FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

先日紹介した小松帯刀は、喜入肝付家の子として、鹿児島の屋敷で生まれた。  
                           ※ こまつたてわき。   きいれ きもつき。
喜入が領地だから、喜入で暮らすことも多かった。
暮らした建物は、肝付家仮屋。    ※ きもつきけ かりや
今は、そこに、小学校が建っていた。

仮屋跡一帯は、喜入麓と呼ばれる、武家屋敷通り。
昔の名残の道を、歩いてみた。

いろんなものに出会いながら、最後は、病院に行ってきた。
薬が無くなったので。

今年は、あと2日。
体調は戻ってきたので、何とか、ソバを食べて酒が飲めそう。
    ※    ※    ※    ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

喜入には、道の駅。 300円の温泉がある。   近くに、スーパーも。
2年前に風邪を引いた時も、ここで治した。

左の地図に、根占(ねじめ)とある。   禰寝(ねじめ)と同じ。  
江戸時代前に、禰寝氏は、先日紹介した、薩摩半島の西の吉利に移った。
江戸時代の中頃に、小松氏に変名。   ※ 理由は、後で追加。
喜入肝付家で生まれた小松帯刀は、上の小松家に養子に行っていた。
   小松帯刀の墓。  帯刀(たてわき)は、薩長連合で活躍。 小松氏は禰寝氏でも・・。~日置市~ 他 (2014/12/24)

肝付(きもつき)も、見える。
分家が、江戸時代前に喜入に来た。  喜入肝付家になった。

そんなことで、ちょっと、ごちゃごちゃ。

tizu1113_201412301448227b8.jpg    tizu2228_20141230144826d7a.jpg

温泉とかの施設を、道の駅にもした。   駐車場は、左奥。

s-14年12月29日 (1)

さあ出発。   川は、八幡川。  右の方を行く。

s-14年12月29日 (2)

道の駅には、地図はなかった。   役場は休み。
適当に歩いて、小学校に着いた。

s-14年12月29日 (3)

一帯が、喜入麓。  武家屋敷が集まっていた。  今も、それなりに。
上の写真の、右の家の門。

s-14年12月29日 (4)

小学校の石垣。

s-14年12月29日 (5)

積み方が、2種類。

s-14年12月29日 (6)

喜入小学校の正門。  ここに、肝付家の仮屋があった。
仮屋と云っても、領地にある屋敷。

   小松帯刀は、幕末に、肝付兼戈として、鹿児島の肝付家の屋敷で生まれた。   
           ※ 後に、尚五郎。   兼戈の読みは?   かねとも、かねかた、か。 
育った場所が、屋敷と、ここの仮屋。  
           ※ 篤姫が育った今和泉は、喜入の南隣。

s-14年12月29日 (7)

裏の山は、高野山。  キイレツチトリモチが、日本で最初に、ここで見つかった。
キノコに似た、寄生植物。  こんな植物。(11月に長崎の伊王島で)
詳しくは、下のブログで。 鳥餅(とりもち)の意味も。
   長崎半島の主峰、八郎岳に。  爆風で壊れた伊王島灯台。  キイレツチトリモチは、まるでキノコドキヤ。~長崎市~ 他 (2014/12/3) 

旧麓から、ここに移ったとある。 帯刀が生まれる、ずっと前。
ここより山の中。  そっちに、肝付家の墓がある。  
以前、歩いている。
   喜入を歩いてみました。(その2)    他  (2010/1/11)

s-14年12月29日 (8)

門の上から。  仮屋の敷地にグランドも。  広い。
正月の準備。   帯刀は、右の木を見ている。

s-14年12月29日 (9)    s-14年12月29日 (10)

先に進む。   左の横道。  奥に、病院があった。   行ってみたら、2時からの診察。
1時間ほど歩いて、来ることに。

s-14年12月29日 (11)    s-14年12月29日 (12)

病院から戻っている。  門をくぐって、塾。

s-14年12月29日 (13)

喜入麓に住む人の先祖は、武士。  
想像ですが、プライドの高い人もいるでしょうね。
周りの人が、平民に見える感じで。

これと同じことを、出水市の野田町で聞きました。

s-14年12月29日 (14)

木の剪定(せんてい)にお金がかかりますね。  自分でするとしても、大変。
後ろの山は、高野山。   キイレツチトリモチ。
石垣の上に、生垣。   それが特徴。

s-14年12月29日 (15)

ここは、管理する人がいなくなった。 家も壊れた。

s-14年12月29日 (16)

いざという時、命を懸けて戦う代わりに、ここに住めた。

s-14年12月29日 (17)

指宿枕崎線。   喜入駅。
   ※ 喜入の名前は、肝付氏の前、喜入氏が治めていたから。

s-14年12月29日 (18)

木が恐竜。

s-14年12月29日 (19)

喜入麓も、そろそろお終いの感じ。

s-14年12月29日 (20)

「透かし」ってう剪定かな。    さっぱりした感じで、私は好きかな。
   ※ 昔、剪定の講習を、1度だけ受けたことがある。 分かるのは、ちょっとだけ。

s-14年12月29日 (21)

ポンプ。  懐かしい。   普通見るのと、違う。   上がふさがっている。
津田式とある。   広島方面から、広がった。  これの方が、深くから汲めるよう。

s-14年12月29日 (22)

※ 普通の、ガチャポンと言われるのは、こう。
   私の家に昔あったのは、これのよう。   姉に電話して聞いた。  
   お風呂の水もこれ。  苦労して入るから、気持ちいい。



※ 津田式は、中が見えない。



少し歩いて、宮坂神社。

s-14年12月29日 (23)

刀工(刀匠)のことが、書いてある。   玉置一平安代。(たまおき いっぺい やすよ)  
重要文化財クラスの刀剣を作るよう。   薩摩刀ですね。

s-14年12月29日 (24)    s-14年12月29日 (25)    s-14年12月29日 (26)

神社の説明にもある。

s-14年12月29日 (27)

※ 玉置一平安代について、調べてみた。
   この人の刀が、オークションに出ていた。
   150万円で落札。   高いのか安いのか。

yasuyo.jpg

※ 上の刀は、長さ93.6㌢。   重さ、1589㌘。
   普通は、70㌢ほどで、1000㌘前後。
   ずいぶん長いですね。  そして重い。

※ 玉置家の墓は、近くにある。
      喜入の町を歩いてみました。    他  (2010/1/10)

   薩摩は、示顕流(じげんりゅう)とか、薬丸自顕流(やくまるじげんりゅう)。
   なお、薬丸示顕流の薬丸家は、肝付家から分かれた家。

   幕末の桜田門外の変は、水戸の浪士が主だが、1人だけ薩摩藩士がいた。
   それが、有村 次左衛門(ありむら じざえもん)。
   彼の剣が、薬丸示顕流。
   「キエーイ」の声のもと、老中井伊直弼の首を、切り落とした。

彼は、40秒過ぎに登場。 (この映画は、見てきました)



下は示顕流。   声が独特。  



下は、薬丸示顕流



※ 示顕流は、最初の一撃で倒すのが基本。
  相手が刀で受けても、長く重い刀で、相手の刀を、ぶち壊して切り倒す。
  人間の胴を、切り分けた記録があるという。

※ 示顕流の発祥の地は、下に。
     吾平山上陵(あいらさんりょう)  圧倒的な本数の、くにの松原 ~鹿屋市・大崎町~  雨に消えたあなた  他  (2012/3/12)

※ 薬丸裕英の両親は、鹿児島県の出身。  もしかして・・・。   それ以上は分からない。

※ 喜入には、中村家もあった。   中村家から、玉置家が出る。
  下は、薩摩刀のHPからお借り。

nakamurake.jpg

※ 右のブログに、中村家が。  自現坊瀑と磨崖仏 ~喜入町渕田~

いい雰囲気の、小さな坂。

s-14年12月29日 (28)

ちょっと寄り道。   里山です。

s-14年12月29日 (29)

今も収穫。   農薬を気にしなくていい。     店で買うのは、気になる。

s-14年12月29日 (30)

病院に寄って、ここを通って戻る。

s-14年12月29日 (31)

※ 忘れてました。
  禰寝(ねじめ)家を、小松家にした理由。
  禰寝家の先祖は、平清盛の子の重盛と考えられている。
 
  重盛の家は、京都の小松谷にあった。
  それで、重盛は小松殿と呼ばれることがあった。
   
  印のところが、六波羅小松第。 そこに住んでいた。   
  右の、正林寺の所に別邸があった。
  清水寺が近い。  一帯が、小松谷。

komatu.jpg    

歩いたのは1時間半ほど。
いっぱい着て。 

【今日の歌】   悲しみは雪に眠る
        


 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの記事)

         meisigazoupppm.jpg

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体で、2位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング   

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
.           

スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://akkamui.com/tb.php/1564-d3344067

openclose

04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 喜入肝付家仮屋跡。  キイレツチトリモチ、発見地。  薩摩刀。  津田式ポンプ。~鹿児島市喜入町~ 他 (2014/12/29)
  • 2014年12月30日 (火)
  • 11時00分21秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。