FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

地底に降りる所まで降りたら、ゴール。
変わった鍾乳洞。

よかったことは、コウモリが見られたこと。
普通は、いると宣伝しても、実際は見られない。
ここは、宣伝してないけど、見られた。
今日は雨が降っていたので、博物館に。
鬼を少し勉強した。


走っていたら、鍾乳洞の案内があった。 質志(しずし)鍾乳洞。
大きな期待はしていない。 情報誌には、、載っていない。
 ※ 京都府の情報誌は、京都市がメイン。 天橋立、城崎以外は、詳しくない。

11年6月16日 (1)

受付は下にあって、510円。
ここが、入り口。 この人達は、靴を履き替えている。

11年6月16日 (2)

最初からこう。

11年6月16日 (3)

直ぐに、また下りた。  10度くらい。 手すりが冷たい。 我慢できる、ぎりぎり。

11年6月16日 (4)

見た目、垂直。 階段が金属なので滑る。 足の置き場は、慎重に。 後ろ向きで。
手足4つのうち、1回に動かすのは、一つだけ。 

11年6月16日 (5)

これも、別の階段。 

11年6月16日 (6)

これなら楽。

11年6月16日 (7)

この下が、ゴール。 横には歩かないで、お終い。 25㍍程、一気に下りた。

11年6月16日 (8)

この時、何かが飛んだ。 コウモリだった。 この穴に入って行った。

11年6月16日 (9)

一番下から、上を撮影。 コウモリは、穴から穴に移った。
鍾乳石とか、見る物はない。

11年6月16日 (10)

コウモリの飛び方は、鳥と違う。 体が、右や左にバタバタする度に傾く。

真上。 この穴から出てきた。

11年6月16日 (11)

金色に光る所があったが、写真には映らなかった。

11年6月16日 (12)

コウモリは、何度か見たが、カメラを構えて待っていた時は、飛ばなかった。

少し、鍾乳洞の雰囲気。

11年6月16日 (13)

コウモリが実際に見られる価値は大きい。 大きな魅力。 他の贅沢は言わない。

鍾乳石が折れた跡がある。

11年6月16日 (14)

※ 伊豆の天正金鉱で見た、コウモリ

※ 飛んでるコウモリ。  安家洞(岩手県)



鍾乳洞から、3㌔程離れた所に、うぶやの里があった。 
何かありそうだが、雨なので、歩かなかった。
この建物は、大原神社。 左の登ると、拝殿。  田舎にしては、立派。

この神社の下の方に、洞穴があるという。
伝説だが、昔、さっきの質志鍾乳洞の中に、ニワトリを放した。
そうしたら、ここの穴から出てきたという。

ニワトリは、鳥目でないのかな。 少し怪しい話。
    ※ 鳥の全てが鳥目ではないが、ニワトリは夜は見えないらしい。

11年6月16日 (15)

ここは、日本鬼の交流博物館。 外は歩けないので、仕方ない。

11年6月16日 (30)

知りたいことは、鬼の話は、どのように生まれたのか。 その辺りかな。

11年6月16日 (16)

全国の鬼が、大集合。

11年6月16日 (17)

人間の顔を、極限まで怖くしたら、こうなるのか。 幽霊の怖さとは違う。
  ※ 幽霊はこんなの。(人吉市、幽霊寺)

11年6月16日 (18)

鬼は、日本書紀にも出てきて、はるか昔から日本にいた。 中国にもいた。
これは、悪いものを鬼とする考え。
この鬼は、豆をまいて、追い払う。

11年6月16日 (19)

山の中には、実際に、鬼と言われる人がいたようだ。
これが、誰だか知りたい。

11年6月16日 (20)

色々あると、説明にあった。
① 外国人が、山の中に逃げた。 白人。
② 盗賊なんかを、鬼とよんだ。
③ 病気になって、山の中でひっそり暮らす人を、鬼とした。
④ 権力闘争に負けて、山の中でくらした人を、鬼とした。

11年6月16日 (21)

鬼無里の鬼女、紅葉(もみじ)も紹介されていた。
この写真は、岩屋。 昨年も鬼無里に行ったが、岩屋へは、山奥で道が細いため、行けなかった。

11年6月16日 (23)

鬼無里の道を、久しぶりに。



外国にも、鬼がいた。

11年6月16日 (22)

ちょっと、違う。

11年6月16日 (24)

大江山にも、鬼がいた。 酒呑童子(しゅてんどうじ)の話が面白い。
ブログの、最後に。

11年6月16日 (25)

こんな絵があった。 どうしてあるかが、分からない。
ここが、大江山だからか。

11年6月16日 (26)

和泉式部の娘の、小式部内侍の歌ですね。
 「大江(おほえ)山 いく野の道の 遠(とほ)ければ まだふみもみず 天の橋立」

11年6月16日 (27)

この歌について。 大江山は、京都と亀岡の間にある、大枝山(おおえやま)のことですね。
現代の解釈のほとんどが、この考え。  ※ 昔は、大江山とも言った。 老の坂の少し南にある。

山城(京都)と丹波の国の境目が、大江山。 京都の出口が、大江山。 ※ 丹波の北に丹後。 そこに、天の橋立。
大江山、生野、天の橋立、とだんだん遠くなる。

現代の人達が作った鬼。

11年6月16日 (28)

11年6月16日 (29)

酒呑童子のお話し。

11年6月16日 (32)   11年6月16日 (33)

11年6月16日 (34)   11年6月16日 (35)

11年6月16日 (36)   11年6月16日 (37)

11年6月16日 (38)   11年6月16日 (39)

11年6月16日 (40)   11年6月16日 (41)

道の駅への途中、海が見えた。 宮津の町。

11年6月16日 (31)

最後に、もう一つ、お話しを紹介。 まんが日本昔ばなし【節分の鬼】  いいですよ。 時間がある時に。



※ 関連ブログ  少しやさしく 「鬼は外!」を・・・。 他 (2009年2月2日)

秋田美人の要素の一つに、白人の血が混ざっているという。
これは、DNAの調査で分かっているんだが、これが知りたかった。
秋田の山の中に、鬼と言われた白人がいたのか。

このことについては、いつかまた、調べてみますね。

【道の駅】   シルクのまちかや

【明日の予定】  天の橋立てかな。 ※ ここは、与謝野町。 伝建地区がある。 そこも魅力。  

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                    (2008年4月~2010年9月までの記事)

meisigazoupppm.jpg
   
【ランキング】  国内旅行は9位、 旅行全体で32位です。 放浪の旅は41位です。    
          
            記事は役立ったでしょうか。
            気に入った所などがありましたら、クリックをよろしく。
                     ※ クリックするバナーは、下のです。 
                   
              ありがとう!!

                   ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
           

スポンサードリンク

 
 

コメント

意欲  いまいち です

ハガキどうも
四国松山から広島まで
島から島へ
カヤックを漕いで
瀬戸内海縦断の海旅に出てました
体調は結構いい感じですが
次の旅への意欲は
いまいちです

Re: 意欲  いまいち です

夢みたいなことをやってますね。

夏の北海道、いいですよ。

風連湖にカヤックで行って、カレイを釣る。
天塩川を下る。
糠平湖のタウシュベツ川橋梁を、湖から見る。
波の弱い日、知床の海で遊ぶ。

どれでも、付き合いますよ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://akkamui.com/tb.php/271-0842735f

openclose

09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 地底に真っ直ぐ下りた、質志鍾乳洞  日本の鬼交流博物館 ~福知山市、京丹波町~  他  (2011/6/16)
  • 2011年06月17日 (金)
  • 02時47分57秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。