FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

情報誌に小さな文字で、「竹の屋敷林」とあった。 小さな岬の近くに。
ところが、細い道の峠を越えなければならない。
峠の高さは、300㍍。 海のすぐそばで、この高さ。 きっと雪が残っている。

調べたら、バスが走っていた。 
こうなったら、行くしかない。
何かきっと秘密がある。 そう思っていた。

ここは、窪岡駅。 ここから、バスに乗る。

11年1月16日 (1)

乗客は、病院帰りのおばあちゃんと私の、2人。
運転手さんと、3人でおしゃべり。

この辺りで獲れる米は、仁井田米(にいだまい)と言うそう。
おばあちゃんが、美味しいと言った。 ねばりがあるって。
運転手さんは、秋には霧が出る、それが米にはいいと言った。

300㍍の山を越えるのは大変だと思っていた。 違った。
自分が昨日からいる所が、高かった。 高度、200㍍。
少し登って、海まで一気に下りた。

興津の集落が、下に見えた。

11年1月16日 (2)


おばあちゃんが、農協で降りて 歩くのがいいと言った。
一緒に、そこで降りた。 バス停の場所では なかったように思う。

「竹の屋敷林」ではなく、「竹垣」だった。

11年1月16日 (6)

普通は、人の背丈くらいだが、高いのもある。

11年1月16日 (5)

おばあちゃんが、ブロック塀が多くなってきたと言っていた。
竹垣が膨らまないように、太い竹とかで、押さえつけている。

11年1月16日 (4)

竹にしては細い。 葉っぱが小さいから、笹ではない。 こんな竹もあるんだ。

11年1月16日 (3)

隙間を風が抜けるから、夏はきっと涼しい。

11年1月16日 (7)

ビニルハウスが見えた。 ここは、ミョウガの産地だった。
 ※ 高知県は、ミョウガの生産量日本一で、その中で、第2の生産量。
   具体的に言うと、高知県は、全国の8割。 興津は、そのうちの4分の1。 
   つまり、興津は、全国のおよそ2割を生産していた。

ミョウガの食べ方を知らないので、買ったことがない。

11年1月16日 (8)

この実は、何だろう。

11年1月16日 (9)

冷たいブロックの塀より、ずっといい。

11年1月16日 (10)

庭に、サボテン。

11年1月16日 (11)

興津天満宮の本殿。 いつもは拝殿を撮っている。

11年1月16日 (12)

あの山の、向こうからきた。

11年1月16日 (14)

ここへ来るには、この道しかない。
 ※ 山の切れ目に道がある。  これを見たら、日航機が墜落する前、山にぶつかった時のを思い出す。

11年1月16日 (13)

港に来た。 市街地は、右の方。

四万十川は、こっちに向かって流れてきた。
しかし、この山に押し戻され、再び山の中に入った。
その後、長い旅をして、四万十市でやっと海に出る。

11年1月16日 (15)

釣り船が戻ってきた。

11年1月16日 (16)

この魚は、グレと教えてくれた。
 ※ 調べたら、メジナの地方名だそう。 釣り人に、とても人気があるそう。

11年1月16日 (17)

港の集落。 向こうに海水浴場が見える。(興津海水浴場。 快水浴場百選に選ばれている)
夏は、多くの人が来る。 その向こうに、竹垣の集落

11年1月16日 (18)

滅多に降らない雪が、昨日降った。  晴れてるので、暖かい。

11年1月16日 (19)

途中で、バス停がどこかを聞いた。
教えてくれた人は、最後にこう言った。
ここは、道が碁盤の目になっているから、分かりやすいよ。

これが、何を意味しているか、あとで調べて分かった。

鯉のぼりのある家に、人が集まっていた。
何してるのって聞いたら、ここは魚屋だよって、教えてくれた。
店が始まったら、鯉のぼりが立つ。

11年1月16日 (20)

今、どろめ(イワシの稚魚)が獲れてると言った。 
高知県の名物で、ポン酢で食べたら美味しいと言う。
それと、ハマチの刺身と、ポンカンとトマトを買った。

刺身は、注文したら、魚をさばく。 もちろん、今日獲れた魚。
待っている間、みんなおしゃべり。 すぐには、帰らない。

私の刺身が傷まないように、氷を準備してくれている。

11年1月16日 (21)

どろめは、どろめ祭りの、どろめだった。
お酒を一気に飲む、あのお祭りだ。 絵金の絵を見た、赤岡でやっている。   どろめ祭り(YouTube)

どちらも、350円。 市価の半値。 ハマチの刺身だって、この半分で十分なのに。

11年1月16日 (22)

これで、ビールと日本酒を飲んだ。
どろめは、一口100匹だった。 金子みすゞの「大漁」の詩を思い出した。

tairyouppllpop.jpg

竹垣について調べたら、こうだった。
興津は、今からおよそ400年前、公家の一条氏の支配地だった。
     ※ 幕府に年貢を納めなくていい荘園で、私有地のようなもの。

その一条氏が、京都の町並みに見立てて碁盤状に家を建てさせ、竹垣をめぐらせるよう命じた。
その名残が400年続いたが、今、少しずつ消えている。

※ 昔、多くの殿様が、各地に小京都を作ろうとした。 それに似てる。
  また、戸隠の近くの鬼無里には、京都の地名がいっぱいある。 紅葉(もみじ)がしたことも、同じかな。

小さな街にも、歴史がありました。

【道の駅】    あぐり窪岡

【明日の予定】  四万十川を見に行く。 有名でない沈下橋もある。

【動画】
      興津から戻る


      興津峠


【ランキング】  国内旅行は5位、 旅行全体で9位です。  放浪の旅は33位です。         
          
            記事は役立ったでしょうか。
            気に入った所などがありましたら、クリックをよろしく。
                     ※ クリックするバナーは、下のです。 
                   
              ありがとう!!

                   ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
           

スポンサードリンク

 
 

コメント

みょうがと魚屋

 みょうが 大好物です。
高知県が生産量一番とは知りませんでした。

 細かく刻んでかつおぶしと醤油をかけて食べるのが一番美味しいかな。
お酒のおつまみにもなるし、ごはんとの相性もいい。
 子供の頃、母親に みょうがを沢山食べると馬鹿になると言われ沢山食べさせてもらえなかった。
大人になって自分が馬鹿と分かったから、今ではどんぶりいっぱいでも食べちゃいます。

 鯉のぼりが立ってるのが魚屋さんというのは面白いですね。
写真みたいな小さな地元の魚屋さん好きです。
どんな魚があるかワクワクしちゃいます。
お話するのも楽しそう。

 竹垣もいいですね。風情があって。
でも、手入れが大変そうだな。

Re: みょうがと魚屋

みようがは、道の駅にきっと売ってると思う。
買ってきて、食べてみます。

四国の南は、それなりに寒いけど、毎日晴れています。

あの魚やさんですが、最初、居酒屋かと思った。
外から覗いたら、みんなおしゃべりしてたので。

今日獲れた魚しかありませんでした。


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://akkamui.com/tb.php/115-f4b36239

openclose

09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 興津の竹垣集落を歩く  どろめ(いわしの稚魚) ~四万十町興津~   他  (2011/1/17)
  • 2011年01月18日 (火)
  • 00時29分55秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。