に、タキタロウの棲む大鳥池。 記事。   大井沢も右

s-22年9月28日 (6)  s-22年9月28日 (7)

戻ってきた。 左に一番高い所の駐車場。

s-22年9月28日 (12)  s-22年9月28日 (13)

右に行って本堂。

s-22年9月28日 (14)  s-22年9月28日 (15)

右に本堂。  左に稚児桜が見える。   三重塔が。

s-22年9月28日 (16)  s-22年9月28日 (17)

ここから見たとき、屋根の上が見える。  人がいたら、どんな大きさでしょう。

s-22年9月28日 (18)

寒河江の大江(寒河江)一族を滅ぼしたのは、最上義光(よしあき)。 
その義光がつくった。 寄進した。 でもそれは焼けて、今のは幕末に再建。

s-22年9月28日 (20)  s-22年9月28日 (19)

中の様子は最後に紹介。 台風が来ても倒れない。

s-22年9月28日 (21)  s-22年9月28日 (22)

中学生がボランティアでガイドさん。 自分も聞いた。  先生は時々来て。
質問すればよかった。 必ず答えられるものを。 中に入ったことありますか、とか。

s-22年9月28日 (23)

帰るとき見た。 宝暦十は1760年でした。 普通は、幕末のを多く見ます。(1800年代)

s-22年9月28日 (24)

宝徳寺。

s-22年9月28日 (25)  s-22年9月28日 (26)

ヒガンバナは、花は自分の葉を見たことない。 葉は自分の花を見たことない。

s-22年9月28日 (27)

最初に見た風景。

s-22年9月28日 (28)  s-22年9月28日 (29)

中央の建物が慈恩寺テラス。

s-22年9月28日 (30)

中の見学。 無料。  おおざっぱな写真しか撮れない。 説明を撮りたいけど・・。

s-22年9月28日 (31)  s-22年9月28日 (32)

これを着て動くには体力が。  大江氏の鎧ではない。 誰かな。

s-22年9月28日 (33)  s-22年9月28日 (34)

仏像の宝庫。 戦乱からどのように守ったのでしょう。 山の中に? 池の底に?  右は昭和30年代。

s-22年9月28日 (35)  s-22年9月28日 (36)

いい雰囲気の中に、ヒガンバナはありました。

【動画紹介】   秘仏を公開「慈恩寺の阿弥陀展」 寒河江市



GW企画 慈恩寺「三重塔特別公開」 寒河江市・本山慈恩寺



五郎びつ  まんが日本昔ばなし



【明日の記事】     奥羽本線の駅。(山形県北部)

【停泊場所】     29日の晩は、道の駅とちお(新潟県)   栃尾の記事

【カメラ・レンズ】  フジフイルム、X-S10 XF 18-135mm f 3.5-5.6R  XF14mmF2.8  ゴープロ。 車載、FX10  他 .

    都道府県別のブログタイトル一覧表は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg

   (放浪の旅Ⅱと放浪の旅Ⅰの両方です。 記事の総数は4300ほど。)          
 ※ プロフィール・・・。 ⇒ ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。 
               2021年夏のを1枚プラス。 美瑛川上流で釣り。s-ppolkio8999.jpg

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体、4位です。 
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、これです。                          
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ クリックが完了したら、国内旅行のランキングが表示されます。
                 表示された画面の「旅行」をクリックすると、旅行全体の順位が。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 
                 
  【拍 手】  拍手のクリックのバナーは、一番下に。    ※ 拍手は、ランキングとは関係ありません。

※ CMを載せるのには、??。 
.  

スポンサードリンク

 
 
東北のどこかで彼岸花が見たい。
調べて、ここと決めたのが慈恩寺。
   ・  ・  ・  ・  ・
お盆は、霊魂がやって来る。 分かりやすいように提灯を下げて。
お彼岸は、あの世(彼岸)とこの世が近くなる日。 墓参りする。

彼岸花は曼殊沙華とも。 
天海(あの世)に咲く花の意味を持って。
    ※     ※     ※     ※  ランキング ありがとう!!   ブログタイトル一覧は、右をクリック burogutaitoru656.jpg        
                ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)
   ・  ・  ・  ・  ・  
広い駐車場が、(無料)  本堂などの見学だけ有料。

s-22年9月27日 (1)  s-22年9月27日 (2)

駐車場から正面を上がっていく。 大江広元と関りが。 子孫が寒河江を治めていく。

s-22年9月27日 (4)  s-22年9月27日 (3)

急な道を上って。 右上に展望休憩所。

s-22年9月27日 (7)

彼岸花だ。 つぼみがあるのでまだ楽しめる。

s-22年9月27日 (6)  s-22年9月27日 (5)

展望休憩所。

s-22年9月27日 (9)

寒河江市の町並み。 寒河江小学校の場所に、寒河江城があった。 写真のどこか。

s-22年9月27日 (10)  s-22年9月27日 (11)

仁王門の向こうに本堂。 彼岸花。  あの世で咲く花として似合いそう。 鎮魂の花。

s-22年9月27日 (12)  s-22年9月27日 (13)

最上院。 さいじょう院。

s-22年9月27日 (14)

大江氏と関りが深い。 天海僧正の名が。(光秀が天界僧正に?)

s-22年9月27日 (15)  s-22年9月27日 (16)

向こうから来た。 

s-22年9月27日 (17)

山門(仁王門)に向かう。

s-22年9月27日 (18)

大きな門。(1736年) 奥に本堂。

s-22年9月27日 (19)  s-22年9月27日 (20)

仁王像。

s-22年9月27日 (21)  s-22年9月27日 (22)

本堂。(1618年) 重要文化財。   中に重要文化財の仏像が。 ※ 火事の心配はしないのだろうか。

s-22年9月27日 (23)  s-22年9月27日 (25)

鐘楼堂。  三重塔は明日紹介。

s-22年9月27日 (24)

釈迦堂。 上への道がある。  今はどこでもクマ。

s-22年9月27日 (26)  s-22年9月27日 (27)

山門を後ろから。

s-22年9月27日 (28)

男はつらいよの16作で慈恩寺がロケ地に。 寅さんが歩いている。 ※ 写真はこのサイトからお借り

s-22年9月27日 (47)

本堂の右方面。 手前は薬師堂。 仏像が少し。  ※ 慈恩寺の仏像はここで見られます

s-22年9月27日 (29)  s-22年9月27日 (30)

後の方に宝蔵院。  表門が見える。

s-22年9月27日 (32)  s-22年9月27日 (31)

一番古い建物とある。

s-22年9月27日 (34)  s-22年9月27日 (33)

表門。 手前右の柱の下に、継ぎ足し。

s-22年9月27日 (35)  s-22年9月27日 (37)

このように。 上に引き抜けない。 手前左右に動かせない。 不思議。
調べて分かったけど、後方斜め上からずらして入れた。

婆沙羅(ばさら)継ぎと呼ばれる。 ※ 婆沙羅の意味は、ふつうでない。 目立つ感じ。 

s-22年9月27日 (36)

作り方。



華蔵(けぞう)院。 あの世で往生出来ていたら紅く咲く。 彼岸花にそんな意味があればいい。 あるのか?
この世で何か意味を持たせられないか。 誰かが人に優しくしたら、一つ花が咲くとか。

s-22年9月27日 (39)  s-22年9月27日 (40)

石段の上に寅さんの腰掛石。

s-22年9月27日 (41)  s-22年9月27日 (44)

映画の中でこんな場面。  ※ 写真はここからお借り。  
自分は16話は記憶ない。  ※ 16話予告編

s-22年9月27日 (48)

石段を上がって、華蔵院に。 左向こうから上がってこっちに。 正面奥に子安地蔵尊。
 ※ 先に紹介した最上院、宝蔵院と共に、華蔵院は慈恩寺に付属する寺。 塔頭(たっちゅう)と呼ばれます。

s-22年9月27日 (46)  s-22年9月27日 (42)

この後、山の上に彼岸花を見に行きます。 クマ?  明日の記事。

【動画紹介】   寒河江ふるさとの歴史 大江公物語



【記事紹介】

 慈恩寺は、東北の古刹だった。  秘仏の御開帳。  三重塔。~寒河江市~  他  (2014/6/16) 

【明日の記事】   慈恩寺の彼岸花(その2)

【道の駅】   むらやま 

【カメラ・レンズ】  フジフイルム、X-S10 XF 18-135mm f 3.5-5.6R  XF14mmF2.8  ゴープロ。 車載、FX10  他 .

    都道府県別のブログタイトル一覧表は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg

   (放浪の旅Ⅱと放浪の旅Ⅰの両方です。 記事の総数は4300ほど。)          
 ※ プロフィール・・・。 ⇒ ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。 
               2021年夏のを1枚プラス。 美瑛川上流で釣り。s-ppolkio8999.jpg

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体、4位です。 
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、これです。                          
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ クリックが完了したら、国内旅行のランキングが表示されます。
                 表示された画面の「旅行」をクリックすると、旅行全体の順位が。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 
                 
  【拍 手】  拍手のクリックのバナーは、一番下に。    ※ 拍手は、ランキングとは関係ありません。

※ CMを載せるのには、??。 
.  

スポンサードリンク

 
 

openclose

12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


08 | 2022/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。