FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

いつ以来の雨でしょう。
思い出せないほど、天気が続いていた。

雨は、午後止んだ。
保津峡駅から、嵐山まで歩くことに。

さあ歩くぞ、と云う時になって、雨が落ちてきた。
傘をさして、山道を歩いた。

雨なら雨でいい、そう思った心が良かったのか、止んだ。

ガクアジサイを探すという目的があるから、楽しい。
普通と違う、八重のガクアジサイを、2種類見た。
山ではなく、町中で。

雨上がりの、清々しい空気を吸いながら、歩いた。
歩いているときが、一番いい。

発見はいっぱい。
     ※     ※     ※     ※ ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

亀岡から京都まで歩く時間はない。
それで、保津峡駅から。

10㌔は無いから、大丈夫。

s-15年6月3日 (55)

保津峡駅。  左上に見える道を行く。

地図の黄色〇は、歩いている。

s-15年6月3日 (1)    s-15年6月3日 (2)

3時過ぎに出発。  小雨。   風はない。
変わった橋。  アーチ橋っぽいけど。

家のある所まで、3.5㌔。  水尾は、左奥に行く。

      亀岡市から、明智越を通って、水尾へ。  保津川沿いの風景。~亀岡市~  他  (2014/4/27)
      愛宕山に登る。 保津峡駅~水尾~愛宕山~嵯峨嵐山駅。~京都市~  他  (2013/4/11)
      清和天皇の墓がある、京都の隠れ里、水尾 ~京都市~  ききょうの花(山崎ハコ)  他  (2012/6/25)
      亀山城から本能寺まで ~京都市~  他  (2011/11/29)

s-15年6月3日 (3)    s-15年6月3日 (4)

少し行くと、保津峡駅が下に。  橋の上に、ホーム。
s-15年6月3日 (5)    s-15年6月3日 (6)

テイカカズラ(定家蔦)と云う花のよう。 こんな伝説。
  
 ※ その昔、藤原定家が、後白河法皇の皇女式子内親王を慕っていたが、
        皇女が亡くなり、そのお墓に、思いがまとわりついて花となった。

彼女の歌は、百人一首に。

  「 玉のをよ たえなはたえね なからへは  忍ふることの よはりもそする 」

   (玉の緒よ 絶えなば絶えね ながらへば 忍ぶることの 弱りもぞする)
   (絶えるならいっそこの命よ、絶えてしまえ。 このまま生きていると、
              この恋を忍ぶ気持ちが弱って、皆に知られてしまいそうだから・・・)

誰も思いつかない発想。

s-15年6月3日 (7)    s-15年6月3日 (8)

上の右写真。  旧道。
これだから、川沿いの斜面に道を造るのは、大変。  古い道は、みんな山越え。  明智越えも。

橋の向こうに、トロッコ保津峡駅。   上流方向。

s-15年6月3日 (9)    s-15年6月3日 (10)

下流方向。   道が見える。  上は、嵐山高雄パークウェイ。  そこは歩かない。
下の所を通る。   後で、こっちを見る。

s-15年6月3日 (11)    s-15年6月3日 (12)

この鉄道は、1989年まで、山陰本線だった。  使わなくなって、トロッコ列車。
当時は、ホームの部分だけ、線路は2つあった。   すれ違えるように。

写真の真ん中辺りに、ありましたね。  

s-15年6月3日 (13)

亀岡方面。 列車は、 向こうからこっちに向かっている。   20分前に行ったので。

s-15年6月3日 (14)    s-15年6月3日 (15)

雨はいつの間にか、やんだ。 

見える山の、右方面ずっと、小倉山。  道は、山越え。   山の手前で、川は右に曲がる。

s-15年6月3日 (16)    s-15年6月3日 (17)

清滝川の手前で、トンネル。

s-15年6月3日 (18)    s-15年6月3日 (19)

清滝川。   向こうに行ったら、清滝がある。   滝でなく、地名。   芭蕉も行った。

s-15年6月3日 (20)

左に行くと、清滝に行く。   一度行った。   滝を見ようって。   滝はなかった。

s-15年6月3日 (21)    s-15年6月3日 (22)

山を登る。 十数回曲がって。    名残の、ツツジ。

s-15年6月3日 (23)    s-15年6月3日 (24)

トロッコ保津峡駅が見えた。  深い谷。

s-15年6月3日 (25)    s-15年6月3日 (26)

少し行くと、下に鉄橋。  トロッコ列車の橋。  少し向こうに、JRの橋も。
どっちも、トンネルを抜けたら、嵐山。

s-15年6月3日 (27)    s-15年6月3日 (28)

山をずっと歩いたけど、ガクアジサイ(ヤマアジサイ)は、見つからない。

峠の頂上。   六丁峠。

s-15年6月3日 (29)

下っていたら、こんな所が。   知らなかった。
嵯峨天皇の皇后の墓だという。

道が悪いので、赤〇までしか、行けない。

s-15年6月3日 (30)    s-15年6月3日 (31)

明治の前までは、荒れていた。
天皇の権威を高めるため、明治に入って、こういうのをみんな整備した。

彼女に関わっての本が出ている。 橘家から皇后は、彼女だけのよう。   藤原家が多い。

s-15年6月3日 (56)    s-15年6月3日 (32)

坂を下ると、鳥居本の一番奥に、着いた。   奥は、平野屋。   ずっと昔からある。
この道は、愛宕山への参道。   一の鳥居。

右写真の、左の道から出てきた。

s-15年6月3日 (33)    s-15年6月3日 (34)

振り返って。   普通のアジサイがあった。   雨に濡れて、生き生き。

s-15年6月3日 (35)    s-15年6月3日 (36)

ついに発見。   ガクアジサイ。

s-15年6月3日 (37)aaaaa     s-15年6月3日 (38)

あれ、いつも見るのと、違う。  周りの、花のようなのが、八重。  普通はこう
形が単純でなく、美しい。   いいですね。

s-15年6月3日 (39)    s-15年6月3日 (40)

そうして、少し歩いて、この花。   調べてみた。
ガクアジサイの中の、花火といわれるもの。

これは、スミダノハナビと呼ばれる。  墨田の花火。  
白い部分が、花火のように飛び出している。

これはこれでいいですね。

s-15年6月3日 (41)    s-15年6月3日 (42)

いい雰囲気です。    花は何かな。   ヒマワリみたい。

s-15年6月3日 (43)    s-15年6月3日 (45)

ここを行くと、小さなお寺がある。  今日は行かないけど。
祇王寺と滝口寺。

滝口寺で、白蓮さんの、ある歌を知った。  これがいい。  写真の首塚も、滝口寺に。

    滝口入道と横笛の悲恋  他 ~滝口寺 祇王寺~   他  (2010/11/26)

※ なお、先ほどの皇后は、檀林皇后と呼ばれたが、この檀林寺とは、全く関係ない。
  関係あるように装って、商売している。
  観光業の中には、ひどいのが、たまにある。

s-15年6月3日 (46)ppp     s-15年6月3日 (47)

上の右写真。   二尊院。  この寺の境内に、時雨亭があったと、言われる。
定家は、そこで、小倉百人一首を編纂した。

 ※ 時雨亭の場所ははっきりしない部分も。  名乗ってる場所が、いくつか。

     百人一首を歩く(その2)~京都、嵐山・嵯峨野~  他  (2011/11/24)
     百人一首を歩く(その1)~京都、嵐山~  他  (2011/11/23)
     嵯峨野を歩く ~常寂光寺、二尊院 他 京都~   他  (2010/11/18)

ここに寄った。 有智子(うちこ)内親王の墓。

この人は天皇をほめる漢詩を、作った。
そのほめちぎり方が、見事。   以前書いた文を紹介。

ppp111.jpg  ppp222.jpg   ppp333.jpg   

s-15年6月3日 (48)    s-15年6月3日 (49)

畑の向こうに、土佐四天王。  立ってるのが龍馬。

s-15年6月3日 (50)

知らない道を選んで通った。   普通の、ガクアジサイがあった。

s-15年6月3日 (51)    s-15年6月3日 (52)

嵯峨嵐山駅から、戻る。    隣にトロッコ駅。   1991年から始めた。

s-15年6月3日 (53)    s-15年6月3日 (54)

今日は、ガクアジサイを探しながら、歩いてみました。
何度も歩いた道です。

 ※ 亀岡から保津峡まで、190円。
    亀岡から嵯峨嵐山までは、200円。

    歩いたのは、10円分。

昨日と今日、ガクアジサイについて、少しだけ学びました。
いい花です。

【今日の一句】  「 ガクアジサイ  少し知って 親しみを」    

【今日の歌】   あじさい橋     おニャン子の歌詞は、秋元康が作っていたんですね。



【停泊場所】     亀岡市運動公園駐車場

【明日の予定】    歯医者       夕方、どこかを。  近くかな。
             明後日の5日は、平安神宮が無料。 アヤメかなんかが見られる。  行く。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行1位。 旅行全体で、2位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
.   

スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://akkamui.com/tb.php/1719-b534827f

openclose

09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 保津峡駅から、嵯峨嵐山駅まで、歩く。  ガクアジサイを探しながら。  八重のがあった。~京都市~ 他 (2015/6/3)
  • 2015年06月04日 (木)
  • 08時51分24秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。