fc2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

乗谷朝倉氏遺跡は、東風さんお勧め。
この地は、朝倉氏が信長に敗れて以来、大きく栄えることはなかったよう。
今は、公園の形で整備され、多くの人が来ていた。

小高い山の上に、越前大野城。
長い石段を登ったら、城はあった。
城は残念ながら、コンクリートの城。 ただ、石垣は美しく残っていた。

こっち方面は、一昨年、荒島岳に登った時に、来ていた。
道を走っていて、この道見たことあるって、思い出した。
    ※    ※    ※    ※   ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg

昨日は石川県。 今日は、福井県。
一乗谷は、永平寺に近い。



広く一帯が、朝倉氏が住んでいた所。 
町が出来て、加賀の中心として栄えた時代があった。 戦国時代の前でしょうか。

13年5月4日 (1)

遺跡が、公園になっていた。 

13年5月4日 (2)

吉野ヶ里遺跡とかも公園だが、そことは、ちょっと違う。

公園の遺跡は、山の中腹。 散歩道が、ずっとある。

13年5月4日 (3)

「ほら、勉強しなさい」という感じでもない。

一乗谷は、城下町だったとある。  その中心がここ。 城は別の場所のよう。

13年5月4日 (4)  13年5月4日 (5)

唐門。  朝倉氏を弔う寺の門として建てられた。  江戸時代中頃のもの。

13年5月4日 (6)

建物の柱が載ってた石が見える。 どこに建物があったかは、分かっている。
この風景だから、山の上に行きたくなる。

13年5月4日 (19)

朝倉家の墓所があった。 写真を忘れた。 撮ったのは、地蔵さんだけ。
墓所だから、後の時代の地蔵さんですね。 朝倉の活躍は、室町時代の後半かな。

13年5月4日 (20)

庭園の石が残っている。

13年5月4日 (21)

お市が嫁いだ浅井家(あざいけ)、そして、加賀の朝倉家。
両方とも、信長に潰されてしまう。  信長に対抗できると思ったんだろうか。
信長を若造とナメて。

13年5月4日 (7)

見頃です。

13年5月4日 (8)

上から見たらこう。  屋敷跡。

13年5月4日 (9)

山の上は、左から右まで、全部歩いた。  そして、下りてきた。

13年5月4日 (10)

復元した家並みがある。 200円で歩ける。 これが楽しい。 

13年5月4日 (22)

宝篋印塔(ほうきょういんとう)の、お墓。

13年5月4日 (23)

暖かい日になっています。

13年5月4日 (24)

こんな感じで、歩ける。

13年5月4日 (11)

赤い傘の所で、抹茶のサービス。

前の2人は、仲がいい。
セルフタイマーで写真を撮っていた。 思いっきり変な顔をして。 人に撮ってもらうと、できない顔。

13年5月4日 (25)

お店もあって、おろし蕎麦(そば)を食べた。 
東風さんも私も大盛りだけど、もっと食べたいほど美味しかった。
この地方は、そばの店が多い。 越前そばかな。

13年5月4日 (27)   13年5月4日 (26)

広い。 今日歩いたのは、中心部だけ。

13年5月4日 (28)

復元した家並み。

13年5月4日 (29)

団子も売っている。 
赤い椅子の女性の1人が、口に目一杯団子を入れて、「おいしいね」って言った。
それを聞いて、東風さんと笑った。 この2人とは、この後何度かお話。

13年5月4日 (30)

衣装を借りることができる。 
この人動かなかったので、マネキンかと思った。 突然動くと、びっくりする。

13年5月4日 (31)

こんなポスター。

13年5月4日 (32)

ここで撮影されていた。 高校生の女の子の表情がいい。 この子は、最後、何を思ったのでしょう。



昔の家並み。  ミニチュア。

13年5月4日 (33)

大野市に寄った。  城があるので。



長い石段を登る。 

13年5月4日 (34)

芝桜の花が、一面に。

13年5月4日 (35)

トンネルを抜けてきたけど、別世界に来た感じがした。

13年5月4日 (12)

木造でないだけでなく、形も復元できていない。(Wikipedia)

13年5月4日 (13)

大野市。  越前大野市とも。  ※ 九州の大分県にも大野市がある。 そっちは、豊後大野市。

13年5月4日 (14)

山は、まだ白い。  この連休、山では遭難が相次いでいる。 山は、まだ冬のよう。

13年5月4日 (15)

石の陰に、こども。 写真を撮ると言ったら、隠れた。

13年5月4日 (16)

こんな石段。

13年5月4日 (17)

城へは、石段でない道もある。

13年5月4日 (18)

新緑の時期なので、草も木も、新鮮な緑。
鳥たちも子育てに忙しい。 自然は、命がみなぎってる感じがする。
八十八夜が過ぎ、5月5日の明日は、立夏です。

今日も東風さんと、たくさん歩きました。

【関連ブログ】 
    荒島岳 ~大野市~  東日本大震災写真集「無言歌」  他  (2011/7/3)
    本願清水イトヨの里  荒島岳の麓、勝原(かどはら) ~大野市~  他  (2011/7/2)

【今日の歌】  CMの曲は、金子由香利「時は過ぎてゆく」。 
        下のは、再会。 いい動画があったのですが、今はありません。 



【道の駅】   九頭竜湖





【明日の予定】  郡上八幡の予定。 駐車場が、はっきりしない。
         東風さんが初めてなので、行くことに。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの記事)

meisigazoupppm.jpg

【ランキング】  国内旅行、2位、 旅行全体、4位です。
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。
                            ※ クリックするバナーは、下のです。                                     
              ありがとう!!

                   ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。 

スポンサードリンク

 
 

コメント

一乗谷

一乗谷は落ち着いた所であるようですね。そばもおいしかったことでしょう。東風さんと一緒で楽しそうです。5月の風がやさしいことでしょう。

次は郡上八幡ですか。ここの踊りも有名ですね。越中八尾の「風の盆」とよく比較されますね。どんな雰囲気のある町でしょうか。取材が楽しみです。踊りのことも載せてください。

Re: 一乗谷


夜も、やっとあたたかくなりました。
寒い季節が長いですね。
宙太さんと歩いた柳川は、温かかった。 あの季節で。 不思議です。

歴史よりもっと面白いのは、今の時代の人々の動きかも知れない。
そんなことを、思ったりします。
祭りも、踊りも、生活も。

山に登ったり、滝を見たりする面白さについても、考えます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://akkamui.com/tb.php/1028-5139a87f

openclose

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 一乗谷朝倉氏遺跡  越前大野城~福井市・大野市~  他  (2013/5/4)
  • 2013年05月05日 (日)
  • 05時42分28秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


09 | 2021/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。