FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

明けまして、おめでとうございます。
日本の南なのに、雪の1日。  

そんなんで、今年も始まりました。
また、よろしくお願いします。
   ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・
伝説なんだけど、本当かも知れない。
今日は、そんなところへ。

島津家の祖は、島津忠久。
   出水市野田町(野田郷)は、薩摩・島津家発祥の地だった。  初代島津忠久の墓所、感応寺。~出水市~ 再会して、みんなで食事会。 (2014/12/13)
母は丹後内侍と分かっている。   ※ たんごのないし
しかし、丹後内侍の人生の最後は、分かっていない。

ところが、花尾神社に、彼女の伝説が残っている。
子どもの忠久を追って、薩摩に来たのか。
墓もあって、話が具体的。

   ※ 余談  丹後内侍の母は、頼朝の乳母。
           妹の娘が、義経の正室の、郷(さと)御前。  
            2人の間の子は、鳴子(なるこ)温泉で泣いた。 
          鳴子温泉は、湯けむりたなびく、こけしの郷。  共同湯、滝の湯。~大崎市~  他  (2014/6/19)
          
丹後内侍と頼朝の間に生まれた子が、島津忠久との、伝説がある。
    ※ 歴史的に有力なのは、忠久の父は、惟宗(これむね)忠康。
彼女には、伝説が多い。
その点で、小野小町とや和泉式部に似ている。
女性としての魅力が大きかったと、想像つく。

彼女の墓は、神社の近くにあったんだか、気づかなかった。
説明にはなかったけど、ネットには、載っていた。
後で知った。  残念。

近くに、花尾かくれ念仏洞があった。
山の、ずっと上だった。
      ※    ※    ※    ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

鹿児島市の、山の中に。  念仏堂は、右の地図の赤〇。   だいたい、その辺り。

tizu1111_20150102105511037.jpg    tizu2224_201501021055139ef.jpg

花尾神社については、情報誌には、下の3点が載っていた。
島津忠久、天井画、丹後内侍。    丹後内侍は、丹後局(たんごのつぼね)とも。

喜入から向かったら、雪が降ってきた。 気温3度。
停まって、天気予報を確認。  
雪は降るけど、昼間なら走れると、行くことに。

山に入ると、高度があがって、0度近くなった。

初もうでの人で、にぎわっていた。 私の初もうでも、ここ。

s-15年1月1日 (1)

田舎にあるけど、立派過ぎるほど。  花尾神社。

s-15年1月1日 (2)

湿った雪。   傘をさした。   北海道にいたとき、雪の日に、傘をさしたことはない。

s-15年1月1日 (3)

拝殿の横で、お札を売っていた。

s-15年1月1日 (4)

1218年に、忠久が、頼朝の像を祀ったとある。   花尾神社のスタート。
忠久が薩摩に来て、30年が過ぎている。

どうして、この地なんでしょう。
それは、母の丹後内侍が、この地に住んでいたんですね。  後ろにある、東俣村がここです。

神社を守る役割の、別当寺もあった。  名前は、平等王院。  
寺の墓地に、丹後内侍の墓があると、なりますね。   神社の左にあったよう。(江戸初期。 薩摩旧跡巡礼より)

s-15年1月1日 (13)

※ 平等王院の本尊は、愛染明王だとか、面白い話はあるが、確認が出来ない。
   はっきりしたら、追記で載せます。 本物なら、大変な像。
   歴史的には、ここに来ないで、高野山に。

※ ここは、薩摩日光と言われている。  
  
※ 宝物は、本物かどうか知りたい。
   鑑定はどこにお願いするのかな。
   国立博物館が興味を持ったら、調査研究の目的で、無料のよう。

拝殿の中を見た。   天井絵が美しいという。
奥に、徳崇(とくそう)とある。   崇徳天皇の、崇徳(すとく)ではない。   
 
    ※ 徳崇は、鎌倉時代の北条氏の家督(かとく)を意味しているそう。 むずかしい。   

s-15年1月1日 (6)

植物の絵だった。   薄くなっていた。
嘉永6年(1853年)に、能勢一清という人が描いた。   亡くなる前年に。  この人は、幕末の薩摩の絵師。
鹿児島県立図書館に、トラツルの絵が。

s-15年1月1日 (5)

雪の拝殿も、悪くない。  お参りした。

s-15年1月1日 (8)

薩摩日光だという。  まじめに比べることは、出来ないですね。

s-15年1月1日 (12)    s-15年1月1日 (11)

反対側から。  比企(ひき)とある。  丹後内侍は、比企氏の娘。

s-15年1月1日 (9)

右の方。

s-15年1月1日 (7)

本殿。  赤い椿に、白い雪が似合う。

s-15年1月1日 (10)

お参りは終わって、かくれ念仏堂に向かう。

他の案内がないか、きょろきょろしたけど、特になかった。
そんなことで、丹後内侍の墓には、気づかなかった。   いつか寄りますね。

s-15年1月1日 (14)

5分ほど走って、ここに。

s-15年1月1日 (15)

宗教を利用して、人心をまとめる。
時の権力者は、宗教を、上のように考えていた。

ところが、利用できない宗教もあるんですね。
後の世の、キリスト教も、そうだった。

宗教の価値観が、すべてで、これを越えるものはない。
そうなったら、支配者にとっては、やっかい。
  
  ※ 今の時代は、こんなのが。
     信じる宗教の価値観が、法律や憲法を越えてしまう宗教も。
     我が子の命より、宗教を選ぶ人に、出会ったことがあります。
     ただ、そうであっても、本当に苦しくなった時、何に助けられたかで、考えが変わったりしますね。
     
戦国時代に、「どうして自分達は、虫けらのような生活をしなければならないのだろう」、
そう考えるのは、まったく、人間として正常なんですね。   当たり前。
親鸞の言ってるのは、穏やかなことなんですけどね。

   ※ キリスト教はきびしい面が、実際には、あったよう。
      地域内の、寺を焼き払ったり。     

命を捨てるまで、無理しなくていいと言えばいいのに。
そう言わないから、命を捨てたらほめるから、自分の命を大事にできなくなる。
そんな面が、気になるかな。

ひどいのは誰かって、もちろん権力者なんだけどね。

s-15年1月1日 (16)

距離が書いてない。  すぐかも知れない。  
駐車場があった。   木の棒が、用意してある。   不吉な予感。

s-15年1月1日 (17)    s-15年1月1日 (18)

ここを登る。   こんな寒い日には、誰も来ない。  クマはいない、来ない。

s-15年1月1日 (19)

200㍍ほど、登った。

s-15年1月1日 (20)    s-15年1月1日 (21)

近い予感がした。  車道から、10分ほどで、着いた。
右は、着いたと感じた、瞬間。   その写真は、いつも撮ることに。  
        ※ 一緒に登ってると、感じてもらえるかも、知れないので。

s-15年1月1日 (22)    s-15年1月1日 (23)

穴が見えました。  巨石の下の、隙間に。

s-15年1月1日 (24)

今は、道があるけど、昔はなかったでしょうね。
一番安全なのは、川の中を歩くこと。   山の奥に入って、道を歩く。
自分ならそうするかな。

今日、誰か来た。   ろうそくの灯り。

s-15年1月1日 (25)

明治初年に見つかった、とある。 
膝に石を載せての拷問もあった。 そうやって、足を、体を、棒でたたく。
死者は、10万人を越えたという資料も。

刀で切り合いすると、殺すのは平気になるのか。

s-15年1月1日 (26)

浄土真宗の禁止は、薩摩藩と相良藩だという。
他は、良かったよう。

狙われた理由の1つは、下のよう。
秀吉が、九州征伐に来て、最後の敵は島津藩になった。
その時、真宗の門徒が、秀吉に協力したそう。
その復讐が、真宗の禁止。   ※ このサイトに、詳しく

農民は、権力者からも、宗教からも、利用された。
本願寺の最終目的は、信者を増やして、そこからくるお布施。
宗教には、そんな面も。

  ※ 長い歴史の中で、働かないでお金を手に入れる方法を、誰もが考えた。
     それが、権力者、神社やお寺の宗教、でしょうか。

  ※ お金を納めたら、願いを叶えますって、誰が考えたのでしょう。
     これを考えた人が、一番頭がいい。
     私だって、今日、少しばかり出してしまった。

  ※ ただ、仏教の中には、お寺の中には、役割を果たしているって感じるところも。
     平和とか、人の生き方を学べることで。
     もうけることを、最優先にしないで。

この中で、人々は、人としての生き方を学んだ。
考えてみたら、目から鱗(うろこ)って、感じたでしょうね。
平等の考えなんか、知らなかった。

ひたすら、南無阿弥陀仏を唱えた。
真宗ですから、これでいいんですね。
少なくても、極楽に行けると。

s-15年1月1日 (27)

小さな仏像。   少し背を伸ばしたら、天井に頭をぶつけた。

s-15年1月1日 (28)    s-15年1月1日 (29)

手を合わせて、また、戻った。

s-15年1月1日 (30)

車の後ろから、右に入って行った。

s-15年1月1日 (31)

今日は、初詣を兼ねて、神社に行って来ました。
そこで、心に決めたことを、確認しました。

新しい年が始まりましたね。

【今日の一句】   「 ふる雪が みんな清めて 初もうで 」

          ※ とりあえず作ってみました。  続けられるか、不安。
             
【ブログ紹介】  弥五郎どんの館  かくれ念仏洞 ~都城市山之口町~  ぼくと観光バスに乗ってみませんか(森田童子)  (2012/3/24)

【今日の歌】   Juanes - La Camisa Negra



【停泊場所】    隼人にあるAZの駐車場。 地図の、右の〇。

tizu1111_20150102162012f21.jpg 

【今後の予定】 3日の日に、隼人駅近辺。   隼人(はやと)駅は、肥薩線の終点駅。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの記事)

         meisigazoupppm.jpg

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体で、2位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング   

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
.           

スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://akkamui.com/tb.php/1566-1d275e5a

openclose

04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 明けまして、おめでとうございます。  雪の花尾神社で、お参り。  花尾かくれ念仏洞。~鹿児島市花尾町~ 他 (2015/1/1) 
  • 2015年01月01日 (木)
  • 22時08分01秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。