FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

今日も、東風さんご夫妻と、一緒の旅。 
その、最終日。

錦小路、新京極、寺町通、木屋町通、先斗町通を歩いて、祇園新橋へ。
最後は、花見小路通。

主に寄ったところは、和泉式部の誠心院。
信長の、本能寺。
龍馬が住んでいた、酢屋。
悲運の武将、豊臣秀次の瑞泉寺。
祇園は、小路にも入って。
 
 ※ 昨日11月14日の、二条城のブログの最後の方に、追記の文があります。
   龍馬は、頭が良かったのか、どうなのかについて。
    ※    ※    ※    ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

今日歩くところは、京都一番の繁華街。

tizu1113ppp.jpg

地下鉄の四条駅から歩いた。
錦小路に入る。   昔からの、京都の台所。    鯖街道の鯖も、ここに来た。

万願寺とうがらしは、舞鶴市出身の京野菜だそう。  大きくて、種が少ない。

s-14年11月15日 (2)    s-14年11月15日 (1)

錦小路の突き当りは、錦天満宮。   小さいけど、好きな神社。
拝殿の中に、狛犬。   そして、本殿。

前の通りが、新京極通。

s-14年11月15日 (3)    s-14年11月15日 (4)

新京極通に、和泉式部の寺、誠心院。  

s-14年11月15日 (5)

墓である宝筐院との場所が、変わっていた。   図の場所に、以前はあった。

s-14年11月15日 (6)    s-14年11月15日 (7)

※ 式部より先に、娘の小式部内侍(こしきぶのないし)が先に死ぬ。 強い悲しみ。
     大江山 いく野の道は遠ければ まだふみもみず 天の橋立 ~生野の道、細野峠~   他  (2010/5/18)
     貴船もみじ灯篭。 和泉式部恋の道。  牛若丸 修行の地、鞍馬寺。~京都市~  他  (2012/11/21)

誓願寺。  能の曲目に、誓願寺がある。  この寺のこと。  
和泉式部が上のお墓から、幽霊になって出てくるお話。  見てみたい幽霊。  詳しくは、下に。
     誓願寺と誠心院。  和泉式部縁起絵巻(上・下)~京都市~  他  (2013/4/10)

s-14年11月15日 (8)

東風さんの希望で、本能寺。   信長の墓がある。

s-14年11月15日 (9)    s-14年11月15日 (10)

信長の他に、蘭丸、坊丸、前回のブログの信忠が眠る。

s-14年11月15日 (11)

※ 本能寺の変の時の本能寺は、二条城の下に。  この地図に

高瀬川沿いの木屋町通に来た。  維新の史跡がいっぱい。

s-14年11月15日 (12)

佐久間象山の塾から、松陰ほかいっぱいの門下生。   松陰の塾からも、同じように。

s-14年11月15日 (13)    s-14年11月15日 (14)mm

少し下って、右手に、酢屋(すや)。    龍馬が住んでいたところ。

   ※  ここに来る前、池田屋があったが、寄るのを忘れた。
       新選組が長州藩の志士達を襲った場所。  この報復のように、禁門の変が起きる。
       土方歳三、そして、新選組が一躍名を上げた。

s-14年11月15日 (15)

酢屋の前に花があった。   今日は、旧暦の11月15日。  
龍馬が亡くなった日だった。  命日。  (生まれたのも、11月の15日)
高知県知事と高知市長からの花。

あの日、襲われた瞬間の龍馬に、機関銃で何でも、貸してやりたい。

s-14年11月15日 (16)    tizu2221_20141118120309f80.jpg

別の場所。  この辺りは、武市瑞山と吉村寅太郎が住んだ場所。
 ※ 2人の像は、嵯峨野にある。  これ⇒ 201206250745202faggggg   中岡慎太郎は、龍馬と一緒に襲われた。

s-14年11月15日 (20)

吉村寅太郎。   血気盛んな雰囲気。
天誅組を組織して、幕府と戦った。
負けたけど、戦った意味は大きかった。  幕府の力が大きくないと、世間が知ってしまった。
   天誅組終焉の地、鷲家口(わしかぐち)を訪ねて。  最後のニホンオオカミ。~東吉野村~  他  (2013/4/15)   

s-14年11月15日 (21)    s-14年11月15日 (22)

瑞泉寺。   豊臣秀次の墓がある。

s-14年11月15日 (17)    s-14年11月15日 (18)

秀吉が好きになれない理由が、いくつかある。
この寺で知ることは、その1つ。

s-14年11月15日 (19)

秀吉に子がいなかった。   跡継ぎにと、姉の子を養子にした。   それが秀次。
淀殿が秀頼を生んでから、邪魔になった。   難癖をつけて、殺した。

秀次と妻や子供たちの墓。

s-14年11月15日 (23)    s-14年11月15日 (24)

取り巻きの女性もみんな殺された。
彼は、高野山へ。  今の、金剛峰寺に送られた。   切腹の間が残っている。
   高野山真言宗の総本山、金剛峯寺 ~高野町~  君と淋しい風になる(森田童子)  他  (2012/6/9)

s-14年11月15日 (25)    s-14年11月15日 (26)

江(ごう)の2番目の夫は、秀次の弟。
その時の子が、完子(さだこ)。(昨日のブログに)
この時期は、どこにいたかだけど、亀山城だった。   知らなかった。   すぐ近く。

s-14年11月15日 (27)    s-14年11月15日 (47)

この後は、先斗町(ぽんとちょう)に。

s-14年11月15日 (28)

ここは、花街。   芸者遊びができる。   一見(いちげん)さんはダメ。  
数万円では無理なよう。   芸者さんを見て料理を食べるなら、1万円ほどのツアーが便利。

s-14年11月15日 (29)    s-14年11月15日 (30)

店の途切れたところから、鴨川が見えた。

s-14年11月15日 (31)

寒かったので、近くのデパートを見て、少し休憩。

四条大橋を渡ると、南座。

s-14年11月15日 (32)

ここは、祇園新橋。   重伝建地区。   白川が流れる。

s-14年11月15日 (33)

「命短し 恋せよ乙女」と歌った、吉井勇の碑がある。

s-14年11月15日 (34)    s-14年11月15日 (35)

※ 彼の最初の妻は、こんな家系の人。   事件があって、別れる。   そして、四国の山の中に隠棲。
  戻ってきて、新しい人と一緒に、京都に。   祇園を愛した。
    轟の滝は、落差80㍍、3段の滝。  吉井勇はなぜ、この地、猪野々に隠棲を。~香美市~ 他 (2014/4/7)



橋近辺が、一番いい風景。

s-14年11月15日 (36)    s-14年11月15日 (37)

橋のたもとにある、お店。   東風さんと、あそこで飲みたいねって。

s-14年11月15日 (38)    s-14年11月15日 (39)

着物姿の人に、時々出会う。

s-14年11月15日 (40)    s-14年11月15日 (41)

少し歩いて、祇園の花見小路。   舞妓さんには、会わなかった。

s-14年11月15日 (42)

ここは、祇園甲部歌舞練場。
キンキキッズの堂本剛です。  大喜利ではない、小喜利とか、そんなの。 
中身の動画はネットにないので、彼の歌を。   青の時代。   左が、彼。

s-14年11月15日 (43)  

小路を歩いた。   紅葉の夜のライトアップが、始まっている。
高台寺より、永観堂がいいですね。
   永観堂は、古くより、「秋はもみじの永観堂」といわれていた。  東山を少し。~京都市~  他  (2013/11/19)

s-14年11月15日 (44)    s-14年11月15日 (45)

あっちこっちの小路を歩いて、地下鉄で、京都駅に戻った。

s-14年11月15日 (46)

今日のコースは、何度も歩いたところ。
でも、歩くたびに、新しいものが見つかる。

京都の紅葉は、見頃ですよっていう所が、あちこちに。
今週末、来週末は、京都は人でいっぱい。

【今日の歌】   Hasta Siempre(アスタ・シエンプレ) 
             ※ 永遠の別れの際に、「ごきげんよう」の意味で使われる表現だそう。
                この曲は、チェ・ゲバラを讃えた曲。

            チェ・ゲバラは、坂本龍馬を知っていました。
            尊敬していたという話も、あります。
            龍馬が亡くなった60年後に生まれています。
            数年前、チェの映画がありましたね。

            2人の共通点は、世の中を変えたこと。
            そして、誰にも、好かれていること。                         
          
左には、歌詞の日本語訳が。    右は、今までに何度も載せたことのある、動画です。

  

【道の駅】    ガレリアかめおか

【今後の予定】   20日に、光雲寺です。    
            19日は、愛宕山かな。   気になる絵馬があるので。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの記事)

         meisigazoupppm.jpg

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体で、3位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング   

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
.       

スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://akkamui.com/tb.php/1546-3ff008c3

openclose

05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 木屋町、祇園を歩く。  酢屋など、維新の史跡。 瑞泉寺。  祇園新橋、他。~京都市~ 他 (2014/11/15)
  • 2014年11月18日 (火)
  • 09時30分07秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。