fc2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

灯台が大きな観光地になるって少ない。
潮岬灯台は、潮岬そのものが人気。
   ・  ・  ・  ・  ・
灯台は見て終わりでは、少し寂しい。
上に上がれるのは大きな魅力。

必ず海が見え、そして山も。
潮岬灯台は、資料展示室もあって楽しい。(撮影は24日)
    ※     ※     ※     ※  ランキング ありがとう!!   ブログタイトル一覧は、右をクリック burogutaitoru656.jpg        
                          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)

周辺の海は岩場。

s-24年2月25日 (1)  s-24年2月25日 (2)

向かった時、展望台があった。 遠くに、見えた。

s-24年2月25日 (3)  s-24年2月25日 (4)

人がいた。 狭そうだ。  真っ白。

s-24年2月25日 (5)

車は、潮岬の駐車場に。 たまたま空いていた。
そこから向かった。  途中から見て。

s-24年2月25日 (6)  s-24年2月25日 (7)

着きました。   参観灯台はどこも300円。

s-24年2月25日 (8)  s-24年2月25日 (9)

灯台のこっちは、資料展示室。 参観灯台には普通にある。

s-24年2月25日 (10)

灯台は美しい。 海を見下ろす場所にあって。
右写真。 ハロゲン電球とある。  今後は、LEDに代わって行くよう。 そういう灯台が出て来た。

s-24年2月25日 (11)  s-24年2月25日 (12)

ここから入る。  ※ お寺の五重塔もこのように登れれたらいい。

s-24年2月25日 (13)

上からの風景。

s-24年2月25日 (14)

陸地方面。  南紀の山脈。

s-24年2月25日 (15)

下。

s-24年2月25日 (16)

高い建物が見える。 あの一帯が、潮岬の観光地。  明日の記事で紹介。
小さな港があって、船が出て行った。 釣り船か、岩場への渡し船か。

s-24年2月25日 (17)  s-24年2月25日 (18)

こんな階段を下りて。

s-24年2月25日 (19)

資料展示室。

s-24年2月25日 (20)  s-24年2月25日 (22)

ブラントンは、多くの灯台をつくった。

s-24年2月25日 (23)  s-24年2月25日 (24)

やがて、外国人技師から技術を学んでいく。

s-24年2月25日 (25)

大きな船の事故があった。  慰霊碑が、樫野埼(かしのざき)灯台の近くに。 明後日の記事で紹介。
助かった人の何人かは、樫野埼灯台の官舎に深夜飛び込んできた。

s-24年2月25日 (26)

いくつかを、記事紹介で。  10こ。

s-24年2月25日 (27)  s-24年2月25日 (28)

ブラントンの名は、あっちこっちの灯台で見ます。

【動画】






【記事紹介】

   日御碕は島根半島の西端に。 出雲日御碕灯台は石積みで高さ44㍍。 参観灯台。 日御碕神社。~出雲市~ 他 (2018/11/27)
    大王埼灯台は、志摩半島の大王崎の突端に。 参観灯台15のうちの1つ。 強風で外には・・。~志摩市~ 他 (2018/4/11)

    都井岬は日向灘の南端に。 見学できる灯台は15。 御崎神社は海のそばに。 ソテツ自生地の北限。~串間市~ 他 (2018/1/19)
    「みだれ髪」の舞台、塩屋岬。  塩屋埼灯台の上からの風景。  三崎公園のいわきマリンタワー。~いわき市~ 他 (2016/5/21) 

    男鹿半島の先端、入道崎。 入道埼灯台。 八望台。 真山の万体仏。 真山神社。~男鹿市~ 他 (2016/9/5)   
    角島大橋は、その美しさで山口県屈指の観光地に。 角島灯台はブラントン設計の石造り。~下関市~ 他 (2016/12/5)
   
    御前崎にある灯台は、御前埼灯台だった。~御前崎市~  他  (2011/11/13)
    房総半島最南端、野島崎。  最も古い洋式灯台、野島埼灯台。  灯台最上部からの眺め。~南房総市~ 他 (2015/7/3)

    犬吠埼は、あることで、騒然。  ポートタワーから、利根川の河口を見下ろす。~銚子市~ 他 (2015/7/7)


   本州最北東端に尻屋崎。 尻屋埼灯台は参観灯台。 厳しい冬にも耐える寒立馬。 短い、牧草とアザミ。~東通村~ 他 (2019/9/17)


【その他】   サロベツ原野。  瞳沼は真っ白。 遠くから飛ばしたので、正確な場所には行けなかったみたい。
         山は利尻岳。  ※ 後ほど動画が送られてきそう。   比布のOさん撮影。

s-IMG_0881[1]


s-IMG_5794[1]

下の動画は、利尻岳と風車を。



【明日の予定】  古座町で変わった岩を。 その後、那智の滝方面。  
            標高の高い道の駅に行きたい。  今の道の駅は地震の時、逃げ場がはっきりしない。
            記事は、景勝地潮岬を。

【停泊場所】    道の駅、くしもと橋杭岩。

【アップした動画】  最新のを含めすべて右に(3400ほど) ⇒ 動画、akkamui (アッカムイ) 

【カメラ・レンズ】  フジフイルム X-S10   タムロン 18~300     GoPro10

    都道府県別のブログタイトル一覧表は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg

   (放浪の旅Ⅱと放浪の旅Ⅰの両方です。 記事の総数は5400ほど。)          
 ※ プロフィール・・・。 ⇒ ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。 
               2021年夏のを1枚プラス。 美瑛川上流で釣り。s-ppolkio8999.jpg

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体、2位です。 
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、これです。                          
                             
                        ありがとう!! ランキング

               ※ クリックが完了したら、国内旅行のランキングが表示されます。
                 表示された画面の「旅行」をクリックすると、旅行全体の順位が。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 
                 
【拍 手】  拍手のクリックのバナーは、一番下に。    ※ 拍手は、ランキングとは関係ありません。
.
 
 
救馬渓(すくまだに)観音を調べて、行きたいと思った。
明日行くとなって、なぜ行きたいか忘れた。
   ・  ・  ・  ・  ・
着いて案内を見た。 思い出した。
巨石の岩山のあちこちの、霊場巡り。

花の時期ならアジサイ。
それは我慢。
    ※     ※     ※     ※  ランキング ありがとう!!   ブログタイトル一覧は、右をクリック burogutaitoru656.jpg        
                          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)

場所は、上富田(かみとんだ)町。

s-24年2月24日 (1)  s-24年2月24日 (2)

ここを上がっていく。

s-24年2月24日 (3)

今は右下にいる。  右は、七福神、お不動様、役行者。   えんのぎょうじゃ。 山岳仏教の祖。

s-24年2月24日 (4)  s-24年2月24日 (5)

山門。 巨大な建物の上に本堂。

s-24年2月24日 (6)

説明。  難しいので・・。  本山のない、単立寺院。  弘法大師の真言宗。

s-24年2月24日 (7)

和歌山県の案内。  小栗判官のことについては、基本的に伝説。
小栗は、愛馬がここで祈願して救われた。 馬が救われた渓(たに)。

  ※ 縁由(えんゆう・えんゆ)の意味は、ゆかり、のよう。

s-24年2月24日 (32)  s-24年2月24日 (28)

本堂。 この季節、観光で来る人はいないみたい。
霊場だから、何かの祈願で来る。 また、祈願のための何かの行い。 今日は、声明(しょうみょう)が聴こえた。

  ※ 声明~お経の音楽、の感じ。

背後に、巨石。

s-24年2月24日 (8)

山の上に行く。   西国33があった。

s-24年2月24日 (9)  s-24年2月24日 (10)

縁結び祈願。 寄ったところで・・。

s-24年2月24日 (11)

何かかにかが出てくる。  アジサイの季節には多くの人。

s-24年2月24日 (12)  s-24年2月24日 (13)

奥に来た。

s-24年2月24日 (14)  s-24年2月24日 (15)

歌碑が。 この寺で働いていた人。

s-24年2月24日 (16)  s-24年2月24日 (17)

ササユリ、めったに見ない。  こんな花(伊吹山) 記事

s-24年2月24日 (18)

左に上がれば山の頂上。

s-24年2月24日 (19)

展望台からの風景。  右の方は、田辺市かな。

s-24年2月24日 (20)

巨石の下に本堂。

s-24年2月24日 (21)  s-24年2月24日 (22)

六地蔵に会いながら戻る。

s-24年2月24日 (23)  s-24年2月24日 (24)

最後は、かわらけ投げ。 かわらけは、土器のこと。 小さな素焼きの皿。

s-24年2月24日 (25)  s-24年2月24日 (26)

本堂に戻って、下を見た。 山門。  向こうに行けば正門。 自分はこっちから。

s-24年2月24日 (27)

正門の方に行ってみて戻った。

s-24年2月24日 (29)  s-24年2月24日 (30)

仏の使いのメジロ。 メジロが一番めんこい。

s-24年2月24日 (31)

花の季節に、来てみたい。

【動画】









【その他】   十勝連峰と旭岳。  比布のOさん撮影。 最近のもの。

左に旭岳(大雪の山脈)  中央少し左に、トムラウシ。  十勝連峰は右に。

s-IMG_5748[1]

右が旭岳。 北海道最高峰。

s-IMG_5751[1]

【明日の予定】 天気は嵐、動かない。  記事は潮岬。上に上がれます。 本州最南端。観光地。
         ※ Oさんはサロベツの瞳沼を撮りに行く。 ドローンを飛ばせるか。 近付けるか。

【停泊場所】    くしもと橋杭岩。

【アップした動画】  最新のを含めすべて右に(3400ほど) ⇒ 動画、akkamui (アッカムイ) 

【カメラ・レンズ】  フジフイルム X-S10   タムロン 18~300     GoPro10

    都道府県別のブログタイトル一覧表は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg

   (放浪の旅Ⅱと放浪の旅Ⅰの両方です。 記事の総数は5400ほど。)          
 ※ プロフィール・・・。 ⇒ ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。 
               2021年夏のを1枚プラス。 美瑛川上流で釣り。s-ppolkio8999.jpg

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体、2位です。 
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、これです。                          
                             
                        ありがとう!! ランキング

               ※ クリックが完了したら、国内旅行のランキングが表示されます。
                 表示された画面の「旅行」をクリックすると、旅行全体の順位が。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 
                 
【拍 手】  拍手のクリックのバナーは、一番下に。    ※ 拍手は、ランキングとは関係ありません。
.
 
 

openclose

04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。