FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

遠野市の市街地から、北の早池峰山に向かう。
山の中に、早池峰神社がある。

頂上の神社に行くのは、大変。
それで、山の下にも作った。
里宮と呼ぶ。

建物の雰囲気は、全部寺だけど、神社。
明治になって、そうなった。  廃仏毀釈(はいぶつきしゃく)。
悲しい歴史。

祭神は、瀬織津姫(せおりつひめ)。
初めて聞く名前。

この神社には、オシラサマがいる。
見える人には、見えるそう。
私には・・・。

遠野のSさんが、道案内。

夜、風呂に入った後、月食を観た。
赤い月。
温まった体が、冷えちゃった。
    ※    ※    ※    ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

早池峰山の南の登山道の、登山口に、早池峰神社がある形。
登山道があるけど、遠い。
実際に登るときは、早池峰山のすぐ下にある道から登る。  2時間半ほど。

地図1

遠野の市街地と、神社と山が、一直線。  他の神社も、この直線に入ってくる。
偶然でなく、そうした。

場所は、遠野市 附馬牛( つきもうし)大出(おおいで)。   昔は、附馬牛村。

地図2

駐車場から拝殿は見えなかった。
Tさんは、その門から入ると、言った。

後で知るが、この門は、黒門。   入り口の門ではなかった。

  ※ どうして、この名前なのか。  他にあった説明では、昔は、この奥に、大黒坊があった。
    大黒様が祀ってあり、僧の住む場所でもあったよう。
  ※ また、この門は、出口の門だった。  後でまた、触れます。

14年10月8日 (1)

黒門を入ると、左に、建物が見えた。   そっちに行った。

正面に、この建物。  実は、拝殿。
ここは、全体が、昔は寺だった。   名前は、妙泉寺。

寺時代も、この建物はあったんでないかな。
今は、割拝殿(わりはいでん)の形で、拝殿。  こんなのは、珍しい。

DSCF6406mmm

※ 上のような建物は、実際に、寺にある。  門ではないけど、通り抜ける建物。
  下は、高松市の法然寺。(2年前)
  2つの、黄色の〇の建物が、中に通路。
  下は、二尊堂。  こんな建物だったけど、今年の1月に、焼けてしまった。(高松のMさんが教えてくれた)

20121224062912cf7_20141010084624c1d.jpg

拝殿と言っても、お参りする場所がない。
ここは、神楽殿として、利用しているよう。  通路に、板を渡して。  早池峰神楽がある。

14年10月8日 (2)    14年10月8日 (3)

割拝殿を通り抜けて、石段を上がると、本殿。

14年10月8日 (4)

その前に、右に、大きなイチイの木。  北海道では、オンコ。  雌の木とあった。
お不動様が持つ、大きな剣が見える。

14年10月8日 (5)

どっちも、お不動様。

14年10月8日 (7)    14年10月8日 (6)   

石段を上がって、昔は、ここが本堂。  今は、本殿。
普通は、これを拝殿にして、その後ろに本殿がある。

14年10月8日 (8)

早池峰山の額は、後で付けた感じ。   周りに、溶け込んでいない。

14年10月8日 (10)

※ この神社の祭神は、瀬織津姫(せおりつひめ)。
  いい響きの名前。
  神については、古事記や日本書紀に、詳しく書いてある。
  ところが、この神は、出てこない。
  それでも、他の古文書にはあったりして、存在の大きな姫、また神のよう。

  瀬織津姫は、そんなことで、異端の姫君、また、女神と言われる。

  この女神の得意は、一切の災いを、清い川に流してくれること。
  水に関係ある神社の祭神に、なることが多い。

  ※ 瀬織津姫は、こう。  こうでも。  これは、少しこわい

  早池峰神社は、水と関係あるのかと、言いたくなる。
  名前の中に、池がある。  どういうこと?
  実は、早池峰山の頂上近くに、湧き水が出る水場がある
  流れ早(速)く出る。  こんこんと。
  それで、早池峰山と言われる。(ほかの説も・・)

  余談。 水が枯れることはなかったのに、2010年だけ出なかった。
  次の年の3月に、あの震災。(ある、HPに)

  
本殿の右横にも、イチイの木。   こっちは、雄の木。

14年10月8日 (9)

稲荷神社。   どこの神社にも、末社として置いてある。  総本社は伏見稲荷。
   稲荷神社の総本社、伏見稲荷大社 ~京都市~  眠れない夜を抱いて~(ZARD)  他  (2012/5/13)
商売でも、畑作でも、何にでも霊験があるのか。
  ※ 神社は、末社をいっぱい作ると、その数だけ、さい銭箱を置ける。

14年10月8日 (11)    14年10月8日 (13)

※ 稲荷神社の奥に、歴代住職の墓があった。   神社は、そんな墓は作らない。

本殿を横から。  解体修理は、終わってるよう。

14年10月8日 (12)

本殿の右に、金勢(こんせい)社。 

14年10月8日 (15)

境内には、杉の木の切り株が多い。   掃除してる人に、聞いた。
戦後の台風で倒れたそう。   イチイの木は、背丈が高くないので、倒れなかった。

切り株の上に、木が育った。 1本だけ、生存競争に勝った。
木が腐ってなくなったら、根は変わった形になる。  こんな風に。   山で、たまに見る。

14年10月8日 (16)    14年10月8日 (17)

図の下に来た。   黒門も、拝殿も、見えますね。  早池峰山の手前に、薬師岳がある。
あれに登って、向こうに行く登山道がある。   遠い。

末寺とある。  神社だから、末社でなければ。  ここにも、寺の名残。(?)
神門の上から描くと、こんな絵か。   
神門から入ると、左の、ちいさな山の神に挨拶に行く、そうして、拝殿、本殿へ。
最後は、黒門を出て戻る。   これが、正規のルートのよう。

私は、反対に歩いている。  神社が書く説明には、妙泉寺は登場しない。
  ※ 追われた寺の人たちは、どこに行ったのでしょう。 
    子孫の人たちは、この神社を、どう見ているのか。

14年10月8日 (18)

駒形神社に。  地図の左。   山の神が見える。
この地方は、馬の産地だからか。  神社とのかかわりは、?

14年10月8日 (19)    14年10月8日 (20)

イチイの木は、堅い。  美しい木目。   何かの糞。  クマではない。  直径10センチ。  

14年10月8日 (21)    14年10月8日 (22)

神門から。  遠くに拝殿。

14年10月8日 (23)

昔は、仁王門だった。   今は、仁王像の代わりに、隋神(ずいしん)像。   神様を守る。   警護する。
手には、弓を持っていたのかな。  このように

14年10月8日 (24)    14年10月8日 (25)

慈覚大師が、妙泉寺を建てたとある。
この人は、円仁のこと。  延暦寺の最澄が、最も信頼した弟子。
布教で歩いているので、 可能性はあるのかな。

14年10月8日 (26)

立派なもんです。  もんは、門の意味にも。

14年10月8日 (27)

仁王様がいる方が、当然、似合う。

14年10月8日 (28)

鳥居も入れると、こうです。    ここから、反対の順に、写真を見ていくと、それが普通の流れ。

14年10月8日 (29)

元仁王門とある。   文化財指定など、神社以外の説明には、寺が登場する。
最初の黒門で書いた、大黒坊が。  宗派は、天台宗から、真言宗に。   敵対する宗派。
この説明は、長男会が書いた。  初めて見る、会。   次男、三男は、・・・。

14年10月8日 (30)    14年10月8日 (31)

この地区は、大出(おおいで)集落。

14年10月8日 (32)

神社の右隣に、学校跡。  元遠野市立大出小中学校。

14年10月8日 (33)

※ 上の学校に勤めたことのある先生が、サイトで、下の文を書いている。(岩手県鉄構組合青年部のブログから)
 
    他の先生との雑談の中で、

       A先生 『ねぇねぇ、この学校、いるんだよ!』
        私   『何がです??』
       A先生 『座敷わらし!』
        私   『は~~~??? 本当ですか? 騙そうと思って~~!』
       B先生  『本当だよ! ○○君と、○○ちゃんと、○○ちゃんとその妹が見たんだって。
             去年の文化祭だったかなぁ。 「先生、玄関にいる小さな子は誰ですか?」って
              聞かれたの。 私が見ても誰もいなかったの。』
        私    『(…○○君も○○ちゃんも嘘をつくような子では絶対ない…。
             まして○○ちゃんの妹なんて…) …。 本当にいるんですかね…。』
       A先生   『いるよ~!!』

オシラサマは、子供たちが好き。
普段は、早池峰神社にいるけど、時々学校にお邪魔。
子供たちがいるから、オシラサマは、落ち着いて、神社にいられる。

遠くから来て、早池峰神社にお参りして、車で帰った人がいる。
帰りの車の中に、オシラサマが乗っていた。
以来、いいことが続いて、商売繁盛。
再びやってきて、たくさんのお礼を、オシラサマと神様にした。

上のような話が、ある。
   伝承園  遠野物語  オシラサマ伝説 ~遠野市~  釜石市を通る。  他  (2012/10/15)

Sさんが、あっちに行ってと言うので、山の奥に行った。
遠い親戚なのか、そこに寄った。
そこの人は、だれも、Sさんを知らなかった。 
キノコを欲しいと言って、Sさんはもらった。  クリタケ。
全部私にくれた。  晩に、味噌汁で食べた。  

14年10月8日 (40)

戻ってきた。  神門の下の道。  車から。
右は、反対から。   車の向こうに、神門。

14年10月8日 (34)    14年10月8日 (37)

この辺りは、第一の鳥居だったのか。  他の神社の石碑も。  この神社も、昔はあったのか。 末社として。
金刀比羅大神(ことひらおおみかみ)。
   ※ 金比羅山の祭神は、上と、天照大神。
        こんぴらさんと親しまれる、讃岐随一の大社、金刀比羅宮。  奥社までの石段は、1368段。~琴平町~  他  (2012/12/25)
愛宕山は、京都に。 頂上に、神社。   
        愛宕山に登る。 保津峡駅~水尾~愛宕山~嵯峨嵐山駅。~京都市~  他  (2013/4/11)

右の地図に、登山道が。

14年10月8日 (38)    14年10月8日 (39)

割拝殿と、ここにある。  ここにも、古い登山道。
この登山道は、今も使われている。   メインかな。
もう少し左に、直登の登山道がある。  私は、直登を行って、地図の道を下った。
   ハヤチネウスユキソウ(早池峰薄雪草)の咲く、早池峰山 ~北上山地の最高峰~  明日岩手山へ  他  (2010/7/26)

早池峰山は人気の山。  花がすごい。  蛇紋岩の山。  山開きには、こんなに人が

14年10月8日 (35)    14年10月8日 (36)

寄り道して、遠野に戻る。   アーチ橋。  鉄の部分は、木で囲った。   他でも、同じ作りの橋を見た。

14年10月8日 (41)

直ぐ、着いた。  重端渓(ちょうたんけい)。   小さな渓谷。

14年10月8日 (42)

紅葉が、はじまった。

14年10月8日 (43)

魚がいそう。  どこかに、キャッチアンド・リリースと書いてあった。  釣ったら、放す。 

14年10月8日 (44)    14年10月8日 (45)

Sさんは、別の家にも寄ったが、留守。  そこに庭に、この石。   何だろう。

14年10月8日 (46)

この後、Sさんを自宅まで送った。   ※ 私はSさんを、父さんと呼んでいる。  ずっと、年上。

その後、ゴミの焼却場の横の、お風呂へ。  よねつ(余熱)の湯。   160円。
道の駅に戻って、こう。   こんばんは、皆既月食。

14年10月8日 (47)

茶色は、地球の影。  影が見えてるけど、見えてるのは、地球ではなく、月。

14年10月8日 (48)    14年10月8日 (49)

うさぎさんも、いる。   赤い月。

14年10月8日 (50)    14年10月8日 (51)

遠野で、行ったことのない所を探したら、早池峰神社があった。
道が面倒なので、Sさんに案内してもらった。

Sさんには、塩漬けの別のキノコも、いただいた。
遠野には、Sさんの顔が見たかったので、寄りました。

【今日の歌】    Tango Flamenco (ARMIK)   ※ ARMIK(アーミック) は、ギター奏者のよう



【道の駅】   みずさわ

ggggdgg.jpg

【今後の予定】 平泉を考えていたけど、見たいところが閉鎖。 農村風景かな。
        12日は、仙台で、前輪のタイヤを交換。
  
        それ過ぎたら、信州に急ぎ足。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの記事)

         meisigazoupppm.jpg

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体で、3位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング   

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
.      

スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://akkamui.com/tb.php/1527-494988bd

openclose

05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 早池峰神社は、昔は妙泉寺だった。  祭神は、瀬織津姫。  オシラサマが、・・。~遠野市~ 月食 (2014/10/8)
  • 2014年10月09日 (木)
  • 21時31分26秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。