fc2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

Oさんが来れるか、はっきりしなかった。
今日の午後に決まった。 暗くなった7時過ぎに出ると。
   ・  ・  ・  ・  ・
厚岸に着くのは11時を過ぎるでしょうか。
2時間ほど軽く宴会。

今回の旅のメインは、尻羽(しりぱ)岬へ。
天気は日曜の方がいいので、その日に。 クマ対策を万全にして。(スプレーは2本あります)

ラッコが8匹いるようだ。 
いい写真が撮れるでしょうか。
    ※     ※     ※     ※  ランキング ありがとう!!   ブログタイトル一覧は、右をクリック burogutaitoru656.jpg        
                          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)
   ~~~ 撮影は6月15日  ~~~

今日はどこも軽く。  Oさん夫妻が来たときの、下見の感じ。

s-23年6月16日 (1)  s-23年6月16日 (2)

湿原センターに向かっている。  白く見えるのはワタスゲ。



左上にいる。

s-23年6月16日 (3)

湿原センターはこの上。

s-23年6月16日 (4)

上から霧多布湿原を見た。

s-23年6月16日 (5)  s-23年6月16日 (6)

下の写真の中央が右写真。 この後、右写真の右部分を歩く。

s-23年6月16日 (7)  s-23年6月16日 (8)

下に木道。  谷地坊主とかがあるよう。

s-23年6月16日 (9)

上の上の写真で説明した所に来た。 琵琶瀬(びわせ)木道。

s-23年6月16日 (10)  s-23年6月16日 (11)

クロユリ、クシロハナシノブ、フタマタイチゲを探す。

s-23年6月16日 (12)

エゾカンゾウは、右方面に多かった。 右写真。

s-23年6月16日 (13)  s-23年6月16日 (14)

クロユリがあった。 中央。

s-23年6月16日 (15)  s-23年6月16日 (16)

最初に見た、クシロハナシノブ。 この花は、他で見たことない。   ハクサンチドリ。

s-23年6月16日 (17)  s-23年6月16日 (18)

右写真、クシロハナシノブがたくさんあった。 いい季節。

s-23年6月16日 (19)  s-23年6月16日 (20)

下見なので戻る。  戻って途中から左に。

s-23年6月16日 (21)

ありました。 フタマタイチゲ。   茎が二股に分かれて2つの花が。

s-23年6月16日 (23)  s-23年6月16日 (22)

エゾカンゾウ。

s-23年6月16日 (24)

まだ3分咲きか。

s-23年6月16日 (25)

それでも見事。

s-23年6月16日 (26)

ワタスゲと一緒に。

s-23年6月16日 (27)

ここは野鳥公園。 木道がある。  

s-23年6月16日 (28)

海沿いの道で厚岸へ。  涙岬の入り口。   明日行くかどうかはっきりしない。 問題はクマ。

s-23年6月16日 (29)

まだ見つけてない花が1つあった。 それがあった。 エゾフウロ。

s-23年6月16日 (30)

ヒオウギアヤメ。

s-23年6月16日 (31)  s-23年6月16日 (32)

木は生きるのが大変。  上に伸びようとするけど・・。

s-23年6月16日 (33)  s-23年6月16日 (34)

別の場所。 キツネがいた。 子狐は逃げた。

s-23年6月16日 (35)

あやめケ原に。

s-23年6月16日 (36)

霧の中にシカ。  

s-23年6月16日 (37)  s-23年6月16日 (38)

ヒオウギアヤメ。  馬を放牧している。

s-23年6月16日 (39)  s-23年6月16日 (40)

明日、詳しく観察します。

【記事紹介】

 家斉が建てた国泰寺  バラサン岬から見た、厚岸の風景  愛冠岬 ~厚岸町~  他  (2012/8/16)

 厚岸湖の上流にある別寒辺牛湿原。 イトウが棲む。 水鳥観察館。 道の駅で日暈(ひがさ)を見る。~厚岸町~ 他 (2022/6/30/木)


【歌のたび】     あいみょん – 愛の花【OFFICIAL MUSIC VIDEO】

          歌詞の中に、命ある日々、って一節が。 云われてみて、そうなんだって・・。                   



【停泊場所】     厚岸町子野日公園

【明日の予定】    あやめケ原、霧多布湿原、霧多布岬へ。
             明後日の日曜に尻羽(しり)岬へ。 目的はラッコ。

【カメラ・レンズ】  フジフイルム X-H1   タムロン 18~300㎜   

    都道府県別のブログタイトル一覧表は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg

   (放浪の旅Ⅱと放浪の旅Ⅰの両方です。 記事の総数は4300ほど。)          
 ※ プロフィール・・・。 ⇒ ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。 
               2021年夏のを1枚プラス。 美瑛川上流で釣り。s-ppolkio8999.jpg

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、4位です。 
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、これです。                          
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ クリックが完了したら、国内旅行のランキングが表示されます。
                 表示された画面の「旅行」をクリックすると、旅行全体の順位が。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 
                 
  【拍 手】  拍手のクリックのバナーは、一番下に。    ※ 拍手は、ランキングとは関係ありません。..  
.
 
 
Oさん夫妻が週末、霧多布に来れるかも知れない。
一足先に入って、自分は下見の感じ。
   ・  ・  ・  ・  ・
Oさんはお客さん相手の仕事。
来れない場合も。 その時は来週に。

道東は、濃い霧の日が続いている。
遠くのラッコは見えない。
    ※     ※     ※     ※  ランキング ありがとう!!   ブログタイトル一覧は、右をクリック burogutaitoru656.jpg        
                          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)
   ~~~ 撮影は6月15日  ~~~

最近はラッコがいることで知られる。

s-23年6月15日 (1)  s-23年6月15日 (2)

根室から向かった。 幌戸沼にタンチョウ。 いつもいる。  中央。

s-23年6月15日 (3)

今日は1羽。 他は散歩でしょうか。

s-23年6月15日 (4)  s-23年6月15日 (5)

シカにもあった。  道に飛び出すから注意。   仕方ない??

s-23年6月15日 (6)

霧多布岬の展望台。(きりたっぷ展望台)

s-23年6月15日 (7)  s-23年6月15日 (11)

海面は近くしか見えない。 ラッコを探すのは大変。

s-23年6月15日 (8)

気温は低い。 上着が必要。  夏を忘れます。  ヒオウギアヤメですね。

s-23年6月15日 (9)  s-23年6月15日 (10)

岬の先に近い駐車場に移動。 ここから歩く。  ヒバリがいた。

s-23年6月15日 (12)  s-23年6月15日 (13)

霧多布岬の名は通称。  正式には、湯沸岬。 とうふつ岬。
  ※ きりたっぷの名の響きが美しい。 正式名が霧多布岬でもいいのでは、と思ったり。

s-23年6月15日 (14)  s-23年6月15日 (15)

霧の中に咲いていました。

s-23年6月15日 (16)

エゾカンゾウとヒオウギアヤメ。
  ※ 道北は開発が進んで花が減りました。 浜中町は、花を残すと決めました。 湿原と一緒に。

s-23年6月15日 (18)  s-23年6月15日 (17)

霧多布岬灯台ではない。  湯沸岬灯台。 でも、とうふつ岬灯台ではない。 とうつ岬灯台。
  ※ どうしてそうなるかは分からない。 分ったら書きますね。

s-23年6月15日 (19)  s-23年6月15日 (20)

岬の突端に向かって。

s-23年6月15日 (21)  s-23年6月15日 (22)

波が荒い。  荒いところに、ラッコはいない。  

s-23年6月15日 (24)

下の写真の左部分なら大丈夫。  見えない。  遠くは確認できない。

s-23年6月15日 (25)  s-23年6月15日 (26)

突端に来た。

s-23年6月15日 (27)

正面から右にかけて波が荒い。

s-23年6月15日 (28)  s-23年6月15日 (29)

これで見えたら運がいい。

 ※ クマの見つけ方は、黒い塊がいないかなって探します。
   ラッコは、海にボロ雑巾が浮いてないかなって探します。

s-23年6月15日 (30)

ウミウなどの海鳥。

s-23年6月15日 (31)  s-23年6月15日 (32)

戻るとき花を見て。 最初に見た場所。  ノゴマ。 のどの所が赤い。

s-23年6月15日 (34)  s-23年6月15日 (35)

地層が、上と下に分かれています。

s-23年6月15日 (36)

ペリットですね。 これは大きいので大型の鳥。
消化できなかったのを吐き出します。

  ※ ペリットは、小さな塊の意味。
    木の屑を小さく固めたら、木質ペレット。 ペリットと同じ意味です。
    それを燃やすのは、ペレットストーブですね。 

s-23年6月15日 (37)

子狐が逃げて行った。

s-23年6月15日 (38)  s-23年6月15日 (39)

厚岸の尻羽(しりぱ)岬にラッコが8頭ほどいるとの情報が。
10年とか前に一度行ってますが、最近のクマ情報を調べています。

【車載動画】






【記事紹介】

 幌戸(ぽろと)沼でタンチョウの家族を。 子どもが2羽。 羨(うらや)古丹駐車公園から見る霧多布岬。 ATカート。~浜中町~ 他 (2022/6/24/金)

 雨が続く。 厚床駅・姉別駅・浜中駅に寄って、霧多布湿原に。 ノハナショウブの群落。~浜中町他~ 他 (2021/7/7/水)


【停泊場所】     厚岸町子野日公園

【明日の記事】    霧多布湿原

【カメラ・レンズ】  フジフイルム X-H1   タムロン 18~300㎜   

    都道府県別のブログタイトル一覧表は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg

   (放浪の旅Ⅱと放浪の旅Ⅰの両方です。 記事の総数は4300ほど。)          
 ※ プロフィール・・・。 ⇒ ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。 
               2021年夏のを1枚プラス。 美瑛川上流で釣り。s-ppolkio8999.jpg

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、4位です。 
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、これです。                          
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ クリックが完了したら、国内旅行のランキングが表示されます。
                 表示された画面の「旅行」をクリックすると、旅行全体の順位が。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 
                 
  【拍 手】  拍手のクリックのバナーは、一番下に。    ※ 拍手は、ランキングとは関係ありません。..  
.
 
 

openclose

05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


05 | 2023/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。