fc2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

鰻池の外輪山が気になっていた。
行ける道がありそうだ。
   ・  ・  ・  ・  ・
外輪山の低いところまで車道がある。
その道は、旧道のようだ。

外輪山の上を行く道があった。
その道は途中まで、西郷さんが通った道だった。
    ※     ※     ※     ※  ランキング ありがとう!!   ブログタイトル一覧は、右をクリック burogutaitoru656.jpg        
                ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)
   ・  ・  ・  ・  ・  
鰻池と指宿を結ぶ道。 廃道になっていたのを、地元の方が復活した。 ルートはこのサイトで分かった
自分が行ったのは、黄色っぽい赤〇まで。 そこから道は外輪山を下って行った。

s-23年1月5日 (1)  s-23年1月5日 (2)

地蔵堂の所から出発。 車はほとんど通らないよう。 上っていく。

s-23年1月5日 (3)  s-23年1月5日 (4)

低い部分の外輪山の上に。  向こうゆるい坂。 畑。

s-23年1月5日 (5)

向こうから来た。  藪の中に道が見える。

s-23年1月5日 (6)

案内が。  このことは知らなかった。
江藤新と話は物別れ。 それでも、西郷さんは江藤新平を指宿まで送る。

江藤は大久保利通に追われている。 つかまえて死刑にしようと。

  ※ 大久保より力があったのは、西郷隆盛(人気もあった)、江藤新平、小松帯刀、坂本龍馬。
    小松は病気、龍馬は襲われた。 大久保は西郷さんと江藤の考えは、内容関係なく認めない。
    綿密に排除を進めて行った。

  ※ 小松帯刀が明治政府の中心にと一番望んでいたのは、龍馬。 大久保は元々。薩摩藩では小松の部下。

  ※ 江藤は四国に渡って甲浦で捕まる。 形だけの裁判で即死刑。 斬首。 指宿を出て、少し先のはなし。(先日紹介)

s-23年1月5日 (7)

普通に歩ける道。

s-23年1月5日 (8)  s-23年1月5日 (9)

イノシシにだけ注意。 時々声を出して。 

s-23年1月5日 (10)  s-23年1月5日 (11)

鰻温泉は下だ。

s-23年1月5日 (12)

外輪山の一番上を歩いている。

s-23年1月5日 (13)  s-23年1月5日 (14)

鰻温泉から少し離れた。(最初の地図で分かる)  

s-23年1月5日 (15)  s-23年1月5日 (16)

少し歩いたら分岐。 真っすぐの道は、はっきりした道に見えない。 地図にはある。

    ※ 国土地理院の地図に登山道はあっても、100㌫は信用できない。
      2年ほど前、北海道の浮島湿原に行く女性の方は、国土地理院の地図で向かった。
      実際は今は廃道になっていた。 途中でクマに襲われて亡くなった。 記事
      廃道になる前、自分は2度行っていた。 30年ほど前。 

指宿への道は、ここから下っていく。 昔の人にとっては、大した距離ではないですね。

s-23年1月5日 (17)

ここで戻る。

s-23年1月5日 (18)

戻っている。 右下に温泉。 下への道は見つからない。 急斜面。

s-23年1月5日 (19)

隙間から見えた。

s-23年1月5日 (20)  s-23年1月5日 (21)

31日の3時頃。 こんな道を歩いていると、自分の居場所かなって感じたり。
全く寂しくない。 たまに口笛吹いて。 つられて小鳥が鳴くときも。

s-23年1月5日 (22)

車道を下って。 右に畑への道。 左下直ぐに、道っぽい所が。

s-23年1月5日 (23)

正面の木の向こうに、地蔵堂。  左下に道がある。 そこからここに出てこれる。 後ほど。

s-23年1月5日 (24)

〇辺りにいたようだ。 真っすぐ行けば登りだった。 指宿への道は向こうに下る。

s-s-23年1月5日 (25)nn

お堂の前に。坂への石段。

s-23年1月5日 (26)

ここを下ってきた。 自分は道の上に。 左に行けば家並みに。 右に行く。

s-23年1月5日 (27)

道が。  

s-23年1月5日 (28)

ガードレールがある。 車道出来る前はこの道か。  シイタケだ。

s-23年1月5日 (29)  s-23年1月5日 (30)

たいへんだ。 フリースの上着とズボンに、種がびっしり。

s-23年1月5日 (31)

先に歩ける。 ずっと行くと下る感じ。 はっきりしない。

s-23年1月5日 (32)  s-23年1月5日 (33)

少し戻って、さっきの車道に出た。

s-23年1月5日 (34)

またお堂から石段を下りた。 この道に出てきた。 これは古い古い道かなって想像します。
人に会わないから聞けなかった。 今度来た時に聞く。

s-23年1月5日 (35)

この後、年越し。
下は、2023年元旦。  初日は9時44分に見た。

s-23年1月5日 (36)

ここは山の中だけど、テレビが入った。
29日の大河の総集編は、ここで見た。 1年楽しませてもらいました。

来年の大河は、5回まで見て面白かったら、最後まで見ます。

【記事紹介】  古い道を歩いた記録。

 鯖街道、根来~針畑越えルートを歩く ~小浜市~   夏が来る( 大黒摩季)  他  (2012/5/27)

 五足の靴、文学遊歩道。  鬼海浦、岩登り。  下田温泉、五足の足湯。~天草町~  ラ・ノビア  他  (2013/1/29)


 大江山 いく野の道は遠ければ まだふみもみず 天の橋立 ~生野の道、細野峠~   他  (2010/5/18)

 蔦の細道  宇津ノ谷集落 ~静岡市~  他  (2011/11/9)


 奈良井宿から、鳥居峠を越え、薮原宿まで歩いた。~塩尻市・木祖村~  他  (2012/11/10)

 箱根宿のあった箱根と、元箱根を歩く。  芦ノ湖、杉並木、石畳の道、他。~箱根町~ 他 (2104/6/4)


 旧出羽街道、大沢峠の石畳。  芭蕉が通った道は、苔生(む)して今に。  大沢集落。~村上市~ 他 (2015/10/17)

 松之山街道(旧三国街道)を歩く。 春日山城と坂戸城を結ぶ、石畳の道。 馬頭観音。 カタクリの群落。~上越市~ 他 (2017/4/27)


 熊野古道、昨日の続きを歩く。 ~継桜王子から熊野本宮大社まで。(22.1㎞)~   他  (2010/6/8)

【明日の記事】     出水麓。

【歌のたび】     オリビア・ニュートン・ジョンや西郷さん・江藤新平に出会って。 またウクライナが続くので、下の歌を。

    さとう宗幸:だれかの風であれ

         ※ 詞の中にあるジャカランダの花はこのように。(宮崎県に道の駅なんごう)



※ 上の曲の作詞者は、佐藤三昭。  明日は、その人の作詞の曲を紹介。

【停泊場所】   道の駅長島。  社長さんの奥様から具沢山の豚汁をいただきました。

【カメラ・レンズ】  フジフイルム、X-S10 XF 18-135mm f 3.5-5.6R  XF14mmF2.8  ゴープロ。 車載、FX10  他 .

    都道府県別のブログタイトル一覧表は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg

   (放浪の旅Ⅱと放浪の旅Ⅰの両方です。 記事の総数は4300ほど。)          
 ※ プロフィール・・・。 ⇒ ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。 
               2021年夏のを1枚プラス。 美瑛川上流で釣り。s-ppolkio8999.jpg

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体、5位です。 
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、これです。                          
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ クリックが完了したら、国内旅行のランキングが表示されます。
                 表示された画面の「旅行」をクリックすると、旅行全体の順位が。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 
                 
  【拍 手】  拍手のクリックのバナーは、一番下に。    ※ 拍手は、ランキングとは関係ありません。
..

スポンサードリンク

 
 

openclose

01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


12 | 2023/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。