FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

気温が上がれば小鳥と珍しいカエルが鳴く予定だった。(情報はビジターセンター、あざみ館。 昨日)
でも晴れなかった。 寒かった。
  ・  ・  ・  ・  ・  
八島湿原(八島ヶ原湿原)は、に日本最南端の高層湿原。
前回来たのは6月末。

ビジターセンターは1週間前から開館。
今は湿原見学のスタート。
    ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)

一帯は、八島高原。   散策路が網目のように。

s-19年4月29日 (2)    s-19年4月29日 (1)

1時間半ほどあれば1周。

s-yashimaMAP.jpg    s-19年4月29日 (9)

緑はこれからか。  春を探すのかな。

s-19年4月29日 (10)   s-19年4月29日 (11)

右の方に行く。

s-19年4月29日 (12)

枯れたヨシが寒いから土にならない。 積もって真ん中がふくらんでいる。

s-19年4月29日 (13)    s-19年4月29日 (14)

フキノトウ。 まだ寒いな~って顔を出した。  緑が春の準備。

s-19年4月29日 (8)    s-19年4月29日 (6)

木道を行く。  ヤドリギ。 
半寄生植物ですね。 栄養は大きな木から。 葉緑素は太陽の光で。

   ※ フウランは、これと違って着生植物でしたね。 くっ付いているだけ。 

s-19年4月29日 (15)    s-19年4月29日 (17)

遠くに車山。 あそこへの道がある。   右はヤチボウズ。       ※ 夏になったらレンゲツツジが。 グンナイフウロも

s-19年4月29日 (7)    s-19年4月29日 (16)

親子3人とすれ違った。 娘さんは、ずっと笑ってお話していた。 
湿原にある池は、池塘(ちとう)と呼びますね。

  ※ 余談 池塘の塘は、堤(つつみ)の意味なんですね。 
       こんな漢詩が。

         少年易老學難成 一寸光陰不可輕 
         未覺池塘春草夢 階前梧葉已秋聲

         少年老い易く学成り難し 一寸の光陰軽んずべからず
         未だ覚めず池塘春草(ちとうしゅんそう)の夢 階前の梧葉(ごよう)已(すで)に秋

       意味は下でした(ネットから) 初めて知ります

         若者はアッという間に年をとってしまい、学問はなかなか完成しにくい。
         だから、少しの時間でも軽軽しく過ごしてはならない。
         池の堤の若草の上でまどろんだ春の日の夢がまだ覚めないうちに、階段の前の青桐(あおぎり)の葉には、
         もう秋風の音が聞かれるように、月日は速やかに過ぎ去ってしまうものである
      
s-19年4月29日 (18)    s-19年4月29日 (19)

シカよけの柵。 シカはこっちに入れない。   湿原の水の出口。

s-19年4月29日 (20)    s-19年4月29日 (21)

酪農がおこなわれた時代があって、木が少ない。
この時、右の方でシカが鳴いた。

右への細い道はシカが通る道。 けもの道。
周辺では、多くないけどクマが出ることがあるよう。(注意看板が)

   ※ ツキノワグマはシカを襲わない。
     ヒグマは襲う。 シカの通る道で待ち伏せ。

s-19年4月29日 (22)

元はの酪農の家ですね。 今はレストラン。    神社が。

s-19年4月29日 (23)    s-19年4月29日 (24)

最初に見えた廃屋に。

s-19年4月29日 (25)    s-19年4月29日 (26)

アザミですね。  秋遅くまで楽しませてくれます。 今日の歌は、あざみの歌。

s-19年4月29日 (27)    s-19年4月29日 (5)

カシワの木の葉っぱは、新芽が育つまでは古い葉が落ちない。
風や寒さから守る。 縁起がいいと考え、子どもの日に柏餅(かしわもち)を食べる習慣が生まれたよう。
                                 (右写真は、うみもりブログさんからお借り)

s-19年4月29日 (28)    s-19年4月29日 (3)

向こうから来た。  大きな池塘。  5分ほど歩いて戻る。

s-19年4月29日 (29)    s-19年4月29日 (30)

小鳥もカエルも、今日は寒くて鳴けなかった。
春は来ているが、早春賦の世界でした。  春は名のみ・・って。

5月の末に来てみたいです。 

【今日の一曲】    あざみの歌  伊藤久男

                  ※ 一帯は八島高原。   作詞者は、横井弘。 昭和20年18才の時。 
                     あざみの花を理想の女性に重ねて。(好きな人にかも)
                     湿原の入口に歌碑。 以前撮影。

                  ※ 虹色の湖・中村晃子も彼の作詞です

                  ※ 作曲は、八洲秀章(やしまひであき)。 やしまです。 マリモの唄の作曲者。
                    
s-19年4月29日 (4)



【記事紹介】   高層湿原を。

   尾瀬ヶ原は春の花がいっぱい。 タテヤマリンドウ、ミズバショウ他。 27㌔歩いて疲れた。 歩荷さん。~片品村~ 他 (2018/5/27)
   浮島湿原の浮島は、どのように出来たのか。 周辺の詳しい地図。~上川町~ 他 (2016/8/8)

   八島ヶ原湿原は、花が咲き乱れて。  レンゲツツジ、アヤメ、グンナイフウロ、他。  あざみの歌の舞台。~下諏訪町~ 他 (2015/6/25)  

   尾瀬沼を一周する ~福島県の最奥、桧枝岐村~  他  (2011/7/16)
   花咲く雲井ヶ原湿原は、愛山渓温泉の、奥にあった。  オショロコマ釣り。~上川町~  他  (2014/7/3)

【その他】   いいニュースが。 楽しみです。  彼女の心は透き通っている感じがします。
        彼女やNGTの問題は、芸能界の大きな矛盾ですね。 何とかなればいいです。

      のん、第2の故郷・東北で実写映画復帰! 昭和歌謡の名曲響く「星屑の町」のヒロインに。    
 
【道の駅】    マルメロの駅ながと (長和町)  ※ マルメロは梨に似た果物。 合併する前、ここは長門町。

【明日の予定】    雨の予報。   歩けないからどこかに。 平成最後の日。
          長和町は日本有数の黒曜石の産地。、そこの博物館かな。

  都道府県別のブログタイトル一覧表は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg

   (放浪の旅Ⅱと放浪の旅Ⅰの両方です。 記事の総数は3700ほど。)
          
 ※ プロフィール・・・。 ⇒ ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体、6位です
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、下のです。 
                         ランキングが、見られます。
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                 旅行をクリックすると、旅行全体のが。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 
                 
  【拍 手】   下に。
.  

スポンサードリンク

 
 

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://akkamui.com/tb.php/3147-221a7dc7

openclose

05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 八島湿原の春は、まだ名のみだった。 フキノトウは頭を少しだけ。 あざみの歌。 池塘。~下諏訪町~ 他 (2019/4/29)
  • 2019年04月30日 (火)
  • 03時23分40秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。