FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

奈良井宿は、大きな宿場町。
その奈良井宿があって、隣に生まれた漆器の町が、平沢。

古い町並みが残って、伝建地区になっている。
木曽漆器をつくり、販売していた。
    ※    ※    ※    ※   ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )
 
この場所は、木曽の山中に入って、数㌔。 入って最初の宿は、贄(にえ)宿。 明日少し見ます。
木曽は、岐阜県に出た、馬篭(まごめ)の宿までです。

藤村の言うように、全部山の中。



道の駅に車を置いて、歩き出す。  街並みまで、1㌔ほど。 

13年11月4日 (1)

左に、支所。 旧中山道は、車道から離れたり、同じになったり。

13年11月4日 (2)

古い町並みには、真ん中の道を。

左の石段を登ると、諏訪神社。
信玄が、木曽を攻める時、ここを陣地にした。

和睦して、木曽氏は信玄に従う。  信玄の三女真理姫(勝頼の妹)を、木曽氏に嫁に出す。
帰りに寄る。   ※ 木曽義仲は、平安時代の終わりの武将。
               木曽町日義は、木曽義仲が育ち、旗揚げした地だった。 また、巴御前の生地でも。~木曽町~  他  (2012/11/12)

13年11月4日 (3)

ここを下ったら、町並みに。 
旧中山道は、○の所を、左に上がっていく。  そこに、二十三夜の碑が。

13年11月4日 (4)

このように。

13年11月4日 (5)

遅い二十三夜を待つ。 立って待つこともあると。
薄暗い灯りの中で、酒を飲む。  
   ※ ろうそく灯りの中で、やってみましょうか。
   ※ そう言えば、マタギの人が作る、闇(やみ)鍋には、何が入っているか分からない。
     薄暗い中で、食べる。 たいへん。

13年11月4日 (6)

町並みに入って来た。  重伝建地区。
完成していない、町並みです。 
これでは、観光地としては、無理ですね。 塩尻市は、環境整備を考えているようです。

漆器の字が、見えます。

13年11月4日 (7)

いいですね。

13年11月4日 (8)

格子が、長いのが2本、短いのが2本、交互に。
これは、信州の上田の近くの、海野(うんの)宿で見ました。 海野格子と呼んでいました。

13年11月4日 (9)

白壁の家が並びます。  いい雰囲気。

13年11月4日 (10)

家の前を、個人で工夫している所が、時々ある。 こんなのを見るのが、好きです。

13年11月4日 (11)

こうです。  このセンスは、日本人の心でしょうか。

13年11月4日 (12)

ここの漆器店が、見学できます。  こういうのが、面白い。
実際に作ったりしていて、資料館を見るのとは、面白さが全く違う。 
ここは、時代を生きている感じ。  それを見られる。   資料館は、過去を見る感じ。  時が止まって。

13年11月4日 (15)

母屋の横の通路を入ってきて、中庭に。  外人さんがいっぱい。

13年11月4日 (14)

漆器です。 食事に、こんなのを使うと、気持ちはどう変わるのでしょう。
美味しいビールは、紙コップでも、美味しいし、料理は紙皿でも、と思うのですが。

13年11月4日 (13)

作ってるところは、混んでて入れなかったので、一旦出る。
町並の反対側に来た。

13年11月4日 (16)

こんな石。 書いてある。

13年11月4日 (17)

右、漆器の町平沢。  左、奈良井宿。  奈良井宿は、近い。  平沢は、奈良井宿の付属の町。

13年11月4日 (18)

川沿いの道を通って、小路を通って、元の道に戻る。 こんな小路が、時々ある。 平沢の特徴。

13年11月4日 (19)

また町並みを見る。 ここで、問題です。
 
この写真で、私は、何を撮ったでしょう。 撮りたかったものを、当ててください。
  ※ あの人のことだから、きっとあれだよって、思った人は、すごい読み。
    すぐ答えを見ないで、少し考えてくださいね。

        答えは、右をクリック。  13年11月4日 (20)pp

13年11月4日 (20)

再度先ほどの店に。

13年11月4日 (21)

こんな歌。  
  ※ 仕事ばっかりで、季節の変化に気づかない時代が、私は、多かった。
    疲れ切って、お終いって人を、何人も見て来た。

13年11月4日 (22)

漆器や陶器を、のんびり眺めることのできる生活は、来るでしょうか。
経験したことない。 いっつも、バタバタ。

13年11月4日 (23)

ホウヅキがなければ、この写真は撮らない。

13年11月4日 (24)

どこの家も、母屋の奥には、必ず中庭。 その向こうに、作業場が。 さらに奥には、物置とか。
中庭があって、風通しがよくなる。

13年11月4日 (25)

向こうの蔵のような家で、仕事をする。
漆を塗る時、ほこりはダメ。 塗る場所は、2階。  まだ、外人さんで満杯。 見学諦め。

13年11月4日 (26)

奥の方の、作業場兼物置。  ここで削る。

13年11月4日 (27)

何年も乾燥させる。

13年11月4日 (28)

戻っている。  子供たちが、10人程、空き地で、楽しそうに遊んでいた。
こんにちはって挨拶したら、全員が、挨拶してくれた。  元気に。  明るく。

子供達の雰囲気や、子供としての質の高さは、地域によってバラバラ。 差が大きい。
学校の教育、家庭の教育、地域の人の関わり方、で決まる。
学校がダメなら、家庭・地域では、救うのは大変。  普通は、救えない。

13年11月4日 (29)

いいですね。 春、夏の姿も、見てみたくなる。

13年11月4日 (30)

ここを上って、諏訪神社。  

13年11月4日 (31)

信玄が攻めて来たのは、1550年過ぎ。 
家督を相続して、10年ほど経っている。  一番いい時かな。

13年11月4日 (32)

神社から下る、旧中山道。  支所に出る。

13年11月4日 (33)

道の駅が見えて来た。

13年11月4日 (34)

道の駅の建物は、木曽くらしの工芸館。   漆器が、いっぱい売っている。

13年11月4日 (35)

漆器の好きな人にとっては、大きな魅力の町でしょうか。 お勧めです。
奈良井宿を見て、平沢に寄る。  こんな流れで。

塩尻市で、平沢をどうするか考えているようです。
数年後、もっと良くなりそうです。
奈良井宿とセットでの観光地になると、しめたものですね。

【ブログの紹介】   諏訪湖近くのを。
         諏訪大社 下宮秋宮・下宮春宮  万治の石仏 ~下諏訪町~  日ハム2勝目、5分。  (2012/10/31)
         小坂観音院 高島城 手仕事屋きち兵衛 他 (2009/06/19)

【今日の歌】   訳詩は、岩谷時子さん。  彼女は、本田美奈子が、大好きでした。



【道の駅】 木曽ならかわ



【明日の予定】   贄(にえ)宿を少しと、奈良井宿。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの記事)

meisigazoupppm.jpg

【ランキング】  国内旅行、2位、 旅行全体、3位です。
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。
                            ※ クリックするバナーは、下のです。                                     
              ありがとう!!

                   ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。

スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://akkamui.com/tb.php/1217-515e7bea

openclose

09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 木曽漆器の産地、木曽平沢を歩く。  重伝建地区の、漆工町。~塩尻市~  他  (2013/11/4)
  • 2013年11月05日 (火)
  • 09時36分50秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。