fc2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

震発生から5日が過ぎた。
被災者への救援物資が、まだ行き渡っていない。
孤立してる所が、新たに見つかったりしている。

政府を頂点とした、救援の組織体制が、組織として機能してないように見えてくる。
現場では、誰もが一生懸命、動いてはいるんだが。

避難所の現状

① 食糧、医薬品、衣類、寝具、燃料など、物資の不足。
② 施設面の不備。(広さ、トイレ、防寒、他)
③ 通信網が十分でない。

これらが、様々な理由で、改善されていない。
冬に戻った天気の中で、せっかく助かった人達が、つらい思いをしている。
亡くなる人も、出始めている。

どうすればいいか

救援体制が不十分な中、救援方法に、大きな間違いがあるように思う。
避難所の環境を、短期間で良くするのは、無理。
少なくとも、政府を頂点とした、今の救援の組織体制では難しい。
どうすればいいか。

被災を受けなかった市町村が、被災者を数百名単位で、受け入れる。 ※ 大きな市は、千名単位。
受け入れた後の、衣食住については、難しい問題ではない。
被災者をどう移動するかだけを、考えれば良くなる。

被災を受けた町の復興は、助かった人達が中心になる。
だから、どこかで地元に戻れる環境を作る必要が出てくる。

各市町村で受け入れている間に、被災地の近くに、プレハブの住宅を作る。
早い時期に、希望者は、そこに戻れるようにする。

そこから先も、被災者は大変な取り組みになるが、まず、今を何とかする必要がある。
心と体の健康を取り戻すのが、まず大事。
このままでは、せっかく助かった命も、あぶない。

その他

今の形の救援を続けるなら、次のことを考えなければ。

○ 救援物資を届けたいが、燃料がなくて、トラックを動かせないでいる。
  こんなのだって、政府が主導権を握って動けば、何とでもなるはず。
  大量のタンクローリーを被災地に向かわせればいい。 ガソリンや軽油を積んで。
  どこかで、法的な問題が生じたら、特例で乗り切る。
  燃料の確保は、救援を進める上での、すべての基盤になる。

○ 民間のヘリコプターを、すべて国で、借り上げる。
  それを使って、救援物資を運ぶ。 特に、急ぐものを。 ※ 島で避難している人もいるよう。

○ 報道機関は、現状をつかまえて、適切な救援方法を考え、政府に訴えなければならない。


せっかく助かった人達を、もっと大事にしてほしい。

ボランティアの受付が始まったようです。
私が行って役立てるなら、向かってもいいと思っています。
でも、今の環境では、行っても邪魔になるだけかも知れない。

今活躍できるのは、自分のことは、誰にも世話にならないで動ける人だけのよう。
自衛隊がそうですね。

※ ただ、自分が向かうかについては、検討してみたいと思います。
  食料と水と、大量の軽油を積めば、自分のことは、人の世話にならないで済む。
  ボランティアに登録して動くことになるのか。
  もし行くなら、車でお世話になった気仙沼市かな。
それとも、少し南の、南三陸町か。

※ 地震と津波以来、自分が旅に集中出来ていない感じがする。


ここに、十根川伝建地区がある。 この写真の奥に。
情報を持っていなかったので、お蕎麦屋さんに入った。

11年3月16日 (1)

ここです。

11年3月16日 (24)

猪蕎麦(ししそば)定食を食べた。 イノシシの肉が入っている。

11年3月16日 (25)

外の風景。 中央右上に、小さく家が見える。 最後にそこに行く。

11年3月16日 (2)

場所はここです。


黒っぽい石垣と、黒い屋根。

11年3月16日 (3)

この集落も、平家の落人が来たと言われている。
高千穂から奥に来たら、ここに来る、さらに奥に行ったら、椎葉村の市街地。

石垣が美しい。

11年3月16日 (4)

農村の集落の伝建地区はめずらしい。 どこで見たかな。

こうですよ。

11年3月16日 (5)

細長い、大きな家。 鶴富屋敷に似ている。

11年3月16日 (6)

車は、下に見える駐車場に。

11年3月16日 (7)

谷の奥。 この後行くのは、左の奥。 ここより、ずっと高い。

11年3月16日 (8)

大きな杉があった。 八村杉。 ※ やむらすぎ。
高さ54㍍、国内2番目。 下の部分の周りの長さ19㍍、国内4番目。

11年3月16日 (9)

樹齢800年。 昨日のブログに登場した、那須大八郎が植えたという。
平氏追討にやってきた大八郎は、ここに陣地を構えた。 ※ きのう、このことが分からなかった。

11年3月16日 (10)

大久保地区に向かった。 写真中央右上にある。 高い。 2㌔程歩く。

11年3月16日 (20)

木を引っ張る、機械があった。

11年3月16日 (11)

さっきまでいた所が、遠くに見えた。

11年3月16日 (12)

集落が見えてきた。

11年3月16日 (13)

伝建地区。

11年3月16日 (14)

谷に沿って歩いたら、見えてきた。 大久保の、ヒノキ。

11年3月16日 (15)

枝の付き方が、圧巻。

11年3月16日 (16)

樹齢、800年。

11年3月16日 (17)

圧倒される。

11年3月16日 (18)

フキノトウに、初めて気付いた。

11年3月16日 (19)

沢の向こうに見えた。

11年3月16日 (21)

犬がいた。

11年3月16日 (22)

イノシシを捕まえる時に使う犬。
最近、嫌いだった犬に慣れた。 しうさんのとこの、マリリンに出会ったせいかな。
話しかけたら、2匹ともすぐに尻尾をふった。

11年3月16日 (23)

そばを食べながら、お店の人と話した。
ここは、宮崎県の山奥すぎるので、熊本市に近いという。 2時間かそれくらいで行くそう。
昔は、陸の孤島。 一日がかりで買い物に出て、泊って、次の日、一日かけて戻ったという。

今は便利になってきたが、昔は、大変な秘境だった。

※ 新潟の津南町で、土砂崩れで道が普通になった。 
  その道は、秋山郷への道です。 場所は、平地から険しい山に入った辺り。

とりあえず、北に向かって走ります。

【停泊場所】  十根川山村集落の駐車場

【明日の予定】  五ヶ瀬町でしょうか。  ※ もしかしたら、向かうかもしれない。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                    (2008年4月~2010年9月までの記事)

meisigazoupppm.jpg
    
【ランキング】  国内旅行は12位、 旅行全体で50位です。          
          
            記事は役立ったでしょうか。
            気に入った所などがありましたら、クリックをよろしく。
                     ※ クリックするバナーは、下のです。 
                   
              ありがとう!!

                   ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
           

スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://akkamui.com/tb.php/174-b3a16bf0

openclose

09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 被災者への救援はなぜ遅れるのでしょう。  ※ 十根川山村集落 他 ~椎葉村~  他  (2011/3/16)
  • 2011年03月16日 (水)
  • 23時53分28秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


08 | 2022/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。