fc2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

明治30年の大晦日、夏目漱石は前田家別邸を訪れ、正月の数日間を過ごした。
小説「草枕」は、その時の体験を元に生まれた。
  ・  ・  ・  ・  ・
自分は小天(おあま)温泉に行ったことがない。
最初はただそれだけで行くと決めた。

そうしたら、温泉に入るだけでは済まなかった。
小天温泉は「草枕」の舞台で、多くのドラマがあることを知ることになった。

最後は白蓮さんも登場。
    ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)

漱石は熊本から、金峰山の北の道を歩いて小天温泉に。

s-19年1月13日 (2)    s-19年1月13日 (1)

自分は草枕温泉てんすいに。
   ※ ここは昔、天水町。 今は玉名市天水町。

草枕交流館に、草枕に関する資料が。
草枕の舞台は、前田家別邸。

前田家別邸は、物語の中では那古井(なこい)の宿。
那古井館は、その名前を付けた旅館。

s-19年1月13日 (3)

草枕温泉てんすい。 眼下には有明海と埋め立て地。
その向こうに普賢岳が見えるはずだが、今日は霞(もや)の中。

s-19年1月13日 (7)    s-19年1月13日 (8)

建物は、那古井の宿(前田家別邸)のイメージが生かされて建てられた。
玉名市は、金栗四三や笠智衆の町でも。

s-19年1月13日 (9)    s-19年1月13日 (10)

草枕には前田家の次女ツナが登場。 彼女が嫁ぐときの場面か。
  ※ ツナは、物語の中では那美。 
自分はこの時、何もわからない。

普賢岳は右写真のように。

s-19年1月13日 (5)    gggghghhh.jpg 

草枕交流館と前田家別邸があることを知って、まず草枕館に。 無料。

s-19年1月13日 (19)

展示室を見る前に、映像ホールで12分間のビデオを。
草枕が生まれる、大まかなことを知った。

※ 自分は草枕を読んだことがない。 すべてが初めて。

スタッフの方の説明がある。
右写真は、前田家別邸の復元模型。

s-19年1月13日 (12)    s-19年1月13日 (13)

すべてを理解するには、時間が必要。

s-19年1月13日 (11)    s-19年1月13日 (14)

前田家と物語の関係を簡単に。

  前田家別邸は「那古井の宿」。  前田家は「志保田家」。  主人の案山子(かがし)は「老隠居」。
  次女のツナが「那美」。 漱石は「洋画家」。  この地域の小天は「那古井」。

前田家のツナと弟たちは、物語とは別に、下の動きを。
親の生き方を見てそうなる。

ツナの妹のツチは、宮崎滔天(とうてん)に嫁ぐ。

s-19年1月13日 (42)

滔天とツチ夫妻に、龍介が生まれる。
龍介と一緒になるのが、柳原白蓮(やなぎわらびゃくれん)。

下の写真は、左から龍介、白蓮、ツチ。 その前に長男の香織と長女の蕗苳(ふき)。(蕗苳さんは現在93歳)

s-19年1月13日 (15)    s-19年1月13日 (16)

下の写真は以前、宮崎家で撮った。

vvvcvbb.jpg 

   白秋生誕の地、南関  三池炭鉱万田坑跡  孫文を助けた宮崎滔天 ~南関町・荒尾市~  城ヶ島の雨  他  (2012/2/9) 

白蓮さん。 ※ 前田家の家系図を撮ればよかった。  右は草枕絵巻。
彼女の歌碑は全国に多い。 記事を3つ紹介。

   層雲峡清川の白蓮の歌碑の裏には、悲恋伝説が書いてあった。  清川小学校跡。~上川町~ 他 (2015/8/18)
   層雲峡清川に、柳原白蓮の歌碑。  昭和28年、公演に。  アイヌの悲恋物語を聞いて、歌が生まれる。~上川町~ 他 (2015/8/17)

   滝口入道と横笛の悲恋  他 ~滝口寺 祇王寺~   他  (2010/11/26)   

s-19年1月13日 (17)    s-19年1月13日 (18)

スタッフの方が、前田家別邸への道を教えてくれた。
車をここに置いて歩いたら、途中に前田案山子の墓があるよって。  親切にしていただく。

口笛を吹きたくなる坂道。 小鳥はみかんを食べ放題。 温泉で買ったみかんは甘い。

s-19年1月13日 (20)    s-19年1月13日 (21)

前田案山子の墓。

s-19年1月13日 (22)

この人の生き方が、子供たちに大きな影響を。

s-19年1月13日 (24)    s-19年1月13日 (23)

着いた。 お城のような石垣。 正面入り口は下に。

s-19年1月13日 (40)

温泉(浴場)の建物が残っている。

s-19年1月13日 (25)

上の方に離れの部分が。

s-19年1月13日 (26)    s-19年1月13日 (27)

※ 余談 前田家別邸は、草枕では「那古井の宿」。
     漱石は、この名前をどうして思いついたのでしょう。

     那古という地名は千葉県にある。
       (この地名は「名古」「名護」「奈古」「奈呉」と表記を変えて全国に)
     意味には、海が近いという含みが。

     次に、那古井の「井」は何なんでしょう。
     自分の想像だけど、別邸の建物を上から見たら「井」の字に見える。

     漱石は、那古を知っていてそれに井をプラス。
     宿の名前が先で、その後で地名も那古井に。

     そんな風に考えてみましたが、どうでしょう。

下を読むと、前田家のこと、草枕のことが分かりやすい。

明治に入って日本は戦争の時代に向かう。 庶民の生活はよくならない。
前田家の人たちは、大きな矛盾を感じていたでしょうね。

草枕に出てくる浴場は、変わっている。
そこでの那美の登場場面は、面白い。

s-19年1月13日 (28)    19年1月13日 (29)ppp     s-19年1月13日 (30)

昔は湯を上にあげられない。 それで低い所に。

s-19年1月13日 (34)    s-19年1月13日 (31)

こっちが男湯。 壁の向こうに女湯。
湯は、男湯だけに流れ落ちる。 あふれた湯が女湯に。(穴があったのか)

仕事を終えたツナが、誰もいないと思って、湯加減のいい男湯に来た。
湯舟には、漱石いた。 ツナは慌てて飛び出す。

物語の名場面は、そこから生まれる。

s-19年1月13日 (33)

上に離れ。 漱石はそこを使っていたと。

s-19年1月13日 (32)    s-19年1月13日 (35)

上の図の右が公開。 (ここは復元したよう)
この部屋での様子が、最後に紹介する動画に。

s-19年1月13日 (36)    s-19年1月13日 (37)

外から見たらこう。

s-19年1月13日 (38)    s-19年1月13日 (39)

この後来た道を戻る。 草枕交流館に。 上に、草枕温泉てんすい。

s-19年1月13日 (41)

草枕の舞台は、ほかにもいっぱいある。
この次来るときは、草枕を読んでから。

その時は、金峰山の麓の峠の茶屋・石畳もあるいてみたい。

【今日の動画】    夏目漱石「草枕」(ラジオドラマ)



【道の駅】   きくすい (和水町)

【明日の予定】  近くのどこかでしょうか。

 都道府県別のブログタイトル一覧表は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg 

             (放浪の旅Ⅱと放浪の旅Ⅰの両方です。 記事の総数は3700ほど。)
          
 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

 【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、6位です
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、下のです。 
                         ランキングが、見られます。
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                 旅行をクリックすると、旅行全体のが。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 
                 
  【拍 手】   下に。
.

スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://akkamui.com/tb.php/3040-9261c413

openclose

09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 小天温泉は、漱石の『草枕』の舞台「那古井温泉」のモデルだった。 前田家別邸。 草枕交流館。~玉名市~ 他 (2019/1/13)
  • 2019年01月13日 (日)
  • 23時55分58秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


08 | 2022/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。