fc2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

山頭火には生活力がない。
いつでも酒は飲みたい。 時には浴びるほど。

そんな山頭火だが、俳句を作ることだけは手を抜かなかった。
気が付いたら朝。 珍しくない。
命を削るように句をつくった。

山頭火の句には魅力がある。
それがあるから、周りは面倒をみた。

多くの人の世話になって、其中庵(ごちゅうあん)で6年ほど暮らした。
命尽きる数年前のこと。  (写真は3日に撮影)
    ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)

場所は、山口市小郡(おごおり)。

s-18年12月4日 (2)    s-18年12月4日 (1)

ナビで行かないと分かりにくい。 案内を見つけたら楽。

s-18年12月4日 (3)

駐車場があって休憩所。 写真のあるちょっとした資料館。  最後に行く。

句碑があった。 「母よ うどんそなへて わたくしもいただきます  山頭火」 ※ 母の47回忌。
山頭火が子供のころ、母親は亡くなる。

彼の心に中に、いつも母親がいた。  今は、自分より若くなった母が。

s-18年12月4日 (5)ppp     s-18年12月4日 (6)

反対側に其中庵。

s-18年12月4日 (4)    s-18年12月4日 (7)

設計図があったので、それを元に復元。

オゴオリザクラのことが。  八重のヤマザクラ。  ※ 八重は開花が少し遅いかな。

s-18年12月4日 (8)    s-18年12月4日 (9)

庭の奥に井戸。   後で、水汲みの写真を見る

説明に3句。

s-18年12月4日 (10)    s-18年12月4日 (11)

家の前から、井戸方向を。 句碑がある。

s-18年12月4日 (14)

「はるかぜの はちのこひとつ  山頭火」
 
  ※ 説明に大山澄太とある。  山頭火を世に出すために、大きな働きをした。

s-18年12月4日 (15)    s-18年12月4日 (16)

「俳人種田山頭火其中庵」とある。

s-18年12月4日 (17)

見取り図の他に写真もあったので復元できた。

昭和7年9月から昭和13年10月まで。 家が傷んで引っ越し。
ここで多くの本が完成。

自分は昔、草木塔を何度も読んだ。 100円ショップで買った。

s-18年12月4日 (13)    s-18年12月4日 (18)

庵の中。  土間があって。   ここで6年間生活。 
終の住家と考えて、きっと住み始めた。   命が長いとは思ってない。

s-18年12月4日 (19)    s-18年12月4日 (20)

奥に三畳間。  この広さがあれば十分。  ※ 関係ないけど、自分は6畳一間かな。

米と味噌があれば、生きていけると思っていたでしょうね。
ここから、托鉢に出かける。

冬の暖房は何でしょう。  火鉢に炭か。   囲炉裏はない。 冬は寒い。

s-18年12月4日 (21)    s-18年12月4日 (22)

休憩所に来た。   管理人はいない。   電気を点けて見学。

s-18年12月4日 (24)    s-18年12月4日 (23)

其中庵の本物は、茅葺だった。   何を思っている表情でしょう。   精神を病むことも。

s-18年12月4日 (25)    s-18年12月4日 (26)

色んな写真が。  左写真に、「うれしいことも かなしいことも 草しげる」

s-18年12月4日 (27)    s-18年12月4日 (36)

彼の俳人仲間。  支えた人たちでも。

s-18年12月4日 (28)    s-18年12月4日 (34)

50才を過ぎて。 (58才まで生きる)

s-18年12月4日 (30)    s-18年12月4日 (29)

水を汲んでいる。

s-18年12月4日 (32)    s-18年12月4日 (31)

大山澄太は、山頭火の魅力を知っていた。 彼に関わる本をいっぱい出す。 世に出す。

s-18年12月4日 (35)    s-18年12月4日 (33)

其中庵は、丘の上にあった。

s-18年12月4日 (37)

彼は、ここの後は湯田温泉、最後は松山市に。
山頭火への評価は、大きくなり続けているように感じます。

彼の句に魅力を感じる人が多い。
句碑は、芭蕉の次に多いのでは。

其中庵で生まれた草木塔に、下の句がある。 

         ※ 山頭火は東北を旅した時に、草木塔を知りましたね。 きっと。
           米沢地方に多い。 草・木・虫に感謝。 日本の自然との共生の原点の考え。

  「分け入っても 分け入っても 青い山」
  「まっすぐな道で さみしい」

  「窓あけて 窓いっぱいの春」
  「また見ることもない山が 遠ざかる」  長い命でないと知って。

  「酔うては こほろぎと寝ていたよ」
  「ぬいてもぬいても 草の執着をぬく」

  「ふくろうはふくろうで わたしはわたしで ねむれない」

【記事の紹介】

   国宝 瑠璃光寺五重塔は、いつ見ても美しい ~山口市~  Mot Coi Di Ve - Trinh Cong Son  他  (2012/4/20)

    ※ 国宝の五重塔は13。  その中でも特に好き。

      可愛くて美しいのは、飛びぬけて室生寺の五重塔。
   室生寺五重塔は新緑に映えていた。 とびきり美しい十一面観音菩薩立像。 長い石段の上に奥の院。~宇陀市~ 他 (2018/4/5)    
       
      時代を行き抜いてきたなって感じさせるのは、羽黒山五重塔

【記事の紹介】   山頭火の記事をいくつか。

   淵崎を歩く。(尾崎放哉、西光寺三重塔、迷路のまちの灯篭 他)~土庄町~  他  (2012/12/13) 
   山頭火の終の住処となった 一草庵~昭和14年の暮から翌年の10月11日迄 松山市~   他  (2011/2/11)
   
   瑠璃光寺五重塔  湯田温泉 ~山口市~   他  (2010/5/6)

  昭和5年の旅は下に。  九州の西の方を。

   いで湯の郷、京町温泉。  京町銀天街。  山頭火が、いい歌を残す。~えびの市~ 他 (2015/1/23) 
   山頭火が愛した、日奈久温泉。  宿泊した木賃宿、織屋。  ばんぺい湯、他。~八代市~ 他 (2014/12/8)
       
   源泉かけ流し・炭酸泉で人気の、長湯温泉 ~竹田市~  鈴木一平「水鏡」  他  (2012/4/2)
   志布志の歴史を散歩  山頭火句碑  ダグリ岬 ~志布志市~  さくら(森山直太朗)  他  (2012/3/14)
       
   糸田は、山頭火が緑平さんを頼り、また陽水が育った町だった。~福岡県のほぼ中央、糸田町~  (2010/4/25)
   高座右寺 山頭火遊歩道 鏡山大神社 ~香春町を歩く~   他  (2010/4/23)
       
   湯平温泉 ~美しい石畳と清流の温泉。湯布市湯院町湯平~   他  (2010/4/3)

【今日の歌】    believe の付く曲はいくつも。  2曲紹介。

華原朋美 - I BELIEVE PV(original full version)    彼女は待った。 疲れて心が壊れた。 それでも立ち直った。



岡村孝子 アンコールⅡ Believe      曲は1分過ぎから。    
 
             ※ 埋め込められないけど、こっちの方がいいでしょうか



【道の駅】     きくがわ (下関市)

【明日の予定】   本州最西端へ。

 都道府県別のブログタイトル一覧表は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg 

             (放浪の旅Ⅱと放浪の旅Ⅰの両方です。 記事の総数は3700ほど。)
          
 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

 【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、6位です
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、下のです。 
                         ランキングが、見られます。
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                 旅行をクリックすると、旅行全体のが。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                 次の日のクリックも、また、1週間生きる。
  【拍 手】   下に。
.

スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://akkamui.com/tb.php/3001-04d9b791

openclose

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 山頭火は昭和の初め、其中庵で6年間暮らした。 復元された住居。 句碑や使用していた井戸が。~山口市~ 他 (2018/12/4)
  • 2018年12月04日 (火)
  • 19時50分44秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


09 | 2021/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。