fc2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

深田久弥は、大山をこう言った。

  伯耆(ほうき)の国にありながら、出雲富士という名もあるのは、この山が整った富士型に見えるのは、
  出雲から望んだ場合に限るからであろう。
  私は大山を、松江の城から、出雲大社から、三瓶山の頂から、望んだ。
  いつも一目でわかる、秀でた円錐形で立っていた。

やっと晴れた。
頂上には少し雲があったけど、気持ちよく新緑の中を歩いた。
登山道も整備されており、誰でもが登ることの出来る、魅力あふれる山だった。

女性2人組がいて、2人を撮った。
風景の中に人がいると、写真の魅力も、また変わる。

登山ルート。 右から上がって、左に下りてくる。 (大山登山のHPより)

natuyamatozanndou.jpg

先日歩いたこの道をスタート。 7時45分。
先の方で、にぎやかな声がした。                   
              ※ 写真の上に矢印を置いて、OPENになってクリックすると、一瞬で大きくなる。
                最初、OPENになるまで、少し時間がかかる。
11年6月3日 (1)

この人たちだった。 挨拶した。  直ぐ近くに、阿弥陀堂がある。

11年6月3日 (2)

3合目まで来た時、さっきの人達の一人に電話が来た。 用事が出来、下山した。

11年6月3日 (3)

こんな登りが、延々と続いている。 

11年6月3日 (4)

チゴユリ。 確かにユリの葉っぱ。 小さな花。(2㎝位)  漢字では、稚児百合。

11年6月3日 (5)

イワカガミ。 高山植物。 

11年6月3日 (6)

花を探しているうちに、5合目。 
3人のうちの2人は、右に。 登りは、時々話しただけ。

11年6月3日 (7)

スミレ。  ※ 大山には、黄色いダイセンキスミレがあるそう。 気付かなかった。
        ※ ダイセンキスミレの写真(撮れたてドットコムより)

11年6月3日 (8)

頂上はどこだか分からない。 多分、もっと右。 上は雲。

11年6月3日 (9)

残雪。

11年6月3日 (10)

背の高い木が無くなった。

11年6月3日 (11)

手を振ってくれたので、そこにいてと云って撮った。
写真を撮りながら登るので、彼女たちから、どうしても遅れる。

11年6月3日 (12)

頂上に近づくと、台地のようになった。
たくさん見える木は、ダイセンキャラボク。 イチイ(オンコ)仲間。 

11年6月3日 (13)

彼女たちは、遠くに見える。

11年6月3日 (14)

すぐ、頂上に着いた。 下から、こんな道を来た。

11年6月3日 (15)

大山頂上。  ※ 20㍍ほど高い所が、近くにあるが、危険なので行けない。
遠くは見えない。

11年6月3日 (16)

ここが、頂上となっている。 2時間半で来た。

11年6月3日 (17)

少し下に山小屋。 小屋の右で、下の景色を眺めながら食事。

11年6月3日 (18)

この風景を見ながら。 左に、市街地が見える。 真ん中の木の枝の先に、大神山神社。

11年6月3日 (20)

橋のこっち側に、駐車場がある。

11年6月3日 (21)

大神山神社。

11年6月3日 (22)

右側、ずっと向こうに小屋が見えた。 人が見える。

11年6月3日 (19)

雲が無くなるのを待っていた。 雲が消えたので、急いで頂上に行った。
さらに先の山が、撮影出来た。 
危険なので通行禁止になっているが、行く人は行く。 ※ 2005年、2009年に、この先で滑落事故。

11年6月3日 (23)

頂上には30分程いて、10時40分頃、下山開始。 
少ししたら、小学生が団体で登ってきた。 にぎやか。

11年6月3日 (24)

写真を撮っったりしていたら、2人が後ろからやってきた。 一緒に下山。
       ※ 彼女たちは、山小屋の中で食事をしていた。
こんな尾根をしばらく歩く。

11年6月3日 (25)

山の魅力です。 こんな所を歩けるのは。 花は、造花。

11年6月3日 (26)

下の風景が見える。 下りは全く疲れない。 休みなしでのんびり下山。

11年6月3日 (27)

すっかり天気はよくなった。 暑い。 写真を撮るとき以外は、おしゃべり。

11年6月3日 (28)

ぞくぞく人は登ってくる。 

11年6月3日 (29)

山の上は、こうなった。 雲が消えていく。 子供たちは、頂上から、いい風景を見ている。

11年6月3日 (30)

大山の北側。 この風景も魅力。

11年6月3日 (31)

彼女たちは、来た道を下る予定だったが、私が別の道を予定していたので、彼女たちもこっちに。
大神山神社へのルート。

11年6月3日 (32)

彼女たちは地元。 境港市と米子市。

11年6月3日 (33)

木漏れ日の中を歩いた。(彼女たちの言葉) 

11年6月3日 (34)

谷を下りて、川原に出た。

11年6月3日 (35)

2人は、冷たい水だねって、言った。

11年6月3日 (36)

自分達が行った頂上は、どうしても分からない。 上からここは見えた。

11年6月3日 (37)

新緑の中。 いい空気。 川の左の斜面を下った。

11年6月3日 (38)

これを見て、綺麗だねって、感動していた。

11年6月3日 (39)

大神山神社が見えた。

11年6月3日 (40)

外国からの観光客がいた。  この時、12時42分。 1時間で下りてきた。 

11年6月3日 (41)

拝殿の中に、白檀の漆塗りがあるというので、入った。 300円。
うれしいことに、写真が大丈夫だった。

11年6月3日 (42)

天井画もある。 古いから、かすれている。 

11年6月3日 (43)

障子の上の絵が、白檀の漆塗り。
     ※ 白檀塗り~銀箔の上に生漆を塗り、化学変化により金色に見せる技法。

11年6月3日 (44)

これが、その絵。 金箔を貼ったように見える。

11年6月3日 (45)

中は涼しかった。 座って、みんなで休憩。  休んだ後、立ち上がるのが面倒だった。

11年6月3日 (46)

大きな神輿。 八角形。 重さ1㌧。

11年6月3日 (47)

この神社を作った棟梁は、三輪平太。(先日のブログに書いた)
柱を短く切られたため、天井が低くなった所を探したが、はっきりしなかった。
※ 神社の人にも聞いたが、受付の人は分からなかった。

11年6月3日 (48)

日本一の石畳を歩いて戻った。

11年6月3日 (49)

大きな石に、石仏。 磨崖仏のよう。

11年6月3日 (50)

絵を描いてる高校生がたくさんいた。
前方に、先日撮影した地蔵さんが見える。 私は、この時、気づいていない。
この後、「この前、どっかで地蔵さんを見たんだよね」って言って振り返ったら、そこにいた。
呼びとめられた感じがした。 今日も、少し微笑んで、いい表情だった。

この地蔵さんを描いてる女の子がいた。 その子は、広い境内の中で、ここを選んだ。

11年6月3日 (51)

この後、少し歩いて、ゴール。 彼女たちは、それぞれ車で帰った。
いつかまたね、と言って。

11年6月3日 (52)

晴れるのを、3日間待ったかいがあった。
大山は、いい山だった。 日本4名山と言っても、恥ずかしくない。
別の時期に、また登ってもいい。

【その他】
津波で多くの子がなくなった、大川小について、新たなことが分かった。
下のニュース。

ookawasyou0989000.jpg

高台への避難は考えず、校庭にいた。 そう云うことだった。
大きくは、校長また教育委員会の責任だが、その時だけを考えたら、教頭の責任になる。
校長がいない時、教頭は校長の代わりが出来る。

津波の時は「高いところ」に逃げることになっていた。(教育委員会の指導)
校長は、裏山への道をどうするか、PTAと話していたが、具体的な避難のことは、日常考えていなかった。
だから、教頭は、「高いところ」と直ぐには考えることは出来なかった。
結局、子供たちの命も、若い先生方の命も、そして自分の命も守れなかった。

ただ、最後はどうしても、校長と石巻市教育委員会に責任があると、戻ってしまう。

※ 関連ブログ  大川小学校に行ってきました。~保護者が疑問を持つ理由は・・。~  他  (2011/4/15)

【停泊場所】    同じ

【明日の予定】   大山夏山開きの前夜祭は明日。
          晩に、たいまつ行列がある。 これを見る。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                    (2008年4月~2010年9月までの記事)

meisigazoupppm.jpg
   
【ランキング】  国内旅行は8位、 旅行全体で26位です。     
          
            記事は役立ったでしょうか。
            気に入った所などがありましたら、クリックをよろしく。
                     ※ クリックするバナーは、下のです。 
                   
              ありがとう!!

                   ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
           

スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://akkamui.com/tb.php/258-1406cbc4

openclose

09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 中国地方の最高峰、大山に登る ~大山町~  他  (2011/6/3)
  • 2011年06月03日 (金)
  • 19時40分23秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


08 | 2022/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。