FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

達谷巌毘沙門堂。  たっこくのいわや毘沙門堂(びしゃもんどう)。
半分大きな岩に入って、清水の舞台のように造った。
変わった建物。

隣に、大きな磨崖仏(まがいぶつ)。
剥がれ落ちたりして、今は顔だけ。

平泉から近いので、そこに来た人が、ついでにやって来る。
残念ながら世界遺産から、外れてしまった。

追加の登録を目指している。
もし登録され構成資産になったら、広い駐車場は狭くなる。

いい環境の中に、堂宇はあった。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

平泉です。

s-16年6月17日 (1)

京都を中心に栄えていたころ、東北のここで、独自の文化が花開いた。

頼朝が壊すまで、続いた。   昨日の厳美渓から近い。

s-16年6月17日 (2)    s-16年6月17日 (3)

広い駐車場。

s-16年6月17日 (6)

平泉の案内。  ここは、平泉観光に組み込まれている。

s-16年6月17日 (7)    s-16年6月17日 (8)    s-16年6月17日 (58)

世界遺産になれば完ぺきだった。

歴史的な価値を整理して、価値をどう高めるかが大事なんだけど、これが難しい。
調査するイコモスは何を考えるかを知ってないと、無理なんですね。

再度追加の申請をしてるから、まだ分からない。

参拝料は、300円。

s-16年6月17日 (9)

見所は毘沙門堂。  右は寺のHPからお借り。

s-16年6月17日 (10)    s-16年6月17日 (57)

鳥居が3つある。  寺なのに。  一(いち)の鳥居は、石(いし)。

s-16年6月17日 (11)

二の鳥居は、丹塗り(にぬり)。

奥に三の鳥居が見える。  杉の木で造った。  杉は「さん」と読める。

s-16年6月17日 (12)    s-16年6月17日 (13)

ここは、全部まとめて、達谷巌毘沙門堂(たっこくのいわやびしゃもんどう)と云っている。
ただ、正確には、毘沙門堂は1つの建物。

下の石に、古峯山とある。 読み方はむずかしく、こぶがやざん。
この寺の通称は達谷巌毘沙門堂だが、古峯山西光寺とも云う。 こぶがやざん せいこうじ。(さいこうじでなく)
   
   ※ パンフレットには、達谷西光寺。 たっこくせいこうじ。   めんどう。

s-16年6月17日 (14)    s-16年6月17日 (15)

毘沙門堂。  こんなの、大好き。  黄色の中に、磨崖仏。 中央に鼻。

s-16年6月17日 (16)lll 

坂上田村麻呂の時代から。

s-16年6月17日 (17)    s-16年6月17日 (18)    s-16年6月17日 (19)

屋根が岩に入ってはいない。  めりこんでない。  岩の形に、カット。

こんな岩の穴も洞窟と呼ぶ。  全国に、いくつかある。  建物は、懸崖(けんがい)造りと呼ばれる。

s-16年6月17日 (22)

清水寺をまねたけど、舞台は狭いですね。 ただ、舞台に屋根があると考えてもいいかな。

踊る舞台は、中にある。   ここは雪が降る。

s-16年6月17日 (23)    s-16年6月17日 (21)

弁天堂とガマヶ池。   この池は、平安時代からあったと分かっている。

s-16年6月17日 (20)    s-16年6月17日 (26)

カナヘビがいた。 矢印から先っぽの色が違う。  ネットに、こんな写真は無い。

尻尾を切り落としたことがあるんですね。 再生した部分の色が違う。 そんな風に想像。
再生は出来るけど、骨の再生は出来ない。
筋肉だけの尻尾。

s-16年6月17日 (24)    s-16年6月17日 (25)

反対側から。

s-16年6月17日 (27)

岩面大仏。   がんめん大仏。   胸から下は、岩がはがれた。   古いもの。

本州で普通に見る磨崖仏や石仏と、表情が違う。  九州も違いますね。   大きな鼻。

s-16年6月17日 (28)    s-16年6月17日 (30)

寺では、阿弥陀如来像と考えている。   古い石碑に、キリクがあるから。

  ※ キリクは普通はキリークと云う。 阿弥陀如来を表す梵字(ぼんじ)。  
    右のような。 これを彫れば、像を彫ったと同じ。 

s-16年6月17日 (31)    s-16年6月17日 (5)

はっきりしないが、梵字は上の方に彫るから、〇の中かなと。

s-16年6月17日 (32)    s-16年6月17日 (33)

石碑が2つ。   左は金華山。   右は山神尊。   尊を付けるのは、東北に多いよう。

s-16年6月17日 (29)

こんな風景。  中央遠くに、大きな杉。  あとで説明。

s-16年6月17日 (34)

弁天堂の横に、詩碑。  頼 三樹三郎。 らい みきさぶろう。  頼山陽の息子。  

若い時に、東北を旅している。 学者でもある。 幕末の志士でも。
安政の大獄で捕まって、斬首。      平泉の義経堂にも詩碑があるそう。 明日行けたらいく。

  ※ 京都の円山公園の中の奥に、寺が2つある。 そのうちの1つに、頼山陽親子の墓。
    片方の寺に行ったとき、そばを通ったけど見学してない。

何書いてあるかわからない。  自分は友人に国語の先生がいない。   いたら助かる。

s-16年6月17日 (35)    s-16年6月17日 (36)    s-16年6月17日 (59)

毘沙門堂に入る。   撮影禁止。

 ※ 建物の下は広い。  昔、多くの旅人がこの下を利用した。

s-16年6月17日 (37)    s-16年6月17日 (38)

入って右に、仏殿。

s-16年6月17日 (39)

下は、YouTubeから切り取った。   ネットの画像はなくても、TouTubeにあることがある。
右は、パンフレット。  小さい写真だったのではっきりしない。

毘沙門天像は、どこにある?   県内の天台寺で見た毘沙門天像。   どこも像は似ている。

奥に並んでいるのは、全部毘沙門天像か。  見た時、気付かなかった。

s-16年6月17日 (4)    s-16年6月17日 (56)

外を見た。

s-16年6月17日 (40)    s-16年6月17日 (41)

大きな杉の説明。   火事から建物を守った。

s-16年6月17日 (42)

姫待不動堂。  

s-16年6月17日 (44)

 説明にある姫待滝には、後で行く。

s-16年6月17日 (47)    s-16年6月17日 (46)

鐘楼。 戦時中持って行かれて、今のは新しい。  

s-16年6月17日 (45)    s-16年6月17日 (43)

本堂。

s-16年6月17日 (48)    s-16年6月17日 (51)

不動堂を後ろから。

s-16年6月17日 (49)

ホタルブクロかな。 こんなぞうが。   小さな骸骨。

s-16年6月17日 (50)    s-16年6月17日 (52)

ここから出てきた。   振り返って、姫待不動堂。

s-16年6月17日 (53)

外に出た。  ここは入れないけど、寺の別當だという。  奥に。

s-16年6月17日 (54)

500㍍ほど走って、姫待滝。  

s-16年6月17日 (55)

ここも、厳美渓と同じで、以前の記事は少しの写真。 それも、小さい。

撮りなおしで、再度見学しました。
見応えがありました。

【関連ブログ】  恵門之不動の本堂は、そそり立つ岩壁の中腹に、めり込んでいた。~土庄町小部~  他  (2012/12/5)

【道の駅】     厳美渓  

【明日の予定】   平泉に。   中尊寺ではなく。   晩には、早池峰山の麓の駐車場に。
            19日の早池峰山の雨と風は大丈夫。

  ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、2位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
. ↓ 下の方に。
. 

スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://akkamui.com/tb.php/2080-690a6d86

openclose

05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 岩にめり込んだ、達谷巌毘沙門堂。  岩面大仏。  弁天堂。  姫待不動堂。~平泉町~ 他 (2016/6/17)
  • 2016年06月18日 (土)
  • 08時19分04秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。