FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

あの世にある極楽浄土は、西方極楽浄土。 西にあった。
でも昔は東にもあって、東方浄瑠璃浄土。 浄瑠璃寺の名前はそれから。
  ・  ・  ・  ・  ・  ・
京都府の最南部、木津川市の当尾(とうお)の里に来ている。
浄瑠璃寺(じょうるりじ)と岩船寺(がんせんじ)があって、地域には多くの石仏が。

奈良や京都の喧騒から離れて、昔、お坊さんが静かにこの地で修業した。
そんな山里。

浄瑠璃寺の建物も仏像も、みんな国宝だった。
火事の心配はしないのだろうかと勝手に・・。
    ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)

道は大型バスもなんとか通れる。
朝に着いて、緑〇に空き地を見つけた。 1㌔程歩いた。 明日雨なので、岩船寺にも行った。(明日紹介)

どっちの寺も、駐車場は有料。   右地図。 京都府は赤〇の中。

s-19年4月9日 (2)    s-19年4月9日 (1)

さあ出発。 桜が満開。  石仏巡りの遊歩道。 

s-19年4月9日 (4)    s-19年4月9日 (5)

着きました。  山門と鐘楼。

s-19年4月9日 (6)    s-19年4月9日 (19)

九体阿弥陀如来像(国宝)があるので、九体寺とも。
平安時代から始まっている。

上が南。 池の東に三重塔。 中に薬師如来。 こっちが、東方浄瑠璃浄土。
反対側の右に、本堂があって阿弥陀様がいる。 こっちは普通の浄土。 西方極楽浄土。

  ※ 平安末期、浄土信仰が盛んになって、この世に浄土を作ったんですね。
    代表は、宇治の平等院でしょうか。

       この世の極楽浄土、平等院。  宇治は、源氏物語の宇治十帖の舞台。~宇治市~  他  (2014/4/25)

花の大きな桜。 名前は分からない。   ※ どこかで見たけど、思い出せない。

s-19年4月9日 (7)    s-19年4月9日 (8)

五重塔の下から、本堂を。 国宝。  池は苑池(えんち)。   中島に赤い祠。

s-19年4月9日 (9)

振り向くと、赤い五重塔。   
石段のそばに、ショウジョウバカマ。 今年初めて。 猩猩(しょうじょう)の頭のようだから

s-19年4月9日 (27)    s-19年4月9日 (10)

三重塔の前から。  ※ 人の動きを考えないと・・。

本堂の中に、九体の阿弥陀像。 中央に、中尊像。 中央の扉を開けると見える。
両側に4体ずつ。 大きな窓が4つずつ。

s-19年4月9日 (12)    s-19年4月9日 (13)

上に上がってきて、斜め前方から。  国宝。
屋根の反りが表現できたこの写真が気に入った。 三重塔が美しく。 広角レンズで。
  ※ 普通に撮ったら、この感じ。 s-DSCF4051.jpg  少し物足りないかなって。   

s-19年4月9日 (28)    s-19年4月9日 (11)

本堂に入る。 受付で400円。

s-19年4月9日 (29)

堂内は、時は平安時代のまま。 不思議な雰囲気。
写真は撮れないので、パンフレットを撮影。

中央の阿弥陀如来中尊像が大きい。 こっちに普通の如来像が4体。 向こうに4体。
  
  ※ 修復に出してて無いのが2体あった。(他のも順次)
  ※ 修復費用は国と寺で。 金箔が浮いてきたとかの問題が。  大きな修復だと数千万円(?)

s-19年4月9日 (24)

下のも。 左は国宝。  右写真は秘仏。  今回は真ん中が見られた。

s-19年4月9日 (25)    s-19年4月9日 (26)

本堂横に、これ。  見るのは2度目。 実は買って食べたことが。

s-19年4月9日 (18)    s-19年4月9日 (3)

本堂前から。

s-19年4月9日 (14)    s-19年4月9日 (15)

建っている場所がいいです。  見上げて美しく見えるように設計しましたね。
濃い目の朱色が品を出しています。

s-19年4月9日 (16)    s-19年4月9日 (17)(1)

戻るとき、空を撮った。  千切れ雲。  薄い緑は竹。 

s-19年4月9日 (20)

寄り道して、首切り地蔵。  左の大きいの。 

  ※ 昔、江藤新平も関鉄之助も処刑された。 首を切られて。(佐賀の乱と桜田門外の変)
    切られる少し前、静かに目を閉じたのでしょうか。 南無阿弥陀仏って。
    2人は、幕末日本は変わっていくけど、見られなかった。  鉄之助についてはここに。(1分30秒動画)

s-19年4月9日 (21)   s-DSCF4083.jpg     s-19年4月9日 (22)

イタチだ。 

s-19年4月9日 (23)

さすが奈良・京都の寺ですね。 
山里の寺に国宝がいっぱい。  本堂に入ったら、圧倒された。

【記事の紹介】  国宝の三重塔を5つ紹介。

    西国26番一乗寺。 国宝三重塔は国内屈指の古塔。 珍しい屋根。 文化財の宝庫。~加西市~ 今日で旅に出て10年。 (2019/3/31)

    奈良の薬師寺 ~国宝東塔、色鮮やかに再現された西塔、薬師三尊像~  他  (2011/6/12)
    国宝、大法寺三重塔。  ホトトギスが忍び音もらして、夏が来た。~青木村~  他  (2013/5/27)

    石段の上に荘厳に佇む、国宝明通寺三重塔 ~小浜市~  北朝鮮の子供たちのギター演奏  他  (2012/5/23)
    湖東三山、西明寺。  本堂と三重塔は、国宝。  紅葉の、蓬莱庭。~甲良町~ 他 (2015/12/3) 

【今日の一曲】     中島美嘉 『雪の華』    ※ ところで、明日は寒いそう。 平成最後の寒波。
                           平成最後の桜が散ってしまう。  令和にならないと桜を見れない人も。 令和最初の桜。



【道の駅】    みなみやましろ村

【明日の予定】   岩船寺(がんせんじ)。 花の寺。 三重塔。   写真は撮ってあります。  明日は雨なので。

  都道府県別のブログタイトル一覧表は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg

   (放浪の旅Ⅱと放浪の旅Ⅰの両方です。 記事の総数は3700ほど。)
          
 ※ プロフィール・・・。 ⇒ ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体、5位です
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、下のです。 
                         ランキングが、見られます。
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                 旅行をクリックすると、旅行全体のが。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 
                 
  【拍 手】   下に。
.

スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://akkamui.com/tb.php/3126-6cf4cb08

openclose

05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 浄瑠璃寺は当尾(とうの)の里に。 国宝の三重塔と本堂。 九体阿弥陀如来像(国宝)。 首切地蔵。~木津川市~ 他 (2019/4/9)
  • 2019年04月09日 (火)
  • 23時42分46秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。